ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 943293 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

【夏休み 北アルプスのんびりハイク 4days】 新穂高-双六-三俣-雲ノ平-黒部五郎-折立

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月16日(火)
メンバー 3120m
天候8/13 晴れ→曇り
8/14 快晴→曇り→夜、小雨
8/15 曇り(ガスガス)→雨(一時土砂降り)→曇り→夜、晴れ
8/16 快晴→曇り→下山後、雨

全日とも、風穏やか
アクセス
利用交通機関
電車バス
●スタート:新穂高温泉 名鉄の夜行バス上高地行を利用 6200円
◇名鉄バスセンター 8/12 23:00→新穂高温泉 8/13 4:00頃(定刻は4:23)
 シートは4列ですが、ゆったりタイプ
 トイレ付き
 エンジン音静かで快適
 http://www.meitetsu-bus.co.jp/express/kamikochi/

●ゴール:折立 バスと新幹線・電車で帰宅
◇折立 8/16 14:00→有峰口14:48 富山地鉄夏山バス 2450円
 原則予約制で、当日空席あれば乗車可
 http://www.chitetsu.co.jp/?page_id=741
※折立からの乗車について
 計画では8/16は薬師峠でテン泊し8/17朝に下山予定で、10:20の便を予約済
 しかし、天候を考慮し、1日早く8/16に下山することに決定
 電波状況のよい太郎平から下山開始前に携帯で問い合わせると、空席ありとのこと
 この路線、満席になることがあるのか分かりませんが、
 折立では電波が通じないし、当日も予約なしの方が数人いらしたので、
 予約なしor変更の場合、心配な人は早めの対処を
◇有峰口 15:08→電鉄富山 富山地鉄立山線(これは訳あり)
◇富山→金沢 北陸新幹線つるぎ
◇金沢→帰宅 JR特急しらさぎ等
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間52分
休憩
1時間2分
合計
6時間54分
S新穂高温泉駅04:3804:43新穂高登山指導センター05:0305:57笠新道登山口06:08わさび平小屋06:2006:37小池新道入口09:05鏡平山荘09:3010:19弓折乗越10:2411:32双六小屋
2日目
山行
6時間42分
休憩
3時間32分
合計
10時間14分
双六小屋05:3606:40双六岳06:5507:57三俣蓮華岳08:1008:51三俣山荘09:2209:56黒部川水源地標10:0610:58岩苔乗越11:09ワリモ北分岐11:1411:21岩苔乗越11:2511:56祖父岳12:0312:17祖父岳分岐12:50雲ノ平テント場14:2014:38雲ノ平山荘15:0015:25スイス庭園15:4015:50雲ノ平テント場
3日目
山行
3時間56分
休憩
1時間14分
合計
5時間10分
雲ノ平テント場06:0206:38祖父岳分岐07:31黒部川水源地標07:4008:15三俣山荘09:2010:18三俣蓮華岳巻道分岐11:12黒部五郎小舎
4日目
山行
6時間54分
休憩
34分
合計
7時間28分
黒部五郎小舎04:5006:20黒部五郎の肩06:31黒部五郎岳06:4106:47黒部五郎の肩07:17中俣乗越08:12赤木岳08:49北ノ俣岳08:55神岡新道分岐09:0009:51太郎山09:58太郎平小屋10:1710:48五光岩ベンチ11:36青淵三角点(青淵山)12:18折立ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●全般
・道筋明瞭でよく整備されています
 身の危険を感じるような場所はなかったように思います
・アルプスということで、稜線、樹林帯、ザレ、ガレ、岩ゴロゴロ、林道、木道等、
 場所によって道のタイプは様々です
 同じ道でも、天気や疲労具合によって感じ方が変わってくると思います
・穂高のような岩陵はなかったかと思います

◆8/13 新穂高→双六小屋
・林道→小池新道
 整備良好で特記事項なし

◆8/14 双六小屋→雲ノ平
・祖父岳山頂部
 平べったい山頂で、濃霧の際は進路に注意
 ケルンと緑のガイドロープあり

◆8/15 雲ノ平→黒部五郎小屋
・雲ノ平周辺の木道、雨後のスリップに注意
・日本庭園の辺り、濃霧の際は進路に注意
 緑のガイドロープと岩にペンキマークあり
・三俣蓮華岳巻道で、登山道脇に特大熊糞を2ヶ所確認

◆8/16 黒部五郎小屋→折立
・黒部五郎岳肩下部から赤木岳にかけて、ハイマツ帯やササ帯の細道
 朝露でズボンや靴下がびっしょりに濡れましたが、
 快晴だったので、その後の稜線歩きで乾きました
・赤木岳の通過
 短い大岩ゴロゴロ帯をピークを巻いて通過、足場注意
・太郎平周辺の木道、雨後のスリップに注意
・太郎平小屋は清涼飲料がほとんど品切れ
 ここは多くの人が行き交うのか、3年前のお盆もそうでした
 折立への下山中に歩荷さんと何人もすれ違いました
 水場は小屋横にあります
・太郎平〜折立
 下部の樹林帯は土の水捌けが悪く、雨後は泥濘が酷そうに感じました

●宿泊

◇8/13 双六キャンプ場 
・双六小屋で受付 1000円
・小屋のすぐ下にあり、広々としていてテントが張りやすい
・水場、トイレは小屋横のものを利用
・当日は、ほぼ満杯状態になっていました

◇8/14 雲ノ平キャンプ場
・雲ノ平山荘で受付 1000円
・山荘からは徒歩20分ほど離れているが、水場とトイレはキャンプ場内にある
・一見広大なキャンプ場に見えるが、石や岩が多い段々畑のような構造で、
 適地は意外と少なく点在している
 サイトの一つ一つは狭く、1人用のドーム型が向いていると思いました
・虫(アブ、ハエ)が多く、薄暗くなってからでもしつこかったです
・当日は6〜7割程度の入りだったと思います

◇8/15 黒部五郎小屋
・とても快適な山小屋でした
 三俣山荘出発後雨が降り出し、黒部五郎小屋到着時は土砂降りだったので、
 テント泊をやめ、小屋泊にしました
・同じ決断をされた方々も多かったようですが、
 混雑はそれほどでもなく、布団1人1枚のスペースが確保され、食事も1回転でした
・乾燥室がフル稼働され、濡れたウェア類を乾かすことができました
・テント場は、小屋から数分の場所で、笠ヶ岳の展望が素晴らしい場所でした
 石が多かった印象
その他周辺情報●下山後の温泉(銭湯)
◇スーパー銭湯「満天の湯」富山店 730円 を予定していましたが・・・
 http://www.manten-yu.co.jp/toyama/
・富山地鉄不二越・上滝線、不二越駅の隣という好立地です
・有峰口から電鉄富山行きに乗車
 → 途中の岩峅寺駅で立山線から不二越・上滝線に乗換
 → 不二越駅で下車し、満天の湯入浴
 → 入浴後、不二越駅で再乗車し電鉄富山へ・・・という流れのはずでしたが・・
 
 不二越まであと2駅ほどのところで、睡魔に負けて寝過ごしてしまいました
 気がついた時は終点電鉄富山で、戻る気にもなれず、
 富山駅周辺では手頃な銭湯も分かりませんでした
 多目的トイレで、念入りに念入りに汗処理をして帰路につきました
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

待ちに待った夏休みの縦走
今年は北アルプスへ
8/12夜、仕事後に名古屋へ移動
上高地行夜行バスに乗車
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ちに待った夏休みの縦走
今年は北アルプスへ
8/12夜、仕事後に名古屋へ移動
上高地行夜行バスに乗車
4
8/13 1日目
定刻より早く4:00に新穂高温泉に到着
真っ暗なロープウェイ駅前で降ろされ、新穂高センターへ歩く
準備を整えたら、5日間のハイクのスタートです
いざ、行かん!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8/13 1日目
定刻より早く4:00に新穂高温泉に到着
真っ暗なロープウェイ駅前で降ろされ、新穂高センターへ歩く
準備を整えたら、5日間のハイクのスタートです
いざ、行かん!
5
左俣林道を進むと、やがて笠新道分岐
初めての道で、いい大人が遠足に来た少年のよう
笠ヶ岳も未踏で寄っていきたいけど、またの機会に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣林道を進むと、やがて笠新道分岐
初めての道で、いい大人が遠足に来た少年のよう
笠ヶ岳も未踏で寄っていきたいけど、またの機会に
1
分岐からすぐで、わさび平小屋
小休止しよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からすぐで、わさび平小屋
小休止しよう
わさび平小屋の売り物
以前、信州で入ったりんご風呂みたい
食べたいけど、まだ序盤戦
我慢である
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋の売り物
以前、信州で入ったりんご風呂みたい
食べたいけど、まだ序盤戦
我慢である
5
小池新道入口から登山道に入る
アルプスらしい景色になってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道入口から登山道に入る
アルプスらしい景色になってきた
1
天気良さそう
脱力歩きでのんびり登って行きます
ストイックな修行色は排除
あくまでも楽にね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気良さそう
脱力歩きでのんびり登って行きます
ストイックな修行色は排除
あくまでも楽にね
4
オコジョチョロチョロ
結局、全日程で出会った動物は所々でオコジョだけ
雷鳥さんには出会えなかったなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オコジョチョロチョロ
結局、全日程で出会った動物は所々でオコジョだけ
雷鳥さんには出会えなかったなあ
10
鏡池に到着
槍穂、薄くて池に反射まではせず
それでも、鏡池
この手の池に弱いワタクシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池に到着
槍穂、薄くて池に反射まではせず
それでも、鏡池
この手の池に弱いワタクシ
3
しかし、どうにもこうにも眠い
鏡平小屋でも小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、どうにもこうにも眠い
鏡平小屋でも小休止
名物のかき氷をいただく
これで少し生き返った
隣の人のは、アイスクリームも乗ってて美味そうだったな
そんなメニューもあったのか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物のかき氷をいただく
これで少し生き返った
隣の人のは、アイスクリームも乗ってて美味そうだったな
そんなメニューもあったのか
4
ヘリが飛来
怪我人のピックアップのよう
気を引き締めて行こう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリが飛来
怪我人のピックアップのよう
気を引き締めて行こう
大キレット
すぐ近くで、薄くても大迫力
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレット
すぐ近くで、薄くても大迫力
1
ここから稜線を目指し登る
こうやって見えているときは意外と近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから稜線を目指し登る
こうやって見えているときは意外と近い
2
弓折乗越に到着
ここで笠ヶ岳からの道と出合う
笠経由にしていたら、もっとキツかったかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折乗越に到着
ここで笠ヶ岳からの道と出合う
笠経由にしていたら、もっとキツかったかな
双六までは快適な稜線を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六までは快適な稜線を進む
1
花もちらほら
ハクサンフウロかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花もちらほら
ハクサンフウロかな
4
タカネニガナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネニガナ
2
コウメバチソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウメバチソウ
1
見えてきました、双六小屋
奥に見えるは鷲羽岳
まだ昼前
三俣まで行こうか
それとも、ここでテントを張ろうか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました、双六小屋
奥に見えるは鷲羽岳
まだ昼前
三俣まで行こうか
それとも、ここでテントを張ろうか・・・
3
賑わう双六小屋前
これを見ると、今日はここまでにしようと思う
初日から頑張りすぎると、後半もたないしね
楽をするための決断は早い(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賑わう双六小屋前
これを見ると、今日はここまでにしようと思う
初日から頑張りすぎると、後半もたないしね
楽をするための決断は早い(笑)
3
そうと決まったらマイホーム設営
初めてビッグアグネスを使用
反自立式
不器用な自分でもなんとかカンタン設営
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうと決まったらマイホーム設営
初めてビッグアグネスを使用
反自立式
不器用な自分でもなんとかカンタン設営
4
夕刻にはテン場がかなりの密度に
同じようなテントが多く、実際、迷子になった女性が「黄色のステラリッジ見ませんでしたか?」って
周りにたくさんあるから、返事に困ったよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕刻にはテン場がかなりの密度に
同じようなテントが多く、実際、迷子になった女性が「黄色のステラリッジ見ませんでしたか?」って
周りにたくさんあるから、返事に困ったよ
9
夕食
インスタント食品生活の始まりか・・・
5月に四国行ったときに買ってきた徳島ラーメン
まっ、棒ラーメンと一緒だけど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食
インスタント食品生活の始まりか・・・
5月に四国行ったときに買ってきた徳島ラーメン
まっ、棒ラーメンと一緒だけど
3
夕刻
こちらも未踏の西鎌尾根、抜戸岳方面
山の上で泊まるときは、このまったりタイムがいい
天候は曇ったり晴れたり
でも悪くない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕刻
こちらも未踏の西鎌尾根、抜戸岳方面
山の上で泊まるときは、このまったりタイムがいい
天候は曇ったり晴れたり
でも悪くない
2
8/14 2日目
快晴の朝
やっぱり、山の上で迎える朝はいい
それにしてもトイレの行列は大変だね
まるでマラソン大会のスタート会場みたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8/14 2日目
快晴の朝
やっぱり、山の上で迎える朝はいい
それにしてもトイレの行列は大変だね
まるでマラソン大会のスタート会場みたい
6
鷲羽さん、おはようございます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽さん、おはようございます
3
まずは双六岳を目指す
振り返ると表銀座から太陽が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは双六岳を目指す
振り返ると表銀座から太陽が
4
抜けるような青空とはこのことだね
今日も脱力歩き
のんびりと、疲れが出ないように・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けるような青空とはこのことだね
今日も脱力歩き
のんびりと、疲れが出ないように・・・
2
穂高がとても近く感じる
天狗のコルへの右下がりのラインが滑り台のように見事
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高がとても近く感じる
天狗のコルへの右下がりのラインが滑り台のように見事
3
槍様もおはようございます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍様もおはようございます
3
登り続けると、やがてなだらかに
あれが双六岳山頂かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り続けると、やがてなだらかに
あれが双六岳山頂かな
5
乗鞍と御嶽山
雲海から出た乗鞍がとてもいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍と御嶽山
雲海から出た乗鞍がとてもいい
6
笠ヶ岳
見るならやっぱりこの角度だよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳
見るならやっぱりこの角度だよね
6
山頂、賑わってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂、賑わってます
到着
標高2860m
360度、完璧な展望でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着
標高2860m
360度、完璧な展望でした
13
この先進む道
一瞬一瞬を噛みしめて行こう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先進む道
一瞬一瞬を噛みしめて行こう
3
槍穂の見え方が、だんだんと裏銀座からのそれになってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂の見え方が、だんだんと裏銀座からのそれになってきた
7
今回の旅のメインと位置づけている、未踏の黒部五郎岳
明後日に通過する予定
初めてその全貌を近くから見ました
なるほど、これが有名なカールなんだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の旅のメインと位置づけている、未踏の黒部五郎岳
明後日に通過する予定
初めてその全貌を近くから見ました
なるほど、これが有名なカールなんだね
8
振り返るといつも笠がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るといつも笠がある
3
三俣蓮華岳に到着
富山・長野・岐阜、三県の境
山歩きしていると、今までも三県境があったと思う
奥秩父の甲武信ヶ岳がそうだったね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳に到着
富山・長野・岐阜、三県の境
山歩きしていると、今までも三県境があったと思う
奥秩父の甲武信ヶ岳がそうだったね
1
ここも360度の展望
標高2841m
双六岳よりは低いんだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも360度の展望
標高2841m
双六岳よりは低いんだね
5
雲ノ平越しに薬師岳
今日は高天ヶ原まで行こうか、それとも雲ノ平までにしようか
旅は、時に選択の連続
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平越しに薬師岳
今日は高天ヶ原まで行こうか、それとも雲ノ平までにしようか
旅は、時に選択の連続
5
まずは三俣山荘まで下ろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは三俣山荘まで下ろう
5
双六小屋方面を振り返る
三俣までくるりと回り込む感じ
直線なら近そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋方面を振り返る
三俣までくるりと回り込む感じ
直線なら近そう
3
三俣山荘に到着
こんな快晴なのに、小屋の衛星テレビによると、翌日以降の天気が不安定な様子
お盆前から好天が続いていたから、そろそろ崩れてもおかしくない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘に到着
こんな快晴なのに、小屋の衛星テレビによると、翌日以降の天気が不安定な様子
お盆前から好天が続いていたから、そろそろ崩れてもおかしくない
2
ちょうど腹ぺこで食堂へ
オムライスが食べたかったけど、時間が早いのか、食事メニューはうどんかラーメンのみ
サイフォンコーヒー&ケーキのセットはグッと我慢
欲というのはホントキリがない(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど腹ぺこで食堂へ
オムライスが食べたかったけど、時間が早いのか、食事メニューはうどんかラーメンのみ
サイフォンコーヒー&ケーキのセットはグッと我慢
欲というのはホントキリがない(笑)
6
今日も県警ヘリが飛来
怪我人の搬送のよう
人を運び込む瞬間を見るのは初めて
迅速な動きにただただ感心
でも、気を引き締めて行こう
ケガで旅が終わってしまうのは、あまりにも寂しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も県警ヘリが飛来
怪我人の搬送のよう
人を運び込む瞬間を見るのは初めて
迅速な動きにただただ感心
でも、気を引き締めて行こう
ケガで旅が終わってしまうのは、あまりにも寂しい
2
三俣山荘前からの槍ヶ岳
3年前にここに来た時と変わらず、お見事!
久しぶりに来た良い場所が何も変わっていないと、妙に安心する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘前からの槍ヶ岳
3年前にここに来た時と変わらず、お見事!
久しぶりに来た良い場所が何も変わっていないと、妙に安心する
3
三俣山荘からは黒部源流碑まで下り、岩苔乗越まで遡上
祖父岳経由で雲ノ平を目指す
ここから雲ノ平まで未踏の道を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘からは黒部源流碑まで下り、岩苔乗越まで遡上
祖父岳経由で雲ノ平を目指す
ここから雲ノ平まで未踏の道を行く
遡上前に、一段下の渡渉点に降りてみた
冷水でサッパリとして、リフレッシュ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遡上前に、一段下の渡渉点に降りてみた
冷水でサッパリとして、リフレッシュ
3
ナントカフウロ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナントカフウロ?
3
黒部源流沿いに登り続け、あと少しで稜線というところ
この辺りが最初の一滴みたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部源流沿いに登り続け、あと少しで稜線というところ
この辺りが最初の一滴みたい
2
岩苔乗越に到達
ここは十字路のような所
高天ヶ原に直接行くこともできる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔乗越に到達
ここは十字路のような所
高天ヶ原に直接行くこともできる
1
この後進む、祖父岳方面
楽しみ、楽しみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後進む、祖父岳方面
楽しみ、楽しみ
2
反対側の一段上は、ワリモ北分岐
せっかくなので登ってみる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の一段上は、ワリモ北分岐
せっかくなので登ってみる
ワリモ北分岐
裏銀座のT字路のような所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐
裏銀座のT字路のような所
2
登りきると、野口五郎が・・・
素晴らしき裏銀座縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきると、野口五郎が・・・
素晴らしき裏銀座縦走路
3
ワリモ、鷲羽方面
鷲羽は、3年前に登っているから今回はズルして省略
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ、鷲羽方面
鷲羽は、3年前に登っているから今回はズルして省略
2
黒部五郎岳
カールを正面に
三俣山荘で見た天気予報によると、明後日歩くときの天候はなんとも微妙
初めての場所、できれば晴天の中歩きたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳
カールを正面に
三俣山荘で見た天気予報によると、明後日歩くときの天候はなんとも微妙
初めての場所、できれば晴天の中歩きたい
2
祖父岳山頂はとても広い場所
こちらも360度の素晴らしい山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳山頂はとても広い場所
こちらも360度の素晴らしい山頂
4
鷲羽岳と槍ヶ岳のツーショットは祖父岳ならでは
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳と槍ヶ岳のツーショットは祖父岳ならでは
8
赤牛〜水晶
いわゆる読売新道
こちらもいつか必ず!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛〜水晶
いわゆる読売新道
こちらもいつか必ず!
4
高天ヶ原山荘が見える
時間的には行けるけど、明日以降の天候、メインの黒部五郎には絶対に行きたいなど考慮し、今回はカットすることに決定
深入りするとそれだけ戻って来るのが大変だし、頑張りすぎると修行色が濃くなってしまうからね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天ヶ原山荘が見える
時間的には行けるけど、明日以降の天候、メインの黒部五郎には絶対に行きたいなど考慮し、今回はカットすることに決定
深入りするとそれだけ戻って来るのが大変だし、頑張りすぎると修行色が濃くなってしまうからね
1
雲ノ平へ下って、テント場を今宵の宿とします
正面の薬師岳が素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平へ下って、テント場を今宵の宿とします
正面の薬師岳が素晴らしい
6
下りきると木道と合流
いよいよ雲ノ平へ
黒部源流碑からここまでの未踏ルート
歩いてみてよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきると木道と合流
いよいよ雲ノ平へ
黒部源流碑からここまでの未踏ルート
歩いてみてよかった
2
木道に合流すると、テント場はすぐ近くだけど、植生保護のため近道は通行止め
現在のルートは大きく反対側に回り込んだ後、枝分かれして入り込む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道に合流すると、テント場はすぐ近くだけど、植生保護のため近道は通行止め
現在のルートは大きく反対側に回り込んだ後、枝分かれして入り込む
1
これぞ雲ノ平という道をぽくぽくと
いや〜、楽園だねえ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ雲ノ平という道をぽくぽくと
いや〜、楽園だねえ!
7
180度回り込み、分岐から祖父岳を眺めながら下っていくとようやくテント場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
180度回り込み、分岐から祖父岳を眺めながら下っていくとようやくテント場
2
石が多く、適地探しに右往左往し、ようやく設営
黒部五郎が見えるいい場所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石が多く、適地探しに右往左往し、ようやく設営
黒部五郎が見えるいい場所
4
一服したら、テン泊受付に雲ノ平山荘へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服したら、テン泊受付に雲ノ平山荘へ
3
3年前に泊まった素敵な小屋です
昼食メニューを楽しみにしていたけど、10分前にオーダーストップ
テント場でモタモタしすぎたね
念のため厨房に確認してくれたけど、やっぱりダメ
まっ、忙しい時期ですから
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3年前に泊まった素敵な小屋です
昼食メニューを楽しみにしていたけど、10分前にオーダーストップ
テント場でモタモタしすぎたね
念のため厨房に確認してくれたけど、やっぱりダメ
まっ、忙しい時期ですから
3
小屋前からの黒部五郎
曇ってきた割にいつまでも見えていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前からの黒部五郎
曇ってきた割にいつまでも見えていた
1
山荘は水に恵まれていない
水歩荷さん募集中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘は水に恵まれていない
水歩荷さん募集中
3
これだね
若人達が何人か応募して、テント場の水場を往復中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだね
若人達が何人か応募して、テント場の水場を往復中
7
テント場への帰り道
スイス庭園にも寄っていこう
3連泊しているパーティーと出合いました
一昨日はかなりの混雑だったよう
「今日は空いてていいわね」って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場への帰り道
スイス庭園にも寄っていこう
3連泊しているパーティーと出合いました
一昨日はかなりの混雑だったよう
「今日は空いてていいわね」って
2
スイス庭園からも高天原や水晶池が見える
高天原温泉はいつか必ず!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイス庭園からも高天原や水晶池が見える
高天原温泉はいつか必ず!
3
夕刻、食事を終え雲ノ平を満喫していると、年配グループが遅がけに到着
他にいくらでも空いてるのに、なぜか私のテントの周りに3張設営
マナーもよろしくない”群れ”で感じ悪く、翌朝まで辟易
南アルプスの農鳥おやじさんにご登場願いたかったよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕刻、食事を終え雲ノ平を満喫していると、年配グループが遅がけに到着
他にいくらでも空いてるのに、なぜか私のテントの周りに3張設営
マナーもよろしくない”群れ”で感じ悪く、翌朝まで辟易
南アルプスの農鳥おやじさんにご登場願いたかったよ
5
8/15 3日目
ラジオを聞いて気を紛らわし就寝、少し寝坊して起床
甲子園は雨で何度か中断し、遅くまで試合やってた
天気予報通り、ガスガスの朝
でも、こんな雲ノ平もいい
幸い風はなくて、雨予報も大荒れにはならない模様
出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8/15 3日目
ラジオを聞いて気を紛らわし就寝、少し寝坊して起床
甲子園は雨で何度か中断し、遅くまで試合やってた
天気予報通り、ガスガスの朝
でも、こんな雲ノ平もいい
幸い風はなくて、雨予報も大荒れにはならない模様
出発!
1
そうそう、テント場の水は水量豊富でキンキンに冷えていて、優れもの
良い水場があるってホントありがたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうそう、テント場の水は水量豊富でキンキンに冷えていて、優れもの
良い水場があるってホントありがたい
6
イワギキョウ
紫というより青が鮮やかすぎる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
紫というより青が鮮やかすぎる
3
テント場からの旧道
植生保護のために通行止なのに、ベテラン風グループがこの後ズカズカと上がってきた
いい大人がそうまでして近道したいですか
やはり、農鳥おやじさん、来て下さい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場からの旧道
植生保護のために通行止なのに、ベテラン風グループがこの後ズカズカと上がってきた
いい大人がそうまでして近道したいですか
やはり、農鳥おやじさん、来て下さい
5
日本庭園の辺り
チングルマの綿毛がお見事!
薄ピンク色で水玉が付いて、なんと繊細な
7月頃は白い花ですごいことになっていそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本庭園の辺り
チングルマの綿毛がお見事!
薄ピンク色で水玉が付いて、なんと繊細な
7月頃は白い花ですごいことになっていそう
3
日本庭園を過ぎると雲ノ平ともお別れ
黒部源流へ急下り
今日は黒部五郎小屋までのショートステージ
のんびり行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本庭園を過ぎると雲ノ平ともお別れ
黒部源流へ急下り
今日は黒部五郎小屋までのショートステージ
のんびり行きます
渡渉し三俣山荘へ登り返し
私よりデカザックのお兄さんがひょいっと抜いて行った
高天原から1日で新穂高へ下山だって
すごいね
ストックをうまく活用している印象でした
私は全行程、敢えてノーストック
装備はしているけど、不器用でどうも苦手
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉し三俣山荘へ登り返し
私よりデカザックのお兄さんがひょいっと抜いて行った
高天原から1日で新穂高へ下山だって
すごいね
ストックをうまく活用している印象でした
私は全行程、敢えてノーストック
装備はしているけど、不器用でどうも苦手
2
今回の相棒ザックは50リットル
水1.5l込で14〜15kgかな
心配性なワタクシ、5日間と長丁場で交通機関利用の片道コースで荷物が増え、自分としてはやや重め
山小屋・水場に恵まれているので、もう少しなんとかできたかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の相棒ザックは50リットル
水1.5l込で14〜15kgかな
心配性なワタクシ、5日間と長丁場で交通機関利用の片道コースで荷物が増え、自分としてはやや重め
山小屋・水場に恵まれているので、もう少しなんとかできたかも
5
三俣山荘の食堂で、今度はカレーをいただく
お隣では感じの良い福岡からのソロ女性が同じくカレーをご注文
7日間の予定で表銀座から縦走してきたそう
新幹線や飛行機を使ってちょくちょくアルプスには来ているみたい
きっと経済力のあるウーマンに違いない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘の食堂で、今度はカレーをいただく
お隣では感じの良い福岡からのソロ女性が同じくカレーをご注文
7日間の予定で表銀座から縦走してきたそう
新幹線や飛行機を使ってちょくちょくアルプスには来ているみたい
きっと経済力のあるウーマンに違いない
3
カレーの肉がトロリと美味しくて、もう1杯おかわりしようかと思ったほど
休憩後は三俣蓮華岳巻道ルートで黒部五郎小屋を目指す
ここでポツポツと雨が降り出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カレーの肉がトロリと美味しくて、もう1杯おかわりしようかと思ったほど
休憩後は三俣蓮華岳巻道ルートで黒部五郎小屋を目指す
ここでポツポツと雨が降り出す
1
すぐに本降りに
レインウェア着用
真夏で寒くないし、風もないから低体温症の心配はなさそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに本降りに
レインウェア着用
真夏で寒くないし、風もないから低体温症の心配はなさそう
三俣蓮華岳山頂との分岐
このルート、巻道とはいえ標高差150mほど上がる
途中、道端でビッグな熊糞を2ヶ所で見かける
ここは北アルプスの奥地
熊さんはどこにいてもおかしくない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳山頂との分岐
このルート、巻道とはいえ標高差150mほど上がる
途中、道端でビッグな熊糞を2ヶ所で見かける
ここは北アルプスの奥地
熊さんはどこにいてもおかしくない
1
やがてジャングルのような樹林帯を降下
どこまで下るのか?と思い始めた頃に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがてジャングルのような樹林帯を降下
どこまで下るのか?と思い始めた頃に
突然、黒部五郎小屋が視界に
テント泊予定だったけど、到着時は土砂降りで、迷わず小屋泊を選択
小屋で台風7号の発生を知る
この段階では、この旅の残りはずっと悪天候なのかとがっかりしていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、黒部五郎小屋が視界に
テント泊予定だったけど、到着時は土砂降りで、迷わず小屋泊を選択
小屋で台風7号の発生を知る
この段階では、この旅の残りはずっと悪天候なのかとがっかりしていた
1
ところが、変わりやすいのが山の天気
その後、まさかの天候回復で青空が
こちらは薬師岳かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが、変わりやすいのが山の天気
その後、まさかの天候回復で青空が
こちらは薬師岳かな
2
遅れて黒部五郎も見えてきた
あれ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅れて黒部五郎も見えてきた
あれ〜
6
信じられない
さっきまでの土砂降りは何だったんだろうね
今到着してたら、逆に迷わずテント泊していたと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信じられない
さっきまでの土砂降りは何だったんだろうね
今到着してたら、逆に迷わずテント泊していたと思う
2
笠ヶ岳も
テント場は笠ヶ岳を眺める絶好の場所
小屋から近すぎず遠すぎず適度な距離感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳も
テント場は笠ヶ岳を眺める絶好の場所
小屋から近すぎず遠すぎず適度な距離感
5
テン泊から小屋泊に切り替える人が多くて、もっと混雑するかと思ったけど、予想に反して布団1枚1人の広々スペース
快適、快適
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン泊から小屋泊に切り替える人が多くて、もっと混雑するかと思ったけど、予想に反して布団1枚1人の広々スペース
快適、快適
1
夕食
バランス抜群
ご飯も味噌汁もお茶も、おかわりもできてありがたい
たくさんの味のある方々とお喋りし、とても楽しい小屋泊でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食
バランス抜群
ご飯も味噌汁もお茶も、おかわりもできてありがたい
たくさんの味のある方々とお喋りし、とても楽しい小屋泊でした
5
天気は曇りがちだったけど、徐々に安定
満月に近い月が出て、辺りを照らす
空気が澄んで星もきれいで、明日の好天を直感!
なんだか面白くなってきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は曇りがちだったけど、徐々に安定
満月に近い月が出て、辺りを照らす
空気が澄んで星もきれいで、明日の好天を直感!
なんだか面白くなってきた!
2
8/16 4日目
明るくなり始めた頃、黒部五郎小屋を出発
やはり快晴になりそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8/16 4日目
明るくなり始めた頃、黒部五郎小屋を出発
やはり快晴になりそう
2
グーテンモルゲン、ゴローさん
昨日の土砂降りから、まさにミラクル、ミラクルですね〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グーテンモルゲン、ゴローさん
昨日の土砂降りから、まさにミラクル、ミラクルですね〜!
3
樹林帯を抜け、有名なカール内部までは緩やかな登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け、有名なカール内部までは緩やかな登り
2
カールに入った
今回のメイン、黒部五郎岳をこんな晴天で歩ける幸せ
泣かせるね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カールに入った
今回のメイン、黒部五郎岳をこんな晴天で歩ける幸せ
泣かせるね〜
4
ファンタスティック、黒部五郎
完全にその魅力に取り付かれる
想像を超えた楽園
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ファンタスティック、黒部五郎
完全にその魅力に取り付かれる
想像を超えた楽園
4
黒部五郎
ここはまた必ず来ると思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎
ここはまた必ず来ると思います
3
右側から稜線に向かって取り付く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側から稜線に向かって取り付く
2
だんだんと目線も上昇
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと目線も上昇
3
今回はカールを来たけど、稜線ルートも良さげ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はカールを来たけど、稜線ルートも良さげ
3
なんとハンサムなお山なのか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとハンサムなお山なのか
3
稜線まで登り切り黒部五郎の肩へ
ザックをデポし、山頂を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まで登り切り黒部五郎の肩へ
ザックをデポし、山頂を目指す
2
山頂へはすぐに到着
女性2人パーティーと男性3人パーティーが先着
皆さん、静かにこの一時を満喫されてる様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へはすぐに到着
女性2人パーティーと男性3人パーティーが先着
皆さん、静かにこの一時を満喫されてる様子
3
女性パーティーのうちのお1人に撮っていただく
穂高とセットにしてもらったよ
ホント山がお好きな感じのガールズでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女性パーティーのうちのお1人に撮っていただく
穂高とセットにしてもらったよ
ホント山がお好きな感じのガールズでした
12
今日も見えてる
槍穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も見えてる
槍穂
4
笠〜乗鞍〜御嶽
三重奏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠〜乗鞍〜御嶽
三重奏
4
薬師は大きい
ただでさえ大きいから、近くに来るともっと大きい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師は大きい
ただでさえ大きいから、近くに来るともっと大きい
6
ここまで来ると、後立山も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ると、後立山も
2
剱・立山も岩肌を認識できるほどに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱・立山も岩肌を認識できるほどに
3
カール内部を上から眺める
この中を歩いて来たんだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カール内部を上から眺める
この中を歩いて来たんだね
2
太郎平小屋まで、この先進む縦走路
黒部五郎の肩からはザレ場の急下りで始まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋まで、この先進む縦走路
黒部五郎の肩からはザレ場の急下りで始まる
1
楽しみにしていたこの縦走路
昨日はこの稜線もガスの中歩くものと思っていたので、とても嬉しいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しみにしていたこの縦走路
昨日はこの稜線もガスの中歩くものと思っていたので、とても嬉しいです
3
ワンゲル部の若者たちと多くスライド
みんな荷物大きくて、でもマナー良くて爽やかで・・・
どうか雲ノ平テント場で出合ったようなマナー悪い”群れ”にはならないで下さいね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンゲル部の若者たちと多くスライド
みんな荷物大きくて、でもマナー良くて爽やかで・・・
どうか雲ノ平テント場で出合ったようなマナー悪い”群れ”にはならないで下さいね
2
赤木岳を通過
ピークは巻きます
少しだけ岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤木岳を通過
ピークは巻きます
少しだけ岩場
次に目指すは北俣岳
山というよりなだらかで大きい丘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に目指すは北俣岳
山というよりなだらかで大きい丘
1
有峰湖も見えてきた
旅が終盤に入っているのを実感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有峰湖も見えてきた
旅が終盤に入っているのを実感
北俣岳を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北俣岳を通過
1
下るとすぐに神岡新道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るとすぐに神岡新道分岐
何度も振り返るよ、黒部五郎&笠さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も振り返るよ、黒部五郎&笠さん
5
この旅の花の主役はチングルマの綿毛といっても過言じゃなかった
それにしても8月でもうこんなだったっけ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この旅の花の主役はチングルマの綿毛といっても過言じゃなかった
それにしても8月でもうこんなだったっけ?
2
太郎平に近づくと湿地帯に
水晶が遠くなったね
でも見えている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平に近づくと湿地帯に
水晶が遠くなったね
でも見えている
3
木道も増えてきた
このルートのこちら向きは薬師岳がずっと友達
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道も増えてきた
このルートのこちら向きは薬師岳がずっと友達
3
縦走路最後のピーク、太郎山より
長かった縦走もいつか終わるときがやってくる
ここまでこんなに晴れていてくれてありがとう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路最後のピーク、太郎山より
長かった縦走もいつか終わるときがやってくる
ここまでこんなに晴れていてくれてありがとう
4
太郎平小屋に到着
この先の薬師峠でテント泊し明朝下山予定だったけど、時刻はまだ10:00
余裕で折立14:00のバスに間に合いそう
この先の天気予報も考慮し、このまま下山することに
ここは携帯電波良好なので、自宅やバス会社に連絡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋に到着
この先の薬師峠でテント泊し明朝下山予定だったけど、時刻はまだ10:00
余裕で折立14:00のバスに間に合いそう
この先の天気予報も考慮し、このまま下山することに
ここは携帯電波良好なので、自宅やバス会社に連絡
3
太郎平から下山開始
縦走終了とともにすぐに曇ってきた
眺めてきた名峰たちはすぐにガスに包まれ、突然のお別れ
逆に言えば、縦走の間、ずっと見えていてくれたんだね
なんという幸運
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平から下山開始
縦走終了とともにすぐに曇ってきた
眺めてきた名峰たちはすぐにガスに包まれ、突然のお別れ
逆に言えば、縦走の間、ずっと見えていてくれたんだね
なんという幸運
2
太郎平小屋へ向かう歩荷さん
下山中、何人もスライド
飲料が品薄だったからね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋へ向かう歩荷さん
下山中、何人もスライド
飲料が品薄だったからね
2
樹林帯は土が半乾きで所々滑りやすい
山歩きはあと少しで下山という時が要注意
案の定、あと20分ほどというところで、この旅唯一の尻餅
この突起がおしりに突き刺さる
Ouch!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯は土が半乾きで所々滑りやすい
山歩きはあと少しで下山という時が要注意
案の定、あと20分ほどというところで、この旅唯一の尻餅
この突起がおしりに突き刺さる
Ouch!
2
そしてついに、ゴールの折立登山口が見えてきた
こんな景色になると、歩ききった安堵感よりも名残惜しさの方が勝ってしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてついに、ゴールの折立登山口が見えてきた
こんな景色になると、歩ききった安堵感よりも名残惜しさの方が勝ってしまう
2
まだまだいくらでも歩けそうだけど、この先道はない
そう、旅は終わったのだ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだいくらでも歩けそうだけど、この先道はない
そう、旅は終わったのだ・・・
2
放心状態から我に返り、黒部五郎小屋の弁当をいただく
集中して良いハイクが出来ていたのか、ここまでの長丁場、朝食以降、行動食だけで平気だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
放心状態から我に返り、黒部五郎小屋の弁当をいただく
集中して良いハイクが出来ていたのか、ここまでの長丁場、朝食以降、行動食だけで平気だった
5
着替、帰りの準備しているうちに、14:00発の夏山バスが到着
昭和を感じるレトロな富山地鉄バス
もちろんちゃんと走りますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着替、帰りの準備しているうちに、14:00発の夏山バスが到着
昭和を感じるレトロな富山地鉄バス
もちろんちゃんと走りますよ
1
雨が降ってきて、早めにバスに乗せてくれました
わあ、土砂降りだ
降られる前に下山できて感謝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降ってきて、早めにバスに乗せてくれました
わあ、土砂降りだ
降られる前に下山できて感謝
バスは富山行きだったが、有峰口で下車し富山地鉄電車に乗換
レトロな有峰口駅
胸キュン映画のセットのようだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスは富山行きだったが、有峰口で下車し富山地鉄電車に乗換
レトロな有峰口駅
胸キュン映画のセットのようだね
3
途中下車してスーパー銭湯「満天の湯」に行くつもりだったのに、到着直前に睡魔に負けてまさかの寝過ごし
気づいたら「間もなく終点電鉄富山〜」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中下車してスーパー銭湯「満天の湯」に行くつもりだったのに、到着直前に睡魔に負けてまさかの寝過ごし
気づいたら「間もなく終点電鉄富山〜」
2
新幹線が開通し、新しくなった富山駅
こちらは新幹線側
在来線側はまだまだ工事中みたいで、後回しの印象
表と裏だね
地域の日常生活だって大事なのに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新幹線が開通し、新しくなった富山駅
こちらは新幹線側
在来線側はまだまだ工事中みたいで、後回しの印象
表と裏だね
地域の日常生活だって大事なのに
旅の無事を祝して
せっかく富山にいるので、お寿司を!
一つの長旅が終わったことを実感できる時間帯
無事に終わったからこそ、また次の旅ができる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅の無事を祝して
せっかく富山にいるので、お寿司を!
一つの長旅が終わったことを実感できる時間帯
無事に終わったからこそ、また次の旅ができる
5
路面電車がクルクル動き回り、見ていて楽しい富山駅前
土産にます寿司を買って、ホームへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路面電車がクルクル動き回り、見ていて楽しい富山駅前
土産にます寿司を買って、ホームへ
金沢までのほんの20分、初めて北陸新幹線に乗車
東海のよりセンス良くて格好いい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金沢までのほんの20分、初めて北陸新幹線に乗車
東海のよりセンス良くて格好いい
2
金沢で特急に乗り換え
ところが石川県内の大雨の影響で、ダイヤに大幅な乱れ
もう何だか面白くなってきた!
金沢で泊まろうかとも思ったけど幸か不幸か復旧し、予定より1時間半ほどの遅れで無事帰宅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金沢で特急に乗り換え
ところが石川県内の大雨の影響で、ダイヤに大幅な乱れ
もう何だか面白くなってきた!
金沢で泊まろうかとも思ったけど幸か不幸か復旧し、予定より1時間半ほどの遅れで無事帰宅
1
旅の記念の戦利品
憧れのグレー「雲」T&登った山のバッジ達
ホントに行ってきたんだなあと実感
道具の片付けと手入れを頑張ろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅の記念の戦利品
憧れのグレー「雲」T&登った山のバッジ達
ホントに行ってきたんだなあと実感
道具の片付けと手入れを頑張ろう
10

感想/記録
by 3120m

お盆休みは、有休取得せずにして、普段出来ないロング縦走を行う貴重な機会。
昨年は南アルプス縦走後、その時から次回は北アルプスと決めていた。

一言で北アルプスと言っても広い。
3年前に行った黒部源流エリアがとても素晴らしくて、再訪したいと思っていた。
普段の週末休みでは、気軽には行けないような奥地。

前回は、七倉ダムから裏銀座に入り、雲ノ平、薬師岳、五色ヶ原を抜け、
立山室堂へというルート。
その時、黒部五郎岳はルートから外れていて、行けていない。
三俣〜黒部五郎〜太郎平の縦走は、絶対に外せないと思った。

このエリアはルート取りも多彩で、なかなか考えがまとまらない。
直前になって、名鉄バス上高地行(夜行便)の空席を1つ発見。
新穂高温泉でも下車できるので、早速予約。
5日間の予定で新穂高→折立というルートに落ち着いた。
大好きな片道旅だ。

それでも、途中の経由をどうしようか迷う。
双六へ行くまでに、笠ヶ岳に登って稜線を行こうか、
それとも、槍ヶ岳を経由して、西鎌尾根を下ろうか、
高天原温泉まで足を伸ばしてみようか、
前回登った鷲羽はどうしようか
あーでもない、こーでもない。

結局、どれもやめておいた。
無理して欲張ってしまうのは私の悪い癖でもある。
結果、時間に追われてせかせかするのは嫌だし、のんびりしたい。

今回、ルートはシンプルにして、余裕をもたせることにした。
その分、奥地の大自然をたっぷりと感じてとけこもう。
良い場所があったら、立ち止まってじっくり見よう。
目的地に早めについたら、昼寝して、ボーッと過ごそう。

歩き方も、いつもより脱力してのんびり行ってみた。
テント泊装備で、スピードが上がらないのもあるが、
いつもなら、歩き出して暖まってくると自然とペースが上がっていく。
そこを敢えて抑えて抑えてゆっくりと行った。

なんだろう。
これがとても心地良かった。
時間感覚がゆっくりとなり、心にゆとりが出てきて、
奥地の大自然を噛みしめることができた。

結果的にそんなに遅くもないし、疲れもたまらない。
天候の関係で、念のため1日早く下山したので、
最終日はやや長めの行程になったが、全く平気。
実際、下山後も筋肉痛など全くなく、まだまだ歩ける勢いだった。

天候については、自分ではどうにもしようがない。
1〜2日目は晴れ、3日目以降が崩れるというのが大方の予報。
後半の天気はあきらめていた。
しかし、雨の中歩いたのは3日目の2時間弱だけ。
その雨も、風は弱くて大荒れになることはなく、寒くもなかった。

4日目には奇跡の快晴の中、念願の黒部五郎岳のルートを縦走できて、
予定を1日早めてそのまま下山したら、その直後に土砂降りの雨。
ラジオや山小屋の衛星テレビで、天気は常に気にしていたが、
とても巡り合わせが良かったと思う。

昨年からずっと思ってきた、今回の北アルプス縦走。
自分の意志で山歩きを始めて5年。
終わってみれば、今までの集大成のような旅となった。

いつもならすぐに、次はどこに行こう・・・となるが、
今回はどうしたことか、数日たった今も放心状態だ。
それだけ充実していたのだろう。

テント場では少し苛つくこともあったが、
奥地で同じように歩いている人々と出合い、
時にお喋りし、それが励みになったり、
豊富な知識やアイデアをいただだいたり、
とても楽しかった。

この先、長い日程はなかなかとれそうもないが、
アルプスなどで今シーズンに行ってみたいと思う場所はいくつかある。
引き続き、今回のように少しゆとりある旅ができたらいいなと思う。
訪問者数:421人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/8/9
投稿数: 1496
2016/8/21 11:10
 のんびりと、、、
良い山旅が出来ましたね^^
こういう山歩き、時々の息抜きとして、絶対必要ですね。
何泊もする山旅は、盆休みのみしか出来ませんので、
また来年も良い旅が出来ると良いですね
登録日: 2011/7/6
投稿数: 412
2016/8/21 15:45
 充実の山旅でしたね
なかなか良い天気に恵まれましたね。
雲の平、黒五あたりの景色が素晴らしいです

私も標高100山のラスト1座が祖父なので、近いうちに雲の平に行きます。
参考になりました。
写真にある祖父の山頂で「やったぁ〜!」って叫ぶのだ…
3120さんみたいに、幕営縦走したいけど…1泊2日の弾丸登山になりそう
一日で雲の平山荘まで行けるのかなぁ…

北陸新幹線にまで乗れていいですね〜…乗ってみたい…。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 387
2016/8/22 20:34
 Re: のんびりと、、、
messiahさん、こんばんは
ありがとうございます。

ホントに年に1度のお盆の縦走、今年も無事終えることができました。
来年もまた、どこにしようか迷いますね。

ただし、のんびりもいいのですが、何泊もすると汗臭さの問題が・・・
渓流や水場では何度も頭から水をかぶったり、タオルを濡らして拭いたりしました。
それでも・・・ベトベトして気持ち悪いですよね。

その点では2泊くらいが限度かもしれません。
下山したらすぐにひとっ風呂浴びたいですね。

限られた時間で、欲張りたい時もあるので。
スピードハイクを磨くのは、やはり有効ですよね。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 387
2016/8/22 20:43
 Re: 充実の山旅でしたね
akakiriusagiさん、こんばんは
ありがとうございます。

天気予報は後半ほど今ひとつでしたが、なんのなんの。
幸運に恵まれました。
いや−、黒部五郎は素晴らしいですね。
太郎平までの縦走路もとても良かったです。

祖父岳でコンプリートなのですか!
あそこも、360度でいいところですよ。

北陸新幹線、乗ったのはほんの20分ですが、
すっかりお上りさんになっていました。

ただ、西から行く者にとっては、新幹線開通で金沢乗換が必須となり、少々面倒に。
私が利用するしらさぎorサンダーバードも、以前は富山直通でしたからね。
それでも、北陸新幹線、やはり夢のような話でした。
新しいのはいいですね。
登録日: 2013/2/21
投稿数: 1668
2016/8/23 18:20
 同感です(^^)
3120mさん、こんにちは
黒部五郎のカールはホント、私も大大好きです。
巨大なゆりかごというか、大地に包まれてる感がたまりません!

私も計画ではあっちもこっちも経由したり欲張りすぎちゃうんですが、
それは計画の上での楽しみとして、
特にテン泊ではゆっくりゆっくりユックリと、
大自然を噛み締めるのが良いですね♪

ここのところ、日常生活で山や空を楽しめるようになり、
山を登るというモチベーションが上がらなかったのですが、
やっぱり縦走いいなぁって思いました。
まずは、テン泊縦走のザックの重量、なんとか減らしたいです。
黄色のステラリッジの次を物色してます(笑)
登録日: 2013/8/17
投稿数: 387
2016/8/24 21:13
 Re: 同感です(^^)
negima先輩、こんばんは
ありがとうございます。

黒部五郎さん、事前の予習で過去レコも拝見してましたよ。
ホント、あそこは良かったですね。
最終日ながら、まだまだ余力があって、
歩いていて「そう、こんな縦走がしたかったんだよ」と大満足でした。
1週間たった今も、余韻に浸ってボーッとしています(笑)。

僕の初代テントはステラリッジと迷った末にアライ・エアライズ。
どちらもメジャーであまりにも多いです。
それこそ、名前を書かなきゃいけない時代ですね(笑)。

道具に関しても全くの素人で、偉そうな事は言えないですが、
ヤマレコ上ではこれまで、↑上記のmessiah先生を始め、
色々とアドバイスもらったりしてきました。

軽量テントは軽い分、インナーがメッシュだったり、
耐久性、耐風性に難があったり、色々ありそうですね。
マイ・ビッグアグネス(フライクリーク1)は、メッシュじゃないタイプを選び、
グラウンドシートまで含めて、全部で1100gくらいです。

ザック重量は、僕の場合11〜12kgなら登りも軽快ですが、
14〜15kgの今回はスピードが上がらなかったです。
北海道では19〜20kgで突入していまいましたが、これは論外でした。
心配性で、つい荷物が増えてしまうのが悩ましいところです。

一つ一つのアイテムを実測して、取捨選択しながらリストをつくり、
総重量を出してみるのは、いいかもしれません。
なんだか自分自身と対話しているような感覚になり、奥が深いですよ。
登録日: 2015/5/12
投稿数: 9
2016/8/27 22:00
 お久しぶりです
去年の南アルプスが懐かしいですね。
黒部五郎かっこいいですね。写真見ていたら行きたくなりました。
でも縦走にも日数がいるので。。。

農鳥小屋、楽しそうですね。行ってみなければ!
登録日: 2013/8/17
投稿数: 387
2016/8/29 22:28
 Re: お久しぶりです
GAFUさん、こんばんは

昨年、椹島でお会いしたときに、
千枚から、1日で荒川、赤石、と回って下山されて来たのが珍しく、
新鮮に驚いたのが懐かしいですね(笑)。

その時に、穂高の事を仰っていましたが、有言実行されましたね。
今年の8月前半は好天が続きましたので、槍穂縦走を満喫されたことと思います。
人が多かったんじゃないでしょうか。

黒部五郎のエリアもとてもいいですよ。
ルート取りは色々と迷うところですが、
夜行バスや北陸新幹線をうまく活用すれば、
GAFUさんの足なら、2泊あれば結構歩けそうな気がしますので、是非行ってみて下さい!

南アルプスもいいですね。
各山小屋のオヤジさんたち、皆さん昭和の親父といった感じで、
頑張る登山者を見守ってくれ、暖かいです。
そんな楽しみもありますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ