ヤマレコ

HOME > EPSON(エプソン) > 山行記録の表示
記録ID: 943361 全員に公開 ハイキング中国山地東部

日本一危ない国宝鑑賞 投入堂(三徳山三佛寺)

日程 2016年08月14日(日) [日帰り]
メンバー kikaiohepson, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
『三徳山三仏寺』が正式名称。ただ、投入堂でもナビで出るものもある。
道中、食事禁止なのでファイナルコンビニは気にすることはないが例によって付近には無い。
駐車場は中心に無理矢理停めなければ10台、頑張って15台程度。
8時過ぎに到着していたが、9時には満車の勢いで車が来ていた。
路駐も多かったが、どこまでOKなのかはコメント不能。

8時から15時まで受け付け。雨天積雪中止。
大人 600円(本堂まででとりあえず400円、投入堂参拝ルート前に更に200円徴収される)
装備のチェック(特にスパイクがあるかどうかを二か所で確認されました)有り。
詳しくは http://www.mitokusan.jp/sanpai.html

住所
鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
お問い合わせ
三徳山三佛寺 TEL 0858-43-2666
三朝温泉観光協会 TEL 0857-43-0431
アクセス
JR倉吉駅より路線バスで約40分
中国自動車道「院庄IC」より国道179号線、車で約50分
米子自動車道「湯原IC」より国道313号線→482→179、車で約50分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間32分
休憩
45分
合計
2時間17分
S三徳山三佛寺拝観受付08:4108:45三佛寺本堂08:5108:51かずら坂09:27クサリ坂09:3809:38文殊堂09:4509:53地蔵堂09:5409:56鐘楼09:5810:01納経堂10:01投入堂10:1110:45三佛寺本堂10:5310:58三徳山三佛寺拝観受付G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
日常的に運動をしない同行者との山行の為、今回は5分毎休憩のペースで超ゆっくりです。
ベースタイム通りに歩ける人なら、1時間もあれば余裕でいけると思います。
コース状況/
危険箇所等
言うほど危険な箇所は無いが(そもそも登山装備で登っている人の方が少ないし)、三点支持をしっかりとしないと登りは危険。降りはほとんど一方通行の迂回ルートがあるので安心。
水場とトイレ等は無いので、事前準備は怠らないように。
その他周辺情報山門周辺に自販機や、かき氷を売っている売店があり。
確かに田舎だが、観光名所らしく道路はしっかりしている。
近くに三朝(みささ)温泉あり。 http://spa-misasa.jp/access/
今回は奇数日の午前中なので清掃中で利用できなかったが、「三朝温泉 河原風呂」は必見。
http://4travel.jp/domestic/area/chugoku/tottori/kurayoshi/misasa/onsen/11330793/
女性ドン引き、男性も腰が引ける無料混浴(露出)温泉w
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 サブザック 飲料 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 カメラ

写真

アイスやかき氷の出店や自販機(定価)もある、輪光院。
2016年08月14日 08:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスやかき氷の出店や自販機(定価)もある、輪光院。
本堂正面。横にはお土産屋さんもありました。
2016年08月14日 08:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂正面。横にはお土産屋さんもありました。
1
全景図、うん、判らんw
2016年08月14日 08:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全景図、うん、判らんw
登山事務所にて200円を払い
「再三の靴底チェック」「代表者の名前・連絡先記入」「袈裟を掛けて」いざ出発。
写真には入ってませんが、注意事項に「ポケモンGO」の禁止も明示されていました・・・。
2016年08月14日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山事務所にて200円を払い
「再三の靴底チェック」「代表者の名前・連絡先記入」「袈裟を掛けて」いざ出発。
写真には入ってませんが、注意事項に「ポケモンGO」の禁止も明示されていました・・・。
宿入橋
2016年08月14日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿入橋
橋横の景色です
2016年08月14日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋横の景色です
1
いきなりの軽い登り
2016年08月14日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの軽い登り
危険個所には補強がされています
2016年08月14日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所には補強がされています
同行者の登り、まずは楽勝
2016年08月14日 08:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同行者の登り、まずは楽勝
2
稲荷堂
2016年08月14日 08:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷堂
かずら坂。
一方通行なので、登りは必ずここを登らなければいけません。
2016年08月14日 08:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かずら坂。
一方通行なので、登りは必ずここを登らなければいけません。
1
同行者が苦戦して、渋滞発生・・・。
2016年08月14日 08:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同行者が苦戦して、渋滞発生・・・。
1
帰りは巻き道を歩けます。
2016年08月14日 08:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは巻き道を歩けます。
奥に人が見える通り、ここを登っていきます。
参拝路なのでルートは明確ですが、少しぎょっとする道ですね。
2016年08月14日 08:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に人が見える通り、ここを登っていきます。
参拝路なのでルートは明確ですが、少しぎょっとする道ですね。
道は一見荒そうですが、地面の引っ掛かりが多く直立で上がれます。
上に文殊堂の脚が見えます。
2016年08月14日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は一見荒そうですが、地面の引っ掛かりが多く直立で上がれます。
上に文殊堂の脚が見えます。
1
文殊堂横の巻き道(下り専用)。
2016年08月14日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊堂横の巻き道(下り専用)。
1
70度くらいある登りですが、クサリがしっかりしているので楽勝。
(登山経験者も少ないので、ほとんどの人がゴボウ抜きで登っていました)
強いて言うなら、一番大変なのがクサリに取り付くまで。(次の写真参照)
2016年08月14日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
70度くらいある登りですが、クサリがしっかりしているので楽勝。
(登山経験者も少ないので、ほとんどの人がゴボウ抜きで登っていました)
強いて言うなら、一番大変なのがクサリに取り付くまで。(次の写真参照)
1
写真に微妙に映ってませんが、この柱に至るまでがやや足場が不安定です。(同行者も写真でビクビクしています)
2016年08月14日 09:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真に微妙に映ってませんが、この柱に至るまでがやや足場が不安定です。(同行者も写真でビクビクしています)
3
文殊堂からの景色、絶景です。
2016年08月14日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊堂からの景色、絶景です。
1
かなりいい景色。
2016年08月14日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりいい景色。
2
ただ、詳しく写真撮り忘れましたが、文殊堂手すりが無くて景観地の下は崖です。
しかもみんな日よけと休憩がてら文殊堂の山側に背中を付けて足を伸ばして座り込んで居るので、移動時ぶつかられて滑落しないように最注意です。
(渋滞原因にもなりますし。怖いので私はすぐに移動しました)
2016年08月14日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、詳しく写真撮り忘れましたが、文殊堂手すりが無くて景観地の下は崖です。
しかもみんな日よけと休憩がてら文殊堂の山側に背中を付けて足を伸ばして座り込んで居るので、移動時ぶつかられて滑落しないように最注意です。
(渋滞原因にもなりますし。怖いので私はすぐに移動しました)
1
地蔵堂。
2016年08月14日 09:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵堂。
1
鐘を自由につけます。
2016年08月14日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘を自由につけます。
登っている最中に、この「ゴーーーーン」と言う音が聞こえて、非常に風情があります。
2016年08月14日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っている最中に、この「ゴーーーーン」と言う音が聞こえて、非常に風情があります。
納経堂の横から後ろを迂回していきます。
2016年08月14日 10:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
納経堂の横から後ろを迂回していきます。
1
投入堂、かなり達成感があります。
2016年08月14日 10:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
投入堂、かなり達成感があります。
3
この看板の下侵入禁止になっているので、ズームでぱしゃり。
2016年08月14日 10:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板の下侵入禁止になっているので、ズームでぱしゃり。
1

感想/記録

盆の連休を使っての鳥取旅行で、行ってみたかった『投入堂』へ行って来ました。
(ちなみに0400鳥取到着 0430鳥取砂丘探索開始 0535砂丘にてご来光
 0615コナン空港 0640すなば珈琲でモーニング 0727白兎神社参拝
【今ココ】→ 0820【三徳山三佛寺(みとくさん・さんぶつじ)】1110
 1200途中のスーパーのイートインで食事 1300大山・南光河原駐車場)
『投入堂』駐車場と表記された、バス迂回所下の駐車場に停めましたが
0820頃に到着して、ゆっくり着替えやトイレを利用している間にほぼ満車に。
帰りには駐車場の隅だけでなく、中心部にも無理矢理駐車されていたので、
車の時点で、出やすい位置&バックでの駐車をしておいた方がいいと思います。

正面山門からでなく、お土産屋手前の石段を登って受付。
ホームページでは600円と表記されていたが、まずは参拝料400円徴収される。
多分、人数×400円の金額をまずは用意しておいた方がスムーズだと思います。
ここで装備のチェック、特に靴にスパイクが無いかは裏をひっくり返して見られます。
直ぐに投入堂受付へ、ここでも靴のスパイクチェックが入ります、
そして代表者の住所・名前記入(入山・下山時刻の記入)、そして袈裟を掛けて出発。
事前情報の、スパイク・ストック禁止、火気や飲食禁止、等は書いてあったのですが
写真撮り忘れましたがポケモンGO禁止も、自分の言葉で書いてありました。
(ここは自然の修験の場なので、モンスターを捕まえるのではなく略 的な)
ルート的には、「山を登らない人にはキツい」が「ルートは明確」で
「下山時の巻き道も完備」されているが、「急な岩場がある」所です。
普段登山されている人には、特記事項は無いレベル・・・。
(ただ、今回は日頃運動していない同行者と一緒なので、ゆったりペースです)

『かずら坂』も雨天で無ければ楽勝クリア、『クサリ場』も足場も含め楽勝です。
ただ、クサリに至るまでの最初の一歩の足場が少し危険かな?(写真参照)
後、クサリ場前が込み合うので、文殊堂の足場横に退避しようとして、
文殊堂の足場に頭を打ち付けている人を見たので、注意です。
また投入堂山行自体、日頃登山していない人が参拝者の圧倒的多数な為。
登り中に下からクサリ触れられたり、登り歩き中に上から人が降りてくるのは日常なので
「登山者の感覚」で居ると、巻き込み事故にあうかもしれないので注意。

『文殊堂』からの景色は素晴らしいのですが、クサリ場からの解放と、
日陰で文殊堂側(山側)に人が座り込み足を伸ばしているので非常に危険。
景色のいい場所=崖なので、下手すると座り込みの人が急に動いたりとか
引っかかったりすると滑落します。(実はここが一番危ないのでは・・・)
『文殊堂』まで来れば、地図上は半分ですが時間的にも8割終了。
後はほぼ高低差の無い状況で、『投入堂』まで行けます。

達成感のある国宝、素晴らしいです。
ただ崖にお堂があるだけですが、鳥取旅行に来たら是非寄りたいスポットです。
また個人的には、上段の今回の私の行動結構オススメです。
時間的余裕があるなら、朝イチで無く鳥取砂丘午前中、かろいちですなば珈琲ランチ、
投入堂で翌日大山なんかもいいかもしれません。

   ************************

ちなみにEPSONのGPS時計(トレッキングギア)MZ-500Bを使い始めたのでインプレ。
百名山オススメルートは登録されているのですが。当然、投入堂はルートに
登録されていなかったので。自分で事前にルート登録してみましたが。
そもそも迷うルートでないので、ナビ機能は実質効果を実感出来ずw

しかし、ログを記録している最中は使える機能が増え。
(経過時間や高度や、チェックポイントからの時間 等)
しかもそのロギング機能表示が、カスタマイズ出来るのは便利ですねー。
山行中は、カスタマイズして1ページに3段表記で並べ替えて
「経過時間」「現在時刻」「現在高度」をデフォルト表示にしています。
切り替えボタン長押しで、そのままマップ表示に切り替えられるのもいい。

まだ機能も全部使いこなしてなく、GPXファイル(ログファイル)の
確認・編集もイマイチ使いこなしていませんが、写真撮影と同時に
チェックポイントを置いたりすれば、写真の撮影位置が同定出来たり。
分岐ごとにチェックポイントを置いておけば、トラックバック機能
(来た道を引き返しナビ)に利用出来て便利そうです。
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ