ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945713 全員に公開 ハイキング鳥海山

鳥海山 ♪ 矢島口〜展望を求めに登ってケガをして、、、反省の山行となりました

日程 2016年08月20日(土) [日帰り]
メンバー nabeharu
天候曇り、時々晴れ、時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【駐車場】
祓川の無料駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
1時間28分
合計
6時間11分
S祓川駐車場06:2507:11賽の河原07:43御田07:5108:24七ツ釜避難小屋09:00康新道分岐09:13三角錐ケルンポイント09:4210:02北尾根岩壁ポイント10:3810:55三角錐ケルンポイント11:06康新道分岐11:25七ツ釜避難小屋11:55御田12:1012:36祓川駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
康新道の北尾根岩壁の展望ポイントまで登りました。このルートは断崖絶壁付近を歩く箇所もありますので注意が必要と思います。

他、特に危険な箇所はありませんが、下りで転倒してケガをしてしまいました。下山時は足元に十分注意して歩く事の重要性等々、改めて考えさせられました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 山シャツ 長袖インナー ウインドシェル パンツ サポートタイツ ショートパンツ 靴下 グローブ 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 朝ご飯 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス マフラータオル ツェルト ナイフ カメラ ミラーレス一眼レフカメラ ストック 帽子ネット 防虫スプレー

写真

日の出前、東の空
2016年08月20日 04:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前、東の空
4
山頂には雲がかかり
2016年08月20日 04:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には雲がかかり
1
焼けていますが、相変わらず雲の中
2016年08月20日 05:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼けていますが、相変わらず雲の中
11
昇りました
2016年08月20日 05:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昇りました
7
さっき一瞬見えてましたが、また雲の中
2016年08月20日 06:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき一瞬見えてましたが、また雲の中
2
稲倉岳は極上級のスッキリ具合!

出発します
2016年08月20日 06:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲倉岳は極上級のスッキリ具合!

出発します
6
朝日に照らされるエゾオヤマリンドウ
2016年08月20日 06:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に照らされるエゾオヤマリンドウ
8
竜ヶ原湿原、振り返って
2016年08月20日 06:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ原湿原、振り返って
2
祓川神社
2016年08月20日 06:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祓川神社
1
一登りして、海側は最高!
2016年08月20日 06:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一登りして、海側は最高!
4
男鹿半島見えてます!
2016年08月20日 06:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男鹿半島見えてます!
9
風が吹いてますが、見上げると気持ち良い空
2016年08月20日 06:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が吹いてますが、見上げると気持ち良い空
ダケカンバの中を行きます
2016年08月20日 07:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの中を行きます
10
進む先は雲が流れて
2016年08月20日 07:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進む先は雲が流れて
賽の河原を登って行きます
2016年08月20日 07:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原を登って行きます
1
カラマツソウ
2016年08月20日 07:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツソウ
3
う〜ん、東から雲が
2016年08月20日 07:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜ん、東から雲が
1
ウゴアザミ
2016年08月20日 07:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウゴアザミ
2
乗り上げて木道
2016年08月20日 07:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗り上げて木道
1
これは何だろう?
2016年08月20日 07:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何だろう?
2
御田に到着
2016年08月20日 07:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田に到着
1
シラネニンジンかな?かなり散っていますが、ピーク時はさぞ素晴らしかった事でしょう
2016年08月20日 07:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネニンジンかな?かなり散っていますが、ピーク時はさぞ素晴らしかった事でしょう
2
行きます
2016年08月20日 07:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きます
1
シラネニンジン
2016年08月20日 07:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネニンジン
5
振り返って

大好きな景観(^_^)
2016年08月20日 07:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って

大好きな景観(^_^)
7
もう一登りして振り返り
2016年08月20日 08:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一登りして振り返り
6
たまに見せる青空に期待させられてしまいます
2016年08月20日 08:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに見せる青空に期待させられてしまいます
1
海側は素晴らしい展望
2016年08月20日 08:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海側は素晴らしい展望
3
弧を描く海岸の先に男鹿半島
2016年08月20日 08:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弧を描く海岸の先に男鹿半島
4
祓川ヒュッテまでスッキリ見えます
2016年08月20日 08:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祓川ヒュッテまでスッキリ見えます
7
ミヤマアキノキリンソウ
2016年08月20日 08:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
2
あぁ、晴れててほしい
2016年08月20日 08:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あぁ、晴れててほしい
康ケルン
2016年08月20日 08:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
康ケルン
2
猿倉方面
2016年08月20日 08:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉方面
2
雪解け箇所にアオノツガザクラが
2016年08月20日 08:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解け箇所にアオノツガザクラが
3
ヒナザクラもちょっとだけ
2016年08月20日 08:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナザクラもちょっとだけ
11
雪渓、今にも崩れそう
2016年08月20日 08:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓、今にも崩れそう
4
イワイチョウ
2016年08月20日 08:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
9
チョウカイアザミ、何とか頑張ってます
2016年08月20日 08:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウカイアザミ、何とか頑張ってます
3
ヤマハハコUPで
2016年08月20日 08:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコUPで
1
ダイモンジソウも終盤
2016年08月20日 08:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウも終盤
7
康新道分岐着
2016年08月20日 09:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
康新道分岐着
1
大雪路方面には雲が立ち込め
2016年08月20日 09:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪路方面には雲が立ち込め
ミヤマリンドウ
2016年08月20日 09:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
7
康新道へ向かいます
2016年08月20日 09:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
康新道へ向かいます
1
オトギリソウ
2016年08月20日 09:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウ
3
まだ青空だったのに!
2016年08月20日 09:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ青空だったのに!
1
三角錐ケルンに到着
2016年08月20日 09:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角錐ケルンに到着
5
雲が多くなって来ました
2016年08月20日 09:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が多くなって来ました
1
山頂も見えず
2016年08月20日 09:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂も見えず
稲倉岳はまだ見えてる
2016年08月20日 09:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲倉岳はまだ見えてる
2
風を除けて朝ごはんを食べて

とりあえず最終目的地の北尾根岩壁の展望ポイントまで行きましょう
2016年08月20日 09:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風を除けて朝ごはんを食べて

とりあえず最終目的地の北尾根岩壁の展望ポイントまで行きましょう
1
何とか晴れてて〜
2016年08月20日 09:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか晴れてて〜
2
願いも虚しく雨が降り始めて、、、
2016年08月20日 10:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
願いも虚しく雨が降り始めて、、、
中島台と稲倉岳に光が差すはずもなく、、、
2016年08月20日 10:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中島台と稲倉岳に光が差すはずもなく、、、
4
ゴリラ岩と命名
2016年08月20日 10:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴリラ岩と命名
8
稲倉岳とゴリラ岩
2016年08月20日 10:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲倉岳とゴリラ岩
5
御浜の方は何とか晴れてるのかな?
2016年08月20日 10:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御浜の方は何とか晴れてるのかな?
1
海側も雲がかかってイマイチ
2016年08月20日 10:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海側も雲がかかってイマイチ
2
雨水をたたえたフスマ
2016年08月20日 10:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨水をたたえたフスマ
4
何とか咲いててくれました
2016年08月20日 10:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか咲いててくれました
11
見納めですね
2016年08月20日 10:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見納めですね
13
山頂はより一層見えなくなり
2016年08月20日 10:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はより一層見えなくなり
戻りましょう
2016年08月20日 10:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻りましょう
弱い雨の中を下って行きます
2016年08月20日 10:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弱い雨の中を下って行きます
三角錐ケルン
2016年08月20日 10:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角錐ケルン
山頂の展望はまた今度
2016年08月20日 10:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の展望はまた今度
雲の下に祓川ヒュッテ
2016年08月20日 10:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の下に祓川ヒュッテ
2
行きます
2016年08月20日 11:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きます
分岐を過ぎて七ツ釜の滝付近は水ナシ
2016年08月20日 11:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を過ぎて七ツ釜の滝付近は水ナシ
2
七ツ釜の避難小屋と、遠くに祓川ヒュッテ
2016年08月20日 11:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜の避難小屋と、遠くに祓川ヒュッテ
3
康ケルン通過
2016年08月20日 11:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
康ケルン通過
御田まであと少し

この直後に転倒、、、
2016年08月20日 11:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田まであと少し

この直後に転倒、、、
3
何とか下山
2016年08月20日 12:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか下山
3

感想/記録

鳥海山の矢島口から康新道の北尾根岩壁の展望ポイントまで登って来ました。

コース状況の欄にも書きましたが、今回、下山時にケガをしてしまいました。右側頭部と右肩を岩に強打、右側頭部からは出血、、、



台風が太平洋側に接近する週末。東北はどの山もその影響を受けて天気はイマイチの予報でした。唯一、鳥海山だけが土曜日は風は強いものの晴れ、日曜日はいくらか悪い予報。

ちょっと遠出をしたい気持ちはありましたが、土曜日の鳥海山一択しかありません。

この状況から、矢島口から康新道を進んで北尾根岩壁の展望ポイントからの中島台と稲倉岳、日本海を見に登る事に。日の出前に祓川に到着しました。

東の空にはやはり雲が多めにかかり岩手山あたりも見る事は出来ませんでした。御来光を拝みながら鳥海山に目をやりますが、雲が絶え間なく山頂にかかり、、、出発前に一瞬顔を出しましたが、その後はずっと雲の中でした。それにしても風が強いなぁ。。。

今日は中島台と稲倉岳の展望!と割り切って出発します。


空気は澄んでいます。日本海側は男鹿半島が綺麗に見えていました。賽の河原や御田を過ぎて分岐を康新道へ。いつもの三角錐のケルンのところに着いたら東からより一層怪しい雲が、、、周りにもガスが立ち込め始めて。

時間によって切れるだろうと予定通り最終目的地に向かいますが雨が降り始めて、、、撥水性のあるウインドシェルとザックカバーをつけて先に進みます。

大好きな展望ポイントに到着。中島台や稲倉岳は見えてます。光が差す事を期待して、まだ咲いていたチョウカイフスマを撮りながら待ちますが、中島台にガスが下り始めて。

今日はここまでと下山開始。


こんな天気ですが山頂に向かう人、引き返して来る人様々。雨はそれほどではなかったようで、下山しているうちに落ち着いて来ました。

そして、七ツ釜を過ぎて御田の見える急坂を下って、もう直ぐで到着と言う時でした。



踏み出した右足の一歩までは覚えていますが、その後はスローモーションになるでもなく、どうにかしなければ、、、と言う間もなく前のめりに転げ(たはず、、)ゴッ!と言う鈍い音がして、、、

気付いた時には倒れていて、右側頭部に痛みを感じたので手をやると出血していて。すぐマフラータオルでおさえて巻きました。

何が起きたのかわからず、、、すぐ後ろを下っていた方に「大丈夫か?」と声をかけて頂き。

頭以外は大丈夫そう。足もフラフラしていなかったので、まずは御田まで下りました。

御田では先を歩いていた方々にも声をかけて頂いて。看護師だと言う女性に「しっかり縛って止血した方がいい」と言われて締め直し。顔に血がついてるとの事でウェットティッシュをもらって拭いたりして気持ちを落ち着かせました。

「頭だから下山したら病院に行った方がいいよ」と言って頂き。他の方には絆創膏も頂き。本当にありがとうこざいましたm(__)m

いざ落ち着くと、どうやら右肩にも違和感がある事がわかり。ただし、歩くのには支障はないみたい。出血はどうやら酷くはないようでクラクラするほどではなく。

とりあえず無理のない範囲で下山を続けて祓川に着きました。


帰宅後、救急を受診してレントゲンを撮り。骨には異常無し。ただし裂けているとの事でホチキス4本を打ち込まれ。月曜日に再受診となりました。



今まで、ちょっとした打ち身や切り傷はありましたが、出血(一瞬としてなら流血か、、)したのは始めてでした。人間の体の何ともろい事よ、、、

何より、気をつけなければいけない下山時の転倒と言う事でちょっとショックです。

今までもヒヤッとした事はありましたが、これが「ヒヤッ」で終わるのと実際に起きてしまうのとでは大違いですね、、、


今回、特に急いでいた訳ではありませんでした。けど、起きてしまった。

あの坂はそこそこ急ですが、写真を見返してみると斜度的には緩くなっている箇所のようです。ただし、足場は岩主体の道。最後の一歩は岩に置いたと思います。岩が崩れたとか足を挫いた訳ではなかったはず(たぶん、、、記憶が曖昧なのです)

たぶん置いた足が滑ったのだと思いますが、右側頭部と右肩が同時に当たったかどちらかが先だったか。

他には右膝付近に切り傷、ザックカバーとザックがちょっと破けてしまいました。たぶん一回転で止まったのだと思います。ザックカバーとザックは点で破けていたので、背中も岩に当たっていたかも。。。


今にして思えば、無意識の安易な一歩だったと思います。体調も登っていてダルい違和感がありました。転げた瞬間の記憶が曖昧なので貧血を再発したのか、、、

滑ったかも、、と言う理由の一つにソールの状態が悪かった事も挙げられます。メインで履いていた靴のソールはかなりくたびれていて、お盆前の山行で剥がれ始めの兆候があり貼り替えに出した矢先でした。

なので、今回は二番手の靴でしたが、こちらもかなり減っていました。角のグリップは効くはずもない状態。とすれば、濡れてもいない普通の岩で滑った原因には十分なると思われ、、、

他にはトレッキングポールもメインのゴムキャップを前回の山行で無くしてしまい、今回、使い慣れていない二番手だったと言うのもあります。


なぜ?なぜ?と考えながらの祓川への下山でした。



今回は本当に運が良かったと思います。頭から出血して体は今もバキバキですが、幸いにも大事には至りませんでしたが、一歩間違えば大事故。打ち所がもっと悪ければ命に関わる事になっていたかもしれません。

山は本当に危険な場所であり、心構え、体調、装備は十分すぎるほどに整える必要があるのだと痛感しました。

今こうしていつも通りにレコを書けている事がありがたいです。

体調が万全になるまで、靴のソールが貼り替えられて戻って来るまで、山は少しお休みします。


無事に帰って来れて良かった。今回は色々考えさせられた苦い山行となりました。
訪問者数:303人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/24
投稿数: 580
2016/8/22 18:57
 タイコは大丈夫?
大変でしたね。
御田の上は結構急だったと記憶してます。
想像するとゾッとします。

安易な一歩、自分もあります。
傾斜が緩いところが多いのですが、
アレッて思った次の瞬間バランスを崩し登山道脇に
倒れ込んだりします。浮き石に乗ったわけでもなく、
なんなんでしょう?
自分の場合は、下山時、足に疲労が来てるのを感覚的に
掴めてないせいだと思ってますが・・・。

肩もやってしまったとのこと、タイコの方は大丈夫ですか?
お大事にしてください。
登録日: 2013/11/17
投稿数: 238
2016/8/23 0:14
 Re: タイコは大丈夫?
todohLXさん、こんばんは(^_^)

コメントありがとうございますm(__)m

お気遣い頂き、重ね重ねありがとうございますm(__)m

今日の検査で脳の方も異常ない事がわかり安心しました。

肩は腕を上げようとすると違和感がありますが数日すれば大丈夫だと思います。タイコの方にも支障なさそうです。

切れた側頭部がまだズキッとしますが、一週間後には留め金(ホチキス?)は取れるようです。

御田の上はおっしゃる通り急坂です。写真では斜度はなくなった最下部のようですが、とは言え普通の登山道よりは急で岩ゴロの不安定な箇所、、、

だから、転んだのではなく一回転したのだと思います。感覚的にはダイブしたような感じだったはず(*_*)

そんな箇所での安易な一歩は本当に気をつけたいと思った次第です。明らかなミスが思い浮かばないので尚更、、、

今回、転げただけで簡単にケガをしてしまった事からも、いかにいつものヒヤリハットが危険な事なのかがわかりました。

十分に注意したいと思います。todohさんも安全登山を!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ