ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945343 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

初3000m級登山、雲の合間から諦めていた絶景が

日程 2016年08月19日(金) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー Pancho2
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
Yahoo!カーナビで行き先設定をする時、設定場所がわからなかったのでバス停の設定場所を芦安温泉白峰会館に設定したところ、無事バス停到着。

芦安バス停付近の駐車場に駐車しようとすると、係の人が出て空いている駐車場に誘導してくれました。

駐車場から午前5時50分のバスに乗るためにバス停に行くと、バスに先行してタクシーは全部出発してしまったとのこと。速く出発したい人は始発バスの1時間くらい前にバス停到着すると早く広河原に行けるかもしれません。

また、バスが無くてもバス停を訪れると、バスはなくとも乗り合いタクシーで9人になると出発してくれるので便利そうです。

広河原バス停から芦安温泉へは、バスがなくとも9人集まるとタクシーが出てくれるので、バスの運行時間内ならば安心して下山できそうな予感が。

バス代+マイカー規制協力金=1130円、広河原から芦安バス停までは1200円でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
4時間6分
休憩
22分
合計
4時間28分
北岳山荘05:0705:28トラバースルート分岐05:2905:45吊尾根分岐05:4606:05北岳06:0706:21両俣分岐06:28北岳肩ノ小屋06:50小太郎尾根分岐06:5506:59草すべり分岐07:0107:44白根御池小屋07:5509:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
例年にない不安定な夏空なので天気予報は毎日どんどん変化する不安定な日々が続きます。今回はなんとか天候が良さそうな8月19日金曜日出発し北岳山荘でテント泊、翌朝、間ノ岳、北岳を回り帰ることにしました。非常に変化が激しかったので、前日の夜各種天気予報を確認し、比較的好天候ヒット率が高い8月18日に出発決定。朝3時に目覚まし時計をセットし、珍しく時間通り起床し、芦安駐車場に出発。甲府市内通過中には雨が降り出すなどで、天気に懸念されましたが登山途中でもアッサリ下山する覚悟でそのまま芦安駐車場に直行。

5時20分頃到着したところ、タクシーはすべて出発済みでバスは乗れそうな最後の何人かと確定。要するに甲府発広河原行きバスに、なんとか潜り込ませるのが現場バス乗車案内人の役目のようです。たまたま、第三駐車場に最後の一台で駐車できました。たまたま、バスも最後の一人だったようでラッキー。

バスは甲府から乗車した人で座席は満席。なんとか立って乗車できました。甲府から乗ってきた人でも乗車口脇でしゃがみ込みながら寝ている人がいるくらい混んでました。バスは約30人位載で2台で運行してました。バス道中ではバスの方が道のこと、南アルプスのことなど観光案内をしてくれるので、雲に隠れた山しか見ることができなかった車内で、なんとか地元のことを知ることができたのがよかったかも。

広河原バス停に着くとすでにバス券発売所に長蛇の列が。今乗ってきたバスの人びともどんどん並びます。帰りのバスの予約可と焦りましたが、北沢峠行きバス乗車券販売とか。芦安からバスで来た人の半数以上が北沢峠に行くようです。

吊り橋を渡り北岳方面に行く人は30人はいなかったのではないでしょうか。登りはじめこそ、8人くらいの列になっていましたが、皆さん体力差があるので1人、3人とグループ単位で散らばるようになり、ピークが近づくにつれ静かな登山を楽しめるようになりました。

左俣コースは昨日までの雨のおかげか、渓流が流れる沢周辺など白、黄色、紫などきれいな花が咲き乱れ花畑を登っているみたい。汚れがありわかりにくい雪景が現れるなど嬉しいコース。途中できれいで冷たい沢水で手顔頭などを洗え、気分のリフレッシュできるのが嬉しい。

勘違いで八本歯ノコルからしばらく登らないと、トラバース道に出られません。勘違いのため尾根登りが精神的にチョットきつくなりました。トラバース道はそれほど高低差がなく斜面を横に進みます。岩場も丸太などで足場や手すりがしっかり作られているので、安心。さらに、黄色、白、紫など高山植物が花盛りで、とても楽しめました。

途中で尾根からの景色が見たくなったので、横に100m弱移動すれば景色が良さそうな尾根道に出られるような分岐があったので同じ所に行く尾根道に変更。ガスガスだったので、まったく景色は楽しめません。
 
午前中に小屋に到着したので、まだテントを撤収している人がいるにもかかわらす、好きな場所にテントを設営できたのがとても嬉しい。同じような時間に到着したらしいお隣さんに、テント設置についてアドバイスをもらいながら設営。適当な大きさの石が多く、吊り綱張に困らないし、ペグも土によく入り楽でした。

テント設営が終わってもまだ昼前。北岳往復しても3時間位のようなので、北岳を訪れることに。小屋裏の尾根道を北岳方面に道をゆく。雲に覆われすぐ先の尾根しか見えない雲の中を進む。ピークが見えるたびにそこまでと、何回か思いながら歩くので時間の割に辛い。

ただのピークの割には人が溢れているところが見え、山頂だとしれた。北岳山頂に立て札があるが、すぐ横の岩はもっと高い。地図を見ると標高が並んで二つ書かれていて、立て札がある方が50cm位低いよう。なんで、高い方に山頂の碑立て札を立てなかったのだろう謎だ。

初めての3000m越え山頂到着記念のため、ガスで真っ白な背景に北岳の看板入りで写真を撮っていただきました。その後、急に雲が晴れ山頂一帯に陽が照りつける。もう一度、先ほどの方とは違う方に山頂記念写真を撮っていただきました。座ったり、話した30人くらいの人びとが、あまり期待できない雲の急展開で隣の山々が見えるのを期待して、現場で時間を潰されてます。私も10分位一緒に雲の切れ目を期待していましたが、あっさり諦めそそくさと北岳山荘まで下山。

周りの景色が見えなくても、生まれて初めて3000mを越えるところに来て、歩いているだけで妙にうれしい。

山小屋の自動販売機でビールを買うと同時に、サッと雨が降ってきました。テントに潜り込みビールに口をつける。真っ白な景色をみながら眼下に見えるはずの景色を想像しながら飲むビールは美味しい。

4時でチョット早いが、夕食。標高3000mでも、プリムスのノーマルガスで問題なく火を使うことができることが確認できました。

夕食後、外は雲が多く時々雨がぱらつくのでテントの中で横になってしばらく様子をうかがっていると。テントの外が急に明るくなるではないですか。カメラを持って外に出ると、ちょっと青空が見えてもすぐにまた真っ白。でも雲が薄いのがうかがえます。

オッ。雲の間から富士山が。写真を撮ろうとすると、すぐに山裾から上がってくる雲に隠されてしまう。テント場から尾根に出て、やはり雲空けを願う人たちに混じり、しばらく空を見ていると、またもや富士山が。今度はしっかり見えます。さっそく、峠の黄色いわが家と富士山の写真をパチリ。これが撮りたかったんです。

しばらくすると今度は農鳥山方面の雲がはれ夕日に照らされた山々が青空に浮かびます。またしばらくすると、雲に隠れていた北岳がクッキリその姿を現しました。夕日を浴びて輝く山頂と緑色の高山植物。昼頃の真上から照りつける太陽と異なり、横からの光が山域の岩肌、高山植物をより立体的に浮き出してくれ、写真を撮ると自分が最高のカメラマンになったような写真が撮れます。撮り忘れてはいけないと何枚も同じような写真を撮っています。

このころになると、テントと山小屋にいたほとんどの人が尾根のあちらこちらで素晴らしい景色を楽しんでいました。これは日帰りでは見られない景色。これが見たくてこちらでテント泊をしたのです。

夜の星空も期待していましたが、ガスがかかってきてしまいきれいな星空を見ることができませんでした。あれだけ美しい景色を見せてくれたのだからまあ良しとしよう。そして一晩中テントを揺さぶる大風が吹き続けていました。尾根付近での強風にテントがどこまで耐えるかわからなかったので、怖かった私はいつ飛ばされても良いように、ズボンやハードウェハを着たままで寝ていました。よく考えると、ブーツを履いてなかったので、テントが飛ばされたら動きがとれなかったでしょう。

翌朝3時30分頃、天気予報を確認すると昼頃雨の模様。テントから外を見るとオリオン座が見え、甲府市らしい町の灯も見えます。雨の中で山歩きをしたくなかったので、間ノ岳に行くのはあっさりあきらめ、北岳経由で下山することに。私が朝食を食べている間にすでに出発する人が。複数の天気予報を確認すると10時〜14時に雨の確率が非常に高く印象を受けました。雨中を間ノ岳まで歩く勇気が無かったので、降り始める前に広河原バス停に到着することを決定。

急いで後片付けをし、濡れているテント撤収。だんだんと明るくなるので、ヘッドライトがなくても忘れ物がないかの確認ができました。昨日知り合った方の小屋での朝食が5時と聞いていたので、挨拶をしようと小屋に行きました。小屋内は朝食をとる人で大混雑でとても見つけることができず挨拶はあきらめました。残念。

ちょっと薄暗い午前5時頃、出発。出発してしばらく歩いているときれいなブロッケンが。昨日はうっすら見えたブロッケンが今朝はかなりハッキリ。自分の動きをまねするのが面白いですね。

尾根に出ると北岳、仙丈ヶ岳も見えます。このまま北岳山頂に着くまで見え続けてくれと、普段は信じてない神様にお願いしながら北岳を目指します。しばらく歩いていると周りは真っ白。北岳山頂も真っ白。北岳肩の小屋も真っ白。小太郎尾根分岐位から雲が晴れてきます。

時間に余裕があるので、当初のコースとは全く異なる草すべり、白根御池小屋経由で下山することにしました。

このコースが思ったよりずっと続く急傾斜の上に、木根、石段、階段がそれぞれ段差が大きく下山時にヒザに響きます。もちろん登山時にこのコースだったら音を上げそう。某老人ツアーの団体がこのコースを上がってきましたが、みなさん無事に登られたのだろうかと心配しながら、感心もしてしまいます。

初めてのコースで時間も想像がつかず急いで下山したので午前9時30分頃広河原バス停前到着。北岳肩の小屋で広河原発12時45分のバスを目指していましたが、途中でそれより1本前の10時20分のバスに乗れるかもと急いだ結果もありますが。

逆に早すぎたか。バスの発見窓口に行こうとすると、タクシーの案内人がタクシーに乗れますよと、声をかけてくれます。お願いしますと答えると、よし最後の一人が決まったのですぐに出発しますとの答え。ラッキー。下山してバスを待たず、しかもゆったり座れて芦安まで行くことができました。これでバス代より50円高いだけとは。

残念なのは、芦安温泉とはいいながら、日帰りで利用できそうな看板を出した温泉が見当たらないこと。Yahoo!ナビに聞いても、日帰り温泉の検索が一時的にできないようだし。なんとかナビで出てきたかまなし温泉へ。
コース状況/
危険箇所等
崩落やコース階段が壊れるなど危険ヶ所はありません。
・八本歯ノコル
 沢の脇を登りだんだん急になるので大変になったなという印象より穏やかな登山道を歩いているうちに、いつの間にか急傾斜斜面を登るようになったので急傾斜のイメージは強くありません。八本歯ノコル付近は梯子付近は急傾斜なのですが、ごまかされて急な気が薄れました。
・草スベリ
 帰りに利用しました。階段が多い石ころが多い急傾斜を上る道で、登りで無くて良かった。某呂個団体が高齢者登山で登りで利用していましたが、私は登りにも使いたくない急傾斜登山道でした。
・トラバース道
 写真などで岩場にへばりつくような道が映っているので覚悟していたのですが、道幅が広く、手すりも階段も完備されているので危険ではありませんでした。さすがに写真の岩に張り付く道に到着した時は覚悟しましたが、八ヶ岳の権現だけ付近の岩場より遙かに安全でした。
・北岳山荘吊尾根分岐
尾根道は景色が良く歩きやすいと思っていましたが、移動するだけならばトラバース道の方が高低差がなく歩きやすかったです。GPS軌跡にも出てますが、尾根道とトラバース道は近いところでつながっているので、そこでルートを替えると歩きやすいかも。実際私は道を選んでました。
・芦安から白根御池小屋
思ったより傾斜が急で、道にある根が歩きにくい位置にあに歩きにくかったです。登りに使用しなくて良かった。
その他周辺情報「かまなしの湯」
山梨県甲斐市西八幡4268-6
055-276-1151
市外者大人800円。

レジャー温泉施設を期待していましたが、芦安温泉にはその手の温泉が見当たらないので、中央高速道路昭和ICに行く途中にある「かまなしの湯」を訪れました。
甲斐市が運営しているような少しくたびれた建物、温泉施設。
運動公園に隣接しているので、運動公園で汗をかいた人が利用するための施設かもしれません。
泉質は鉄分が多いためか深赤緑色でした。
つぎは利用しないかもしれません。
パンフレットを見ると管理者は山梨交通株式会社。とても民間の施設には見えませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 調理用食材 ストーブ ガスカートリッジ コッヘル 保温ポット ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ 救急セット 双眼鏡 ポール テント グランドシート シェラフ シュラフカバー タープ チェーンアイゼン サンダル
備考 サンダルは又を指で挟むビーサンではなく、指全体を包み込むサンダルの方が岩だらけの山肌を歩く時に指を痛めない。

枕がなくて寝にくかったが、サンダル着替えなどを枕にすれば良かった。

写真

最後の一台となり満車。
ラッキー。
2016年08月19日 05:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の一台となり満車。
ラッキー。
第三駐車場の隣がバス停でした。
2016年08月19日 05:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三駐車場の隣がバス停でした。
広河原のバス停
2016年08月19日 06:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原のバス停
バス停前のチケット売り場がある建物
2016年08月19日 06:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停前のチケット売り場がある建物
チケット売り場窓口
2016年08月19日 06:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チケット売り場窓口
西に進みゲートを通り抜けて北岳へ
2016年08月19日 06:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西に進みゲートを通り抜けて北岳へ
どうも天気が良くなさそうな・・・
2016年08月19日 06:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうも天気が良くなさそうな・・・
皆さんの写真に出る吊り橋を渡ります
2016年08月19日 06:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さんの写真に出る吊り橋を渡ります
こんな登山道をしばらくはバスで降りた人たちと、人が見える程度の間隔で登ります。
2016年08月19日 06:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな登山道をしばらくはバスで降りた人たちと、人が見える程度の間隔で登ります。
昨夜までの雨で水量豊富
2016年08月19日 06:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜までの雨で水量豊富
本日1回目の休憩地
2016年08月19日 06:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日1回目の休憩地
道を水が流れてます
2016年08月19日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を水が流れてます
きれいな水
2016年08月19日 07:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな水
手すりもしっかりしているで安心です
2016年08月19日 07:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手すりもしっかりしているで安心です
1
花が美しい
2016年08月19日 07:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が美しい
急傾斜ではないので歩きやすい
2016年08月19日 07:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急傾斜ではないので歩きやすい
石がちになります
2016年08月19日 07:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石がちになります
1
沢沿いなので、まわりは花が続きます
2016年08月19日 08:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いなので、まわりは花が続きます
行く手は雲の中。晴れていれば直射日光の直撃を受けるので雲さんありがとう。
2016年08月19日 08:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手は雲の中。晴れていれば直射日光の直撃を受けるので雲さんありがとう。
生まれて始めてみる雪渓。泥だらけですね。
2016年08月19日 08:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生まれて始めてみる雪渓。泥だらけですね。
だんだん傾斜が急になります。
2016年08月19日 09:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん傾斜が急になります。
下界も雲の中か
2016年08月19日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界も雲の中か
なにげに歩いていると、コースの下だったようです。
2016年08月19日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにげに歩いていると、コースの下だったようです。
北岳の大絶壁がもう少しで見えそう
2016年08月19日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の大絶壁がもう少しで見えそう
嫌いな階段が登場し始めます
2016年08月19日 09:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嫌いな階段が登場し始めます
さらに階段が。安心して捕まれる手すりがついているのが親切。
2016年08月19日 09:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに階段が。安心して捕まれる手すりがついているのが親切。
雲がとれそうでとれません
2016年08月19日 09:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がとれそうでとれません
やっとトラバースの入口到着。ちょっと休憩。時間に余裕があるので、一瞬北岳山頂を目指そうかと。
2016年08月19日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとトラバースの入口到着。ちょっと休憩。時間に余裕があるので、一瞬北岳山頂を目指そうかと。
岩肌を横切るトラバースの道は写真では怖そうですが
2016年08月19日 10:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌を横切るトラバースの道は写真では怖そうですが
1
歩くところはこんな感じで、高所恐怖症の私は足下以外の下を見ないようにしているのと、霧で見えないので怖くありませんでした。
2016年08月19日 10:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩くところはこんな感じで、高所恐怖症の私は足下以外の下を見ないようにしているのと、霧で見えないので怖くありませんでした。
道沿いは花だらけ。
2016年08月19日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道沿いは花だらけ。
晴れていれば美しそう
2016年08月19日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば美しそう
こんなヤツも。たぶんトリカブト。この青がきれいです。
2016年08月19日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなヤツも。たぶんトリカブト。この青がきれいです。
小動物のうんちが登山道にと思っていたら、何かの幼虫でした。3cm位有り大きい。
2016年08月19日 10:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小動物のうんちが登山道にと思っていたら、何かの幼虫でした。3cm位有り大きい。
尾根道への分岐。すぐ傍が尾根道なので、景色を期待して尾根道をとります。
2016年08月19日 11:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道への分岐。すぐ傍が尾根道なので、景色を期待して尾根道をとります。
やはり霧の中
2016年08月19日 11:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり霧の中
時々は景色が見えることがありますが
2016年08月19日 13:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々は景色が見えることがありますが
女王様姿をお現せお
2016年08月19日 13:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女王様姿をお現せお
雲がとれそうでとれません
2016年08月19日 13:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がとれそうでとれません
北岳小屋が見える瞬間が
2016年08月19日 13:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳小屋が見える瞬間が
テントを張り北岳へ
2016年08月19日 13:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張り北岳へ
北岳山頂です。
高さで日本第二位の山頂の三角点は一等三角点ではなく、三等三角点でした。
2016年08月19日 13:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂です。
高さで日本第二位の山頂の三角点は一等三角点ではなく、三等三角点でした。
時々、山頂にも陽が当たります
2016年08月19日 13:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々、山頂にも陽が当たります
行きに写真を撮るのを忘れていたので、南から北岳山頂への道はこんな感じ
2016年08月19日 13:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに写真を撮るのを忘れていたので、南から北岳山頂への道はこんな感じ
雲がとれては
2016年08月19日 14:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がとれては
雲の中に
2016年08月19日 14:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中に
陽が差したり
2016年08月19日 17:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が差したり
今回の目的の一つ。
わが家と富士山の写真が撮れました
2016年08月19日 17:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目的の一つ。
わが家と富士山の写真が撮れました
4
雲だらけだったので期待してなかったのですが、富士山登場
2016年08月19日 17:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲だらけだったので期待してなかったのですが、富士山登場
1
テントから富士山を見るためみんな出てきます
2016年08月19日 17:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントから富士山を見るためみんな出てきます
2
どんどん雲がとれてきます
2016年08月19日 17:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん雲がとれてきます
1
ブロッケンが出たのですが薄い!!
2016年08月19日 17:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケンが出たのですが薄い!!
1
日帰り登山では、このような夕陽の景色を見ることはできません。テント泊で嬉しい瞬間。
2016年08月19日 18:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日帰り登山では、このような夕陽の景色を見ることはできません。テント泊で嬉しい瞬間。
赤冨士ならぬ、赤北。
2016年08月19日 18:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤冨士ならぬ、赤北。
1
美しいのでもう一枚
2016年08月19日 18:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいのでもう一枚
1
どこを見ても美しい。写真をとにかく撮りまくり
2016年08月19日 18:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこを見ても美しい。写真をとにかく撮りまくり
富士山が見えるところでテントを張れる幸せ
2016年08月19日 18:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えるところでテントを張れる幸せ
1
夕方にはほぼ満月が登場
2016年08月19日 19:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方にはほぼ満月が登場
1
翌朝も朝はオリオン座が見えるほど晴れていたのですが、だんだんと霧が
2016年08月20日 05:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝も朝はオリオン座が見えるほど晴れていたのですが、だんだんと霧が
ブロッケンがハッキリ
2016年08月20日 05:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケンがハッキリ
3
雲がどんどん出てきます
2016年08月20日 05:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がどんどん出てきます
朝日も美しい
2016年08月20日 05:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日も美しい
仙丈ヶ岳が美しく登場
2016年08月20日 05:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳が美しく登場
1
どんどん雲に覆われ始めます
2016年08月20日 05:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん雲に覆われ始めます
北岳山頂に着くまで雲さん登場しないで待ってくれ〜
2016年08月20日 05:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂に着くまで雲さん登場しないで待ってくれ〜
花畑にも朝日が
2016年08月20日 05:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花畑にも朝日が
遠くの山には美しいが怪しい雲が
2016年08月20日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くの山には美しいが怪しい雲が
昨日登頂した北岳山頂。すでに周りの景色は見えません。
2016年08月20日 06:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日登頂した北岳山頂。すでに周りの景色は見えません。
雨の前に広河原到着するためにサッサと下山開始
2016年08月20日 06:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の前に広河原到着するためにサッサと下山開始
小屋についても雲の中。標高3000m。標高3000m以上に約一日滞在。
2016年08月20日 06:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋についても雲の中。標高3000m。標高3000m以上に約一日滞在。
高度が下がりやっと雲が切れてきました。
2016年08月20日 06:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が下がりやっと雲が切れてきました。
雲が消えれば美しい
2016年08月20日 06:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が消えれば美しい
甲斐駒ヶ岳が美しい
2016年08月20日 06:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳が美しい
柔らかそうな斜面です
2016年08月20日 06:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柔らかそうな斜面です
草原の登山道のように見える割には急傾斜
2016年08月20日 06:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原の登山道のように見える割には急傾斜
草すべりを選んでみました
2016年08月20日 07:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりを選んでみました
草では滑りそうもありませんが急傾斜に階段が
2016年08月20日 07:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草では滑りそうもありませんが急傾斜に階段が
ゴロゴロ石があるのに急傾斜
2016年08月20日 07:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ石があるのに急傾斜
上から白根御池が見え始めてから到着まで、じっくり降りなくてはならず思いの外時間がかかりました
2016年08月20日 07:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から白根御池が見え始めてから到着まで、じっくり降りなくてはならず思いの外時間がかかりました
きれいな白根御池小屋。昼には昼食がとれるようです。
2016年08月20日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな白根御池小屋。昼には昼食がとれるようです。
下るかと思っていたらしばらくは少し登ったり下ったりを繰り返し、下山したいのに・・・
2016年08月20日 08:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るかと思っていたらしばらくは少し登ったり下ったりを繰り返し、下山したいのに・・・
シダがきれいに群生
2016年08月20日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダがきれいに群生
雨がぱらついてきて、湿った岩の上に不注意に乗ると滑ります
2016年08月20日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨がぱらついてきて、湿った岩の上に不注意に乗ると滑ります
この一段一段を跨ぐのが辛くなってきます
2016年08月20日 09:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この一段一段を跨ぐのが辛くなってきます
わざと道を水路にしているんでしょうか
2016年08月20日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わざと道を水路にしているんでしょうか
こんな標識があったんですね
2016年08月20日 09:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな標識があったんですね
やっと下山完了
2016年08月20日 09:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと下山完了
この吊り橋を渡るとバス停です
2016年08月20日 09:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この吊り橋を渡るとバス停です

感想/記録

初3000m級の山、高山病の虞れ、初高地テント泊で覚悟してました。
結論はマァ結果オーライ。

自分の靴下からの臭い匂いに悩まされた前回から反省で、今回は下着と靴下の着替えを持参。長袖Tシャツは前回に引き続きMont-bellだけでしたが、今回は予備にpatagoniaのキャブリーンを持参。1日目と2日目に着替えました。個人的には、キャブリーンの下着の方が汗を吸い、早く乾燥してくれるので匂いもせずべたべたもせずで好みだとわかりました。

また、今回は交換用靴下に交換したおかげでテント内で靴下の臭いに悩まされることはありませんでした。ただし、長袖シャツやアンダーパンツも汗だくだったので、シュラフの内側から攻めてくる高校運動部内の汗臭さは存在しました。撲滅するには、シャワーを浴びることができないので、下着交換しかないでしょうか。

さらにテント設営後に付近を歩くために愛用のビーチサンダルを持参。ビーチサンダルでは足の親指が石に当たったり、踏ん張りが利かないのでよれたりして安定しませんでした。次回からは指をカバーするようなサンダルを用意します。

また今までは作業ズボンだけでしたが、初めて登山用パンツを購入したので使用しました。薄くて、パンツにジッパーが付いてるので車のキーやスマートフォンを落とさない安心感が素晴らしい。やはり専用製品だと納得。

昔は気にかまわない枕が必要なことを痛感。枕を持って行くのはばかばかしいので、次回からはサンダルや着替えなどを枕にしようと思いました。

歩きながら時々ハイパーベンチレーションをしたり、水分補給を続けていたつもりでしたが、テントを張りながら若干の頭痛が。更に寝る時にも若干の頭痛が。数回のハイパーベンチレーションをおこなうことで、しばらくすると頭痛が無くなりました。やはり軽い高山病だったのでしょうか。

夜中はズット強風が吹き続き、テントは揺られっぱなし。テント強度がわからず一晩中飛ばされる恐怖で安心して眠れませんでした。思っていたよりテントは丈夫なもので周囲のテントも全く問題ありません。思っていたより風に強いんですね。

初日の夕方と二日目の早朝共にたぶん生まれて初めて山でブロッケンを見ることができました。
訪問者数:373人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/25
投稿数: 913
2016/8/22 12:07
 行こうと狙ってます。。
pancho2さん レコ興味深く拝見させていただきました、とても具体的で、参考になります、ありがとうございます。

8月23・24日で、北岳山荘宿泊で行く予定でしたが、この台風で中止にします
テント担いで登る勇気が無いので、、、。

機会を狙っていきますので、参考にさせていただきます。。
でわ、、また、レコ楽しみにしてます

muttyann
登録日: 2016/1/8
投稿数: 20
2016/8/23 20:59
 Re: 行こうと狙ってます。。
muttyannさん、こんにちは。

相変わらず精力的に山歩きなさってますね。

山行きの参考になったようで、うれしいお知らせありがとうございます。

夏は暑いので涼しそうな標高2000m以上のところを一泊以上したいのですが、なかなか天気が安定しませんね。今回もむりやり一泊しましたが・・・。

お互い事故にならないよう、山歩きを楽しみたいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ