ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 944572 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

大天井岳 中房温泉から往復(テント1泊2日)

日程 2016年08月18日(木) 〜 2016年08月19日(金)
メンバー libra
天候8/18 曇り時々雨
8/19 晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間16分
休憩
32分
合計
6時間48分
S中房温泉登山口05:0407:32合戦小屋07:5208:44燕山荘08:5611:52大天荘
2日目
山行
4時間39分
休憩
39分
合計
5時間18分
大天荘06:4009:08燕山荘09:2310:00合戦小屋10:2411:58中房温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

合戦小屋ってテント泊できるんですね。知りませんでした。
2016年08月18日 07:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋ってテント泊できるんですね。知りませんでした。
稜線に出るまでは雲が多いながらも青空が見えていたので、稜線に建つ燕山荘も見えました。
2016年08月18日 08:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出るまでは雲が多いながらも青空が見えていたので、稜線に建つ燕山荘も見えました。
なぜかこの花に虫が集中してました。コースを通じて虫は多かったですが、顔にまとわりついて来る虫ではなかったのでそれほど気になりませんでした。
2016年08月18日 08:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜかこの花に虫が集中してました。コースを通じて虫は多かったですが、顔にまとわりついて来る虫ではなかったのでそれほど気になりませんでした。
燕岳はギリ見えました。下山日に登ろうと考えていましたが、ガスガスだったので登りませんでした。
2016年08月18日 08:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳はギリ見えました。下山日に登ろうと考えていましたが、ガスガスだったので登りませんでした。
1
稜線からの眺め。雲が多くて山頂部は見えない。ところどころに黒い雲もあって不吉な予感がしましたが、結局行動中は雨に降られなかったのでよかったです。
2016年08月18日 09:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からの眺め。雲が多くて山頂部は見えない。ところどころに黒い雲もあって不吉な予感がしましたが、結局行動中は雨に降られなかったのでよかったです。
花ではなく虫にピントが合いました。
2016年08月18日 09:36撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花ではなく虫にピントが合いました。
1
大下り越しに大天井岳方面。大くだりは名前ほど強烈な下りでは無かったです。大天井岳は二日目の朝以外はずっと雲の中でした。
2016年08月18日 09:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大下り越しに大天井岳方面。大くだりは名前ほど強烈な下りでは無かったです。大天井岳は二日目の朝以外はずっと雲の中でした。
ハクサンフウロ・・・かな?
2016年08月18日 09:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ・・・かな?
喜作レリーフのコルへ下る道はちょっとだけ注意が必要です。
2016年08月18日 11:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜作レリーフのコルへ下る道はちょっとだけ注意が必要です。
喜作レリーフのアップ。当初は西岳ヒュッテに向かう予定でしたが、合戦尾根の登りで脱水症状気味になったので、行き先を変更してこの先の分岐から大天荘へ向かいました。
2016年08月18日 11:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜作レリーフのアップ。当初は西岳ヒュッテに向かう予定でしたが、合戦尾根の登りで脱水症状気味になったので、行き先を変更してこの先の分岐から大天荘へ向かいました。
道標の横に置いてあったけどコレ要ります?
2016年08月18日 11:20撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標の横に置いてあったけどコレ要ります?
何度か折り返しながら斜めに登っていきます。前回は大変だった記憶がありますが、今回はガスで先が見えないのでそれ程苦痛ではありませんでした。
2016年08月18日 11:28撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か折り返しながら斜めに登っていきます。前回は大変だった記憶がありますが、今回はガスで先が見えないのでそれ程苦痛ではありませんでした。
500m手前から100m毎に看板が立ってます。
2016年08月18日 11:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
500m手前から100m毎に看板が立ってます。
山荘の前がテン場。ちょうどテントを設営した頃に雨が降ってきたのでギリギリセーフ。結構はげしく降ってました。
2016年08月18日 12:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の前がテン場。ちょうどテントを設営した頃に雨が降ってきたのでギリギリセーフ。結構はげしく降ってました。
ちゃんとこういうの作ってるんですね。
2016年08月18日 16:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんとこういうの作ってるんですね。
2
夕方に目を覚ますと雨は上がっていたので外のベンチで夕食を作って食べました。大天荘はトイレが新しくなっていてキレイでした。
2016年08月18日 17:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方に目を覚ますと雨は上がっていたので外のベンチで夕食を作って食べました。大天荘はトイレが新しくなっていてキレイでした。
夕食後に山頂まで散歩。たまにガスが晴れますが、一番晴れてもこの程度。
2016年08月18日 17:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食後に山頂まで散歩。たまにガスが晴れますが、一番晴れてもこの程度。
太陽さえ出てくればブロッケンが見える条件だったんですけどダメでした。
2016年08月18日 17:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽さえ出てくればブロッケンが見える条件だったんですけどダメでした。
???山荘裏の斜面にて。
2016年08月18日 18:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
???山荘裏の斜面にて。
1
???山荘裏の斜面にて。
2016年08月18日 18:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
???山荘裏の斜面にて。
またガス+雨が降ってきたのでテントに戻って就寝。テントの中で聞く雨音で気分が沈みましたが、周りにたくさんテン泊者がいたので何となく心強かったです。雨の中テント設営する人もいました。
2016年08月18日 18:25撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またガス+雨が降ってきたのでテントに戻って就寝。テントの中で聞く雨音で気分が沈みましたが、周りにたくさんテン泊者がいたので何となく心強かったです。雨の中テント設営する人もいました。
夜テントの外が妙に明るいので外を覗いてみると、ガスが晴れて満月が出ていました。
2016年08月18日 20:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜テントの外が妙に明るいので外を覗いてみると、ガスが晴れて満月が出ていました。
1
風もなく特に寒くもなかったので、トータルで1時間ちかく外でまったりとしてました。
2016年08月18日 20:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もなく特に寒くもなかったので、トータルで1時間ちかく外でまったりとしてました。
1
コンパクトデジカメの性能的に写真はショボいですが、肉眼では槍ヶ岳や雲海、滝雲が見えたので大満足です。
2016年08月18日 21:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンパクトデジカメの性能的に写真はショボいですが、肉眼では槍ヶ岳や雲海、滝雲が見えたので大満足です。
1
翌朝のご来光。天気が良かったのは早朝の間だけで、大天井岳の山頂付近はすぐガスに包まれてしまいました。
2016年08月19日 05:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝のご来光。天気が良かったのは早朝の間だけで、大天井岳の山頂付近はすぐガスに包まれてしまいました。
太陽のアップ。
2016年08月19日 05:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽のアップ。
1
太陽とほぼ反対側の位置に月も残ってます。昨夜はあんなに輝いていましたが、太陽パワーの前には輝きを失っていました。
2016年08月19日 05:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽とほぼ反対側の位置に月も残ってます。昨夜はあんなに輝いていましたが、太陽パワーの前には輝きを失っていました。
大天井岳山頂と大天荘とテン場。今日はあまり赤く染まりませんでした。
2016年08月19日 05:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳山頂と大天荘とテン場。今日はあまり赤く染まりませんでした。
槍ヶ岳の右上に月。個人的に好きな写真。
2016年08月19日 05:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の右上に月。個人的に好きな写真。
3
朝も山頂まで散歩。
2016年08月19日 05:33撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝も山頂まで散歩。
1
結構きれいな雲海が発生していました。
2016年08月19日 05:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構きれいな雲海が発生していました。
1
朝日を浴びて輝くチングルマと水滴。
2016年08月19日 05:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びて輝くチングルマと水滴。
2
燕岳へ続く縦走路。この後歩いて帰ります。
2016年08月19日 05:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳へ続く縦走路。この後歩いて帰ります。
東鎌尾根越しに槍ヶ岳。今回断念したのでいつかリベンジしたいです。
2016年08月19日 06:26撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東鎌尾根越しに槍ヶ岳。今回断念したのでいつかリベンジしたいです。
1
北穂高岳のアップ。夜は山荘の小屋の明かりがよく見えました。
2016年08月19日 06:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高岳のアップ。夜は山荘の小屋の明かりがよく見えました。
1
槍ヶ岳山頂のアップ。山頂にたくさんの人が居るように見えます。
2016年08月19日 06:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山頂のアップ。山頂にたくさんの人が居るように見えます。
2
槍ヶ岳をもう一枚。
2016年08月19日 06:28撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳をもう一枚。
1
トウヤクリンドウ?
2016年08月19日 07:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ?
大天井岳〜燕山荘の縦走路の砂礫地にはたくさんコマクサが咲いていました。
2016年08月19日 07:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳〜燕山荘の縦走路の砂礫地にはたくさんコマクサが咲いていました。
1
あまりはっきりしたブロッケン現象は発生しませんでしたが、条件が合った時は薄っすらと発生していました。
2016年08月19日 07:26撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりはっきりしたブロッケン現象は発生しませんでしたが、条件が合った時は薄っすらと発生していました。
1
燕山荘到着。
2016年08月19日 09:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘到着。
もし背後に見えるはずの燕岳が見えていれば往復してくる予定でしたが、ガスガスだったので諦めました。
2016年08月19日 09:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もし背後に見えるはずの燕岳が見えていれば往復してくる予定でしたが、ガスガスだったので諦めました。
2
合戦小屋と燕山荘の間に登山者カウンターが設置されてました。燕岳は北アルプスの中でも登山者が多そう。数字に興味あるので公開してほしい。
2016年08月19日 09:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋と燕山荘の間に登山者カウンターが設置されてました。燕岳は北アルプスの中でも登山者が多そう。数字に興味あるので公開してほしい。
スイカで水分補給。この状態で食べるのは子供の時以来だったので、志村食いしなくても口の周りがスイカだらけになるのを忘れてました。(言えばちゃんとカットしてもらえます)
2016年08月19日 10:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイカで水分補給。この状態で食べるのは子供の時以来だったので、志村食いしなくても口の周りがスイカだらけになるのを忘れてました。(言えばちゃんとカットしてもらえます)
1
帰りに立ち寄った道の駅ほりがねのヒマワリ畑。
2016年08月19日 13:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに立ち寄った道の駅ほりがねのヒマワリ畑。

感想/記録
by libra

会社の人と表銀座コースを槍ヶ岳まで歩く予定でしたが、
合戦尾根の登りで尋常じゃないほど汗をかいてしまい、
脱水症状の気配がしたので自分だけ大天井岳の往復に日程を短縮しました。

今回歩いたコースは4〜5年前の秋に歩いて以来の2回目でしたが、
前回とは季節が違うので新鮮な感じで歩けました。

12時頃にテン場に到着後、テントを設営した後から結構激しい雨が降り出しましたが、
一眠りして起きたら(ガスだけど)雨が上がっていたので外で晩飯を食べられました。
その後また雨が降り出したので雨音を聞きつつテントで寝ましたが、
20時半頃にふと目を覚ますと月明かりで外が目茶苦茶明るいことに気づきました。

外に出てみると薄手のダウンを着てるとそのまま外で寝られそうな程快適で、
月明かりの下でボーっとしている間が幸せの時間でした。
(寒気の流れ込みが無いとか、無風だったとかの条件も良かったですが)

特に夜9時頃に小屋の発電機が止まった後は本当に無音なので、
とても明るい夜の中、槍ヶ岳や雲海を見てると感動的でした。

翌日は昼頃には中房に下りましたが、
夏休みのメジャーコースだけあってジーンズや街中の様な服装で登っている人や
12時過ぎに中房温泉の登山口を出発するパーティーがたくさんいるなど、
個人的には信じられないことがたくさん印象に残りました。
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ