ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 943610 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

【道東遠征1/3】羅臼岳縦走(カムイワッカの滝-硫黄山-羅臼岳-岩尾別温泉)

日程 2016年08月10日(水) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー Gipfelminami61
天候8/12 sun
8/13 sun
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 船、 自転車
往路:8/10 車   自宅       21:00-06:00 八戸港
   8/11 船   八戸       08:45-16:00 苫小牧港 5,000円
       車   苫小牧港     17:00-24:00 斜里町ウトロ
   8/12 バス  知床自然センター 08:40-09:20 カムイワッカの湯 650円

復路 8/13 自転車 岩尾別温泉    13:40-14:00 岩尾別バス停
       バス  岩尾別      14:04-14:20 知床自然センター 290円

   8/15 船   苫小牧港     18:45-14:00 大洗港 14,910円
   8/16 車   大洗港      15:00-18:00 自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間25分
休憩
36分
合計
9時間1分
Sスタート地点08:2008:36カムイワッカ湯の滝08:46硫黄山 登山口10:17旧硫黄採掘跡10:2710:57新噴火口最上部13:57硫黄山14:1015:23知円別岳16:37南岳16:5017:21二つ池 天場
2日目
山行
7時間16分
休憩
1時間14分
合計
8時間30分
二つ池 天場05:1005:50三ツ峰キャンプ地08:06羅臼平08:2008:37岩清水09:05羅臼岳09:2509:53岩清水10:05羅臼平10:4510:57大沢11:21銀冷水 天場12:00極楽平12:29弥三吉水 天場13:29木下小屋13:40ホテル地の涯13:40ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報グリーン温泉
420円
http://www.goodinns.com/greenspa/
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

カムイワッカの湯のバス停からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カムイワッカの湯のバス停からスタート
1
カムイワッカの湯の滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カムイワッカの湯の滝
1
こんな林道をドライブしてみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな林道をドライブしてみたい
1
硫黄山登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山登山口
火山性の山を登っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山性の山を登っていく
すぐにハイマツが出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにハイマツが出てきた。
1
くたびれたセミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くたびれたセミ
旧硫黄採石地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧硫黄採石地
炎天下の中を黙々と登っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炎天下の中を黙々と登っていく
1
真黄色の斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真黄色の斜面
知床半島の先っぽ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
知床半島の先っぽ
1
涸れ沢へ降り、ここからは沢を詰めていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸れ沢へ降り、ここからは沢を詰めていく
雨が降ったら滝の中を歩くことになりそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降ったら滝の中を歩くことになりそう
1
枯滝の脇を登っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯滝の脇を登っていく
1
ここからしばらくはザレ場歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらくはザレ場歩き
ようやく稜線に出た!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に出た!
2
尾根大岩
ここでもうバテバテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根大岩
ここでもうバテバテ
硫黄山の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山の三角点
4
硫黄山からオホーツク海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山からオホーツク海
1
硫黄山の威圧感が半端じゃない!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山の威圧感が半端じゃない!
1
第一火口と羅臼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一火口と羅臼岳
知円別岳を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
知円別岳を目指す
1
日本とは思えない景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本とは思えない景色
2
知円別岳から硫黄山を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
知円別岳から硫黄山を振り返る
5
北方領土を左手に見ながらの縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方領土を左手に見ながらの縦走路
1
草原帯を進んでいく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原帯を進んでいく
1
亀甲状土(アースハンモック)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀甲状土(アースハンモック)
2
土砂降りの日は大変そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂降りの日は大変そう
1
歩いてきた縦走路を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた縦走路を振り返る
2
硫黄山をアップで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山をアップで
1
幕営地の二ツ池が見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕営地の二ツ池が見えてきた!
3
ハイマツの海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの海
ようやくキャンプ場に着いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくキャンプ場に着いた
1
振り返って、幕営地の二ツ池と硫黄山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、幕営地の二ツ池と硫黄山
1
チングルマの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマの群落
オホーツク海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オホーツク海
サシルイ岳への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サシルイ岳への登り
1
相変わらずチングルマが多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずチングルマが多い
1
エゾノキンバイかな?
本州のキンバイソウより大きい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾノキンバイかな?
本州のキンバイソウより大きい!
エゾコザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾコザクラ
チングルマの花がまだ残っていた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマの花がまだ残っていた!
2
ハイオトギリ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイオトギリ?
ガンコウランぽい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンコウランぽい
エゾコザクラまみれ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾコザクラまみれ!
三ッ峰へのぼる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ峰へのぼる
ついに縦走路の目的地
羅臼岳が見えた!
なだらかな緑の裾野に、ゴツゴツした岩場が乗っかっていてカッコ良い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに縦走路の目的地
羅臼岳が見えた!
なだらかな緑の裾野に、ゴツゴツした岩場が乗っかっていてカッコ良い!
4
羅臼平にはフードロッカーも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼平にはフードロッカーも
1
嶮しい登りが始まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嶮しい登りが始まる
山頂部は見上げるような高さ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部は見上げるような高さ
ついに羅臼岳山頂!
左手にはオホーツク海、右手には根室海峡の雲海が広がっていた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに羅臼岳山頂!
左手にはオホーツク海、右手には根室海峡の雲海が広がっていた!
2
プレート状の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレート状の三角点
歩いてきた縦走路
三ッ峰の奥には硫黄山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた縦走路
三ッ峰の奥には硫黄山
2
羅臼平から下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼平から下山
オホーツク海に向かって下っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オホーツク海に向かって下っていく
2
ダケカンバの樹林帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの樹林帯
極楽平は平坦で歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平は平坦で歩きやすい
オホーツク海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オホーツク海

感想/記録
by Gipfel

二年前に北海道の山へ行った際は大雪山系を縦走しましたが、
その際に北海道の魅力を知り、北海道の他の山へ登りたいと思い、
今回は道東の山へ行くことにしました。

まずは一番登り応えのある羅臼岳へ登ることにしました。
当初はピークハントしかできないと思いましたが、よくよく調べてみると縦走も出来ることがわかり、硫黄山からの縦走コースをあるくことにしました。

【知床へ】
8/10に仕事を終えて、最寄りのインターチェンジに乗ったのは21時頃でした。
翌朝の八戸港からのフェリーに間に合うように走って行きました。

岩手県を抜ける頃には夜が明け始めました。
八戸港では海産物を食べたいと思いましたが、思いの外混んでいたので、そのままフェリー乗り場へ向かいました。

苫小牧から再び車を走らせて、斜里町のウトロについたのは日付を跨ぐ頃でした。
結局、自宅から知床までは27時間ほどかかりました。

【1日目】
知床自然センターまで車まで行き、そこで始発のバスへ乗りました。
テン泊装備の人はパッと見だと女性二人組だけだったような気がします。
バスを下車し、観光客に紛れながらカムイワッカの滝を通り過ぎ、
登山口から登り始めました。

序盤は緩やかな登りでしたが、徐々に火山らしい地質になり、硫黄採掘跡付近になると、直射日光が強く、体力を消耗していきました。

再び樹林帯になり、急登を上がっていくと、下山してくる登山者は皆、バテ気味でした。
下山者ですらバテるような急坂を下ると、沢沿いの道になりました。
沢沿いと言っても、本当に沢の底を歩くルートでした。

雨が降れば増水し、滝を登るようなコースなような気がしますが、
今回は天候に恵まれ、カラカラの沢を登ることができました。
滑沢状の場所やゴーロ状の場所もありました。

尾根大岩まで登りつくと、すっかりクタクタでした。
一休みしてから、山頂直下まで進み、トラバース道にザックを置き、
そこから山頂までは空身でピストンしました。
山頂への道はかなりの急登の岩場でした。

硫黄山の山頂からの眺めは格別でした。

この日の目的地までは、更に先なので、休憩はそこそこに、縦走路へ戻りました。
ザックを拾い、第1前衛峰を登り返しました。
ここから先は漂白されたかのような真っ白な稜線を歩いてきました。
(二酸化硫黄で真っ白になった?)

浮世離れした景色を通り過ぎると、知円別岳でした。
ここから先は東面のなだらかな斜面があり、のどかな高原歩きでした。

背丈ほどのハイマツ帯が少しあった後は、高山植物の宝庫でした。
南岳手前で一度休憩し、眼下に見える二ツ池キャンプ場を目指しました。

火口の縁のような稜線を弧を描くように進んでいき、
再び背丈以上のハイマツの中をくぐって行くと二ツ池のキャンプ場に出ました。
既に4〜5張りほどのテントが張られていましたが、自分たちの張るスペースは残っていました。

【2日目】
前日はテント場に着いた時にはクタクタだったので、他の登山者と話す余裕がありませんでした。
しかし、他の登山者にチラチラと見られているのは気がついていました。
翌朝は気持ちに余裕があることを察してか、逆コースから歩いてきた方が話しかけてくれました。

情報交換をしてからキャンプ場を後にしました。
最初のオッカバケ岳への登りは、登り応えがあったものの、体力が回復していたので、らくらく登れました。
オッカバケ岳を越えると、朝一番に稼いだ標高分だけ下りました。
そして間髪入れずにサシルイ岳への登りでした。

休み無しで登り返したので、サシルイ岳の上でひと休みました。
サシルイ岳からは三ッ峰を従えた羅臼岳が間近に見えてきました。

三ッ峰キャンプ場で宿泊した登山者と軽く会話をして、
眼下に見えるキャンプ場へ下っていきました。
思いのほか、ここの下りも長く感じました。

キャンプ場から三ッ峰はそれほど苦労せずに乗り越えられました。
ピークに立つとゴツゴツとした山頂部しか見ることができなかった羅臼岳も、
裾のなだらかなハイマツ帯も見えるようになりました。

スタスタと下って行くと羅臼平でした。
ピークハントの登山者が多かったので、ここにザックを置き、山頂を目指すことにしました。

ハイマツのなだらかな登りが岩清水まで続きました。
岩清水ではジャバジャバと美味しい水が湧いていました。

ここからは岩場になり、どんどんとゴツゴツとした道になりました。
山頂直下になるともう砂礫はなく、巨石の上をピョンピョン飛び移っていくようなルートでした。

羅臼岳の山頂に立ち振り返ると、今回縦走してきた硫黄山からの縦走路はもちろんのこと、左手にはオホーツク海、右手には根室海峡に満たされた雲海に北方領土の国後島が浮いていました。

【道東遠征2/3】斜里岳(清岳荘から旧道〜新道周回)へ続く…
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-944566.html
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ