ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 943793 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

雲平・黒部五郎懸案事項50%達成

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月17日(水)
メンバー BochiBochi
天候15日昼前後雨、17日雨、他は概ね晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車日数が長いので、新穂高の無料駐車場ネライで、車中泊で行く。
ちょっと気になり、早めの到着(17時)だったが、入口に誘導員の方がいて、あと15、6台との事でセーフ。
もうハイシーズンの利用難しくなります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間40分
休憩
1時間20分
合計
7時間0分
S新穂高温泉03:5004:50ワサビ平ら05:2007:20シシウド原07:4008:10鏡平08:2009:30弓折分岐09:5010:50双六小屋
2日目
山行
4時間20分
休憩
50分
合計
5時間10分
双六小屋04:2006:30三俣小屋07:2007:50黒部源流09:30雲ノ平
3日目
山行
5時間50分
休憩
1時間0分
合計
6時間50分
雲ノ平05:0007:40薬師沢小屋09:30薬師峠10:3011:20薬師平11:50薬師峠
4日目
山行
8時間10分
休憩
50分
合計
9時間0分
薬師峠04:1006:00北の俣06:1007:40赤木岳08:40黒部五郎肩08:5009:10黒部五郎岳09:2010:40黒部五郎小屋11:0013:10三俣
5日目
山行
5時間40分
休憩
50分
合計
6時間30分
三俣05:0007:10双六小屋07:2008:20弓折分岐08:3009:00鏡平09:1010:20ワサビ平10:4011:30新穂高温泉11:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特にないと思いました。
その他周辺情報安全センターに以前はあった、日帰り温泉の割引券がなくなっていました。受付の方に聞いてみましょう。すぐ上の中崎荘なら何とかなるみたい。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 w500 b6 オデン2が重かった。

写真

右は1cmちっちゃい。
今回は右側だけに中敷き1枚、靴下2枚でサイズ合わせにトライ。
今までよりは改善した感じですが、しっかりマメ作りました。
何足も履いてきましたが、この靴だけはガンコです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は1cmちっちゃい。
今回は右側だけに中敷き1枚、靴下2枚でサイズ合わせにトライ。
今までよりは改善した感じですが、しっかりマメ作りました。
何足も履いてきましたが、この靴だけはガンコです。
2
新穂高登山者用駐車場。
前日17時ほぼ満車状態。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高登山者用駐車場。
前日17時ほぼ満車状態。
ワサビ平のトマトがうまそうでした。帰りにしっかり完熟を食べました。うまかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ平のトマトがうまそうでした。帰りにしっかり完熟を食べました。うまかったです。
1
立秋過ぎると青い花がふえますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立秋過ぎると青い花がふえますね。
1
積雪期は、この沢を避けるように中崎尾根側がコースデスヨン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪期は、この沢を避けるように中崎尾根側がコースデスヨン。
1
今回の荷姿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の荷姿。
4
シシウドケ原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウドケ原
小池新道。廃道になり、今はほとんどわかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道。廃道になり、今はほとんどわかりません。
2
鏡池。逆さ槍を撮ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池。逆さ槍を撮ってみました。
3
鏡平小屋。
かき氷のクリーム金時がおいしそうでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平小屋。
かき氷のクリーム金時がおいしそうでした。
弓折分岐。ヘレヘレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折分岐。ヘレヘレ
双六が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六が見えました。
2
双六小屋前で大休止。
登りだすと、両足に攣りが・・・。
休んでも治らないので、本日は、ここでカットし、重量削減する事に。(単なるバテか?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋前で大休止。
登りだすと、両足に攣りが・・・。
休んでも治らないので、本日は、ここでカットし、重量削減する事に。(単なるバテか?)
3
ベンチも大賑わい。オーダー毎の注文ナンバーで出来上がりを知らせていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチも大賑わい。オーダー毎の注文ナンバーで出来上がりを知らせていました。
2
ココは涸沢?
双六池前ですが、すごいです。
カラフルできれいでもありますが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココは涸沢?
双六池前ですが、すごいです。
カラフルできれいでもありますが・・・。
7
双六泊まりにしたお蔭で、体調戻り正解?
但し、雲の平から温泉行く時間の余裕なくなる・・・。
槍の穂先がちょこっと除いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六泊まりにしたお蔭で、体調戻り正解?
但し、雲の平から温泉行く時間の余裕なくなる・・・。
槍の穂先がちょこっと除いています。
2
巻道通しは、どこでもご来光見れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道通しは、どこでもご来光見れます。
1
今回は、ココがターゲット。
昨年のお礼詣り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、ココがターゲット。
昨年のお礼詣り。
2
ココのポストに行くのが目的でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココのポストに行くのが目的でした。
2
源流標。右に行くと昨年事故現場に行けますが、左に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流標。右に行くと昨年事故現場に行けますが、左に。
1
三俣蓮華の右脇もカール状に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華の右脇もカール状に見えます。
4
祖父岳は(ジジ)と読むらしい。ジジガタケでいいの?
祖母岳(ババ)とペア
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳は(ジジ)と読むらしい。ジジガタケでいいの?
祖母岳(ババ)とペア
3
薬師岳に向かうビクトリーロードの様に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳に向かうビクトリーロードの様に見えます。
2
ウオーリーを探せ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウオーリーを探せ。
小屋が平のド真ん中に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が平のド真ん中に
1
天場からの直登ルート(禁止)を上がってくる高齢の人が。望遠でも撮ったのでサラス事も可能ですが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天場からの直登ルート(禁止)を上がってくる高齢の人が。望遠でも撮ったのでサラス事も可能ですが・・・。
1
テンパって水を汲んでいたら(10時過ぎ)、
これから温泉に行く人に遭遇。
行きの小屋まで2.5hを2hで行ければ楽勝とか。
行けなかったら、何時に帰れるんですか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テンパって水を汲んでいたら(10時過ぎ)、
これから温泉に行く人に遭遇。
行きの小屋まで2.5hを2hで行ければ楽勝とか。
行けなかったら、何時に帰れるんですか?
3
当方は、今年もココでマッタリするも、時間持て余して小屋の水ボッカのボランティアをしました。
記念品として、生まれて初めての山バッチをゲット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当方は、今年もココでマッタリするも、時間持て余して小屋の水ボッカのボランティアをしました。
記念品として、生まれて初めての山バッチをゲット。
4
15日。明るくなってから出発(5:00)。
小屋は霧の中。午前中ずっと霧or小雨。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15日。明るくなってから出発(5:00)。
小屋は霧の中。午前中ずっと霧or小雨。
薬師沢小屋の前は、登山者で一杯。ザック置く場所もないくらいだったのでそのまま進む。
一段上に広場があった記憶を頼りに・・・。
ありました。10分くらいでベンチもあり、正解。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋の前は、登山者で一杯。ザック置く場所もないくらいだったのでそのまま進む。
一段上に広場があった記憶を頼りに・・・。
ありました。10分くらいでベンチもあり、正解。
途中の沢。釣りの方たちが沢に降りていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の沢。釣りの方たちが沢に降りていました。
道端にサンダルがセットで・・・。
翌日は赤木岳の途中に雨具が残置されてました。
中身はどこに行ったのか心配。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端にサンダルがセットで・・・。
翌日は赤木岳の途中に雨具が残置されてました。
中身はどこに行ったのか心配。
1
小雨の中、太郎平小屋。
軒下は満席で一杯。いじけて外休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨の中、太郎平小屋。
軒下は満席で一杯。いじけて外休憩。
薬師沢への下りでスネを思い切り強打。
内出血は諸中ですが、血が出たのは久しぶり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢への下りでスネを思い切り強打。
内出血は諸中ですが、血が出たのは久しぶり。
2
雨の中、薬師平まで行って帰ってきました。
14時くらいから晴れてきました。
キャンプ場では、ホシガラスと、オコジョに遭遇。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中、薬師平まで行って帰ってきました。
14時くらいから晴れてきました。
キャンプ場では、ホシガラスと、オコジョに遭遇。
翌日、右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、右へ。
このコース、36年振り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース、36年振り。
3
綿毛の時期。(なんというのか知りません。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿毛の時期。(なんというのか知りません。)
2
有峰からのポイントで、道標とか整備必要ではないでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有峰からのポイントで、道標とか整備必要ではないでしょうか?
1
分岐近辺は、踏み分け道程度。
ココに行く人は研究してくるからこんなもんでok?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐近辺は、踏み分け道程度。
ココに行く人は研究してくるからこんなもんでok?
2
北の俣頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の俣頂上。
進むのがもったいないくらい気持ちの良い歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進むのがもったいないくらい気持ちの良い歩きです。
3
黒部五郎肩の分岐。
36年前、ココから頂上へ行くのが面倒で、ツレを待っていたので、頂上には行っていなかった。
今回、3つ目のミッションとしてクリア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎肩の分岐。
36年前、ココから頂上へ行くのが面倒で、ツレを待っていたので、頂上には行っていなかった。
今回、3つ目のミッションとしてクリア。
4
頂上のお決まりは、皆地べたに転がっているだけ。
三角点は反対側にしっかりありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上のお決まりは、皆地べたに転がっているだけ。
三角点は反対側にしっかりありました。
4
撮ってもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮ってもらいました。
14
稜線通しに行くのはパス。
カールくカールコース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線通しに行くのはパス。
カールくカールコース。
6
雪渓残っていました。
もう少しあれば、ココも「氷河認定」かも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓残っていました。
もう少しあれば、ココも「氷河認定」かも
雷鳥の幼鳥?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥の幼鳥?
1
以前もやった事がありますが、雷鳥親子の間に入ってしまったようです。側の叢に親鳥がいました。
幼鳥が隠れるまで気を引いてくれました。目の下の赤いマークまで見れたのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前もやった事がありますが、雷鳥親子の間に入ってしまったようです。側の叢に親鳥がいました。
幼鳥が隠れるまで気を引いてくれました。目の下の赤いマークまで見れたのに。
黒部五郎小屋。いい雰囲気の小屋です。
自分の記憶より随分と増築していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎小屋。いい雰囲気の小屋です。
自分の記憶より随分と増築していました。
もう来ないだろうな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう来ないだろうな。
1
双六まで行こうと思ったのですが、15時くらいに行って場所がなかったらどうしようかと悩み、三俣へ行く事にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六まで行こうと思ったのですが、15時くらいに行って場所がなかったらどうしようかと悩み、三俣へ行く事にしました。
天気予報通り、12時過ぎてから雲が沸いてきました。
以降ずっとガス雨のため17日も写真ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報通り、12時過ぎてから雲が沸いてきました。
以降ずっとガス雨のため17日も写真ありません。

感想/記録

下界の野暮用はまだ続いているのですが、なんとか日程確保して、一人で行ってきました。
今回、目指したのは、
〆鯒の岩苔乗越のお礼詣りに同じ日に三俣に行く。
温泉沢の頭と水晶岳の未踏区間を歩く。
9部五郎の頂上を踏む(肩までしか行った事がない。)
ぅリヤ谷の未踏区間を歩く。
でしたが、いろいろありまして、 き△鬟リアできたという事で、表題通りとなりました。

天気がよかったのも50%くらいか?
当初は6日間の予定でした、5、6日天気悪いので、い皀僖后

新穂高の無料駐車場や、メジャーなキャンプ場(双六)は、ハイシーズン中は、早目早目の行動をしないと確保が難しくなってきた様に思います。
学生時代、今回と同じ薬師、双六を歩いた時は、16時過ぎについても余裕でした。今回は、初日の混雑の様子を見て、翌日雨予報でしたが、下山予定にして三俣で切りました。

2日目の雲平、日本庭園からのコンデジ一周。




薬師峠で、元気の良い50人8班の若者集団に出会いました。
大騒ぎしているのですが、16時から全員が天気図出して気象通報を転記していました。今は「ヤマテン」でハイ終わりなんでしょうけど、全員が転記している姿を見ると、おじちゃんはアナクロの感じはしますが、なんかうれしいです。更に3時過ぎには、撤収して出発していました。生活技術もしっかり学んでいるみたいでした。基本は「体育会系」なのですが、昼間歩いている時は、男女混成で、明るく楽しそうに歩いていました。
私も、も〜ちっと、若ければなア。

家に帰って、自分の天気図帖開いたのですが、もう10年近く使っていませんでした。
訪問者数:352人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/4
投稿数: 84
2016/8/18 19:36
 おかえりなさいm(__)m
診療所にお礼、素晴らしい事ですね。私はまだお世話になった事はありませんが、もしお世話になったらきっと同じようにお礼参りをしたいと思います。12日に私たちも新穂高入りしたのですが、駐車場の空き無し
年々駐車場の確保が難しくなってきてるように思います。特に新穂高側は、交通機関の縛りがない事もあり、長期駐車の人が多い。観光地のハズが、年々登山者の駐車場と化してる気がします(≧∇≦)
何はともあれ、今回はチョコっとしたケガはあったようですが、お世話になるような事もなく下山できてよかったと思います(^O^)
登録日: 2009/3/1
投稿数: 3665
2016/8/18 20:43
 山行報告よろしく
bochibochi さま

おおおっ
五日間も山ごもり

せっかく雲ノ平まで行ったなら、高天原の混浴露天で湯につかりながらおねいさん眺めて プシュッと
裏だもん、それは天国、パラダイス、下界に戻りたくなること必定

エロ芋

リハビリも順調
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/8/19 10:21
 Re: おかえりなさいm(__)m
my-rantarouさん こんにちわ。ご無沙汰しています。

日記、レコ見てますヨ。
随分と大胆な転進でしたね。常念からの眺望を楽しまれた様で何よりでした。

今回は、山の日から始まる混雑を懸念して、11日は買出しとか準備。12日は観光しながら夕方に(西穂の方たちが)帰るころの空スペースネライの計画でした。
ご指摘の様に長期駐車の場合は、ここか、立山、扇沢、白馬、栂池にするようにしています。毎日、幕営料と同じ金額を車のために用意するのは、容易な事ではありません。ビール代はけちらないのに、変ですかね。

昨年、家で診療所のHPやら調べたのですが、2つの大学の医学部のボランティアが交代で運営されているのですが、全体の窓口のような所がわからず、どのようにお礼をしたらよいのかわからんかったので、直接行く事にした訳です。

また、どっかでお会いできたらよいですね。
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/8/19 10:38
 Re: 山行報告よろしく
鉄人エロ芋様
エロイモエッサイム、我は求め訴えたり〜・・・。

こんなレコでは、「山行報告」でないという事でしょうか?
直接、報告に来いという事でしょうか?
(喜んで〜ご主人さま〜

露天風呂も行こうと思ったのですが、風呂上り(& 飲んだ後)の急ぎの登り返しを考えますとどうかなっと。
あそこには何回か行った事ありますが、そんな絶景に恵まれた事はなかったです。よしずで囲った♀風呂がちゃんとありました。白馬鑓も仙人谷も別風呂ありますやん。阿曽原は時間帯別利用だし・・・。
深山山荘の露天風呂につかりながら缶ビール飲んでたら、妙齢の♀が「 頂戴」って言いながら近づいて来た事がありますが、コッチがビビったなあ。

お風呂は、来年違うコースから入りに行こうと思ってます。
登録日: 2009/11/24
投稿数: 983
2016/8/19 17:51
 ご無沙汰しています...
こんばんは、BochiBochiさん!

何やら同じような方角にいたようですネ
でも、5日間も山を歩けるとは羨ましい

天気図帳...私も倉庫を漁っていたら天気図帳が出てきて、最後に書いたのは30年以上前でした。このときは鹿島槍で吹雪に3日間閉じ込められて、風の音に邪魔され、寒さに震えながら書き取った思い出が蘇りました。

いまでは、耳と手先に大きなタイムラグがあるので、とても書き取れません
それにしても今の若い人が天気図とは驚きです

5日間お疲れ様でした
登録日: 2010/4/24
投稿数: 1044
2016/8/20 0:36
 Bochiさん、こんばんは!
ニアミスしてたんですね〜
私は11日入山で扇沢〜船窪〜烏帽子〜三俣〜薬師峠〜折立の5日行程でした

双六のテン場、激混みですね
私もすれ違う人から当日泊まるテン場の状況を聞くたびに焦って、なんだか毎日急かされながら歩いているような気がしました…
年々大型連休に行くところも考えなくてはいけなくなってきていますぅ
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/8/20 6:10
 Re: ご無沙汰しています...
hottenさん お会いしてから4年たちましたね。大変 ご無沙汰してます。
その節は大変お世話になりました。

天気図ですが、現役の頃からニガテで、後半の等圧線では、直接プロットできませんでした。聞き漏らすまいと、余白にメモしていました。
今回、感動したのは、彼らも勿論ですが、ざわついていたキャンプ場が、その時間だけ、一言も話し声がなくなり、ラジオの情報を読み上げる声のみ響いていた事。
私だけですかね?こんな事で、鳥肌たつ人間は?
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/8/20 6:16
 Re: Bochiさん、こんばんは!
kenさんおはようございます。
ホントニアミス。
車で行ったんでしょ?
テン場も大変だけど停める方が大変で・・・。
扇沢もいつのまにか下段も有料になってしまって。

来年は、今回のkenさんに近いコースでお風呂と赤牛の残りをトレースしたナア。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7723
2016/8/22 12:43
 BochiBochiさん、
50%だけでも、北ア奥部で懸案事項を達成され、羨ましい限りですm(__)m

小池新道って廃道になったのですか?
62 、拙者ですと、このコースは25年ぶりになります。
上高地でさえ、最後に行ったのが同じく25年前?となると、浦島太郎状況です。

  隊長
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/8/22 14:11
 Re: BochiBochiさん、
半袖隊長 こんにちわ

スルドイ突っ込み有り難うございます。
左股から、シシウドゲ原までは従前通りあります。最近の昭文社の地図ではそこから、鏡平に上がるのが、小池新道になってます。自分の記憶では、シシウドから、大ノマと、弓折の鞍部に直接突き上げていた道が小池新道だったとおもいます。
今は地図に赤線はなく、シシウドの道標の脇から踏み分け程度に残っていたものですから、(廃道)と記述してしまいました。申し訳ない。
伊藤新道と同じ郷愁を感じたのでしょうかね。
登録日: 2012/7/28
投稿数: 144
2016/9/11 23:56
 やっぱり!
ボチさんお久しぶりです。
双六のテン場にいらっしゃいましたね!
私ガン見してました…。
まさかと思ったら(笑)
混んでましたねー☺
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/9/12 5:42
 Re: やっぱり!
早くいってよ〜。

お酒たんまり荷揚げしていたんだから〜。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ