ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946058 全員に公開 キャンプ等、その他大峰山脈

関西屈指の難コース 夏の双門ルートに今年もチャレンジ 

日程 2016年08月20日(土) 〜 2016年08月21日(日)
メンバー Rila, その他メンバー2人
天候20日:曇り後晴れ
21日:曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間54分
休憩
42分
合計
9時間36分
S熊渡04:5305:19金引尾根・弥山川分岐05:2205:25金引橋05:34釜滝06:39吊橋08:19仙人瑤離謄薀08:3712:32河原小屋12:5314:29狼平避難小屋
2日目
山行
2時間14分
休憩
2分
合計
2時間16分
狼平避難小屋08:5009:07高崎横手09:23ナベの耳09:43カナビキ尾根分岐09:4410:41金引橋10:43金引尾根・弥山川分岐10:4411:06熊渡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地図には記されていますが、このルートはある程度以上の経験・知力・体力・判断力など必要です。
今回、山行の中で我々の他に双門コースの経験者がいない初めて同志で入ったパーティもおられました。濡れた岩の対応やルーファイ能力含めて安易ではありませんので、熟練者の同行が必要なルートと言えると思います。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

なぬ??
川合から309号線通行止め!!
どうしよう・・・
2016年08月20日 04:02撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぬ??
川合から309号線通行止め!!
どうしよう・・・
よーく見たら、迂回路ありました。
これで予定より30分遅れる。
2016年08月20日 04:01撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よーく見たら、迂回路ありました。
これで予定より30分遅れる。
ようやく熊渡に到着。
難ルートにチャレンジ2名を案内するため、まだ暗いうちからのスタートです。
しっかり登山届を書いて提出し出発。
2016年08月20日 04:52撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく熊渡に到着。
難ルートにチャレンジ2名を案内するため、まだ暗いうちからのスタートです。
しっかり登山届を書いて提出し出発。
2
長い林道を歩き終えて、夜明けを迎える。
下りはここを降りてくる。
2016年08月20日 05:23撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道を歩き終えて、夜明けを迎える。
下りはここを降りてくる。
白川八丁
「この下に弥山川は流れているんですよ」
案内をしながらエスコート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川八丁
「この下に弥山川は流れているんですよ」
案内をしながらエスコート。
3
ガマ滝を見てガレ場の登り。
早速ここは落石の危険を伴います。
2016年08月20日 05:48撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガマ滝を見てガレ場の登り。
早速ここは落石の危険を伴います。
ここは傾斜は大したことないですが、今日は湿度が高い!
濡れた岩に注意しながら鎖場をこなす。
2016年08月20日 05:58撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは傾斜は大したことないですが、今日は湿度が高い!
濡れた岩に注意しながら鎖場をこなす。
1
錆びてグラグラする鉄柵。
鎖が備え付けられていました。
2016年08月20日 06:05撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錆びてグラグラする鉄柵。
鎖が備え付けられていました。
第1の渡渉
本日は水量少ないですが、油断は禁物。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1の渡渉
本日は水量少ないですが、油断は禁物。
2
後続のパーティも後に続きます。
2016年08月20日 06:33撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続のパーティも後に続きます。
最初の難所。
へつりながら登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の難所。
へつりながら登ります。
4
こうやって見ると高度感ありますね。
2016年08月20日 06:44撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうやって見ると高度感ありますね。
2
慎重に慎重に足場を選ぶ。
みんな運動神経と基礎体力あるのは確信していますので、ここは難なくクリアー。
2016年08月20日 06:46撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に慎重に足場を選ぶ。
みんな運動神経と基礎体力あるのは確信していますので、ここは難なくクリアー。
3
そろそろテンションが上がってきた頃でではないでしょうか(笑)
2016年08月20日 06:52撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろテンションが上がってきた頃でではないでしょうか(笑)
1
双門ルートへようこそ!
これからはだかる険しく楽しいルートをご案内します。
2016年08月20日 06:52撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双門ルートへようこそ!
これからはだかる険しく楽しいルートをご案内します。
2
一の滝
個人的にこの滝が一番好きです。
ものすごく自然を感じる滝です。
相方はこの滝を右から巻くのかと心配していました(笑)
2016年08月20日 07:03撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝
個人的にこの滝が一番好きです。
ものすごく自然を感じる滝です。
相方はこの滝を右から巻くのかと心配していました(笑)
4
吊り橋を渡りレッツゴー!
2016年08月20日 07:08撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡りレッツゴー!
1
次のポイントに向けて頑張って登ります!
2016年08月20日 07:32撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のポイントに向けて頑張って登ります!
スタートから3時間半強。
偉大なる日本の滝100選、双門の滝を見ていただきました。
2016年08月20日 08:33撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから3時間半強。
偉大なる日本の滝100選、双門の滝を見ていただきました。
3
そこから始まる
2016年08月20日 08:42撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから始まる
連続した梯子!
効率良く標高を上げますが、湿度高い本日はどんどん体力を奪います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連続した梯子!
効率良く標高を上げますが、湿度高い本日はどんどん体力を奪います。
4
おや?
晴れてきたやん!
この辺りから空気が乾燥してきました♪
2016年08月20日 09:13撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おや?
晴れてきたやん!
この辺りから空気が乾燥してきました♪
3
谷から上がるうごめく水蒸気。
2016年08月20日 09:16撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷から上がるうごめく水蒸気。
1
どんどん行きましょう!
何度も汗をぬぐい目標に向けて一歩を踏み出します。
2016年08月20日 09:20撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん行きましょう!
何度も汗をぬぐい目標に向けて一歩を踏み出します。
河原小屋跡です。
ここは何度見ても自然の猛威を目の当たりに感じられます。
この先はビールだけを生きがいに登ります(笑)
2016年08月20日 12:30撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原小屋跡です。
ここは何度見ても自然の猛威を目の当たりに感じられます。
この先はビールだけを生きがいに登ります(笑)
3
オーバーハングのはしごに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーバーハングのはしごに。
4
空中回廊。
双門ルートのクライマックスです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空中回廊。
双門ルートのクライマックスです。
3
最後のフィナーレに差し掛かり・・・
2016年08月20日 14:17撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のフィナーレに差し掛かり・・・
やったぜ!!
本日の最終目標地である狼平避難小屋。

本日の仲間は、山飲みがメインの仲間(笑)
持ち寄ったビール・ウィスキー・焼酎をそれぞれ楽しみ、それぞれの奮闘を称えました。
2016年08月20日 14:44撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったぜ!!
本日の最終目標地である狼平避難小屋。

本日の仲間は、山飲みがメインの仲間(笑)
持ち寄ったビール・ウィスキー・焼酎をそれぞれ楽しみ、それぞれの奮闘を称えました。
3
仮眠しても、夜中に起きたら即宴会!
これが、この仲間達と最大の魅力!(^^)!
お酒は一緒にいる人によって大きく味は変わります。
もちろん最高のお酒を交わし、夜が更けていきました。
2016年08月20日 23:55撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仮眠しても、夜中に起きたら即宴会!
これが、この仲間達と最大の魅力!(^^)!
お酒は一緒にいる人によって大きく味は変わります。
もちろん最高のお酒を交わし、夜が更けていきました。
3
昨夜は避難小屋の二階を貸し切りさせていただきました。
2016年08月21日 07:21撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜は避難小屋の二階を貸し切りさせていただきました。
2
本当に管理して頂いている方に感謝です。
掃除をして帰るのはせめてものマナー。
2016年08月21日 07:59撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に管理して頂いている方に感謝です。
掃除をして帰るのはせめてものマナー。
4
狼平小屋です。
2016年08月21日 08:43撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平小屋です。
一晩お世話になりました。
「来たときよりも美しく」
登山者にいつまでも愛される小屋でいることを願います。
2016年08月21日 08:51撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一晩お世話になりました。
「来たときよりも美しく」
登山者にいつまでも愛される小屋でいることを願います。
4
帰りは苔のお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは苔のお出迎え。
爽快なハイキング道を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快なハイキング道を歩く。
1
ここの分岐だけ注意して下さいね!
金引橋方面に行けば熊渡に降りれます。
2016年08月21日 09:43撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの分岐だけ注意して下さいね!
金引橋方面に行けば熊渡に降りれます。
1
足の短い可愛い犬も元気に登山してました!
将来は誰も一緒に登ってくれなくなったら、犬と山に登ろう・・・
2016年08月21日 09:50撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足の短い可愛い犬も元気に登山してました!
将来は誰も一緒に登ってくれなくなったら、犬と山に登ろう・・・
3
登りは長いが、このコースで降りたらあっちゅー間の下山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りは長いが、このコースで降りたらあっちゅー間の下山道です。
ゴール!!
この後、壮絶な出来事が待ち構えていました。
皆さん、絶対に熊渡の橋から弥山川への飛び込みはしてはいけません。
2016年08月21日 11:05撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール!!
この後、壮絶な出来事が待ち構えていました。
皆さん、絶対に熊渡の橋から弥山川への飛び込みはしてはいけません。
3

感想/記録
by Rila

毎年恒例化している双門ルート。
今年もチャレンジできました。
何度行っても、このルートは楽しくそして険しい。
それを知っているから、自分の体力の維持・向上を試すために夏に行きます。

頭に巻いたタオルや着ているシャツは汗でビチョビチョ( ;∀;)
そこまでしても一年に一度は訪れたい場所です。
今回は友人を2名、双門ルートの魅力を案内できたと思います。

今回は狼平小屋を利用させていただき、快適な夜を過ごさせていただきました。
管理いただいている方に感謝です。
訪問者数:339人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/11
投稿数: 1102
2016/8/22 23:02
 とんぼ返り
Rilaさん、こんばんは!
へつりのところで下まで水来てますね、あそこまで水が来てると足場が限られてくるので大変だったと思います、お疲れさまです!ところで泊りだと八経まで行きたくなると思うんだけど・・・って思いましたがRilaさん滋賀だったですよね?温泉入って帰るには良い時間だった訳ですね。プチ遠征お疲れさま。
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/8/22 23:14
 Re: とんぼ返り
akirasさん
こんばんわ。メッセージありがとうございました。
今回、弥山川は水量少ないと思っていましたが・・・
多かったのかな??
↓これをベースに少ないと書きました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-838780.html

今回はピークハントでなく、「ザ・酒盛り!」をテーマに(笑)
狼平での宴会を楽しみに企画させていただきました。
温泉も良かったんですが、今回は熊渡の川でクールダウンして帰るつもりが、いろいろ事件がありまして下山後が一番大変でした。
登録日: 2015/5/16
投稿数: 33
2016/8/23 9:14
 避難小屋ではありがとうございました。
4人組で来ていたものです。
当初の予定では八経ヶ岳まで行き明星が岳周りで帰る予定でした。
でも、想像以上に険しく危険個所はロープを出して確保してあげて何とか避難小屋まで行きました。
一人がバテバテで変更することは決めていたのですが、何しろ初めて踏み入れるコース。コースタイムの予測ができなかったのが大きかったですね。ネットや地図のコースタイムはあてにならんですね。
このまま上がって行者トンネルまで行って確実に降りる方がいいのか?コースは知らないけど、教えてもらった予定通りのコースがいいのか悩んでいました。
でも、ハイキングコースだと聞いて、よし、こっちにしようと決断できました。ありがとうございます。あっちからでもよかったのですが、たぶんこっちのほうが楽だったと思います。助かりました。
まあ、でもみんな楽しんでいたのですけどね、僕の心配をよそに。一番バテていた人ですら、又行きたいかも?なんていわれましたし。
登録日: 2012/7/29
投稿数: 724
2016/8/23 12:26
 水遊び
Rilaさん、こんにちは
土曜日の双門ルート前半部は本当に蒸し暑かったですね。
皆さんが水遊びしながら休憩しているのを見てええなぁーと思いながら後ろを通過していきました。結局後半は全部水遊びにしちゃいましたが
またお会いしましょう。
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/8/23 13:26
 Re: 避難小屋ではありがとうございました。
こんにちは。
無事に下山されたようで良かったです。
僕の個人的な主観ですが、僕は経験のあるルートしか人は連れて行かないように心掛けています。
特にこの双門ルートは、数年前にも遭難事件があったこともあり、危険のアンテナを張り巡らせております。
一緒に行く相手の体力や、経験値を知っておくのは勿論、お互いに知り合った仲間でないと不幸にも何かあった時にはリーダーが責任を問われる事になります。
お互いにこれからリーダーの立場になることが多くなると思いますので、これからも安全登山を心掛けて行きましょう。
質の良い登山とは、全員を不安な気持ちにさせないで安全に楽しく下山することにあります。
これからの活躍に期待します。
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/8/23 17:53
 Re: 水遊び
こんにちは。
コメントありがとうございます。
前半で、追い抜い追い抜かれたお二方ですね。
まさか、その方々が『シェー』のお方だとは思っていませんでした(笑)
たまにヤマレコで拝見させて頂き、ルート等を参考にさせていただいています(^^)

沢登りも組み合わせると、あのルートは本当に楽しいですね。
またどこかの山で出会った時は宜しくお願いします。
登録日: 2015/5/16
投稿数: 33
2016/8/23 18:40
 Re[2]: 避難小屋ではありがとうございました。
そうですね、Rila さんも初体験者をお連れしたとのこと、お互い安全には万全にしたいものです。
でも一応、声かけるときに厳しいコースだということをいっているんですよ。なので、ずぶのど素人で全く経験が薄い人ばかりではないですよ。バテていた一人は久々の厳しい登山で体がなまっていたそうですし。
それを聞いていたので、無理しないようにと言っていましたし、僕のザックが110l入るので荷物全部持ってあげました。(もともとそのつもりでした)
それよりもコース内容も日本最難関のうちの一つ西奥以下という想定で行ったのが、だめでしたね。
完全に計算違いでした。でも、最悪、狼平避難小屋で撤退するというのは、出発前に言ってるしそれも計画のうちなので、僕としてはほぼ計画通り内ですね。
厳冬期にアルプスに連れて行った時よりかは安全でしたし。
それよりも、僕が一番不安で心配してヒヤヒヤして見ていたけど、ほかのメンバーの方がケロッと楽しんでいましたね。バテているのに面白かったって言われるし。女性は強しです!
僕も、個人的に面白かったので厳冬期に完全装備で行ってみます。
それと・・・・あまり言いたくないんですがあからさまに女性ばかりに声かけるのはよくないと思いますよ。マナー的に・・・・。
登録日: 2015/2/11
投稿数: 1102
2016/8/23 22:19
 Re[2]: とんぼ返り
Rilaさん、返信ありがとうございます。
釜滝の水がちょろちょろが少なめでしょうか。水の幅が5〜60僂らいの帯状になってたら結構多めかと、今回がそうですよね。一度釜滝の水が前に飛び出している物凄い勢いの時がありました!まさしく水量多すぎ、渡渉個所も半端ないです!その時はうちの子が全身ハマったので帰りました、ヤレヤレでした。白川八丁全部川でした!
ピークハントばかりじゃなくって、酒盛りのんびりハイクも良いですね!
下山後って・・・もしかして誰か溺れてました?あそこは夏場水難事故多いみたいです。タクシーのおっちゃんにも言われました「絶対飛び込んだらあかんで!」と。そもそもあの高さは私には無理です。
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/8/25 2:02
 Re[3]: とんぼ返り
akirasさん
こんばんわ。深残業でヘロヘロなりながら書いてます(笑)
白川八丁が全部川って相当水量多いことが伺えますね!
それは引き返して正解と思います。僕もその時点であきらめます。

今回のメンバーは大切な大切な山飲み友達なんですよ。
なのでピークハントよりも、じっくり決めたルートを登り目的地でのビールや酒盛りを楽しむグループです♪最初の出会いのきっかけは僕が比良でナンパしました(笑)

下山後の話はご察しの通り、橋から飛び込んだ拍子に溺れて気を失い、生死を彷徨う見知らぬ若者にたまたま遭遇してしまいました。
携帯電話が繋がらない場所なので、僕は119番通報するため懸命に車を運転していました。何せ道が狭くハイシーズンなだけに、救急隊が現地になかなか来れない状況に我々はただただ焦るばかり・・・
若者は奇跡的に、居合わせた仲間の心肺蘇生で一命はとり止めることができました。
本当に良かったと思います。

その反面「夏場水難事故多い」の標識が物語るように、あの高さは絶対に飛び込みはダメです。いろいろと考えさせられる双門ルートの遠征となりました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ