ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946559 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

観音平から赤岳まで

日程 2016年08月20日(土) 〜 2016年08月21日(日)
メンバー MDfreak(CL), その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間55分
休憩
1時間45分
合計
7時間40分
S観音平08:2509:24雲海09:3310:11押手川10:2211:35編笠山11:5012:19青年小屋12:4413:17のろし場13:1813:37西ギボシ13:4313:57東ギボシ14:05権現小屋14:3714:41縦走路分岐14:4314:46権現岳14:4914:51権現小屋15:15旭岳15:45ツルネ15:4616:05キレット小屋
2日目
山行
6時間8分
休憩
1時間11分
合計
7時間19分
キレット小屋から少し進んだ所05:1607:02真教寺尾根分岐07:0407:10竜頭峰07:1207:17赤岳07:3407:41赤岳頂上山荘07:4208:20赤岳天望荘08:2508:30地蔵の頭08:3109:20行者小屋09:4810:32中ノ行者小屋跡10:3311:29美濃戸山荘11:4311:49赤岳山荘12:35八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

盆の山行がボツになり大いに凹んでまして、同じく会の合同山行が中止になって悲観にくれていたLDさんを誘って、盆明けの週末、急遽、八ヶ岳の南側から赤岳を目指しました。
そんな事情があったんで、天気がイマイチそうなのは含み置きつつ、土日のみの週末2日間の山行きであっても今回ばかりは意気込みが違います。

なんとか確保できた松本行夜行バスで早朝に松本着、松本駅から在来線で小淵沢へ、タクシーで観音平へ移動して山行き開始。

歩き出してからしばらくするとポツポツ降ってきまして、その後も降ったり止んだり、晴れ間が見えたり曇ったり。
なもんで、編笠山山頂に至る頃にはガスまみれに加えて雨の調子もそこそこで止む気配はなし。
初八ヶ岳のLDさんには少々キツイ洗礼となったかも。

その後も降ったり止んだりで、稜線上ではガス立ち込め、青年小屋から権現岳に至る途中からは岩稜気味の道行きに移行、本降りになったり小雨になったりの雨中行軍が続く。

権現小屋では購入したソフトドリンクを飲みながら、雨の威勢が緩まるまで少し休憩させていただく。
小屋番さんが親切な方であれこれお話を伺う。

で、しばらくして先に進むんですが、先ずは権現岳のピークを踏んでキレット小屋方面に。

以降も雨の威勢は衰えることなく、そのままキレット小屋に到着。
テントの手続きをして、テン場に移動して場所を選定する。
こちらのテン場は張れる数が10張りほどと聞いていたので、最悪は小屋に素泊まりとなるかとしていたが杞憂でありました。
我々の他に二張あったのみ。
まあ、こんな日に山に分け入り、わざわざテント泊する物好きなんて知れたもの。←ウチラのことですが。

LDさんは初の雨中でのテント設営、雨中テント泊体験となりました。

翌朝、暗いうちから起きだして、見上げてみますと星空が広がっています。
赤岳の稜線もくっきりとうかがえます。
赤岳へ至るまででももってくればなあ、と祈るような気持ちで準備を進めます。
5時過ぎにキレット小屋のテン場を出立、登山道に生え茂る雨に濡れた葉に足元を濡らしつつ登り往きますと、やがて草木は途切れて岩稜の登山道に移行。
濡れていなければなんでもないんですけどね、危うい感じは否めず、ゆっくり慎重に足を上げて登り往きます。

快晴の中、眺望を眺写真を撮りつつ赤岳山頂に至る。
LDさんにとっては初の赤岳山頂でした。

山頂に至る頃よりガスが上がってきたこともあり、
雨中行動はもう堪忍なんで、最短ルートで下山することにします。

けど、ちょっとだけ遠回りということで地蔵尾根を下りますと、展望荘前でブロッケン現象が見やれたり。

行者小屋からは南沢を下って美濃戸山荘へ、美濃戸口の赤岳山荘に至りお終い。

その後、稜線上はガスに覆われたり取れたりで大きな崩れはなかったよう。
若干惜しい気はするものの、そんなもんでしょう。
お風呂に入って、バス待ちの間、生ビールで反省会をば。
訪問者数:279人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ