ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 944262 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走箱根・湯河原

湯河原城山

日程 2016年04月08日(金) [日帰り]
メンバー to_the_mount
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.0〜0.1(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
1時間16分
合計
6時間25分
S湯河原駅09:4411:12景色良いポイント11:4011:52城山12:4016:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
しとどのいわやまで行ったのですが、GPSのルートには表現されていません。
コース状況/
危険箇所等
非常に整備されている。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) GPS ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

駅近くからいきなり急登
2016年04月08日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅近くからいきなり急登
かぶと石
2016年04月08日 11:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かぶと石
山頂近くの見晴台からの眺め
2016年04月08日 11:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くの見晴台からの眺め
山頂近くの見晴台
2016年04月08日 11:50撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くの見晴台
しとどのいわや
2016年04月08日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しとどのいわや
しとどのいわやの石像
2016年04月08日 13:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しとどのいわやの石像
しとどのいわや
2016年04月08日 13:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しとどのいわや
椿台からの展望
2016年04月08日 13:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿台からの展望
不動滝
2016年04月08日 15:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝
仕上げは源泉かけ流し
2016年04月08日 15:28撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕上げは源泉かけ流し

感想/記録

大好きな湯河原での登山でした。湯河原には幕山や城山があり、いつかは登ってみたいなという願望が1つかないました。特に源頼朝関連の場所にはとても興味がありましたが、登山をしてみると、かぶと石や立石などの頼朝関連のものが相次いで見つかり、テンションが上がりました。登山に関しては、湯河原駅を過ぎると次第にロードが急になっていきます。特に人間国宝美術館を超えてから山腹まではロードの傾斜が半端ありません。電線工事のために車が入っていましたが、車体を特殊なジャッキのようなもので上げることで、車を平行にしないと作業ができないような場所もいくつかありました。駅から城山へはこの最初の坂が難所です。それ以降は、トレイルになります。

山頂近くの公園からの展望は最高です。桜の咲く季節だったので、桜の花を添えた真鶴半島の写真を撮ることができました。真鶴半島の形が美しいのです。山頂には数十人がくつろげるような芝生の平地があります。この日はわたしひとりだったので、プライベートビーチならぬ、プライベートピークのような状態となり、芝生の上でひとり大の字に寝ころび、箱根の方に流れていく雲を眺めていました。

下山後は、しとどのいわやへ行き、頼朝をしのびました。その後、ロードを歩き、湯河原の温泉場まで。最後は源泉かけ流しの温泉で癒されました。
訪問者数:44人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 トビ テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ