ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 944595 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

バイクで登山 明神岳主稜

日程 2016年08月08日(月) 〜 2016年08月09日(火)
メンバー hatsu(記録)
天候(8/8入山 〜 8/14下山)
上高地基点 周回、
明神主稜〜槍穂縦走〜北鎌下り

明神パート:
8/8 晴、8/9 晴のち曇のち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
⚫︎8/7 前泊、8/14 後泊:
共に信州健康ランド(塩尻北IC最寄)

⚫︎バイク駐車:
ライダーハウスともしび
屋根付きガレージ
(足湯公園P向かい) @300円/日

コースタイム [注]

〈明神パートのみ〉
(8/8)
6:20 河童橋
7:40 7番標識
(遊歩道で勘違いし20分ロス)
10:50 トラロープ
12:30 南西尾根の肩
13:20 5峰台地 13:40
14:40 5峰P
15:30 4〜5峰間コル (ビバーク)

(8/9)
6:30 ビバーク地
7:30 4峰P
8:00 3峰P
8:30 2峰P 9:00
9:30 1〜2峰間コル (取付き)
10:00 明神主峰P
12:00 前穂高岳P 12:30
16:00 奥穂高岳P
16:40 穂高岳山荘
コース状況/
危険箇所等
〈明神パートのみ〉

⚫︎7号標識〜南西尾根の肩
踏み跡は解りやすい。上部の針葉樹の落葉帯はやや不明瞭だが、上に向かって歩きやすそうな方を進めばそう外れることはない。白岩にうっすらと赤丸印10数ヶ所有った。トラロープの先の両側が切れ落ちた狭いリッジが長く続くトコは慎重に。残置ロープ有。

⚫︎5峰
5峰台地からはどこからでも上がれそうに見えたので正面から攻めたら、ユルい岩場で手こずった。ここは4峰寄りの這松帯の側から登るのが無難でしょう。4峰とのコルへの下りは2ヶ所いやらしい急なガレ、ザレ有

⚫︎ビバーク適地
5峰台地数張、
5〜4峰間に数ヶ所(但しコルは風強い)、
3峰P少し手前、
主峰P & 少し奥明神沢側へ降りた大岩の影

⚫︎4峰 フツーです(一般ルート並)

⚫︎3峰
そそられる岩場ww、巻かずに上がりクライミング楽しむが先端手前に狭くヤバいリッジ有、そこは無理して渡らずに少し戻り巻道へ降りた。

⚫︎2峰
手前(3峰側)の懸垂支点からは垂壁に近いスラブ、見下ろすと中間テラスまで20mほど、5m下にも支点有るので昨年のレコに有るように30mロープで3P(5m + 15m + 15m)で降りれるでしょう。
ピーク先(主峰側)の支点からは傾斜が緩め、オープンブックとその下に残置ロープの有る岩溝っぽいところ。逆ルートで直登するのはこちら側なので、次回?の下見を兼ねて懸垂せずに中間テラスまでクライムダウンしたがそれほど難しくはありません。涸沢岳P直下のチムニーを鎖使わずに降りる程度のレベル。
中間テラスからのクライムダウンルートが良く判らなかったのと、何となく懸垂もしておこうかと思い、テラスをトラバースして手前の懸垂ルートの下の支点から懸垂し取付きへ降りた。15mギリですww

⚫︎主峰〜前穂
ようやくバリルートらしいルーファイが楽しめるパート。下りでは懸垂支点が2ヶ所ほど有ったが残雪期用? 特に懸垂せず行けます。
コルから先、前穂への登り返しはルートが不明瞭というかどんなルートも取れそうに見えますが、どうも巻き過ぎたようでww 踏み跡の無いユルい岩場を進みヒヤヒヤしつつ楽しみました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハーネス ガチャ類 懸垂道具 ロープ30m

写真

塩尻北IC最寄
信州健康ランドに前泊
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩尻北IC最寄
信州健康ランドに前泊
出発、快晴だが暑い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発、快晴だが暑い
1
目指す明神は右のトンガリ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す明神は右のトンガリ?
7番標識、ここから
「人の道を外れます」
(↑©先人のレコww)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7番標識、ここから
「人の道を外れます」
(↑©先人のレコww)
H2,300m トラロープ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H2,300m トラロープ
トラロープは触らず行けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープは触らず行けます
トラロープ続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープ続く
トラロープ先の両側切れ落ちた狭いリッジ
残置ロープ有
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープ先の両側切れ落ちた狭いリッジ
残置ロープ有
切れ落ちリッジ長い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切れ落ちリッジ長い
ようやく南西尾根の肩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく南西尾根の肩
森林限界越えると景色開けます、絶景ww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界越えると景色開けます、絶景ww
5峰台地、しかし暑い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5峰台地、しかし暑い
1
5峰P、あっという間にガスガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5峰P、あっという間にガスガス
急なザレガレ その1
結構ユルい、慎重に降りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なザレガレ その1
結構ユルい、慎重に降りる
急なザレ その2
いやらしい、滑ったらヤバいww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なザレ その2
いやらしい、滑ったらヤバいww
5峰先の岩陰でビバーク、5峰を見返す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5峰先の岩陰でビバーク、5峰を見返す
3
5〜4峰間のコルの一段上、こちらは向かいの4峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5〜4峰間のコルの一段上、こちらは向かいの4峰
1
梓川を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梓川を見下ろす
帰路、明神から見上げたビバーク地点、アソコかww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、明神から見上げたビバーク地点、アソコかww
1
西穂〜奥穂のスカイラインに沈みゆく夕日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂〜奥穂のスカイラインに沈みゆく夕日
常念山脈からの朝日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山脈からの朝日
振り返って5峰とビバークしたテラス
夜中の暴風ヤバかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って5峰とビバークしたテラス
夜中の暴風ヤバかった
3
5〜4峰間コルの先のビバーク適地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5〜4峰間コルの先のビバーク適地
1
4峰Pより
3峰、2峰、主峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4峰Pより
3峰、2峰、主峰
3
気分良いスカイライン
でも簡単なのでドキドキワクワク感は乏し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気分良いスカイライン
でも簡単なのでドキドキワクワク感は乏し
2
3峰巻道、行かないww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰巻道、行かないww
3峰上がってみる、楽しいクライミングww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰上がってみる、楽しいクライミングww
1
3峰P少し手前のビバーク地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰P少し手前のビバーク地
1
3峰P手前の狭いリッジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰P手前の狭いリッジ
1
ヤバそうなので渡らず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤバそうなので渡らず
少し戻り巻き道への下降ルートを探る
ココはヤバい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻り巻き道への下降ルートを探る
ココはヤバい
ココから降りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから降りる
巻き道から見上げた、ヤバいリッジ
ココ降りてたらアウトだったかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道から見上げた、ヤバいリッジ
ココ降りてたらアウトだったかも
思いがけずに2峰の懸垂支点に出くわす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思いがけずに2峰の懸垂支点に出くわす
手前(3峰側)の支点から見下ろす、ほぼ垂壁スラブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前(3峰側)の支点から見下ろす、ほぼ垂壁スラブ
乗り出したら中間テラスの支点も見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗り出したら中間テラスの支点も見えた
2峰Pに行ってみる
主峰は直ぐ隣り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2峰Pに行ってみる
主峰は直ぐ隣り
1
2峰P先(主峰側)の懸垂支点から見下ろす
オープンブックから中間テラスまでクライムダウンした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2峰P先(主峰側)の懸垂支点から見下ろす
オープンブックから中間テラスまでクライムダウンした
中間テラスからのクライムダウンルートが解らずww、トラバースしさっき見た中間支点から懸垂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間テラスからのクライムダウンルートが解らずww、トラバースしさっき見た中間支点から懸垂
はい、15mギリですww
ビョ〜ンと縮んで手から届かないとこにいかないように丁寧に解きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、15mギリですww
ビョ〜ンと縮んで手から届かないとこにいかないように丁寧に解きます
主峰側から2峰を振り返る、下部もクライムダウン出来たかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主峰側から2峰を振り返る、下部もクライムダウン出来たかも
明神主峰から見た2峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神主峰から見た2峰
1
明神主峰から見た前穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神主峰から見た前穂
1
明神主峰から見た、前穂と吊尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神主峰から見た、前穂と吊尾根
3
奥明神沢のコルへの下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥明神沢のコルへの下り
懸垂支点有るけどフツーにクライムダウンできる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂支点有るけどフツーにクライムダウンできる
前穂高岳P、ヤレヤレ
ガスガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳P、ヤレヤレ
ガスガス
1
奥穂高岳P
雨 & ガスガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳P
雨 & ガスガス
おまけ
北穂小屋のテラス
気分最高ww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
北穂小屋のテラス
気分最高ww
1
おまけ
南岳→槍の気分良い稜線散歩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
南岳→槍の気分良い稜線散歩
3
おまけ
槍の小屋のテラス
コレがあるから
頑張れるww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
槍の小屋のテラス
コレがあるから
頑張れるww
2

感想/記録
by hatsu

ソロでバリエーション始めて3シーズン目。2回の北鎌と前穂北尾根を済ませ、さて今年はドコ行こうかとオフにあれこれ情報収集していたところ、秀逸揃いの昨年の明神レコ(主稜、東陵)と「文富ケルン発見」の北鎌レコが目に留まり、大いにそそられて今回、
「明神主稜」+槍穂縦走+「北鎌下り」
のプランを立てて臨みました。
前半ハイライト明神レコになります。

行く前は明神の方がメインでキツいだろうと予想し期待していたのですが、、いやはや北鎌の下り(→別レコ有)の方がず〜っとハードでヘビーで印象的だったのに対して、明神はバリルートならではのワクワクドキドキ要素は
部分的で一般ルートプラスアルファ、な印象でちょっと肩透かしでしたね。ずっとソロでやってきた自分にとってはルーファイ要素の醍醐味が薄いと物足りなかったのかもしれません。もっとも、これがガスったり天候崩れたりしたらルーファイ難易度がぐっと上がったのでしょうけど。
稜線に上がったら普段は見れない景色、見下ろす上高地や梓川、西穂〜奥穂のスカイライン、常念山脈、は素晴らしいです。ビバーク地点で暮れゆく景色を堪能しました。
明神主稜を落とした達成感もどうも今ひとつな感じなんですけど、、これは行程的にも地形的にも明神Pが前穂Pの前衛峰のような位置付けであることと、主峰が核心の2峰の脇役に成り下がってしまっている?からでしょうか。
明神東陵も次回トライしたいとの思いはあるし2峰の直登もトライしてみたいのですが、今回と逆ルートとなる主稜を下るのには正直魅力は感じないなぁ。もし東陵やるとしても前穂に抜けるプランかな。

で、核心の2峰ですが、主峰から振り返って見たところ、中間テラスから下部の直登ルートは上部の直登ルートに続く真下方面ではなくて、懸垂した中間支点側にトラバースした側の岩溝沿いに上がるのが適当のように見てとりました。多分クライムダウン出来たのでしょうが、現場で見定めることが出来ず(懸垂支点にも気を取られ)下部は懸垂してしまった、まだまだ未熟だな。

※後半のハイライト:
「北鎌尾根を大槍から下り」はこちら↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-943674.html
訪問者数:180人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ