ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946660 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

奇跡の縦走 旭岳〜トムラウシ

日程 2016年08月18日(木) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー syabin, その他メンバー2人
天候18日くもり 19日くもり 20日雨 
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等、 飛行機
自宅−(電車)−羽田−(ANA)−新千歳−(電車)−札幌−(バス)−旭川−(タクシー)−旭岳温泉(泊)

登山(2泊3日)

トムラウシ温泉−(バス)−新得−(バス)−旭川(泊)−(バス)−札幌−(電車)−新千歳−(飛行機)−羽田−(電車)−自宅
つまり、行き帰りの移動に1日ずつ計2日使用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間21分
休憩
1時間7分
合計
6時間28分
Sスタート地点07:5408:01旭岳キャンプ場08:08山麓駅08:1408:26姿見駅08:2908:46旭岳石室08:5310:25金庫岩10:2910:40大雪山10:5511:25裏旭キャンプ指定地11:2611:58間宮岳分岐12:1512:17荒井岳12:1912:40松田岳12:49北海岳12:5813:46白雲分岐13:4914:22白雲岳避難小屋
2日目
山行
6時間51分
休憩
47分
合計
7時間38分
白雲岳避難小屋05:2006:06高根ヶ原分岐06:1007:49忠別沼08:32忠別岳08:4309:35忠別岳避難小屋分岐09:4910:32五色岳10:4912:17ヒサゴ沼分岐12:1812:58ヒサゴ沼避難小屋
3日目
山行
8時間43分
休憩
1時間7分
合計
9時間50分
ヒサゴ沼避難小屋04:3305:22ヒサゴのコル05:2505:54天沼05:5506:01日本庭園06:0206:46ロックガーデン06:4707:32北沼08:07トムラウシ山08:2508:45南沼キャンプ指定地08:4609:21トムラウシ公園09:3510:10前トム平10:1110:50コマドリ沢出合11:0412:23カムイ天上12:3513:07温泉コース分岐14:12東大雪荘14:1314:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トムラウシの岩の道は歩きにくいが他は特に危険個所はありません。・・・天気が良ければですが。
その他周辺情報登山前は旭岳温泉、登山後はトムラウシ温泉

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール シェラフ 折り畳み傘
共同装備 テント テントマット 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 無線機 ラジオ

写真

羽田沖の海ほたる、北海道に行ってきます。
2016年08月17日 11:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽田沖の海ほたる、北海道に行ってきます。
1
ここから登山開始。大雪山旭岳ロープウェイですがたみ駅まで10分。
2016年08月18日 08:24撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山開始。大雪山旭岳ロープウェイですがたみ駅まで10分。
1
まあまあの天気ということか。
2016年08月18日 08:26撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあまあの天気ということか。
ナナカマドも実をつけています。来月になれば、紅葉の便りも聞こえてくるでしょう。
2016年08月18日 08:38撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドも実をつけています。来月になれば、紅葉の便りも聞こえてくるでしょう。
1
姿見の池、写っているのは旭岳の途中まで。
2016年08月18日 08:53撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見の池、写っているのは旭岳の途中まで。
青空が気持ちいい。でも今回の山行でPLフィルターを使用したのはここだけ。
2016年08月18日 08:55撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が気持ちいい。でも今回の山行でPLフィルターを使用したのはここだけ。
観光地です。
2016年08月18日 08:55撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光地です。
地獄谷、音がシューシューと迫力あります。
2016年08月18日 09:21撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷、音がシューシューと迫力あります。
金庫岩
2016年08月18日 10:36撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金庫岩
山頂はあいにくのガスでした。
2016年08月18日 10:49撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はあいにくのガスでした。
3
北の方が少しガスが薄くなって、比布岳でしょうか。
2016年08月18日 10:54撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の方が少しガスが薄くなって、比布岳でしょうか。
これから向かう稜線。
2016年08月18日 11:04撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線。
道は熊ヶ岳の右側を徐々に高度を上げていきます。
2016年08月18日 11:27撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は熊ヶ岳の右側を徐々に高度を上げていきます。
1
エゾツガザクラ
2016年08月18日 11:31撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾツガザクラ
1
これから行く高根ヶ原のゆったりとした尾根。
2016年08月18日 11:44撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く高根ヶ原のゆったりとした尾根。
間宮岳分岐
2016年08月18日 12:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間宮岳分岐
分岐を過ぎると左側に御鉢平がよく見えます。
2016年08月18日 12:28撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を過ぎると左側に御鉢平がよく見えます。
1
北海岳に向かって進みます。
2016年08月18日 12:49撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳に向かって進みます。
1
北海岳山頂
2016年08月18日 12:58撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳山頂
2
北鎮岳でしょうか。
2016年08月18日 13:02撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎮岳でしょうか。
2
チシマノキンバイソウ
2016年08月18日 13:15撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマノキンバイソウ
なだらかな道が続きます。
2016年08月18日 13:23撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな道が続きます。
エゾコザクラ
2016年08月18日 13:36撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾコザクラ
1
チシマノキンバイソウ
2016年08月18日 13:37撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマノキンバイソウ
白雲岳分岐の手前にある雪渓
2016年08月18日 13:40撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳分岐の手前にある雪渓
キバナシャクナゲ
2016年08月18日 14:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
1
チシマノキンバイソウですが、シナノキンバイと区別がつかない。
2016年08月18日 14:09撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマノキンバイソウですが、シナノキンバイと区別がつかない。
1
チングルマは雪渓の近くではまだ花のものもありますが、この時期になると、ほとんどが綿毛担っています。
2016年08月18日 14:11撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマは雪渓の近くではまだ花のものもありますが、この時期になると、ほとんどが綿毛担っています。
2
白雲岳避難小屋。1泊1000円です。テントも持参していますが、混んでなく、降りそうなので小屋に入れてもらうことにしました。
2016年08月18日 15:11撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋。1泊1000円です。テントも持参していますが、混んでなく、降りそうなので小屋に入れてもらうことにしました。
1
テン場から見るとなかなかのたたずまいです。1日前は台風7号でこの小屋で足止めの方が何人かいらしたようです。
2016年08月18日 16:12撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場から見るとなかなかのたたずまいです。1日前は台風7号でこの小屋で足止めの方が何人かいらしたようです。
2
風が吹くと揺れる小屋だそうです。小さいほうはトイレ。
和風便器2穴。ポッチャントイレですがまあまあ綺麗です。
2016年08月18日 16:15撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が吹くと揺れる小屋だそうです。小さいほうはトイレ。
和風便器2穴。ポッチャントイレですがまあまあ綺麗です。
夕焼け。
2016年08月18日 18:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼け。
1
10分寝坊をしたうえ、出発が予定より20分遅れ。今日は距離が長いぞ。
2016年08月19日 05:22撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分寝坊をしたうえ、出発が予定より20分遅れ。今日は距離が長いぞ。
2
西側はどちらの山かわかりませんが見えました。
2016年08月19日 06:13撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側はどちらの山かわかりませんが見えました。
1
ワタスゲ
2016年08月19日 06:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワタスゲ
コマクサもおしまいです。登山道にも株があり、踏まないように気を付けて歩きます。
2016年08月19日 06:58撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサもおしまいです。登山道にも株があり、踏まないように気を付けて歩きます。
次の目標である忠別岳。
2016年08月19日 07:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目標である忠別岳。
忠別岳の手前の鞍部に忠別沼があります。
2016年08月19日 07:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳の手前の鞍部に忠別沼があります。
振り返って忠別沼。
2016年08月19日 07:49撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って忠別沼。
忠別岳。あいにく展望は山の下側のみ。
2016年08月19日 08:30撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳。あいにく展望は山の下側のみ。
忠別岳山頂を左に曲がって素晴らしく大きなお花畑の中を下ります。
2016年08月19日 08:52撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳山頂を左に曲がって素晴らしく大きなお花畑の中を下ります。
化雲岳近くの湿原です。
2016年08月19日 11:26撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳近くの湿原です。
1
アオノツガザクラ
2016年08月19日 11:27撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
1
化雲を見ながら木道を進みます。
2016年08月19日 11:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲を見ながら木道を進みます。
1
2人が登らないので、一人で化雲岳をカラ荷でピストンします。
2016年08月19日 11:50撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2人が登らないので、一人で化雲岳をカラ荷でピストンします。
1
全くこの辺りは良いところです。
2016年08月19日 12:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全くこの辺りは良いところです。
1
稜線を離れ、ヒサゴ沼避難小屋へ向かいます。
2016年08月19日 12:28撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を離れ、ヒサゴ沼避難小屋へ向かいます。
1
まったくお花畑ばかり。
2016年08月19日 12:37撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まったくお花畑ばかり。
1
エゾツガザクラのピンクは綺麗でした。
2016年08月19日 12:43撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾツガザクラのピンクは綺麗でした。
1
オトギリソウ
2016年08月19日 12:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウ
ヒサゴ沼避難小屋。だいぶ傷んでいますね。
2016年08月19日 12:54撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒサゴ沼避難小屋。だいぶ傷んでいますね。
4
外壁も傷みがあります。
2016年08月19日 12:55撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外壁も傷みがあります。
2
内部の様子。2階へは垂直の階段なので1階の奥に入れてもらいました。
2016年08月19日 12:57撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部の様子。2階へは垂直の階段なので1階の奥に入れてもらいました。
1
内部の様子2、手前のザックは同宿のドイツ人カップルのもの。
携帯がつながらず、ラジオの情報で明日の天気がよくないことを知り、片言の英語でK氏が説明する。どうやら天人峡に降りるようだ。
2016年08月19日 12:57撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部の様子2、手前のザックは同宿のドイツ人カップルのもの。
携帯がつながらず、ラジオの情報で明日の天気がよくないことを知り、片言の英語でK氏が説明する。どうやら天人峡に降りるようだ。
1
水場は近くにありますが、北海道のエキノコックス対策で浄水器を使用。
2016年08月19日 13:45撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は近くにありますが、北海道のエキノコックス対策で浄水器を使用。
2
夕べはピラフのアルファ米だったが、今日は贅沢に角煮丼。
2016年08月19日 16:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕べはピラフのアルファ米だったが、今日は贅沢に角煮丼。
1
向こうの小さな建物がトイレです。ポッチャンです。木の床に四角い穴があるだけです。贅沢は言いませんが、匂いもすごくて、トイレに行ってくると、全身がしばらくトイレの臭い。たまったものは、年一度ヘリで下すそうです。臭いの駄目な人は携帯トイレの方がよいかも。
2016年08月20日 04:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうの小さな建物がトイレです。ポッチャンです。木の床に四角い穴があるだけです。贅沢は言いませんが、匂いもすごくて、トイレに行ってくると、全身がしばらくトイレの臭い。たまったものは、年一度ヘリで下すそうです。臭いの駄目な人は携帯トイレの方がよいかも。
1
天気がどんどん悪くなるようなので、3時半起床、4時半出発です。雪渓を登り、稜線に戻ります。
2016年08月20日 05:03撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がどんどん悪くなるようなので、3時半起床、4時半出発です。雪渓を登り、稜線に戻ります。
1
稜線まで登ります。
2016年08月20日 05:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まで登ります。
日本庭園を行く。
2016年08月20日 05:36撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本庭園を行く。
天沼
2016年08月20日 05:53撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天沼
1
トムラウシのロックガーデン。
2016年08月20日 06:00撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシのロックガーデン。
見渡す限りロック、ロック
2016年08月20日 06:44撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見渡す限りロック、ロック
1
北沼分岐を左に入りトムラウシ最後の登り。
2016年08月20日 07:26撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沼分岐を左に入りトムラウシ最後の登り。
振り返り北沼。
2016年08月20日 07:26撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り北沼。
やっとたどり着いたトムラウシ山頂。小雨で少し風あり。
K氏100名山完登の記念撮影をして下山開始。
2016年08月20日 08:16撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとたどり着いたトムラウシ山頂。小雨で少し風あり。
K氏100名山完登の記念撮影をして下山開始。
5
南沼の分岐。
2016年08月20日 08:46撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沼の分岐。
トムラウシ公園。だんだんと雨が強く降り出し、コマドリ沢が心配で気持ちが焦ってくる。7年前のツアー登山の遭難の悪夢を見ているようだ。
2016年08月20日 09:37撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ公園。だんだんと雨が強く降り出し、コマドリ沢が心配で気持ちが焦ってくる。7年前のツアー登山の遭難の悪夢を見ているようだ。
3
この先の二股がコマドリ沢だ。
2016年08月20日 10:33撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の二股がコマドリ沢だ。
1
渡渉点、普段はほとんど水は流れていないそうだが、濁流となっていた。必死で渡るが、左足をドボンする。
2016年08月20日 10:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉点、普段はほとんど水は流れていないそうだが、濁流となっていた。必死で渡るが、左足をドボンする。
2
尾根に登り返し、尾根道を下るが雨のため道だか沢だかわからないほどの状態となってしまった。途中ですれ違った数組のトムラウシピストンの登山者は無事帰れるだろうか、心配になる。
2016年08月20日 11:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に登り返し、尾根道を下るが雨のため道だか沢だかわからないほどの状態となってしまった。途中ですれ違った数組のトムラウシピストンの登山者は無事帰れるだろうか、心配になる。
3
カムイ天上
2016年08月20日 12:27撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カムイ天上
なんとか登山口に到着。
2016年08月20日 14:12撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか登山口に到着。
3
もはや災害の気配。身の危険を感じる。
2016年08月20日 16:14撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや災害の気配。身の危険を感じる。
6
撮影機材:

感想/記録
by syabin

北海道合宿計画
 クワウンナイ川遡行計画を去年立案し、4月に早割で飛行機を取り、7月に入渓許可を取ったが、台風7号の影響で計画を変更し、旭岳からトムラウシの縦走に直前に切り替えた。学生時代の山の会のK氏の100名山完登記念も兼ね、2名がサポートに回り、最後の99座目と100座目の大雪山とトムラウシを目指す。

北海道大雨に泣く
 私にとっては、40年ぶりの北海道遠征山行であったにも関わらず、北海道の天気は我々を暖かくは迎えてくれなかった。行きの飛行機で台風7号を追い越し、旭岳温泉でやり過ごす。台風一過の北海道を満喫するはずが、前線の影響による大雨で北海道東部を中心に災害が起こるほどの雨。JRも運休となり、スピード下山により逃げるように旭川に向かった。帰りにはトリプル台風にかき回されたが、再び台風をまたいで羽田に到着できた。他の登山者はタイミングにより相当難儀をしていたようだ。
 我々にとっては、ぎりぎりのタイミングで何とか縦走することができる幸運をつかんだ。

旭岳−白雲岳避難小屋
 ロープウエイで楽ちんな登り、旭岳へひと登りすると、あとは登山道もなだらかで広々した風景の中を進む。

白雲岳避難小屋−ヒサゴ沼避難小屋
 熊の心配はあったが、広い尾根を歩く。終わりかけたお花畑と、美しい忠別沼を越え忠別岳へ。山頂東側は切れ落ちている。五色岳へは少し急な登りがあり、直角に曲がって化雲岳へこの辺りは木道も整備され、お花畑の中を進む。ひさご沼へは縦走をを離れ、徐々に下降してゆく。道は歩きにくいが雪渓やエゾコザクラの咲き乱れる道を行く。

ひさご沼避難小屋−トムラウシ温泉
 延々と続くロックガーデンの歩きにくい道を行く、ところどころに池もあり晴れていれば気持ち良い場所だろう。トムラウシは北沼の分岐から登る。やや急だ。下りも南沼の分岐まで急な下り。トムラウシ公園を過ぎてから前トム平まではかなりの登り返しだ。コマドリ沢出会で渡渉し(通常水はないようだが)右岸を少し沢沿いに下り尾根に取り付く。カムイ天上を経てトムラウシ温泉まで長い長い下りだ。

その他
 天人峡温泉は道路がえぐられて通行止めになってしまい孤立、外国人を含む80人が足止めとニュースになっていました。おそらく外国人とはあのドイツ人カップルのことでしょう。はるばる日本にやってきてあの天気では、あまり楽しめなかったのではと気がかりです。
 土砂崩れで帰れなくなることを恐れ、トムラウシ温泉に泊まる予定を取りやめ、その日のバスで新得へ出ることにした。新得から札幌への根室本線もずっと運転見合わせで、旭川行きのバスに乗り旭川のホテルに泊まって翌日札幌へ。この時も電車が運休しており、バスターミナルは混雑していた。なんとか予定を消化できたのは奇跡としか思えない状況であった。
 なお、言い訳になるが、3日目の大雨は予想できず、避難小屋でラジオの天気予報で知った時には、天人峡かトムラウシ温泉へ急いで下山するしか方法がなかった。ヘッドランプなしで行動開始できる時間に出発し、とにかく早くコマドリ沢を渡り下山することばかり考えていました。アプローチの長い山はこうした危険があることをあらめて思い知らされました。
 
訪問者数:700人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/13
投稿数: 226
2016/8/26 17:19
 ぎりぎりでしたね。
初めまして、
同じコースを18日にトムラウシ温泉に下りました。
天候の状況、ぎりぎりで奇跡的にすり抜けましたね。
私は17日に台風7号にヒサゴ沼であい16−17日連泊停滞になりました。
19日に十勝岳の麓まで行きましたが大雨で断念、札幌までバスで移動しましたが途中道路冠水で消防がでて迂回になったり結構ひやひやでした。

でも旭岳から白雲・トムラウシはいい所でしたね。
水場が枯れていない時期に十勝・富良野岳まで縦走したいと思いました。
お疲れ様でした。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 32
2016/8/27 13:53
 Re: ぎりぎりでしたね。
コメントありがとうございます。
55akiraさんのトムラウシが写っている写真を見て、あらためて良い山だなと思いました。できれば自分の目で見たかったところですが・・
 白雲岳避難小屋では、台風7号の影響で連泊した方にお会いしましたが、やはりずいぶんと小屋が揺れたと聞きました。7号の来る前は比較的良い天気だったのですね。ヒサゴ沼にはまだ北大研究室のテントはありましたよ。何かの研究で山に入っているのでしょうね。
 なかなか北海道の山は遠いですが、満開のお花畑や、十勝・富良野岳もぜひ見てみたいと思っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ