ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 943583 全員に公開 ハイキング剱・立山

〜雨のテント設営〜雲ノ平・黒部五郎周遊(折立起点)

日程 2016年08月14日(日) 〜 2016年08月16日(火)
メンバー Sella
天候8月14日 晴れのち曇り
8月15日 曇のち雨夕方から晴れ
8月16日 晴れ午後から曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
有峰林道1,900円
東谷料金所往復。早朝のゲート街は自分を含めて4台。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間18分
休憩
57分
合計
9時間15分
Sスタート地点07:0807:30折立07:3107:32十三重之塔 慰霊碑07:3308:13太郎坂(アラレちゃん)08:40青淵三角点(青淵山)08:50積雪深計測ポール08:5109:54五光岩ベンチ10:12太郎兵衛平10:36太郎平小屋11:1111:42第一徒渉点11:4311:47第二徒渉点12:04第三徒渉点12:0512:35カベッケが原12:43薬師沢小屋12:5714:46アラスカ庭園15:09奥日本庭園15:1015:28雲ノ平山荘15:3015:48雲ノ平テント場16:23宿泊地
2日目
山行
5時間13分
休憩
21分
合計
5時間34分
宿泊地06:0806:31祖父岳分岐06:3207:01祖父岳07:28岩苔乗越07:3408:16黒部川水源地標08:1709:01三俣山荘09:0310:07三俣蓮華岳巻道分岐10:0911:04黒部五郎小舎11:1311:42宿泊地
3日目
山行
8時間37分
休憩
29分
合計
9時間6分
宿泊地04:1304:51西又山06:45黒部五郎岳06:4906:58黒部五郎の肩08:02中俣乗越08:0308:52赤木岳09:34北ノ俣岳09:40神岡新道分岐09:4110:37太郎山10:5311:01太郎平小屋11:0611:22太郎兵衛平11:36五光岩ベンチ11:3712:13積雪深計測ポール12:20青淵三角点(青淵山)12:38太郎坂(アラレちゃん)13:08十三重之塔 慰霊碑13:0913:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨が降った翌日の16日は木道が結構滑った。
コース上であまり怖いと思うようなところはなかったが、薬師沢小屋の吊橋で自分が渡っている途中で知らない人がドカドカ後ろから渡り始めた時は怖かった。
その他周辺情報帰りがけ東谷料金所方面には温泉が栃尾までなかった。自分は、平湯温泉に立ち寄った。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ブッシュハット(航空自衛隊デジタル迷彩) 陸軍被服廠帽垂 マムートAtacaziZip-T Patagoniaキャプリーンミドルウェイト PatagoniaR1フーディ C3fitアームカバー CW-Xふくらはぎ用 レイングローブ 天気図用紙 AMラジオ 4色ボールペン テント グランドシート コッヘル ガスコンロ カートリッジ ブキ トイレットペーパー 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス(偏光) タオル ツェルト ストック カメラ 手ぬぐい
備考 ストックとグランドシートは毎回、いらないかと思いながらも持って行ってしまいます。

写真

折立。バスの到着直後だけど、殺伐感はない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折立。バスの到着直後だけど、殺伐感はない。
黒部奥の廊下。沢を遡行するパーティが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部奥の廊下。沢を遡行するパーティが見えます。
2
薬師沢から雲ノ平までの激坂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢から雲ノ平までの激坂。
1
テント村。混んでるけど張れないわけではなかった。一日一度に減った気象通報聴くために途を急ぐ。
2016年08月14日 15:42撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント村。混んでるけど張れないわけではなかった。一日一度に減った気象通報聴くために途を急ぐ。
2
祖父だけ。誰も居ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父だけ。誰も居ない。
1
トリカブトを見ると秋を感じる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトを見ると秋を感じる。
黒部源流。明るい沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部源流。明るい沢。
1
雨の中黒部五郎小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中黒部五郎小屋に到着。
1
2時頃、雨がやんで晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時頃、雨がやんで晴れてきた。
一番好きな感じかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番好きな感じかも。
2
黒部五郎よりご来光。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎よりご来光。
1
頂上の不動明王様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の不動明王様。
2
これから歩く縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く縦走路。
赤木沢のツメ。いつかもう一度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤木沢のツメ。いつかもう一度。
1
帰りは三角点を逃さなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは三角点を逃さなかった。
撮影機材:

感想/記録
by Sella

 およそ10年前に赤木沢に行って以来の山域。ほんとうは、赤木沢に行くつもりだったが、不安になって、驟雨や気圧の谷に怖気づいて折立からの周回コースに転進した。
 天気は、2日目にしっかり降られた以外は、まあまあの天気だった。いつも雨の中だった黒部五郎岳も晴天の中で登頂できてよかった。
 が、それ以上に印象残ったのは、カッパの下も履いていない驟雨の中でのテント設営だった。テントよりも先にリュックからシュラフが出てきたり、トラブル連続だった。
 転進は、ガチャやらザイルも久しく触っていなかったから結果的に良かったかも。しかし、ガチャを片付ける過程でカッパの下もキャビネットに閉まってそのままにして忘れたのは痛恨だった。忘れ物をするとそれが気になって、行動が消極的になってしまうので、リストをきちんと見直すようにしていきたい。
 また、休暇の関係で、近頃行程に無理があるコースを取ってしまうことが多く、天候の変化で破綻することがありそうなので、もう少し余裕のある行程にしていきたい。
訪問者数:331人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ