ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945047 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

ジャンダルム飛騨尾根

日程 2016年08月17日(水) 〜 2016年08月19日(金)
メンバー ANZNmiyu124
天候8月17日 曇り時々小雨
8月18日 曇り雨
8月19日 晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡駐車場 1日600円。
沢渡⇔上高地 バス2100円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
10分
合計
5時間20分
S上高地07:0009:40横尾09:5012:20涸沢
2日目
山行
4時間50分
休憩
10分
合計
5時間0分
涸沢03:5005:205.6のコル05:3008:50穂高岳山荘
3日目
山行
10時間20分
休憩
1時間0分
合計
11時間20分
穂高岳山荘04:0006:00ジャンダルム基部06:1010:20ジャンダルム10:4013:20岳沢13:5015:20上高地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ヘルメット ハーネス ビレイデバイス ナイフ カラビナ&スリング各種
共同装備 テント 50mロープ アルパインヌンチャク×4 クイックドロー×3 オメガリンクカム#0.5〜2 トライカム#0.5〜2 ナッツキー

写真

荷物担いだまま北尾根を登る予定だったので、快適な登攀の為に軽量化。それぞれ35Lのザック使用(テント2泊分の装備入り)。
2016年08月17日 06:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物担いだまま北尾根を登る予定だったので、快適な登攀の為に軽量化。それぞれ35Lのザック使用(テント2泊分の装備入り)。
3
横尾。小雨が降っていた。
2016年08月17日 09:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾。小雨が降っていた。
本谷橋。
2016年08月17日 10:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋。
涸沢。
2016年08月17日 12:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢。
1
天気はガスと小雨。
2016年08月17日 15:51撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はガスと小雨。
8月18日。5.6のコルからの景色。4峰より上はガスの中。天気は曇りのち雨だったので、前穂北尾根は諦めることに。
2016年08月18日 05:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月18日。5.6のコルからの景色。4峰より上はガスの中。天気は曇りのち雨だったので、前穂北尾根は諦めることに。
1
この後雨が降ってきたので、北尾根中止は妥当な判断だっただろう。
2016年08月18日 05:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後雨が降ってきたので、北尾根中止は妥当な判断だっただろう。
1
穂高岳山荘。
2016年08月18日 09:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘。
完全に気落ちしたので、この日は予定を切り替えて、珍しく山小屋に泊まることにした。
2016年08月18日 15:21撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に気落ちしたので、この日は予定を切り替えて、珍しく山小屋に泊まることにした。
1
8月18日は雨とガスを繰り返す天気。
2016年08月18日 17:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月18日は雨とガスを繰り返す天気。
8月19日。奥穂高岳山頂より。朝から晴れ、時々ガス。
2016年08月19日 04:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月19日。奥穂高岳山頂より。朝から晴れ、時々ガス。
目指すジャンダルム。「天気よ、持ってくれ」と心の中で強く願う。
2016年08月19日 04:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すジャンダルム。「天気よ、持ってくれ」と心の中で強く願う。
7
ウマノセの下り。前日の雨がまだ乾いてなくて、岩が滑った。
2016年08月19日 05:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウマノセの下り。前日の雨がまだ乾いてなくて、岩が滑った。
4
奥穂では素晴らしいご来光が見えていただろう。
2016年08月19日 05:21撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂では素晴らしいご来光が見えていただろう。
4
ジャンダルム
2016年08月19日 05:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム
6
ジャンの基部にあるビバークサイトっぽいところで、不要な荷物はデポして軽量化。
2016年08月19日 06:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンの基部にあるビバークサイトっぽいところで、不要な荷物はデポして軽量化。
1
ガレガレのαルンゼを下降。
2016年08月19日 06:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレのαルンゼを下降。
1
ルンゼ内で割れたヘルメットを発見。
2016年08月19日 06:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼ内で割れたヘルメットを発見。
落石があったら逃げ場の無いゴルジュ帯。枯れた小滝をクライムダウンしながら下降。
2016年08月19日 06:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石があったら逃げ場の無いゴルジュ帯。枯れた小滝をクライムダウンしながら下降。
2
二つのルンゼが交わる箇所を目安に、尾根に乗り上げた。
2016年08月19日 06:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つのルンゼが交わる箇所を目安に、尾根に乗り上げた。
2
古いピトン。強度を信じるかは自己責任で。
2016年08月19日 07:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古いピトン。強度を信じるかは自己責任で。
3
古びたピトン、ピナクル、カム等で中間支点をとりながらの登攀。
2016年08月19日 08:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古びたピトン、ピナクル、カム等で中間支点をとりながらの登攀。
5
電光クラックという箇所?
2016年08月19日 08:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電光クラックという箇所?
3
岩稜に咲く花に癒される。
2016年08月19日 08:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜に咲く花に癒される。
3
T2を越えて振り返ったところ。この辺からガスの中。
2016年08月19日 09:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T2を越えて振り返ったところ。この辺からガスの中。
2
T1への登り。
2016年08月19日 09:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T1への登り。
4
飛騨尾根からのジャンダルム登頂。
2016年08月19日 10:21撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨尾根からのジャンダルム登頂。
9
天狗のコル⇒天狗沢より下山
2016年08月19日 12:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコル⇒天狗沢より下山
2
天狗のコルを振り返った図。
2016年08月19日 12:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルを振り返った図。
1
岳沢。ジュースとアイスのどちらを買うか悩んだ挙句、両方買うというリッチな選択を。
2016年08月19日 13:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢。ジュースとアイスのどちらを買うか悩んだ挙句、両方買うというリッチな選択を。
5
撮影機材:

感想/記録
by ANZN

本来の計画は
8月17日(1日目) 上高地⇒涸沢
8月18日(2日目) 涸沢⇒前穂北尾根⇒吊尾根⇒奥穂⇒白出のコル
8月19日(3日目) 白出のコル⇒ジャンダルム飛騨尾根⇒天狗沢⇒岳沢⇒上高地
というものだった。
前穂北尾根を快適に登攀するため、荷物は軽量化に勤め、2泊用の幕営装備と登攀用のギアを詰め込んだ状態で、2人でそれぞれ35Lのザックでパッキングした。
ところが、2日目の天気が出発前に見た予報に反して芳しくなく、5.6のコルまで様子見に行ったものの、リスクが高いと判断し前穂北尾根は中止とした。
その日は天気がイマイチで雨も降り出してきたので、北尾根中止で落ち込んだ気持ちを慰めるように、穂高岳山荘で豪華山小屋泊とした。
最終日の8月19日は、天気予報は微妙で半ば諦めムードだったが、少々寝坊して目を覚ますと、意外にも天気は良さそうだったので、予定通りジャンダルム飛騨尾根を登攀した。
このルートで最も危険なのは、岩稜尾根の登攀より不安定な岩が積み重なっているαルンゼの下降だと思う。
また、前日の雨で岩が濡れていて、ガスがちの天候で陽があまり差し込まなかった為、岩の乾きが悪く、所々滑る岩場での登りは、素晴らしく快適とは言い難かった。
訪問者数:716人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ