ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 942152 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

黒部五郎岳(2泊3日)

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月15日(月)
メンバー morgen3180
天候8月13日:晴れのち曇り
8月14日:晴れ
8月15日:曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
深夜3時頃、深山荘近くの無料駐車場に到着しましたが、
満車の為、鍋平園地の駐車場へ。空きは数台程度でした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間17分
休憩
48分
合計
9時間5分
S鍋平園地駐車場03:5504:32新穂高登山指導センター04:4106:05わさび平小屋06:1509:51鏡平山荘10:1511:35弓折分岐11:4013:00双六小屋
2日目
山行
6時間53分
休憩
1時間25分
合計
8時間18分
双六小屋04:2206:30三俣蓮華岳06:3508:10黒部五郎小舎08:4710:37黒部五郎岳11:2012:40黒部五郎小舎
3日目
山行
7時間26分
休憩
49分
合計
8時間15分
黒部五郎小舎04:3006:25三俣蓮華岳07:48双六小屋08:1109:14弓折分岐09:43鏡平山荘09:5711:50わさび平小屋12:0212:45新穂高ロープウェイG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、新穂高登山指導センターにて提出。
危険箇所等は、残雪も無く特にありませんでした。
その他周辺情報帰りは、ひがくの湯へ。(¥700)
入浴後、食堂でとんかつ定食と飛騨牛コロッケを注文。
美味しかったです。
隣のテーブルの人の飛騨牛焼肉定食も美味しそうだったので、
次はこれかな?
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

いよいよスタート
2016年08月13日 04:49撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよスタート
長い林道歩き
2016年08月13日 06:23撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道歩き
晴れてきた!!
2016年08月13日 06:37撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた!!
小池新道入口
2016年08月13日 06:39撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道入口
1
鏡平山荘
雲が湧いていて残念。
2016年08月13日 09:51撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘
雲が湧いていて残念。
定番のかき氷。
2016年08月13日 10:00撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のかき氷。
1
今回の登山で撮影したお花さん達
2016年08月13日 07:47撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の登山で撮影したお花さん達
ようやく、稜線へ。
2016年08月13日 11:34撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、稜線へ。
あともう少し
2016年08月13日 12:39撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともう少し
多分、小屋の近くから
2016年08月13日 13:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分、小屋の近くから
1
2日目スタート
2016年08月14日 04:22撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目スタート
テント場は、ほぼ満杯でした。
2016年08月14日 04:36撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場は、ほぼ満杯でした。
1
槍が見えてきた
2016年08月14日 04:46撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が見えてきた
1
夜明け前の槍ヶ岳
2016年08月14日 04:58撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前の槍ヶ岳
1
夜明け
2016年08月14日 05:06撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け
1
朝日に照らされる丸山
2016年08月14日 05:06撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に照らされる丸山
1
中道ルートも良い道です。
2016年08月14日 05:30撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道ルートも良い道です。
1
稜線に出て、ようやく黒部五郎岳が!!
2016年08月14日 05:42撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出て、ようやく黒部五郎岳が!!
1
楽しい稜線歩き
2016年08月14日 06:06撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい稜線歩き
1
良い感じで雲が流れています。
2016年08月14日 06:12撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い感じで雲が流れています。
2
三俣山荘への分岐からしばらく過ぎた場所から
素晴らしい!!
2016年08月14日 07:22撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘への分岐からしばらく過ぎた場所から
素晴らしい!!
1
到着!!
テント場から
2016年08月14日 08:34撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!!
テント場から
1
黒部五郎岳へサミットプッシュ
2016年08月14日 08:47撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳へサミットプッシュ
1
徐々にカールが見えてくる
2016年08月14日 09:26撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々にカールが見えてくる
1
素晴らしい!!
2016年08月14日 09:48撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい!!
1
念願の黒部五郎!!
2016年08月14日 10:29撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願の黒部五郎!!
2
頂上から
薬師岳、剱岳方面
2016年08月14日 10:33撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から
薬師岳、剱岳方面
2
薬師岳
2016年08月14日 10:35撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳
1
立山、剱岳
2016年08月14日 10:35撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、剱岳
2
水晶岳と雲ノ平
2016年08月14日 10:35撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳と雲ノ平
1
赤牛岳
2016年08月14日 10:35撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳
1
槍方面はガスで見えず・・・。
2016年08月14日 10:37撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍方面はガスで見えず・・・。
1
カール
2016年08月14日 10:59撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カール
太郎平へ延びる稜線。
いつかここも歩きたい。
2016年08月14日 11:19撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平へ延びる稜線。
いつかここも歩きたい。
1
名残惜しいけどお別れです。
2016年08月14日 11:59撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいけどお別れです。
1
3日目はガスガス。
ただひたすら歩き続ける
2016年08月15日 07:25撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目はガスガス。
ただひたすら歩き続ける
1
双六小屋から、雨がぱらつく。
2016年08月15日 08:11撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋から、雨がぱらつく。
1
弓折分岐から本格的に雨に
2016年08月15日 09:14撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折分岐から本格的に雨に
鏡平山荘
2016年08月15日 09:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘
何も見えず・・・。
2016年08月15日 09:57撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えず・・・。
小池新道入口
2016年08月15日 11:35撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道入口
下山!!
2016年08月15日 12:45撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山!!

感想/記録

■1日目
深山荘の無料駐車場に到着したのが3時前。
このとき既に満車で、中に入る事ができませんでした。
その為、鍋平園地駐車場へと移動。道中、路駐の車が多数。
駐車場が空いているか不安でしたが、数台空いていました。

登山自体は、到着時間が遅くなり、殆ど睡眠をとる事ができずにスタート。
途中のサービスエリアで1時間ほど寝ただけで、あまり体調が良くない
状態でした。

新穂高登山指導センターへは、ショートカット道を利用。
暗闇の中でのスタートでしたが、迷うことなく到着できました。
鍋平園地からでしたら、看板に従って歩けば問題なしです。

鏡平山荘までは、とても暑く大量の汗が噴き出す状態。
山荘でかき氷を食べながら大休憩です。

とにかくきつかったのが、稜線に出るまでの登り。
ここで、かなり体力を消耗し、既にバテバテ。
最後の気力を振り絞って、ようやく双六小屋に到着しました。

■2日目
天気予報通り、天気は良好。
良い天気の状態で黒部五郎岳に登りたかったので、
双六岳へは行かず中道を選択。
この中道の雰囲気も良かったです。お花がもっと咲いている時期なら
さらに良かったかも。

三俣蓮華岳から黒部五郎小屋までの稜線も良かったです。
周りの景色を堪能しながら、黒部五郎小舎へ到着。
ただ、樹林帯に入ってから小舎までの下りが何気にきつかったです。

テントを張ってから黒部五郎岳へサミットプッシュ。
五郎のカールを眺めながら、楽しく黒部五郎岳まで登る事ができました。
山頂の景色は、槍ヶ岳方面はガスで見る事ができませんでしたが、
水晶岳、薬師岳、立山、剱岳方面は良く見え、絶景を堪能する事が
できました。

■3日目
3日目は、新穂高温泉へ下山。
弓折分岐からは、本格的な雨。
物凄く蒸し暑く、レインウェアの中が汗でびしょ濡れとなりましたが、
無事下山できて良かったです。









訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ