ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946603 全員に公開 フリークライミング甲信越

カサメリ沢クライミング

日程 2016年08月21日(日) [日帰り]
メンバー kaakakakurotozan
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

モツランドでたぬきとミルクミルク
2016年08月21日 09:25撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モツランドでたぬきとミルクミルク
1
金わら
2016年08月21日 10:02撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金わら
1

感想/記録

先週のリベンジにカサメリへ。
土日で何が何でも金のわらじを落とすつもりでいたが、土曜日は不安定な天候に阻まれて中止。
日曜日日帰りとなった。

しかしながら、前日までの雨。天気予報では曇りとなっているが、山の天気は午前中で雨との予報だったので、ほぼほぼダメ元での突貫だった。

到着してみると自然公園周辺は晴れ間も見えて、希望が湧いてくる。

朝七時半には林道終点の駐車場に到着して先週ですっかり慣れたアプローチに向かった。

駄目ならさっさと降りてボルダーか小川山でも行こうとしていたが、モツランドについてみると、染み出しがあるものの何とか登れそう。

午後には乾くかもしれない等と呑気に構えて、たぬき10aからアップ。続けてミルクミルク10cを触ってから、金のわらじへ向かった。
誰かがヌンチャク掛けしてくれれば、楽だなぁなんて考えていたら誰もいなくて、結局ヌン掛け便を出す。
「すぐテンションかけて温存するから」
と宣言してから離陸したものの、微妙なスラブパートをこなしてレストしていると、もうスラブはやりたくないな。という事が頭に過り、核心パートへ突入。
前回掴んだコツを脳内シミュレーションを繰り返した。
声を出してアンダーカチから持ててないピンチで腰を上げて左手を出すが、届かない。
あ、駄目かと思ったが、何とか腰を上げてパツンパツンになりながら保持して、苦し紛れに、右足をハング下のガバ足に押さえると安定した。
核心を超えてしまったので、行くしか無い。
既に腕はパンパンだが、必死になってヒールすると、ヒールを頼りになんと無くホールドで体を抑えるようにして体を起こしてクリップ。
流石の一便目で、甘いレスト姿勢でも回復が見られる。
そこから右のガバに逃げたい欲求を抑えつつ、中央のラインからハングを越えて、これもガバまで微妙に手が届かないのを必死になって体を上げてガバへ。
ドガバでのレストは数回のシェイクで済ませて、まずはクリップ。
そしてハング下でニーバーでノーハンドレスト。
右手がパンプしていてやばい。

5分くらいモジモジしながらも最後のハング超えで、左のデッドがRPのプレッシャーで怖い。スタで行けないかとレスト地点へ戻りながら探るが、結局デッドで止めて、しっかり左足を送ってマッチするが、それ以降がびしょ濡れ!
シミュレーション通りに縦ガバまで来るが濡れていていつすっぽ抜けてもおかしくなく、しっかりと体を挙げないと右手の奥にあるガバまで届かないので、左手をガバから甘い溝に指をかけるのだけれど濡れてて怖い。
ここで落ちてなるものかと、必死になって殆どデッドの勢いで右手を伸ばすと何とかガバに届いて奇声を上げてトップアウトした。

通算いくつ目かの12aだが、間違いなくこれまでの中で最難であんまり繋げてもう一度できる気がしない。しかし間違いなく三ツ星ルート!

後半は湿度の高さからどんどんと壁は濡れて行って、被った壁でも濡れるようになったので、めんたいこ11bをOSトライするものの、二段目の一手でビビってテンション。後半のガバは濡れていたが、ガバだし9くらいの内容で問題なし。
繋げてみると初手が一番遠いと言う事がわかり、そこからの二、三手にイレブングレードが付いている様子。
二便目は三回ほど初手探りをしたが、一手目のガバをとったら楽勝だった。

以下結果

たぬき5.10a MOS
ミルクミルク5.10c MOS
金のわらじ5.12aマスターRP
めんたいこ5.11b ✕
同 RP

午後からは何処もびしょ濡れ。さっさと帰ったけれど、結局渋滞ハマっていい時間の帰宅だった。

感想/記録

前日にジムで「明日カメサリにいくんですよー」と言って赤っ恥をかいた人間のレコはこちらです。「だってさー、カサメリなんて言葉ないじゃん!」といったら「カメサリだって、ありませんよ」と相変わらずクールなKaakaka君なのでした。

モツランドでたぬきとミルクミルク。ミルクx2は、最後の両手縦ホールドから左手のアンダーをめがけて右手はハンドジャム、左足をクラックに・・・クラックに・・・クッ(ズルッ)という感じで立ち込めずテンション。

そして、Kaakaka君の金わら。ちょっとヌンがけに行ってきます〜と旅立ったかと思ったら、下部スラブパートが終わったところで「やっぱり行っちゃおうかな?」とつぶやいて、ハングで吠えながらぐいぐい登ってしまったのでした。ええもん見せてもらいました。

私は午後におさらいでミルクミルク。岩が染み出しで濡れ濡れで、午前よりはるかに難しくなってて、全然歯が立たず、こちら宿題となりました。

そんなカサメリでした。課題は山積。がんばろう。
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

アプローチ 林道 テン クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ