ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 944291 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

新穂高から高天原、赤牛岳、水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳

日程 2016年08月10日(水) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー Kainagemondo
天候4日ともに晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ 靴下 日よけ帽子 着替え サブザック 行動食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コッヘル 調理器具 ライター ヘッドランプ 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック テント テントマット シェラフ

写真

新穂高センター
2016年08月10日 06:35撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高センター
逆さ槍ヶ岳
2016年08月10日 12:03撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆さ槍ヶ岳
双六小屋
2016年08月10日 15:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋
双六岳山頂
2016年08月11日 06:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳山頂
三俣蓮華岳山頂
2016年08月11日 07:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳山頂
鷲羽岳山頂
2016年08月11日 09:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂
ワリモ岳山頂
2016年08月11日 10:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳山頂
ライチョウ発見。雛も3匹居ました。
2016年08月11日 11:44撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウ発見。雛も3匹居ました。
高天原温泉手前
2016年08月11日 14:21撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原温泉手前
温泉沢の頭の登り
2016年08月12日 04:51撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉沢の頭の登り
ザックをデポして赤牛岳へ
2016年08月12日 08:12撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックをデポして赤牛岳へ
赤牛岳山頂
2016年08月12日 10:03撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳山頂
赤牛岳から黒部湖
2016年08月12日 10:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳から黒部湖
1
水晶岳山頂
2016年08月12日 13:44撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳山頂
黒部川源流
2016年08月12日 16:06撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川源流
三俣山荘
2016年08月13日 05:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘

感想/記録

夏休みを利用して前から登りたかった赤牛岳に行ってきました。
今回の目的は赤牛岳と高天原温泉に浸かること。その他、通れる100名山のピークハントです。。
仕事終わりで横浜から新穂高の無料駐車場に10日0時に到着。係員にラスト1台停められるよとのことで駐車場確保し朝まで眠りにつきました。後で聞いたら他の方もそんな感じで言われてるとのことでした。
初日は三俣山荘でテント泊予定でスタートでしたが、時間が無くなり双六小屋でテント泊となりました。
二日目は高天原温泉小屋を目指します。
双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、ワリモ岳を経由し岩苔乗越から高天原温泉へ降っていきます。
途中でライチョウを発見。観察してるとラッキーなことに子供も3匹出てきました。通りすがりの方にもお伝えして温泉を目指します。
高天原山荘到着し、宿泊の手続きを済ませて温泉に浸かりました。湯温は温めで湯の花が沢山浮いていて、山旅の汗を流して気持ちの良い温泉でした。
山荘に戻って翌日の計画を小屋の地図を見ながら練ります。赤牛岳に向かって読売新道を通って平ノ渡場経由で黒部ダムに向かうか、赤牛岳・水晶岳を通って新穂高に戻るかでしたが、
ライチョウの処で出会った方にいろいろ親身に教えて頂き、新穂高に車の回収もあるので戻ることにしました。
三日目は赤牛岳、水晶岳を通って三俣山荘を目指します。
山荘からまずは温泉沢の頭に向かっていきます。距離的には2舛曚匹任垢、急登でザレておりかなり体力を使います。
温泉沢の頭到着し、ザックをデポして赤牛岳を目指します。赤牛岳到着後は戻ってザックを回収して水晶岳を経由して三俣山荘に向かいます。
途中黒部源流の水を汲んで三俣山荘を目指しましたが、今回の反省点になりますが体力が尽きて山荘手前でテントを張って休んでしまいました。
4日目は新穂高に戻ります。
高天原山荘でいろいろ教えて頂いた方が宿泊予定とのことでしたので、お礼をと思い小屋前で30分ほどお待ちしましたが現れませんでした。
この場をお借りしましてお礼を申し上げます。その節はどうもありがとうございました。


訪問者数:93人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ