ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946523 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

オールナイト登山【北高尾山稜等】

日程 2016年08月20日(土) 〜 2016年08月21日(日)
メンバー eclat(CL), その他メンバー4人
天候雨後ち曇り(時々晴れ)
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR高尾駅 → 【バス】 → 霊園前バス停
帰り:小仏バス停 → 【バス】 → 小名路バス停 → 【徒歩】 → 京王高尾山口駅(温泉・宴会)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間4分
休憩
2時間7分
合計
9時間11分
S霊園前バス停21:5422:08八王子城跡バス停22:44八王子城山22:4922:52八王子城跡23:0123:20八王子城天守閣跡23:2623:47富士見台23:5623:59杉沢ノ頭(峰ドッケ)00:0100:19高ドッケ00:2100:52板当山01:04板当峠01:1301:23狐塚峠02:13黒ドッケ02:1702:26湯ノ花山02:46大嵐山02:4703:17三本松山03:1803:26関場峠03:3504:14堂所山04:5105:50景信山06:2106:33小下沢分岐06:54景信山登山口06:5807:07小仏バス停07:07ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 大雨直後で滑りやすい。北高尾山稜は,水はけの良い土質なのでぬかるみはないが,粘土質の平らな地面が多く,滑りやすい。
 なお,1名,転倒の際に地面に強く手をつき,左手骨折(橈骨関節部骨折)。
その他周辺情報 京王高尾山口駅前に温泉(極楽湯)あり。開店直後の朝8時台は,客が少なく,とても落ち着ける。温泉も5種類ほどあり,内容が充実している。温泉場内の食事は,午前9時から。閉店は,23時。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 半ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ 熊鈴 着替え

写真

集合場所のJR高尾駅北口改札前
2016年08月20日 21:31撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集合場所のJR高尾駅北口改札前
霊園前バス停から徒歩約15分の所にある八王子城跡
登山道入口
関東有数の心霊スポットとのこと。この日は,日中は大雨で,その後も断続的に雨が降る中であったが,他県ナンバーの車が3台来て,その人たちが肝試しを行っていた。
2016年08月20日 22:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊園前バス停から徒歩約15分の所にある八王子城跡
登山道入口
関東有数の心霊スポットとのこと。この日は,日中は大雨で,その後も断続的に雨が降る中であったが,他県ナンバーの車が3台来て,その人たちが肝試しを行っていた。
堂所山
北高尾山稜の終点
なお,山行中は,夜間で撮影スポットがないこと,断続的な雨等のため,ほとんど写真撮影していない。
2016年08月21日 04:17撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂所山
北高尾山稜の終点
なお,山行中は,夜間で撮影スポットがないこと,断続的な雨等のため,ほとんど写真撮影していない。
日の出直後の陣馬高尾縦走路
2016年08月21日 05:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出直後の陣馬高尾縦走路
景信山山頂から望む関東平野(東京都心方面)
奥多摩,筑波山や横浜の街も見えた。
2016年08月21日 05:55撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景信山山頂から望む関東平野(東京都心方面)
奥多摩,筑波山や横浜の街も見えた。
6
雲海と富士山(景信山西側展望)
2016年08月21日 06:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と富士山(景信山西側展望)
5
小仏城山方面
丹沢の山々も見えた。
2016年08月21日 06:11撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仏城山方面
丹沢の山々も見えた。
3
雲海に沈む相模湖(右側は富士山)
2016年08月21日 06:12撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に沈む相模湖(右側は富士山)
2
小仏城山から高尾山の尾根
2016年08月21日 06:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仏城山から高尾山の尾根
1
京王高尾山口駅前の温泉(極楽湯)
2016年08月21日 08:15撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京王高尾山口駅前の温泉(極楽湯)
3
撮影機材:

感想/記録
by eclat

 今回は,私の所属する日本山岳会から要請があり,私の企画・計画による夜間登山を行った。参加者は,同会会員から私のほか4名(当日2名のキャンセルがあった。)であった。日本山岳会の夜間山行としては初めての実施ということで,今回は,やや健脚でありながらも夜間登山初心者を対象とした内容とし,山域を歩きごたえのある北高尾山稜とした。この北高尾山稜は,2016年5月21日記録のとおり,アップダウンばかりで景色のないストイックなルートである。

 起点となる八王子城跡は,関東有数の心霊スポットとして有名である。私は,心霊現象などというものは全く信じていないので平気であるが,中々不気味な雰囲気はある。登山の準備・説明を行っていると,他県ナンバーの車が3台やって来て,その人たちから,「この先は道(車道)がありますか?」と質問を受けた。しばらくすると,「滝を見に行きたい。」と述べながら八王子神社の方に登っていったが,滝(おそらく「御主殿の滝」)は,逆方向である。我々が八王子神社に到着する頃には,その人たちは,消えたようにいなくなっていた。

 登山開始しばらくは,無風の上大変な蒸し暑さで,大量の汗が出る。その後本降りの雨となったが,富士見台以降は,ほとんど雨は止み,風も出てきて,幾分暑さが緩和された。

 夜間登山に慣れないメンバーは,歩いたことのない北高尾山稜であることと相まって,疲労の度が強かったようである。また,眠気もあり,ペースは上がらなかった。

 ここで,1名,転倒をし,その際,手を強く地面につき,負傷した。翌日通院したところ,骨折(橈骨関節部骨折)と診断。2か月のギプス生活となるとのこと。大雨直後の土道であることもあり,慎重に歩行していたが,ちょっとの油断が生じさせてしまった。

 堂所山以降は,緩やかで気楽な陣馬高尾縦走路に入り,スムーズな歩行を取り戻した。

 さらに,景信山山頂からの景色は,雨上がりであることなどにより,雲海に浮かぶ山々を始め,低山とは思えない幻想的風景を見ることができた。参加メンバーは皆感動していた。企画・計画して良かったと思った瞬間である。

 その後,私の判断で計画(小仏城山まで行く計画部分)を変更し,景信山から最短ルートで下山することとした。下山後,京王線の高尾山口駅まで向かい,同駅前にある温泉(極楽湯)に入った。汗と雨でびしょびしょの体は,一気にさっぱりした。なお,この温泉は,「世界の高尾山」の入口にあるだけあって,下山時間帯は,大変混雑する。今回は,夜間登山であり,開店の朝8時台に向かうことができた。開店間もない時間帯は,大変空いており,ゆったりと温泉を堪能することができた。都合が許せば,是非また朝の温泉を利用したい。

 温泉から出た後は,その施設内の食事処において,朝9時から昼過ぎまで,参加メンバーと「反省会」というの名の宴会で盛り上がった。

 結果的に,今回の日本山岳会としての初の夜間登山は,大変充実したものであった。
訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ