ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 944088 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

家族で一ノ倉沢周遊と天神平〜谷川岳〜蓬峠〜土合口まで

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー kenshira2000, その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ロープウェイの駐車場に止めました。500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間51分
休憩
27分
合計
6時間18分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ09:5209:58西黒尾根登山口10:0010:20巌剛新道登山口10:2211:38マチガ沢駐車スペース11:4412:18土合口駅/谷川岳ベースプラザ12:3513:45天神平16:10谷川岳・肩の小屋
2日目
山行
10時間49分
休憩
1時間16分
合計
12時間5分
谷川岳・肩の小屋07:0807:13谷川岳(トマノ耳)07:2207:39谷川岳07:4408:41ノゾキ08:4208:59一ノ倉岳09:2309:52茂倉岳10:0011:53笹平12:36武能岳12:4113:22蓬峠13:4314:43白樺避難小屋18:41巌剛新道登山口19:05西黒尾根登山口19:0819:13土合口駅/谷川岳ベースプラザG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
夕立や夜間の雨で岩場は滑りやすくなっていました。2日目の湯檜曽川沿い「新道」は増水のため通行できなくなっていました。
その他周辺情報2日目、予定を大幅に遅れヘトヘトだったので水上温泉で素泊まりしました。温泉に浸かり、布団でゆっくり休めてよかったです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール テントマット シェラフ

写真

土合口から一ノ倉沢周遊に出発です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合口から一ノ倉沢周遊に出発です!
緑が綺麗だ…なんて呑気に歩き始めました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が綺麗だ…なんて呑気に歩き始めました!
最初にマチガ沢出合い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初にマチガ沢出合い
一ノ倉沢出合いで、一ノ倉沢を下から見上げます。明日はあの上かぁ。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合いで、一ノ倉沢を下から見上げます。明日はあの上かぁ。。
でも上の方はガスでよく見えません。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも上の方はガスでよく見えません。。
水がとってもキレイで冷たい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がとってもキレイで冷たい!
一ノ倉沢の先で新道に出て、湯檜曽川沿いに土合口まで戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の先で新道に出て、湯檜曽川沿いに土合口まで戻ります。
木漏れ日の中を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中を歩きます。
いったん土合口に戻り、ロープウェイに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん土合口に戻り、ロープウェイに。
ロープウェイ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ〜
天神平でお昼ごはんの後、リフトへと乗り継いで、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平でお昼ごはんの後、リフトへと乗り継いで、、
いよいよ谷川岳へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ谷川岳へ向かいます
振り返って天神平のロープウェイ駅を望みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って天神平のロープウェイ駅を望みます
頑張って登っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って登っています
肩の小屋の少し手前でニッコウキスゲが咲いていました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋の少し手前でニッコウキスゲが咲いていました!
さすがの花です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがの花です。
肩の小屋に着いた時はガスガスで、雷も鳴り始めていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋に着いた時はガスガスで、雷も鳴り始めていました。
翌朝。雲海の上にいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。雲海の上にいます。
きれいな朝焼け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな朝焼け
万太郎山方面に肩の小屋を望みます。今回のベストショットかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山方面に肩の小屋を望みます。今回のベストショットかな
今回の目標、谷川岳は登頂です。やったね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目標、谷川岳は登頂です。やったね!
虹が出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虹が出ました。
一ノ倉沢「ノゾキ」ですが、ガスガスで何も見えません。が、コワいことだけはわかります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢「ノゾキ」ですが、ガスガスで何も見えません。が、コワいことだけはわかります
茂倉岳に向かってお花畑の尾根道を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳に向かってお花畑の尾根道を歩きます
稜線の片側は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の片側は雲の中
茂倉岳に到着です。が、このあとからが大変でした。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳に到着です。が、このあとからが大変でした。。
茂倉岳から蓬峠に向けて、時々晴れ間に何とも言えない絶景が見え、心が躍ります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳から蓬峠に向けて、時々晴れ間に何とも言えない絶景が見え、心が躍ります!
が、長男が滑って膝をぶつけてしまいペースがガタ落ちに。。蓬ヒュッテに一泊することも覚悟しました。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、長男が滑って膝をぶつけてしまいペースがガタ落ちに。。蓬ヒュッテに一泊することも覚悟しました。。
それでも稜線歩きはとっても気持ちがいいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも稜線歩きはとっても気持ちがいいです
長男も何とか頑張って歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長男も何とか頑張って歩きます
蓬峠でどうしようか悩んだ末、土樽に降りず湯檜曽川〜土合口に降りることにしました。3時間半と書いてあるし、遅くなっても車まで戻って、どこかで何とか泊まることに!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬峠でどうしようか悩んだ末、土樽に降りず湯檜曽川〜土合口に降りることにしました。3時間半と書いてあるし、遅くなっても車まで戻って、どこかで何とか泊まることに!
湯檜曽川で休憩。靴を脱いで足を川の水に浸けると回復します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯檜曽川で休憩。靴を脱いで足を川の水に浸けると回復します
しかし3時間半では着かず、延々歩いて一ノ倉沢まで戻り、土合口に着いたのは午後7時、、、何と12時間も歩いていました。。皆ホントーによく頑張りました!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし3時間半では着かず、延々歩いて一ノ倉沢まで戻り、土合口に着いたのは午後7時、、、何と12時間も歩いていました。。皆ホントーによく頑張りました!!

感想/記録

肩の小屋で一泊し、翌日は茂倉岳〜蓬峠から土樽に降りて電車で土合口に戻る予定だったのですが、茂倉岳の先で長男がまさかの怪我をして予定が大幅に遅れてしまいました。
最悪蓬ヒュッテにもう一泊させてもらうことも考えたのですが、電車時刻の関係で土樽はやめて湯檜曽川〜土合に降りることにして、何とか暗くなる前に車まで戻ることができました。
結局この日は、もちろんちょこちょこ休みながら延々12時間歩き、くったくたになりました。。みんなが最後まで頑張って歩き通したことに感動!
幸い長男のケガも大したことなく、無事下山できて何よりでした。とっても思い出深い夏休みになりました。
訪問者数:122人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ