ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 942104 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

ダイトレ全縦(屯鶴峯〜槇尾山)

日程 2016年08月15日(月) [日帰り]
メンバー KazuzoPaPa
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:<近鉄>22:54阿部野橋 - 23:27二上山
復路:<南海バス>17:12槇尾山口 - 和泉中央駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備された縦走路で特に危険なところはありません

写真

8月15日午前0時
ダイトレ起点「屯鶴峯」
全長45km、累積標高差3,000メートル
目標コースタイム16時間のロングロング縦走スタート
2016年08月15日 00:00撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月15日午前0時
ダイトレ起点「屯鶴峯」
全長45km、累積標高差3,000メートル
目標コースタイム16時間のロングロング縦走スタート
7
ダイトレプレート
「屯鶴峯」起点
2016年08月15日 00:00撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「屯鶴峯」起点
3
ダイトレ北入口に向け車道歩き
ここは歩道が無いので車に注意
2016年08月15日 00:05撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ北入口に向け車道歩き
ここは歩道が無いので車に注意
ダイトレ北入口
2016年08月15日 00:08撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ北入口
二上山へ登る途中に見えた夜景
全区間でここが一番きつかった
激しい睡魔、蒸し暑さときつい階段そして時々聞こえてくる猟銃のような破裂音の恐怖
2016年08月15日 00:54撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二上山へ登る途中に見えた夜景
全区間でここが一番きつかった
激しい睡魔、蒸し暑さときつい階段そして時々聞こえてくる猟銃のような破裂音の恐怖
4
1:06
二上山
いきなりの苦戦で計画時間より大きく遅延
しばらく座って休憩しました
2016年08月15日 01:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1:06
二上山
いきなりの苦戦で計画時間より大きく遅延
しばらく座って休憩しました
1
岩屋杉を潜ります
2016年08月15日 01:19撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋杉を潜ります
竹内街道は車道歩き
2016年08月15日 01:28撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹内街道は車道歩き
1:37
竹内峠
2016年08月15日 01:37撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1:37
竹内峠
2
ここで最初の補給食
2016年08月15日 01:39撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで最初の補給食
1
登山道を闊歩するカマドウマ
2016年08月15日 02:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を闊歩するカマドウマ
2
2:23
平石峠
ここでも座り込んでバナナとナッツフルを補給
2016年08月15日 02:23撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2:23
平石峠
ここでも座り込んでバナナとナッツフルを補給
1
ダイトレプレート
「平石峠」
2016年08月15日 02:23撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「平石峠」
1
睡魔が少しずつ遠のいていきようやくまともに歩けるようになってきました
2016年08月15日 03:13撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
睡魔が少しずつ遠のいていきようやくまともに歩けるようになってきました
3:15
岩橋山
ここで二回目の補給食
2016年08月15日 03:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3:15
岩橋山
ここで二回目の補給食
2
ダイトレプレート
「岩橋山」
2016年08月15日 03:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「岩橋山」
1
闇に光る二つのお目目
だーれだ?
2016年08月15日 03:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
闇に光る二つのお目目
だーれだ?
3
4:05
ダイトレプレート
「持尾辻」
歩くペースも上がり始めました
2016年08月15日 04:05撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:05
ダイトレプレート
「持尾辻」
歩くペースも上がり始めました
1
そろそろ夜明け
眠くてしんどかったナイトセッションが終わります
2016年08月15日 04:54撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ夜明け
眠くてしんどかったナイトセッションが終わります
5:01
ダイトレプレート
「葛城山」
ここでようやく計画のコースタイムに追いつきました
2016年08月15日 05:01撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:01
ダイトレプレート
「葛城山」
ここでようやく計画のコースタイムに追いつきました
2
雲が多く朝日はまだ見えません
2016年08月15日 05:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が多く朝日はまだ見えません
2
葛城山頂でシェー
御来光を待つアジア系外国人の青年に撮ってもらいました
2016年08月15日 05:10撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛城山頂でシェー
御来光を待つアジア系外国人の青年に撮ってもらいました
12
ツツジ園より金剛山
2016年08月15日 05:21撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ園より金剛山
2
水越峠に向けて下りようとしたときにご来光が見えました
2016年08月15日 05:27撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠に向けて下りようとしたときにご来光が見えました
10
水越峠に下ります
2016年08月15日 05:50撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠に下ります
5:57
ダイトレプレート
「水越峠」
2016年08月15日 05:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:57
ダイトレプレート
「水越峠」
2
6:21
金剛の水
ここで3回目の補給食
そしてスポーツドリンクの粉末を金剛の水で溶かし1.5リットル分の飲料を調達
葛城山からの下りで右ひざに痛みを感じたためここからダブルストックに
2016年08月15日 06:21撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:21
金剛の水
ここで3回目の補給食
そしてスポーツドリンクの粉末を金剛の水で溶かし1.5リットル分の飲料を調達
葛城山からの下りで右ひざに痛みを感じたためここからダブルストックに
4
7:01
パノラマ台
なんか真っ白
午後にゲリラ豪雨の予感
2016年08月15日 07:01撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:01
パノラマ台
なんか真っ白
午後にゲリラ豪雨の予感
2
7:37
一ノ鳥居
2016年08月15日 07:37撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:37
一ノ鳥居
2
ダイトレプレート
「金剛山」
2016年08月15日 07:37撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「金剛山」
2
ちはや園地
2016年08月15日 07:51撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちはや園地
1
ログハウス
ここの自販機で飲み物1リットル調達
先ほど金剛の水で補給したばかりですが、この後滝畑まで飲み物を調達できないので重いけれど多めに持っておきました
2016年08月15日 07:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ログハウス
ここの自販機で飲み物1リットル調達
先ほど金剛の水で補給したばかりですが、この後滝畑まで飲み物を調達できないので重いけれど多めに持っておきました
6
ダイトレで一番好きな場所
2016年08月15日 08:08撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレで一番好きな場所
5
8:23
久留野峠
2016年08月15日 08:23撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:23
久留野峠
1
ダイトレプレート
「久留野峠」
2016年08月15日 08:23撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「久留野峠」
1
8:28
中葛城山
ここで3回目の補給食
周辺の笹原はニョロだらけ
ほんの数分の間にアオダイショウ×2、マムシ×1、ヤマカガシ×1
2016年08月15日 08:28撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:28
中葛城山
ここで3回目の補給食
周辺の笹原はニョロだらけ
ほんの数分の間にアオダイショウ×2、マムシ×1、ヤマカガシ×1
7
やっぱり霞んでいます
天気予報では午後に雷雨の予報
2016年08月15日 08:46撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり霞んでいます
天気予報では午後に雷雨の予報
8:57
高谷山
2016年08月15日 08:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:57
高谷山
9:15
千早峠
2016年08月15日 09:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:15
千早峠
9:31
神福山
2016年08月15日 09:31撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:31
神福山
9:47
行者杉に到着
2016年08月15日 09:47撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:47
行者杉に到着
2
ダイトレプレート
「行者杉」
2016年08月15日 09:47撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「行者杉」
2
10:06
杉尾峠
2016年08月15日 10:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:06
杉尾峠
1
ダイトレプレート
「杉尾峠」
2016年08月15日 10:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「杉尾峠」
1
10:19
タンボ山
2016年08月15日 10:19撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:19
タンボ山
10:32
西ノ行者堂
2016年08月15日 10:32撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:32
西ノ行者堂
10:57
山ノ神
2016年08月15日 10:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:57
山ノ神
11:07
紀見峠
ここで5回目の補給食
ゲリラ豪雨になるのならここでの撤退も考えましたが反対に晴れてきたので続行することにしました
2016年08月15日 11:07撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:07
紀見峠
ここで5回目の補給食
ゲリラ豪雨になるのならここでの撤退も考えましたが反対に晴れてきたので続行することにしました
3
紀見峠
岩湧山側の入口
2016年08月15日 11:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀見峠
岩湧山側の入口
ダイトレプレート
「紀見峠」
2016年08月15日 11:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「紀見峠」
1
11:53
ボ谷ノ池
紀見峠以降は暑くてペースダウン
汗が止まりません
2016年08月15日 11:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:53
ボ谷ノ池
紀見峠以降は暑くてペースダウン
汗が止まりません
12:00
今日は終戦記念日
ここで1分間の黙祷
2016年08月15日 12:00撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:00
今日は終戦記念日
ここで1分間の黙祷
4
12:28
岩湧山三合目
暑くて仕方が無いのでここで禁断の作戦
ドライレイヤー1枚に
一気に涼しくなりペースアップ
2016年08月15日 12:28撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:28
岩湧山三合目
暑くて仕方が無いのでここで禁断の作戦
ドライレイヤー1枚に
一気に涼しくなりペースアップ
1
12:40
根古峰
2016年08月15日 12:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40
根古峰
ダイトレプレート
「根古峰」
2016年08月15日 12:42撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「根古峰」
五ツ辻手前の水場
ここで水を500ml補給
2016年08月15日 13:01撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ツ辻手前の水場
ここで水を500ml補給
1
13:06
五ツ辻
2016年08月15日 13:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:06
五ツ辻
1
岩湧山のカヤト
影が無いから暑っついわー
2016年08月15日 13:32撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩湧山のカヤト
影が無いから暑っついわー
13:36
岩湧山
2016年08月15日 13:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:36
岩湧山
6
ダイトレプレート
「岩湧山」
2016年08月15日 13:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「岩湧山」
2
滝畑側に下ります
ゴール地点「施福寺」の屋根がうっすらと見えています
2016年08月15日 13:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝畑側に下ります
ゴール地点「施福寺」の屋根がうっすらと見えています
2
14:35
滝畑に下りました
2016年08月15日 14:35撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:35
滝畑に下りました
ダイトレプレート
「滝畑」
さあ、残すはあと一つ
2016年08月15日 14:35撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレプレート
「滝畑」
さあ、残すはあと一つ
2
ただいまの気温33℃
2016年08月15日 14:41撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただいまの気温33℃
1
しばらく滝畑の集落の中を歩きます
2016年08月15日 14:42撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく滝畑の集落の中を歩きます
槇尾山方面への入口
2016年08月15日 14:46撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇尾山方面への入口
沢沿いなので結構涼しい
でもアブと蚊が多い
2016年08月15日 14:56撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いなので結構涼しい
でもアブと蚊が多い
15:11
ボテ峠
ここで最後の休憩
2016年08月15日 15:11撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:11
ボテ峠
ここで最後の休憩
最後は鎖場
2016年08月15日 15:47撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は鎖場
15:48
到着
ダイトレプレート
「槇尾山」起点
2016年08月15日 15:48撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:48
到着
ダイトレプレート
「槇尾山」起点
3
施福寺の展望台より
奥のダイトレを眺め、あれ全部歩いてきたんやなあと感慨にふける
2016年08月15日 15:51撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
施福寺の展望台より
奥のダイトレを眺め、あれ全部歩いてきたんやなあと感慨にふける
9
16:11
下山
早くも売店が店じまいを始めており危うく「至福のコーラ」を飲み損なうとこでした
2016年08月15日 16:11撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:11
下山
早くも売店が店じまいを始めており危うく「至福のコーラ」を飲み損なうとこでした
2
本日のログ
2016年08月15日 18:17撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のログ
8
撮影機材:

感想/記録

ダイトレの日帰り全縦、トレランの人がよくやっていますが歩きの場合、早朝にスタートしても到着が夜中になるのでバスが無く家に帰れない。
そこでダイトレ起点の屯鶴峯を午前0時に出発して夕方に槇尾山到着を目指す「日帰りダイトレ全縦」。GWの頃から構想していたのですが長期休暇のお盆休みを利用して決行しました。
二上山駅で電車を下りて屯鶴峯へ約30分の歩行。ダイトレ起点「屯鶴峯」にはスタート5分前の23:55に到着。そこに先客が・・・。それも若い女性がたった一人登山の格好もしていない。不思議に思って尋ねたら「ポケモンGO」でした。屯鶴峯はポケモンの出現場所らしい。
0時の時報を待って屯鶴峯をスタート。長い長い縦走の始まりです。
ダイトレ北入口からダイトレに入ると蒸し暑さと段差の大きい階段、さらに睡魔に苦しめられました。さらに断続的に聞こえてくる破裂音。まさか銃声?イノシシでも撃ってるんやろか?確かに周りではイノシシがガサガサ音を立てている。比較的近くで聞こえたときは本当に怖かった。睡魔と蒸し暑さと恐怖で序盤から大苦戦。二上山でのリタイヤも考えたぐらい。こんな時間に帰る手段がありませんが。
二上山に着いていきなり座り込んでしまいました。序盤からこんなんで大丈夫やろか?最近の経験から序盤調子が悪くても途中から回復することが多いのでどうせペースが上げ難いナイトセッションはゆっくりと休憩しながら歩くことにしました。二上山以降の縦走路は比較的涼しく、銃声も聞こえなくなったので比較的ましでしたが強烈な睡魔は相変わらず。竹内峠で最初の補給食。台高縦走のときと同じ、yamamonnさん考案の2時間ごとの補給食によるシャリバテ対策。一回目の補給前にバテバテだったので話にならないのですが、岩橋山での二回目の補給食以降で体調が改善し、眠気も徐々におさまってきました。これで大丈夫とペースアップ開始。葛城山への連続する階段も苦になりませんでした。葛城山に到着する頃に夜が明けてきました。山頂には3人ほど登山者がいました。皆さん御来光を待っているのでしょう。雲が多かったので今日は御来光無理かなと思っていたのですがツツジ園から水越峠に向けて下り始めた頃に御来光を見ることが出来ました。
金剛の水で3回目の補給食。持参してきた2リットルの飲み物はほぼ無くなっていたので金剛の水で粉末のスポーツドリンクを溶かして1.5リットル分作り、軽くなり始めたザックは元の重さに。さらにちはや園地の自販機でさらに1リットル購入したためザックは元よりも重くなってしまいました。次に飲み物を調達できるのは滝畑なので約6時間分の飲み物はここで確保しておかなければならない。飲み物の残量を気にしながら歩くよりも重いほうがまし、と重いザックを背負い先に進みます。
中葛城山で4回目の補給食。ここはダイトレで数少ない展望地ですが全体に白っぽい。先日ゲリラ豪雨にあった日と同じような空。天気予報でもゲリラ豪雨の予報。体はまだ元気やけど槇尾山まで行けるやろか?と少し不安。
紀見峠で5回目の補給食を取り、ここから先は未体験の距離になります。
ここまで涼しかった縦走路は蒸し暑くなり全身から汗が噴出してきて止まらない。頻繁に止まって水分補給をするのでペースも上がらない。さらにきつい登り階段が連続する。ここで禁断の作戦に。上半身はドライレイヤー一枚で超クール仕様に。これが大正解。再びペースを取り戻し、あまり水分を補給しなくても連続歩行が可能になりました。いわわきの道の下り口で6回目、最後の補給食を採っている時に昨年の「七ツ道めぐり」でご一緒したご夫妻にお会いして少しお話しました。岩湧山は暑いので休憩なしでスルー、一気に滝畑まで歩きました。滝畑の温度は33℃。ここはなかなか30℃以上にならない所なので今日はかなり気温が高いようです。念のため滝畑でもスポーツドリンク500mlを購入。しばらく滝畑の集落を歩いた後、再び登山道へ。槇尾山までのダイトレは沢沿いなので涼しかったのですが、アブや蚊が多い道でした。ボテ峠にはアブが居なかったので少し長めに休憩して残り施福寺まで一気に歩き通しました。
15時48分、ダイトレ起点「施福寺」に到着。目標としていた16時間とほぼ同じコースタイムでした。
スタート前に激励のメールをくれていたふーさんに報告のメールを入れようとしたらふーさんからメール着信。「無事に到着しました」  ??? 
疑問文じゃなくて肯定文?。さらに着信時間はまさにゴールタイム。どこかで監視されているのか?キョロキョロ周りを見回しましたがふーさんの姿はなし。結局このメールの謎は分からずじまい。
下山して「至福のコーラタイム」と思っていたら登山口の売店は早くも店じまいを始めていました。何とかコーラを売ってもらい一気に飲んでしまいました。
さて、オレンジバスの時間は?と時刻表を見たら1時間後。結局槇尾山口のバス停までさらに1時間弱歩きました。槇尾山口に到着したら既に発車時刻でバスが到着しており猛ダッシュ。総歩行距離は軽く50キロを超えてしまいました。
縦走路を歩いていた時は何とも思っていなかったのですが、バスに乗ってすぐに睡魔に襲われて即、寝落ち。凄まじく体は疲労していたようです。そしてバスから降りたら、完全にロボット状態でした!
初めてのダイトレ全縦。楽な訳ないとは思っていましたが序盤の睡魔による苦戦が一番きつく、この先長いのにもつかな?と不安でしたが岩橋山以降は体調が回復し、普通に歩くことが出来ました。紀見峠以降の後半戦も最初暑さに苦しみましたがそれ以外は全般に涼しく歩くことが出たのでこの時期にしては快適でした。
今回の縦走で摂取した補給食はコンビニおにぎり6個、薄皮パン2個、ゆで卵2個、バナナ1本、アミノ酸ゼリー飲料1パック、ナッツフル半袋。
摂取した水分はスポーツドリンク(沢水で溶いたもの含む)5リットル、お茶500ml、水(沢水含む)1.5リットルで合計7リットル!。
これだけ食べて飲んでも体重は2kg減っていました。縦走で体重が2kg減ることは今までにもあったので距離の割には体重減は少ないと言うべきか。
2時間ごとの補給食によるシャリバテ防止効果は大きく、疲労感を感じることなく(たぶん感覚が麻痺してた)歩き続けることが出来ました。
これまで縦走による歩行時間の最長は13時間でしたが今回、二上山駅からのアクセスと槇尾山口バス停までの車道歩行を含めると17時間。重登山靴で真夏に長時間歩いたことが無かったこともあり、また歩いているときには全然気がついていませんでしたが汗を多量に吸った革の登山靴が膨張し、さらに足の方も長時間歩行で膨張していたため足が強く締め付けられた状態が長時間続いたことから痣だらけになっていました。もちろん中はムレムレで靴を脱いだ瞬間「臭っさー」、ホンマ強烈でした(笑)

訪問者数:434人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/16
投稿数: 2021
2016/8/16 14:09
 ダイトレ日帰り全縦
KazuzoPaPaさん、こんにちは。

ダイトレを1日で歩き通すなんて! 凄すぎです
KazuzoPaPaさんで16時間だと私なら25時間くらいかかりそうですが、それ以前に確実に途中リタイアになってしまうでしょう

脚力もさることながら”精神力”に脱帽です
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/16 15:28
 yamaotocoさん
こんにちは
皆さんダイトレチャレンジの時は紀見峠まで9〜12時間で歩いちゃいますよね。そこからさらに4〜5時間歩けば槇尾山に17時までに着けるやん、という感覚でした。
しかし、苦手な真夏の縦走なので高温の方が心配だったのですが一部の区間以外は涼しく歩けました。
最大の難関は序盤の二上山への登りで、本気でリタイアを考えましたがリタイヤしても帰る方法がなかったので仕方なく歩き続けたんです。本当にリタイヤしてたら間違いなく「超ヘタレ」の称号を授かっていたでしょう。最大の敵は「睡魔」でした
登録日: 2015/7/16
投稿数: 133
2016/8/16 20:06
 すげ〜
ダイトレ全縦走とか六甲全山縦走とか1日でやられる方がいらっしゃるのは知ってましたが、
一部ナイトハイクとはいえ、この時期にすごすぎますわ〜
例え涼しい時期だとしも、この距離は自分にとっては遙か彼方ですし。
いやはや、ええもん見せてもろたって感じです
登録日: 2014/9/10
投稿数: 590
2016/8/16 20:22
 ダイトレ日帰り縦走、お疲れさまでした!
KazuzoPaPaさん、こんばんは。
もはや開いた口が塞がりません
たった一日でダイトレを縦走してしまうだなんて!
ホントにホントにお疲れさまでした。
ゆっくりお体を休めて下さい。
登録日: 2012/2/15
投稿数: 838
2016/8/16 21:00
 零時に屯鶴峯スタート?!
絶対おばけ付いてくるやん…
ほんでポケモン病蔓延し過ぎ!!
二上山なら家から10分弱で行けるので眠くてリタイアする時は助けに行けますよ♪
登録日: 2014/4/29
投稿数: 249
2016/8/16 21:09
 お〜ぉぉっと、こりゃスゲ〜
PaPaさん こんばんは。
このクソ蒸し暑い時期にダイトレ縦走路を16時間で完歩とは、毎度ながら恐れ入りゃした〜。
シェーの写真が少なかったのは、気のせいでしょうか?
お疲れ様でしたぁ〜。
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/16 21:17
 amenouwoさん
こんばんは
ダイトレも六甲もトレランで縦走する人は沢山いるけど特にダイトレは歩きで通す人は少ないなあと思っていたのですが、2月に二上山〜紀見峠を歩いたときに、これやったら全縦できるやん、と感じました。それで全縦前にもう一度紀見峠まで歩いておこうと先月歩いたところ蒸し暑さに負けて何と葛城山でリタイア
私には葛城山までが試練で金剛山まで行ければ、その先は惰性みたいです
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/16 21:26
 shi9056 さん
こんばんは
ダイトレ全縦は以前からやりたいと思っていたのですが通常の土日に実行する勇気が無く、長期休暇のお盆休みを利用してやっちゃいました。いきなり二上山への上りで躓き、「何で全縦なんてやってるんやろ?」と後悔していたのですが4時頃になってやっとエンジンが始動した感じでした。shiさんも奥駆道走破したらやってみます?
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/16 21:37
 -SHIRO-さん
こんばんは
深夜零時の屯鶴峯に女性が一人で居たのにはびっくりしました。
ポケモンて聞いてずっこけそうになりましたが。
夜中に山を歩くと幻聴が聞こえてくるとか色々聞いていましたが、笹原で暴れているイノシシや銃声のようにリアルな怖さがありました。闇で光る動物の目は可愛かったけどね。
そっかー、-SHIRO-さんは二上山の近くでしたね。次回は是非、って次回はありませーん
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/16 21:43
 wingletさん
こんばんは
先月早朝から歩いたときは蒸し暑さに耐えられず葛城山でリタイヤしちゃったんですけど今回は意外に涼しかったんです。岩橋山〜葛城山は寒いくらいでした。
2月に二上山〜紀見峠を歩いた後、シェーのポーズしたら両足の太股と脹脛が同時に攣りそうになったので今回はセーブしていました
コメントありがとうございます。
guu
登録日: 2008/10/18
投稿数: 886
2016/8/16 23:21
 かずぞうさん、こんばんは
ブラボー!
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/17 5:54
 guuさん
ありがとうございます。
ダイトレの核心部にはポケモンの隠れ生育地があるみたいよー
guuさんも歩いて探してみる?
登録日: 2014/2/2
投稿数: 1858
2016/8/18 13:03
 ザ・ドM…( *´艸`)
KazuzoPaPaさん、こんにちは〜。

またまた…面白いことしてますやん
すげ〜 もうドMっぷり満載ですやん
ストイックに自分を追い詰めて〜
途中リタイヤしても誰もパパさんのことヘタレなんて思いませんよ!
今までの実績がありますからね

え〜 ポケモンGO〜もやってるの〜
みんな好きやな〜
そう言えば、ヤスくんも密かにやってる?
何体かGetしたみたい
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/18 17:50
 furufuru314さん
こんにちは
決してストイックに自分を追いつめて〜なんてことは全然考えてないんですけどね。
ただ何か面白いことオモロイこと追及していったらヘンタイの入口に足突っ込んでたって感じです 。
この先には岬公園ゴールのスーパーダイトレ、さらに私市スタートのウルトラダイトレというスバラシキ ド・変態の世界があるそうですが、間違ってもそっちの世界には行かないようにブレーキかけるつもりです。
ポケモンGOはやってませんよ。深夜0時の屯鶴峯で一人ポケモンGOしていた女性に出くわしただけです。なお、どこでもポケモンGOやってるのはguuさんです。シェーしないとそんな人間になってしまうんですよ yasuさん

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ