ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946990 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 千町尾根コース

日程 2016年08月20日(土) 〜 2016年08月21日(日)
メンバー tma
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
国立乗鞍青少年交流の家=高山駅 高山市のコミュニティーバス「のらマイカー」1日1便 要予約
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間47分
休憩
30分
合計
5時間17分
S畳平バスターミナル11:2011:22雷鳥の碑11:30不消ヶ池分岐(自称)11:3211:35不消ヶ池11:3611:44摩利支天分岐11:52肩の小屋11:5511:58「剣ヶ峰口」12:37朝日岳(乗鞍)12:3812:48蚕玉岳12:53乗鞍岳頂上小屋13:04乗鞍岳13:2714:35皿石原16:37奥千町避難小屋
2日目
山行
5時間18分
休憩
17分
合計
5時間35分
奥千町避難小屋05:2508:18丸黒山08:3510:54独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立乗鞍青少年交流の家11:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
途中の水場は乏しいです。今回は炊事用を含め4Lを持参しました。
山頂から千町尾根へは肩の小屋方向へ少し戻ったところにある大岩の下部から東側斜面へと降りていきます。降り口がわかりにくいです。
ハイマツやササヤブなどでルートがわかりにくいところがありました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池 1/25000地形図(1) ガイド地図(1) コンパス(1) 笛(1) 筆記具(1) ライター(2) ナイフ(1) タオル(1) 携帯電話(1) 雨具(1) 水筒(1) 替え衣料(1) 防寒具(1) シュラフ(1) シュラフカバー(1) ザックカバー(1) 非常食(1)
共同装備 ツェルト(1) マット(1) ガソリンコンロ(1) ガソリンタンク 325ml(1) コッヘル 医薬品 トランシーバ(144/430)(1) ポリタンク(1) ロールペーパー(1) ビニール袋

写真

畳平から出発。
2016年08月20日 11:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畳平から出発。
登山道わきには花が咲いていました
2016年08月20日 11:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道わきには花が咲いていました
3
肩の小屋まで来ました
2016年08月20日 11:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋まで来ました
山頂に到着。これからいよいよ長い下山の始まり
2016年08月20日 13:04撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。これからいよいよ長い下山の始まり
3
誰も歩いていない斜面
2016年08月20日 14:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰も歩いていない斜面
2
乗鞍岳が少し顔をのぞかせた
2016年08月20日 14:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳が少し顔をのぞかせた
2
青空が見えた時も
2016年08月20日 14:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が見えた時も
2
やっと奥千町避難小屋に到着。しっかりしたいい小屋だった。
2016年08月20日 16:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと奥千町避難小屋に到着。しっかりしたいい小屋だった。
3
翌朝朝日の中を出発。
2016年08月21日 05:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝朝日の中を出発。
2
千町ヶ原についた頃にはガスが出てきた
2016年08月21日 06:07撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千町ヶ原についた頃にはガスが出てきた
3
丸黒山に到着。乗鞍岳の展望が良いはずなんだけど。。。
2016年08月21日 08:24撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸黒山に到着。乗鞍岳の展望が良いはずなんだけど。。。
枯松平避難小屋。休憩に良い森の広場
2016年08月21日 09:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯松平避難小屋。休憩に良い森の広場
1
青少年交流の家まで下山
2016年08月21日 10:54撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青少年交流の家まで下山
1
撮影機材:

感想/記録
by tma

乗鞍に行くのに最短の畳平からピストンでは物足りない、もっと面白そうなルートはないかなと探していたら高山側の青少年交流の家からの千町尾根ルートを見つけた。これを下山に使おうと計画した。
畳平のバスを降りるとあいにく山頂付近はガスだったが大勢の人で賑わっていた。山頂まで300m登った後、いよいよ千町尾根へ。降り口がわかりにくく、山頂神社の方に道をお聞きしたら丁寧に教えていただけた。
教えて頂いた道をたどっていよいよ千町尾根へ。最初は乗鞍山頂の岩場を巻くようにして大日岳との鞍部に到着。その後も大岩がゴロゴロするガレ場をトラバース状に下っていった。やがてお花畑に到着すると美しい緑の斜面が広がっていた。やはり誰にも会わず、雄大な景色を独り占め。ただ曇り空で写真に撮るとあんまり綺麗に見えないのは残念。ルートはまるでハイマツの海を進んでいるよう。下山なんで身体的な負担は低いがハイマツなんかのために中々距離は稼げない。15時過ぎ頃から時折ゴロゴロ音が聞こえるようになり、休憩はそこそこに避難小屋へと急ぐ。ついた奥千町避難小屋はログハウス風の素晴らしい小屋で一夜を独り占めになった。
翌朝の早朝は晴れ間も出ていたが、千町ヶ原に着く頃にはガスが出てきた。千町ヶ原から丸黒山の間は登山地図ではササヤブが多く点線になっているところだが、刈り払いはされており通行の支障になるほどのヤブはなかった。
丸森尾根のコルから急登を経て丸森山山頂。山頂は小広い広場となっていた。天気が良ければ乗鞍の眺望が素晴らしいらしいが、あいにくのガスで眺望は望めなかった。ここからは道幅もぐっと広くなりよく踏まれた登山道に変わった。丸森山から下りてくると、草刈機を持って登ってきた方にお会いし、登山道整備のお礼を述べる。本当にありがとうございます。
枯松平避難小屋は広いテラスがありここでゆっくりと休憩。このあと旧道を行くがなだらかな素晴らしいトレイルだった。日影峠への急登を頑張ったら突然林道となった。あとは青少年交流の家までのんびりと降る。バス停では2時間ほどバス待ちのためバーナーでコーヒーを沸かしてのんびりとした時間を過ごした。
訪問者数:429人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ