ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 944718 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

北東北遠征その5 焼石岳(中沼より金名水−銀名水周回)

日程 2016年08月14日(日) [日帰り]
メンバー natoshi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道から林道に入った後は道が変わっているので標識に従ってください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
金名水コースは渇水期でも足回りは濡れる前提で装備のこと。
その他周辺情報クアパークひめのゆ がお勧め
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

今日は長丁場となるので、気合をいれて5:08出発
2016年08月14日 05:08撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は長丁場となるので、気合をいれて5:08出発
約30分で尿前川渡渉点 約50M遡ります
2016年08月14日 05:35撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約30分で尿前川渡渉点 約50M遡ります
石伝いに濡れることなく渡渉完了
2016年08月14日 05:36撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石伝いに濡れることなく渡渉完了
かなたに通過予定の稜線
2016年08月14日 05:52撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなたに通過予定の稜線
沢状のくぼ地を登る
2016年08月14日 06:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢状のくぼ地を登る
1090峰脇のざれ場を通過
2016年08月14日 06:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1090峰脇のざれ場を通過
このあたり天竺山に陽がさえぎられてまだ夜明け前の雰囲気
2016年08月14日 06:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり天竺山に陽がさえぎられてまだ夜明け前の雰囲気
天竺山の南西でいったん見晴らしのよい尾根に出る
2016年08月14日 06:36撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天竺山の南西でいったん見晴らしのよい尾根に出る
焼石岳方面(まだ焼石岳は見えない)
2016年08月14日 06:36撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼石岳方面(まだ焼石岳は見えない)
よくわからない道標
2016年08月14日 06:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくわからない道標
またもや日陰におりてきて
2016年08月14日 06:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またもや日陰におりてきて
リボンに沿ってこの沢を遡上する
2016年08月14日 06:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リボンに沿ってこの沢を遡上する
尿前川と渡渉では足元は濡れなかったがこのあたりでどうしてもびしょ濡れになる。
2016年08月14日 06:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尿前川と渡渉では足元は濡れなかったがこのあたりでどうしてもびしょ濡れになる。
7:06 金名水小屋現る
2016年08月14日 07:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:06 金名水小屋現る
岩の中から冷たい湧き水がほとばしり出る金名水はおいしかった。
2016年08月14日 07:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の中から冷たい湧き水がほとばしり出る金名水はおいしかった。
焼石までまだ5.4kmもある
2016年08月14日 07:21撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼石までまだ5.4kmもある
まずは1277峰
2016年08月14日 07:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは1277峰
まずは1277峰到着
2016年08月14日 07:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは1277峰到着
振り返って経塚山方面
2016年08月14日 07:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って経塚山方面
1
南方の獅子が花岳
2016年08月14日 08:00撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方の獅子が花岳
ゆったりと稜線歩き
2016年08月14日 08:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆったりと稜線歩き
六沢山の手前で案内にはない水場を通過
2016年08月14日 08:19撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六沢山の手前で案内にはない水場を通過
8:32 六沢山 このあたりからベニヒカゲが飛び出す
2016年08月14日 08:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:32 六沢山 このあたりからベニヒカゲが飛び出す
まだどれが焼石岳かわからない
2016年08月14日 08:33撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだどれが焼石岳かわからない
北側に池沼
2016年08月14日 08:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に池沼
雲海が迫ってきた。きっと午後は崩れるだろう。
2016年08月14日 08:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が迫ってきた。きっと午後は崩れるだろう。
9:03東赤石山に到着 ここもベニヒカゲ多し
2016年08月14日 09:03撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:03東赤石山に到着 ここもベニヒカゲ多し
♂よりかなり珍しいベニヒカゲ♀
2016年08月14日 09:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
♂よりかなり珍しいベニヒカゲ♀
2
東赤石山から姥石平へは行かずにわざと遠回りして焼石神社を目指す
2016年08月14日 09:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東赤石山から姥石平へは行かずにわざと遠回りして焼石神社を目指す
ちょっとした庭園風
2016年08月14日 09:53撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした庭園風
神社といても標識があるだけの地点だった
2016年08月14日 09:54撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社といても標識があるだけの地点だった
北アルプスのような露岩地帯を通過
2016年08月14日 10:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスのような露岩地帯を通過
北方の景色
2016年08月14日 10:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方の景色
10:22 焼石岳到着
2016年08月14日 10:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:22 焼石岳到着
少し雲がでてきた
2016年08月14日 10:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雲がでてきた
姥石平
2016年08月14日 10:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥石平
完全に曇った。これから登る人は気の毒。
2016年08月14日 11:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に曇った。これから登る人は気の毒。
11:33 銀名水避難小屋
2016年08月14日 11:33撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:33 銀名水避難小屋
銀名水も冷たい湧き水でとってもおいしい
2016年08月14日 11:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀名水も冷たい湧き水でとってもおいしい
12:02 つぶ沼コース分岐
2016年08月14日 12:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:02 つぶ沼コース分岐
このあたり山開き直後のみずばしょうの季節に人気
2016年08月14日 12:21撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり山開き直後のみずばしょうの季節に人気
曇ってしまいましたが、中沼越しに焼石岳が写るはずの撮影ポイントです。ここだけ木道が(恐らく三脚のせいで)激しく損壊していました。
2016年08月14日 12:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇ってしまいましたが、中沼越しに焼石岳が写るはずの撮影ポイントです。ここだけ木道が(恐らく三脚のせいで)激しく損壊していました。
12:51帰着
さあこれから渋滞覚悟の帰宅です。
2016年08月14日 12:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:51帰着
さあこれから渋滞覚悟の帰宅です。

感想/記録

今回の遠征も5日目に入り、焼石岳をもってフィナーレとした。
5日間、良い天気が持続してくれたのが何よりだった。
今回のコースはいろいろ事前に調べた結果、金名水経由の周回とした。
中沼から金名水コースというのは歩かれている割には地形図に道がかかれていない。
その理由は増水時に渡渉できなくなる箇所があったり、沢沿いに上る箇所があったりするせいだと思われる。好天続きの今なら水量は気にする必要はない。また、道標がないというレコもあったが、今回歩いた限りでは道標もところどころあったしピンクテープなどもあり、(最近整備したのかもしれないが)道迷いするようなルートではなかった。
 焼石岳は和賀岳と並んで北東北のベニヒカゲの産地であり、期待していたとおり多数のベニヒカゲを観察することができた。
ミズバショウの伸びきった中沼あたりと歩いてみて感じたのは景色や花が楽しめる焼石岳登山のベストシーズンは6月中旬の残雪期だということ。また機会があればその時期に訪れてみたい。
訪問者数:162人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ