ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 943467 全員に公開 沢登り東北

田子倉湖から白戸川遡行、只見川への下降

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月16日(火)
メンバー yoru1988jp
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車で田子倉湖駐車場まで移動し、湖上はパックラフト
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間30分
休憩
0分
合計
3時間30分
Sスタート地点13:3017:00宿泊地
2日目
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
宿泊地08:0014:00宿泊地
3日目
山行
8時間30分
休憩
0分
合計
8時間30分
宿泊地08:3017:00宿泊地
4日目
山行
9時間0分
休憩
0分
合計
9時間0分
宿泊地10:3019:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
田子倉から白戸川へと入る川上は風の影響か?ストレーナー(流木&ごみ)で埋め尽くされていた。パックラフトでも辛うじて進めたが、パドルがうまく刺さらない。
アブやばい!
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 固形燃料少し タープ泊

写真

今沢旅の秘密兵器
パックラフト 
2016年08月13日 13:18撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今沢旅の秘密兵器
パックラフト 
出艇準備完了
2016年08月13日 13:38撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出艇準備完了
田子倉湖上
2016年08月13日 13:43撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田子倉湖上
秘密兵器2 
流れのない単調な湖上を飽きないための秘策
飲んだら
2016年08月13日 15:35撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秘密兵器2 
流れのない単調な湖上を飽きないための秘策
飲んだら
沈没船を発見
2016年08月13日 16:10撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沈没船を発見
上陸 
2016年08月13日 16:57撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上陸 
フロア部分にはエアマットを敷く
軽量化のために良く考えられているなぁ
2016年08月13日 16:57撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フロア部分にはエアマットを敷く
軽量化のために良く考えられているなぁ
本日の宿  タープに蚊帳
2016年08月13日 18:01撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿  タープに蚊帳
2日目 白戸川に取り付く
ラフトとパドルを収納サイズにする
2016年08月14日 09:15撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目 白戸川に取り付く
ラフトとパドルを収納サイズにする
沢登りスタート
2016年08月14日 09:39撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢登りスタート
ラフト一式を入れたザックはさすがに重いので、ザックを降ろして身軽になってゴルジュを突破する作戦
2016年08月14日 11:01撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラフト一式を入れたザックはさすがに重いので、ザックを降ろして身軽になってゴルジュを突破する作戦
アブやべーよ
2016年08月14日 12:25撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アブやべーよ
遠くに黒くて大きな獣を見た気がする。
気のせいだろうか。  テン場から少し話して夜間の食糧庫を作る。
ちょっと揺さぶれば木は倒れてしまうので、気休めだ
2016年08月14日 18:20撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに黒くて大きな獣を見た気がする。
気のせいだろうか。  テン場から少し話して夜間の食糧庫を作る。
ちょっと揺さぶれば木は倒れてしまうので、気休めだ
キャエル
2016年08月15日 11:59撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャエル
三日目の幕営地・只見川の河原
 
2016年08月15日 18:35撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目の幕営地・只見川の河原
 
4日目 只見川下降
2016年08月16日 11:09撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目 只見川下降
ちょっとした瀬も出てきてこの区間は最高だった
2016年08月16日 11:48撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした瀬も出てきてこの区間は最高だった
4日目の日暮れ
湖面に映る月 綺麗に撮りたかったが、波で揺れてぶれる

2016年08月16日 19:04撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目の日暮れ
湖面に映る月 綺麗に撮りたかったが、波で揺れてぶれる

真っ暗だけどまだ湖上
朝からこぎ続け腕・肩はパンパン、指はパドルの形に固まっている。
この後なんとか駐車場までたどり着いた
2016年08月16日 19:22撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗だけどまだ湖上
朝からこぎ続け腕・肩はパンパン、指はパドルの形に固まっている。
この後なんとか駐車場までたどり着いた

感想/記録

行ってきました只見の白戸川沢登り
沢登りとパックラフトを組み合わせたら山行の幅が広がるんじゃないかとずっと考えていたことをやっと実行に移してきました。
そして、覚悟はしてたけど、メジロアブやばかった
沢の中、川の中では常に数十匹ろくに休憩を取れせてもらえなかった

一日目は昼過ぎからゆっくり出発
綺麗なトイレがある国道沿いの駐車場に車を置き、ボートを膨らませて出発
流れがなく、単調な湖を進んでいると、出発時の気分の高まりはすぐに消え、飽きてくる。しかも、ボートなかなか進まねえよ。
すぐに今回の秘密兵器に手を付ける。
ビールだ。ほろ酔いで退屈区間を乗り切ろうという作戦
ついでにつまみも開けて・・・余計漕ぐ気がなくなってきたorz

夕暮れ前に適当な陸地を見つけて上陸
タープと蚊帳を張り、焚き火をする。
つまみで腹が膨れたので、夕飯は食べなかった。
夜の暇つぶし用に本を持っていったが、本が面白すぎて、日付が変わるまで読んでいた。文学やばい。
持っていった本は『君の膵臓食べたい』
切なくなり過ぎて明日からの山行に影響が出ないかを不安になりながら就寝

2日目
完全に明るくなってから、今日もボートで出発
しばらくすると目指す白戸川が近づいてきたが、風の影響か詰まっているのか白戸川から田子倉湖へ流れ込む箇所は流木に覆われてなかなかボートが進まない
流木をかき分け、力技で進むと白戸川に入った。ここから沢登り区間の始まり
この時点ではアブは少しいる程度であまり気にならなかったので、防虫ネットなどの対策をせずに進んだのだが、すぐに身体中にアブの大群がまとわりつくようになる。
発狂しそうだ・・・。頭から防虫ネットをかぶり、雨具を着、手袋をつけるが、防虫ネットに触れている耳や、手袋の上から、手袋と雨具のわずかな隙間から噛んでくる。がしょうがない。進むしかない。
今日の区間は沢歩きがほとんどだったが、
アブにまとわりつかれて、休憩が出来ず気を抜くことができなかったので、ものすごく疲れて眠くなってきた。もうここでいいか。

焚き火で米を炊く、いい感じ。
今日はレトルトカレー

黒くて大きい獣を見た気がする。
寝床を襲われてもいやなので、念のため、テントから離れた場所に
河原の流木を立てて食料を吊り下げとく。

3日目
朝方少し雨が降ったがすぐに止んだ
昨日流木に吊るしておいた食料は無事だった。
今日も川原歩きがメインだが、1箇所5m超の水量の多い滝が出る。
必死のパッチでなんとかこなして進む
今回は白戸川を最後まで詰めず、途中の支沢に入る。ここがまた滑りや滝の大きさが俺の限界ギリギリに設定してあり、実力を試されているような滝登りだった。沢を詰め終わると尾根に出る。藪漕ぎは密藪でないためキツくはないが下降で迷う、今回はコンパスを忘れたため、ケータイのGPSで位置を確認する。
GPS様々だ。
で、反対の沢に降り立ち、沢を下っていく。
途中の難しい10m程の滝があったので、秘密兵器のヨット用のダイニーマロープΦ6mm×40mで下降する。ATCガイドで懸垂下降はうまくいった。川に合流し、広くなったところで幕営
アブはずっと付きまとっている。

本日はアイフォンにダウンロードしたオーディオブック『桐島部活やめるってよ』を聴きながら寝るこれまた面白い 眠くなるまでの暇つぶしにと思っていたが、面白くてなかなか寝付けなかった。文学やばい

4日目
太陽の日差しでジリジリと肌を焼かれて目が覚める
あおぞらが広がっている。
固形燃料で湯を沸かし、アルファ米の朝食

ボートを膨らませ、川を下る所々浅瀬もあるが快適に下っていく。先の見えない箇所はボートから降りてスカウティング
未知の区間を攻める川下りの醍醐味を味わう

今日はひたすら川降り区間だから
昼過ぎには着いちゃうだろうなーなんて考えていたが、、、甘かった

降っても、漕いでも、なかなかつかない
地形図と現在地を照らしながらいくが、ゴールまでの距離が縮まらない
途中ダムに出て、久しぶりに人に出会った。
挨拶するが、無視される
いきなりこんなとこから人出てきたら驚くだろうと、こっちからあいさつしたのに、つめてーな

そこから田子倉湖に合流してひたすら漕いでも、日が暮れた頃にやったゴールへ到着
疲れた
訪問者数:371人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/29
投稿数: 83
2016/8/18 11:02
 お疲れさん
以前訪れこの時期のメジロアブに顔といわず体中をブチブチにされたことがあります。
登録日: 2016/2/4
投稿数: 1
2016/8/21 10:28
 Re: お疲れさん
meganezaruさん
コメントありがとうございます。

この時期はやばいですね。
防虫ネットなしなんて、俺には耐えられない

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ