ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945375 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿の神崎川支流、赤坂谷を遡行、ツメカリ谷・神崎川本流下りに大満足!

日程 2016年08月20日(土) [日帰り]
メンバー AngelOchan(CL), その他メンバー7人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 滋賀県永源寺町杠葉尾、神崎川出合の林道入り口に駐車場所あり。入り口にチェーンのかかった林道を約40分歩いて仙香谷出合(正確には赤坂谷は仙香谷の右俣)近くの下り口を使って入渓します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間47分
休憩
1時間49分
合計
10時間36分
Sスタート地点05:5506:43仙香谷入渓地点(林道)07:0010:02二股10:2211:09赤坂谷を離れた地点11:2612:18飯場跡12:2012:39ツメカリ谷到達点12:5513:53神崎川本流合流点14:1015:15堰堤15:3516:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 山の会沢登り愛好者8名で鈴鹿の赤坂谷〜ツメカリ谷〜神崎川本流を踏破してきました。林道を歩いた後、まず神崎川から仙香谷に入ります。仙香谷も手ごろな滝が次々と現れる楽しい沢です。仙香谷の二股の右側の谷が赤坂谷と呼ばれ、ナメが続くので「関西の赤木沢」と呼ばれています。
 下りは尾根をひとつ乗り越してツメカリ谷に入り、それを下って神崎川本流へ出ます。さらに本流を堰堤まで下って林道への道を取り、林道を下って駐車場所に戻ります。
コース状況/
危険箇所等
ザイルを出すような箇所はありませんが、赤坂谷から尾根を乗り越えてツメカリ谷に入るのに少し読図力が必要です。GPSがあれば便利です。 
その他周辺情報永源寺の近くの八風の湯がありますが、1500円と高いので、三重県側に越えて菰野町のアクアイグニス片岡温泉(600円)に入り、近くの自然薯料理の茶茶で夕食を食べて帰阪しました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

二段の美しい滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段の美しい滝
美しい連続する滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい連続する滝
淵の中に集合
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淵の中に集合
「関西の赤木沢」の雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「関西の赤木沢」の雰囲気
ナメでお遊び
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメでお遊び
1
連続するナメを歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連続するナメを歩く
滝に打たれて邪念払い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝に打たれて邪念払い
ツメカリ谷の滝を飛び降りて下る(1)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツメカリ谷の滝を飛び降りて下る(1)
飛び降りて下る(2)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び降りて下る(2)
1
飛び降りて下る(3)、少し下から飛び降りる人も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び降りて下る(3)、少し下から飛び降りる人も
エメラルドグリーンの広く明るい神崎川本流を泳いで下る(1)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エメラルドグリーンの広く明るい神崎川本流を泳いで下る(1)
泳いで下る(2)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泳いで下る(2)
1
滑り落ちて下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り落ちて下る
美しいS字淵、最高の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいS字淵、最高の景色
流れに身を任せる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れに身を任せる
泳いで下る(3)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泳いで下る(3)
1

感想/記録

 とにかく盛りだくさんで達成感の強い沢登りでした。仙香谷・赤坂谷は泳いで取りつく淵の多い楽しい沢登り、赤坂谷のナメはとても綺麗で童心に返って楽しく遊びました。ツメカリ谷への乗越しは少し分かりにくいですが、方向さえ間違えなければ大丈夫です。
 下りはツメカリ谷はジャンプでドボンして下るのがベストの滝が五つほどあります。神崎川の下りも泳ぐ箇所が多いのでライフジャケットがあると安心です。私たちもライフジャケットのないメンバーは泳ぎ疲れていました。この日はヒルの被害にあまり遭いませんでしたが、油断禁物です。
 全員、達成感抜群の大満足の山行でした。 
訪問者数:200人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/12
投稿数: 5
2016/8/23 11:13
 ハーネス必要?
これやりたいんですが、ハーネス、ロープ、スリング等のクライミングなものはないです。必要ですか?
登録日: 2016/2/14
投稿数: 1
2016/8/23 22:08
 Re: ハーネス必要?
villaさん、ご質問ありがとうございます。
沢登りですのでハーネス、ロープ(20〜30m)、カラビナ、スリング、ヘルメットは必要だと思います。初級の岩登り技術と中級の体力、泳げることも必要ですね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

乗越 GPS 山行 ザイル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ