ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945021 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷オール左〜もみじ谷本流(カラスアゲハに遭遇)

日程 2016年08月20日(土) [日帰り]
メンバー abek3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台)に停めました。最後の1台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
1時間5分
合計
6時間17分
S水越峠バス停09:2009:26水越峠10:19もみじ谷入り口11:16第6堰堤11:25本流ルート分岐11:56葛木神社11:2512:03金剛山13:0813:12もみじ谷下山口13:26本流ルート分岐13:35第6堰堤14:19もみじ谷入り口15:00水越峠15:06水越峠バス停15:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。

今回は第6堰堤上部で左に行き、次の分岐も左に行きます。(通称オール左と呼ばれるルート)
突き当りは扇状の笹斜面になります。左側にそれなりの踏み跡がありますので、それをたどって小尾根に出ます。しっかりした踏み跡の登山道となり、たどると一の鳥居と葛城神社との中間地点に出ます。もみじ谷入口としてNo.100の電柱があるところです。

道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

第6堰堤左俣の他の分岐道は、テープも少なく自由に進めますが、滑り易い斜面・藪漕ぎなどで苦労する事になると思います。こちらは、あまりお勧めしません。

第6堰堤左俣の他のルートについては、下記を参考にして下さい。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-648009.html
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

水越峠からスタート。
2016年08月20日 09:26撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。
1
天気は上々。暑くなりそうです。
2016年08月20日 09:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は上々。暑くなりそうです。
1
ダイトレ道でカラスアゲハを発見。
2016年08月20日 09:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ道でカラスアゲハを発見。
6
横から。
2016年08月20日 09:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から。
2
何とも言えない色をしています。
2016年08月20日 09:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とも言えない色をしています。
7
こちらはサカハチチョウ 。
2016年08月20日 10:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはサカハチチョウ 。
1
羽を閉じた所。
2016年08月20日 09:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽を閉じた所。
1
もみじ谷に入ります。
2016年08月20日 10:13撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。
サワガニ。もみじ谷では久しぶりに見ました。
2016年08月20日 10:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワガニ。もみじ谷では久しぶりに見ました。
2
涼し気な流れ。
2016年08月20日 10:39撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼し気な流れ。
第5堰堤で小休止。
2016年08月20日 11:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤で小休止。
1
V字谷。
2016年08月20日 11:12撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷。
3
第6堰堤。
2016年08月20日 11:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤。
4
水飛沫が涼しげ。
2016年08月20日 11:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水飛沫が涼しげ。
2
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。
本日は左から登って、右へ降りて来ます。
2016年08月20日 11:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。
本日は左から登って、右へ降りて来ます。
右に赤テープが沢山ありますが、左へ。
2016年08月20日 11:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に赤テープが沢山ありますが、左へ。
1
右の方が水量多いですが、ここも左へ。
2016年08月20日 11:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の方が水量多いですが、ここも左へ。
涼しい沢では、鳴き疲れたセミが休憩中。
2016年08月20日 11:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼しい沢では、鳴き疲れたセミが休憩中。
7
突き当りは、左の斜面へ。
2016年08月20日 11:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突き当りは、左の斜面へ。
尾根道は笹が刈り取られて、歩き易くなっていました。感謝。
2016年08月20日 11:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は笹が刈り取られて、歩き易くなっていました。感謝。
たどって登ると、第5堰堤上で左俣へ入り尾根へ登る正規ルートの登山道に合流 。一の鳥居と葛城神社との中間地点に出ます。
2016年08月20日 11:51撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たどって登ると、第5堰堤上で左俣へ入り尾根へ登る正規ルートの登山道に合流 。一の鳥居と葛城神社との中間地点に出ます。
葛木神社参道を進みます。
2016年08月20日 11:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社参道を進みます。
葛木神社へお参り。
2016年08月20日 11:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社へお参り。
3
標柱に金剛山最高峰の記載。
2016年08月20日 11:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱に金剛山最高峰の記載。
1
神社から、お隣の転法輪寺へ。ここにもお参り。
2016年08月20日 12:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社から、お隣の転法輪寺へ。ここにもお参り。
1
山頂は24℃。風が通って、とにかく気持ちが良い。1時間滞在。
2016年08月20日 12:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は24℃。風が通って、とにかく気持ちが良い。1時間滞在。
6
13時のライブカメラ。標識の右でストック振ってます。
2016年08月20日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラ。標識の右でストック振ってます。
8
下山は、もみじ谷本流ルートから。
2016年08月20日 13:12撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は、もみじ谷本流ルートから。
V字谷は上から見てもV字。明るい谷です。
2016年08月20日 13:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷は上から見てもV字。明るい谷です。
1
もみじ谷入口まで戻って来ました。もみじ谷往復で出会った登山者は7名。休日としては少ない方。
2016年08月20日 14:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷入口まで戻って来ました。もみじ谷往復で出会った登山者は7名。休日としては少ない方。
帰りのダイトレ道でミスジチョウにも出会う。
2016年08月20日 14:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのダイトレ道でミスジチョウにも出会う。
1
横から。
2016年08月20日 14:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から。
2
無事、水越峠に帰着。下界は暑い・・・。
2016年08月20日 15:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、水越峠に帰着。下界は暑い・・・。
3
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 本日も、いつもの金剛山もみじ谷へ。連日の暑さで登山者もやや少な目。暑いので登り下りとも、もみじ谷とする。オール左で登って、本流ルートで下る。暑い時はやっぱり沢筋。

 山頂は24〜26℃で風が良く通り快適そのもの。いつまでも座っていたいが、そうもいかない。下りもゆっくりもみじ谷を歩いて、吹き渡る風を楽しむ。

 行き帰り共にチョウに良く出合い、飛び回るチョウをコンデジで追いかけた。なかなかピントを合わせるのが難しいが、うまく写真が撮れると嬉しい。久しぶりに綺麗なカラスアゲハをゲットできて、大満足の一日だった。
訪問者数:192人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ