ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945036 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

新穂高から五色ケ原・黒部湖を廻って戻る旅

日程 2016年08月01日(月) 〜 2016年08月11日(木)
メンバー kimidori
天候最初の2日間は、午後から雷雨。あとは、おおむね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高登山者駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
一般コース
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 年相応の軽量化に努めるべし。

写真

一日目**********
新穂高より1時間の笠新道分岐
2016年08月01日 07:00撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一日目**********
新穂高より1時間の笠新道分岐
わさび平小屋
2016年08月01日 07:15撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋
今日は暑いです。
2016年08月01日 08:45撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は暑いです。
総重量の担ぎ上げ、鏡平小屋に着いたときは、かなりへばってました。
2016年08月01日 12:09撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
総重量の担ぎ上げ、鏡平小屋に着いたときは、かなりへばってました。
稜線(弓折り分岐)直下で、雷雨。
疲れた体を、追い立てられる様に歩いて、やっと双六小屋が見える場所に着いた。
2016年08月01日 14:44撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線(弓折り分岐)直下で、雷雨。
疲れた体を、追い立てられる様に歩いて、やっと双六小屋が見える場所に着いた。
1
何はともあり、オアシス到着のビールは欠かせぬ。
だが、久し振りの北アルプスは、物価が上がっていて驚く。
2016年08月01日 15:47撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何はともあり、オアシス到着のビールは欠かせぬ。
だが、久し振りの北アルプスは、物価が上がっていて驚く。
1
テントは、小屋に一番近いところに、張れました。
2016年08月01日 16:02撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントは、小屋に一番近いところに、張れました。
1
24k+@のザックの担ぎ上げに、疲れて、
いきなり、とっておきのスタミナにんにくを喰う。
2016年08月01日 16:35撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
24k+@のザックの担ぎ上げに、疲れて、
いきなり、とっておきのスタミナにんにくを喰う。
1
今回の夕食は、パスタのワンパターン。
2016年08月01日 17:27撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の夕食は、パスタのワンパターン。
2
二日目**********
昨日の疲れから、身の程を知り、今日は黒部五郎小屋までショートに変更。全体の工程が一日延びる。
2016年08月02日 06:47撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目**********
昨日の疲れから、身の程を知り、今日は黒部五郎小屋までショートに変更。全体の工程が一日延びる。
三俣蓮華に着いた時は、ガス。
2016年08月02日 09:06撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華に着いた時は、ガス。
三俣山荘で余裕をかまして、スケッチしたり、ゆっくり昼食をした。→これが、あとで痛い目に会う事に。
2016年08月02日 10:54撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘で余裕をかまして、スケッチしたり、ゆっくり昼食をした。→これが、あとで痛い目に会う事に。
黒部五郎小屋、到着。
2016年08月02日 13:54撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎小屋、到着。
まずは、ビールと余裕をかましていたら、雨が降り出した。
雨が止むのを小屋で待つが、止まず。
2016年08月02日 14:02撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、ビールと余裕をかましていたら、雨が降り出した。
雨が止むのを小屋で待つが、止まず。
1
やむなく雨中で設営。その時、雨がピークでバケツをひっくり返した様な中で設営。装備がぐゅちゃぐちゃになる。
2016年08月02日 15:42撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やむなく雨中で設営。その時、雨がピークでバケツをひっくり返した様な中で設営。装備がぐゅちゃぐちゃになる。
三日目**********
黒部五郎の大きなカールw
2016年08月03日 07:29撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目**********
黒部五郎の大きなカールw
黒部五郎岳の肩まで来た。
ここではバッチリ携帯が入る。
2016年08月03日 07:31撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳の肩まで来た。
ここではバッチリ携帯が入る。
ガスが晴れれば、素晴らしい天空の散歩道が、太郎小屋まで続く。
2016年08月03日 07:32撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れれば、素晴らしい天空の散歩道が、太郎小屋まで続く。
1
やっと来た今日最後のピーク
2016年08月03日 10:40撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと来た今日最後のピーク
北の俣岳
2016年08月03日 11:28撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の俣岳
ガスの太郎小屋は、長くて、ポッキリ心が折れ、途中にへたり込んでしまった。
それを知った雷鳥が先導して、励ましてくれた。
2016年08月03日 12:37撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの太郎小屋は、長くて、ポッキリ心が折れ、途中にへたり込んでしまった。
それを知った雷鳥が先導して、励ましてくれた。
1
着いた。
先ずはビールを買うが、昨日の失敗を思い出して、そのまま薬師平へ
2016年08月03日 13:45撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた。
先ずはビールを買うが、昨日の失敗を思い出して、そのまま薬師平へ
テント設営時には晴れて、2日間雨にやられた装備を乾かす事が出来た。嬉しい。
2016年08月03日 14:26撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント設営時には晴れて、2日間雨にやられた装備を乾かす事が出来た。嬉しい。
出張ビール売店があって、旨いビールを流し込んだ。
2016年08月03日 17:10撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出張ビール売店があって、旨いビールを流し込んだ。
1
四日目**********
今日は呆れるぐらいの良い天気。
大きな薬師の登り。
2016年08月04日 06:57撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四日目**********
今日は呆れるぐらいの良い天気。
大きな薬師の登り。
1
やっとロックオンした。
薬師岳。今回の目的の一つ。薬師岳参詣。
2016年08月04日 08:33撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとロックオンした。
薬師岳。今回の目的の一つ。薬師岳参詣。
1
北薬師岳までの長い山岳らしい稜線。
見晴らしが良すぎて進まない。
2016年08月04日 10:24撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北薬師岳までの長い山岳らしい稜線。
見晴らしが良すぎて進まない。
今日のオアシス。スゴ乗越小屋
チベットの四色の旗が飾ってあった。
2016年08月04日 13:10撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のオアシス。スゴ乗越小屋
チベットの四色の旗が飾ってあった。
レレレのトイレ。
無料だが、おつりが来ます。
2016年08月04日 13:21撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レレレのトイレ。
無料だが、おつりが来ます。
1
今日も乾かす。
お助けロープが役に立った。
2016年08月04日 14:51撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も乾かす。
お助けロープが役に立った。
ガスが晴れると、眼前にノーマークのスゴの頭と越中沢山の雄姿が壁の様に立ちはだかり、唖然とする。
2016年08月04日 16:48撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れると、眼前にノーマークのスゴの頭と越中沢山の雄姿が壁の様に立ちはだかり、唖然とする。
五日目**********
スゴの頭
2016年08月05日 07:06撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五日目**********
スゴの頭
一旦下がって、越中沢山
2016年08月05日 07:20撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下がって、越中沢山
1
やっとロックオン
2016年08月05日 08:51撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとロックオン
すぐそこに五色ケ原は見えるけれど、遠いのだこれが、
とにかく暑いし・・
2016年08月05日 08:58撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐそこに五色ケ原は見えるけれど、遠いのだこれが、
とにかく暑いし・・
やっと山荘に到着。
今日も途中でへたり込んでしまった。
ここで、昼食とビールで元気をつける。
2016年08月05日 12:32撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと山荘に到着。
今日も途中でへたり込んでしまった。
ここで、昼食とビールで元気をつける。
1
テン場。まだほとんど張ってないが、徐々に増えてゆく。
2016年08月05日 14:04撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場。まだほとんど張ってないが、徐々に増えてゆく。
1
六日目**********
今日で折り返して新穂高に戻る。
鹿島槍から上がる朝日。
2016年08月06日 04:32撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六日目**********
今日で折り返して新穂高に戻る。
鹿島槍から上がる朝日。
龍王山を見ながら、五色原テン場を後にする。
2016年08月06日 06:12撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山を見ながら、五色原テン場を後にする。
ここから見ると、左の槍ヶ岳とおんなじ様に尖っている最終目的地の笠ヶ岳
2016年08月06日 06:21撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから見ると、左の槍ヶ岳とおんなじ様に尖っている最終目的地の笠ヶ岳
平の小屋。犬はいなかった。
2016年08月06日 09:07撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平の小屋。犬はいなかった。
これだ。
縦走の途中で船に乗れるなんて、一度やってみたかった。
同じルートを行く愛知のちび丸子に似た人と二人だけ。
2016年08月06日 10:16撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだ。
縦走の途中で船に乗れるなんて、一度やってみたかった。
同じルートを行く愛知のちび丸子に似た人と二人だけ。
2
丸太のアスレチック。
膝と足首を痛めているので、ものすごく慎重に行く。
2016年08月06日 11:34撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太のアスレチック。
膝と足首を痛めているので、ものすごく慎重に行く。
割と早く着いた、奥黒部ヒュッテ
2016年08月06日 12:31撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割と早く着いた、奥黒部ヒュッテ
沢で水浴。腫れた足もすっきりと治った。
心も体もリフレッシュ。
2016年08月06日 14:18撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢で水浴。腫れた足もすっきりと治った。
心も体もリフレッシュ。
2
救助ヘリが来るので、テント避難した。
2016年08月06日 16:43撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
救助ヘリが来るので、テント避難した。
七日目**********
読売新道登り始めで、ギクッとした腰を庇ってゆっくり登る。
この辺り2400Mぐらいまでは、まだ良かったのだが・・
2016年08月07日 08:32撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七日目**********
読売新道登り始めで、ギクッとした腰を庇ってゆっくり登る。
この辺り2400Mぐらいまでは、まだ良かったのだが・・
やっと稜線へ。1300Mの登り、
最後の300Mはヘロヘロになった。
もうトボトボ歩きしか出来ない。
2016年08月07日 11:10撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと稜線へ。1300Mの登り、
最後の300Mはヘロヘロになった。
もうトボトボ歩きしか出来ない。
時間は早いが、涼しい風に当って1時間休んでも回復しないので、想定通りビバークした。天気良すぎて日差しきついが、風は涼しくテントの中・裸で、冷酒を飲んで元気を出す。
2016年08月07日 13:14撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間は早いが、涼しい風に当って1時間休んでも回復しないので、想定通りビバークした。天気良すぎて日差しきついが、風は涼しくテントの中・裸で、冷酒を飲んで元気を出す。
1
天涯のビバーク地。
ここは、11時を過ぎると人気が無くなる。
(ただし、もののけは居る)
2016年08月07日 18:53撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天涯のビバーク地。
ここは、11時を過ぎると人気が無くなる。
(ただし、もののけは居る)
2
八日目**********
温泉沢の頭
2016年08月08日 07:34撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八日目**********
温泉沢の頭
美しい鷲羽の瞳
2016年08月08日 11:44撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい鷲羽の瞳
2
九日目**********
三俣山荘のテン場
今日は曇り予報だったので、停滞日とした。
この時点で行程が1日延びる。何故か貰った700kカロリーの大盛り焼きそばが昼飯。午前から飲んだくれる幸せな日となった。
2016年08月09日 12:31撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九日目**********
三俣山荘のテン場
今日は曇り予報だったので、停滞日とした。
この時点で行程が1日延びる。何故か貰った700kカロリーの大盛り焼きそばが昼飯。午前から飲んだくれる幸せな日となった。
1
10日目**********
双六を過ぎて、弓折り分岐、ここから笠が岳に向かう。
2016年08月10日 09:56撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10日目**********
双六を過ぎて、弓折り分岐、ここから笠が岳に向かう。
呆れるほど長い稜線。途中で水を捨てたら大分楽に歩けた。
この1k少々の差は大きい。
2016年08月10日 13:03撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呆れるほど長い稜線。途中で水を捨てたら大分楽に歩けた。
この1k少々の差は大きい。
やっと見えた天空のテン場
2016年08月10日 14:45撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えた天空のテン場
1
小屋で祝いのビール
2016年08月10日 15:42撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で祝いのビール
1
テン場。小屋に一番近い所に張れたが、ここではあまり意味が無かった様だ(小屋への登りが激しすぎて・・)
2016年08月10日 16:18撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場。小屋に一番近い所に張れたが、ここではあまり意味が無かった様だ(小屋への登りが激しすぎて・・)
1
一日停滞したお陰で、食欲が回復した。
ワンパターンのパスタも旨い。
2016年08月10日 16:50撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一日停滞したお陰で、食欲が回復した。
ワンパターンのパスタも旨い。
1
11日目**********
槍から上がる朝日に期待が集まったが・・
2016年08月11日 04:54撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11日目**********
槍から上がる朝日に期待が集まったが・・
笠ヶ岳頂上
この先、もう稜線は続かない。
2016年08月11日 05:04撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳頂上
この先、もう稜線は続かない。
1
くわーうつくしー、
写真は控えたけれど、高嶺花子も求めた旅だったのだ。
2016年08月11日 08:19撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くわーうつくしー、
写真は控えたけれど、高嶺花子も求めた旅だったのだ。
戻ってきた。
下りと林道歩きは、いつも以上に辛くて、大泣きした。
2016年08月11日 12:28撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきた。
下りと林道歩きは、いつも以上に辛くて、大泣きした。
2

感想/記録

久し振りの北アルプス、それも中期間の計画のため、一月前ぐらいから足慣らしして準備してきた。
その為に、自信満々であったが、初日の登りでその自信は粉々に砕け飛んで、あとはテン場巡り旅となった。
 まあ、それが山旅のひとつの正しい在り方だと思う。
とかく山行きは、ハードで過酷、トレーニング要素が強い。
次から次へと足を伸ばして、数日の行程を1日で走破して満足してしまう傾向がある。
今回の山旅でも、多くの方々がそうであった。
そうで無かったのは、足腰の弱った年寄りだけだと言って良い。
 でも、足腰の弱った年寄りだからこそ、そんな厳しい山に登れる幸せの大きさを知っているのだ。
と、年寄りの仲間入りした私は思った。
出会い親しみ、同じ時間を共有しながらも、別れの挨拶も交わさずに別れて、自分の旅に戻る。
一期一会の出会いと別れ、旅の目的もゴールも違う、まさに人生の小さな縮図
 そんなことを感じた、山行きであった。

訪問者数:131人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/11/8
投稿数: 2701
2016/8/25 9:43
 >年相応の軽量化に努めるべし
縦走お疲れさまでした。

まず重たいダンロップを替えた方が・・・
自分もダンロップどうにかしたい・・・と悩んでいます。
登録日: 2010/8/30
投稿数: 2634
2016/8/25 11:03
 Re: >年相応の軽量化に努めるべし
いえいえ、私には、そこは変えるべきでは無いところ。
わざわざ軽いVLを選ばず、復刻版と言う愛着を選んだのです。
 年相応と言うのは、軽薄短小に走らず、ポリシーを持って事に当たるべきでござる。
 それに、内緒だけどダンロップなら、中古でも高く売れる(^ー^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ