ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 943071 全員に公開 ハイキング関東

皇海山〜不動橋ルート往復

日程 2016年08月13日(土) [日帰り]
メンバー shigetan, その他メンバー1人
天候晴れ・曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越道(沼田IC)→R120→R62→栗原川林道(根利側)→皇海橋駐車場(無料)
◎沼田ICからは南郷温泉しゃくなげの湯の前を通り過ぎ温泉施設からR62 を10分位走ると根利宿の指示標が出てくるのでそこを左折。
 皇海山への指示標もあるのでそのまま走るとダートの道となります。
◎栗原川林道は皇海橋をはさんで追貝側と根利側からがあります。
 悪天候後は通行止めになったりする事もある様なので事前に確認要。
 今回は根利側を利用。ダートに入り少しすると動物避けの柵があり各自 で開閉します。この柵から駐車場までは70分位でした。日産エクストレ イルでは底を擦る事無く走行出来ました。パンクもなく一安心。舗装し て無い砂利道の為、所々が石でデコボコ。お腹の中が上下に揺れ、駐車 場に着いた時は気分が悪かったです。
◎林道でいのしし2頭が林道を猛突進。山の中に逃げて行きました。
 山鳥も何羽か出会いました。
◎ビックリ!車を走らせていたら熊を林道付近の茂みで発見。「デッカイ〜!」山の中に逃げて行きました。
◎登山口の駐車場は橋をはさんで計30台位駐車可能。きれいな水洗トイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間3分
休憩
1時間15分
合計
6時間18分
S皇海橋07:3209:17不動沢のコル09:3810:33皇海山11:0811:56不動沢のコル12:1213:47皇海橋13:5013:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎不動沢のコルへの登り、皇海山への登りと所々にロープの設置箇所有り ・・・急登のため三点支持で要注意。
◎渡渉が数回ありますが特に問題無し。増水の場合はわかりません。
その他周辺情報◎ 帰りの一番近くに源泉掛け流しのノボリ有り『しゃくなげの湯』
(シャンプー&リンス、ボディシャンプー有り:\560)
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
共同装備 GPS ツェルト

写真

皇海橋駐車場(無料)
2016年08月13日 07:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海橋駐車場(無料)
1
水洗トイレ・登山届け提出
2016年08月13日 07:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水洗トイレ・登山届け提出
駐車場から皇海橋渉り・・・
登山口に向かってます。
2016年08月13日 07:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から皇海橋渉り・・・
登山口に向かってます。
皇海山登山道入口
2016年08月13日 07:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山登山道入口
1
林道に続きます
2016年08月13日 07:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に続きます
沢を渡渉
2016年08月13日 07:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡渉
沢を渡渉しながら・・・
歩きやすい登山道を進みます
2016年08月13日 08:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡渉しながら・・・
歩きやすい登山道を進みます
唯一の花が咲いてました
2016年08月13日 08:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一の花が咲いてました
1
沢に沿って歩きやすい道。
沢の水音が涼しげでした。
2016年08月13日 08:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿って歩きやすい道。
沢の水音が涼しげでした。
1
不動沢に向かって登り始め・・・
ここからが、急登過ぎて足場大変でした。
2016年08月13日 08:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動沢に向かって登り始め・・・
ここからが、急登過ぎて足場大変でした。
足場を選びながら「ヨッコラ」です
2016年08月13日 09:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場を選びながら「ヨッコラ」です
不動沢のコル(皇海山と鋸山分岐地点)
2016年08月13日 09:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動沢のコル(皇海山と鋸山分岐地点)
1
分岐から見た鋸山
尖ってます
2016年08月13日 09:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から見た鋸山
尖ってます
3
ロープ垂れ下がった急登が何度も・・・
楽じゃないよ〜!
2016年08月13日 10:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ垂れ下がった急登が何度も・・・
楽じゃないよ〜!
大岩を迂回しながら登ります
2016年08月13日 10:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を迂回しながら登ります
1
剣,現われる。
2016年08月13日 10:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣,現われる。
三角点
2016年08月13日 10:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
皇海山頂上到着!(渡瀬川水源碑)
眺望無くて、まわりはガス・・・
「う〜ん」少々残念。
2016年08月13日 10:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山頂上到着!(渡瀬川水源碑)
眺望無くて、まわりはガス・・・
「う〜ん」少々残念。
3
笹の平原・安らかな休息場所・・・
下山します。
2016年08月13日 11:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の平原・安らかな休息場所・・・
下山します。

感想/記録

皇海山は、栃木県西部と群馬県の境に位置し、日光火山群に属する成層火山である。
山名の由来は、木暮理太郎の「皇海山紀行」には、笄(こうがい)山と呼ばれていた山が皇開山と宛て字され、それが皇海山となり、スカイと誤読されたと書かれている。
深田久弥の『日本百名山』では原始的自然美を保っている山域として紹介されている。松木沢の源頭にすっくと屹立するその姿は気品に満ちている。現在も訪れる人は少なく、静寂そのものだ。ときおりシカの鳴き声が山肌にこだまする。
皇海山は庚申山の奥ノ院とされ、庚申山からの峰越えはかつて修験者の修行場だった。岩稜ややせ尾根の続く難コースだが、鋸山からの展望はすばらしく、360度の大展望が楽しめる。

今回、群馬県側の不動沢ルート往復5時間と短いコースを歩きましたが、現実は非常にゆっくり歩きで・・・。栗原林道根利からのアプローチは1時間以上もかかり、デコボコ道を走り続けました。いのしし、山鳥、熊を見ながら 奥深い山とアプローチの大変さをしみじみ思いました。本音「疲れた〜」です。登山口から不動沢のコル・取りつきまでは沢沿い歩きの樹林帯。
水の流れる音を聞きながら、気分良く歩けました。不動沢のコルまでは、厳しい急登で要注意必要です。人の心は変ですね!登る時は急登過ぎて足場の悪さに苦戦したはずなのに・・・下山時はスタコラ・・・♪(^^)・・・いつの間にか通り過ぎてました。皇海山頂はそんなに広くなくって、眺望も望めず・・・ガッカリでした。「皇海山登頂おめでとう!」感謝せねば・・・今度訪れる時は、修行者の修行場に挑戦すべきと反省です。
訪問者数:451人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ