ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 944850 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳・間ノ岳

日程 2016年08月18日(木) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー kiyoe, その他メンバー1人
天候曇ときどき雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
甲府駅から山梨交通のバス利用。夏のシーズン中は増便あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間17分
休憩
1分
合計
2時間18分
S広河原インフォメーションセンター13:0313:06広河原・吊り橋分岐13:12広河原山荘13:23白根御池分岐13:2415:21白根御池小屋
2日目
山行
7時間17分
休憩
3時間14分
合計
10時間31分
白根御池小屋05:0806:50草すべり分岐06:5107:11小太郎尾根分岐07:1207:50北岳肩ノ小屋08:4208:57両俣分岐08:5809:22北岳10:1010:34吊尾根分岐10:3510:51トラバースルート分岐10:5311:14北岳山荘12:3213:12中白根山14:13間ノ岳14:2315:15中白根山15:39北岳山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありませんでした。
その他周辺情報出発地点の広河原インフォメーションの2階にちょっとした売店があります。広河原山荘でもおやつ程度は買えます。が、ここでの調達は考えない方がいい、くらいの品揃えです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

初日は広河原から白根御池小屋まで。短いので余裕、と思ったら結構な急登がずっと続く道で、足慣らしに十分な道のりでした。この日はずっとガスっていて、眺望はなし。日差しがなく涼しかったし、苔の幻想的な風景も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日は広河原から白根御池小屋まで。短いので余裕、と思ったら結構な急登がずっと続く道で、足慣らしに十分な道のりでした。この日はずっとガスっていて、眺望はなし。日差しがなく涼しかったし、苔の幻想的な風景も。
御池小屋到着。この後日の入り前から大雨が降りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池小屋到着。この後日の入り前から大雨が降りました。
翌朝、日の出の時間は晴れていましたが、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、日の出の時間は晴れていましたが、、、
1
出発頃には再びガスガス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発頃には再びガスガス。
1
少し上ると、雲の上に出ました。日差しが強い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し上ると、雲の上に出ました。日差しが強い。
1
白根御池小屋からしばらく、断続的に急登が続きます。視界が開けてくるところあたりから、歩きやすきなります。この写真は束の間の晴れ間、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋からしばらく、断続的に急登が続きます。視界が開けてくるところあたりから、歩きやすきなります。この写真は束の間の晴れ間、、、
1
北岳肩の小屋に到着。小雨が降ってきたので、コーヒーを飲みながらしばし休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳肩の小屋に到着。小雨が降ってきたので、コーヒーを飲みながらしばし休憩。
北岳到着!真っ白で何も見えません!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳到着!真っ白で何も見えません!!!
1
山頂で1時間弱粘りましたが、天井にたまに青空が覗くのみ、、、
近くの山がたまに顔を出しますが、北岳の絶景はどこへ??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で1時間弱粘りましたが、天井にたまに青空が覗くのみ、、、
近くの山がたまに顔を出しますが、北岳の絶景はどこへ??
1
明日のリベンジに期待して北岳山荘方面へ下山。逆から登ってくる人たちがたくさんいましたが、急登で大変そう。明日登れるか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日のリベンジに期待して北岳山荘方面へ下山。逆から登ってくる人たちがたくさんいましたが、急登で大変そう。明日登れるか?
夏の山のお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏の山のお花。
北岳山荘に荷物を置き、間ノ岳を目指します。途中の中白根山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘に荷物を置き、間ノ岳を目指します。途中の中白根山?
2
途中たまに青空が覗きますが、ほとんどガスっていて遠くの眺望はありませんでした。間ノ岳と思って撮った写真は偽ピークでした、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中たまに青空が覗きますが、ほとんどガスっていて遠くの眺望はありませんでした。間ノ岳と思って撮った写真は偽ピークでした、、、
1
いくつか偽ピークを越え、間ノ岳登頂。この後山荘に戻る道すがら結構な雨に降られました。寒くはないけど、不安定な天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつか偽ピークを越え、間ノ岳登頂。この後山荘に戻る道すがら結構な雨に降られました。寒くはないけど、不安定な天気。
夕ご飯を食べた後、雲海から富士山が顔を出しました!諦めていたこの景色が見られて感激!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕ご飯を食べた後、雲海から富士山が顔を出しました!諦めていたこの景色が見られて感激!
2
雲に沈む夕日も見られました。風が強くなってきて、向こうの積乱雲の中では雷が光っているのが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に沈む夕日も見られました。風が強くなってきて、向こうの積乱雲の中では雷が光っているのが見えます。
1
だんだんお天気も良くなってきて、満月の翌日の月が明るく大きく見えます。雲海に光が差して綺麗。雲間から下界の夜景もくっきり見えてきました。しかしかなりの強風。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんお天気も良くなってきて、満月の翌日の月が明るく大きく見えます。雲海に光が差して綺麗。雲間から下界の夜景もくっきり見えてきました。しかしかなりの強風。
1
翌朝出発時。真っ白で結構な強風。北岳リベンジは諦めて下山することにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝出発時。真っ白で結構な強風。北岳リベンジは諦めて下山することにします。
日の出の頃、八本歯コルに向かう途中のトラバース道で、雲が晴れて再び富士山が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出の頃、八本歯コルに向かう途中のトラバース道で、雲が晴れて再び富士山が!
2
朝日のブロッケン現象も見られました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日のブロッケン現象も見られました!
3
霧に包まれる北岳山荘。風が強かったですが、くっきり晴れることはありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧に包まれる北岳山荘。風が強かったですが、くっきり晴れることはありませんでした。
3
左俣コース。石がゴロゴロです。危険ではありませんが、3日目の疲れから足を取られることが多く、、、この後二俣の分岐から大樺沢の下山中雨に降られ、更に疲労が増します。土曜日なので上がってくる人とのすれ違いにも気を遣いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣コース。石がゴロゴロです。危険ではありませんが、3日目の疲れから足を取られることが多く、、、この後二俣の分岐から大樺沢の下山中雨に降られ、更に疲労が増します。土曜日なので上がってくる人とのすれ違いにも気を遣いました。
広河原到着!到着時には晴れていましたが、バスを待っている間また大雨。この日台風が3つも発生したそうです。お疲れ様でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原到着!到着時には晴れていましたが、バスを待っている間また大雨。この日台風が3つも発生したそうです。お疲れ様でした!

感想/記録
by kiyoe

二座の制覇を目指して余裕の3日プランを企画。人気の山の割には小屋のキャパが少ない印象なので、なるべく土日を避けて計画しました。
北岳山荘は、、、混んでいました。人が多くて狭いので息苦しい印象。
お天気は3日間とも晴れ渡ることはなく、眺望のない真っ白な中を歩くことが多かったです。北岳からの絶景を期待して2度の登頂も視野に入れていましたが、断念。それでも朝晩のタイミングで雲海から顔を出す富士山を拝めたのは運が良かった!夜の月も素晴らしく綺麗でした。
ところどころ雨にも降られましたが、前後台風の狭間に来られたのは不幸中の幸いだったかもしれません。
また来たい!(リベンジの意味でも)と思える山行でした。でも次回は間ノ岳は遠慮しようかな、、、
訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ