ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946353 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

上高地〜西穂〜ジャンダルム〜奥穂(山荘泊)〜上高地

日程 2016年08月20日(土) 〜 2016年08月21日(日)
メンバー yukiotas
天候晴れ後雨
アクセス
利用交通機関
バス
行き:帝国ホテル前で下車
帰り:上高地バスターミナル
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間27分
休憩
2時間27分
合計
12時間54分
S田代橋05:4505:46西穂高岳登山口05:4707:12焼岳・上高地分岐07:1307:15丸山南分岐(田代橋方面)07:19西穂山荘07:4107:54西穂丸山07:5508:26西穂独標08:3008:49ピラミッドピーク08:5008:58チャンピオンピーク4峰09:0009:25西穂高岳09:3409:45P109:5210:11赤岩岳10:40間ノ岳10:4611:07逆層スラブ11:2711:43天狗岩11:4612:09天狗のコル12:1514:48ジャンダルム15:4116:07ロバの耳16:1716:59馬の背17:0017:46穂高岳18:39穂高岳山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

西穂高岳山頂
2016年08月20日 09:25撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳山頂
西穂から奥穂高岳までは「日本最難関の一般登山道」だが、暗雲が立ち込めていた。雨で岩場が濡れると滑りやすくなりさらに危険になるので、撤退するかしばらく迷ったが、結局進んだ。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/869876666450548/
2016年08月20日 09:26撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂から奥穂高岳までは「日本最難関の一般登山道」だが、暗雲が立ち込めていた。雨で岩場が濡れると滑りやすくなりさらに危険になるので、撤退するかしばらく迷ったが、結局進んだ。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/869876666450548/

感想/記録

※すいませんが、まだ編集中です。写真など詳細は近日中に追記させていただきたいと思います。

「日本最難関の一般登山道」の西穂高〜ジャンダルム〜奥穂高をトライしました。日程的には、初日に奥穂高山荘まで行き、翌日の早朝に西穂へ向かう逆ルートの方が良さそうでしたが、ヤマテンだと二日目の方が天候が悪そうだったので、西穂→奥穂にしました。このルートは一般的には、西穂山荘に前泊する二泊三日の行程ですが、今回は上高地に早朝バスで到着して一泊二日の行程でした。上高地からの標準コースタイム14時間を10時間程で歩いて奥穂高山荘に15時までに到着予定でしたが、西穂高岳以降、雨が降る中何時間も緊張するルートが続き疲労が蓄積したせいか、両足がつり始めて、ほとんど歩けなくなり、本当に死ぬと思いました。岩場で横になり、足のつりが収まるのを待ってから歩き、すぐにまたつりそうになるので休み、を繰り返しました。この状態で、最後の難所(ロバの耳、馬の背)を通過するのは本当に緊張しました。日が沈んだ7時頃奥穂山荘に命からがら到着しました。今まだ生きていているのが不思議なくらい、今回は本当に死に直面しました。2年弱前に山を歩き始めたときにも、道に迷って危険なときがありましたが、今回はその時以上の大失敗で、心より反省しています。無理をするのは本当に止めようと思います。
訪問者数:633人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ