ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 947118 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

弥山双門コース 撤退

日程 2016年08月20日(土) [日帰り]
メンバー katu_hiro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

上級者じゃないといけないのかと思いました。なんて連絡が来ましたので言っておきます。僕は、ここよりもとんでもない危険なところを何度も行ったことがるから対応できただけの話で、何も知らない経験もない人がいきなり行ったらとんでもないことになりますよ。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録

まえから気になっていた双門コース。
どうせ行くなら、人と行こうと募っていってきました。一応3人集まり4人で現地へ。
他の方の記事や、地図のコースタイムなどを参考に10時間ほどで計画をたてて、遅れれば途中撤退というつもり行きました。
時間をかけて慎重に行けば、何とかなるそう思い行きました。
まあ、自分一人なら全然何とかなったのでしょうけど
何が違うかと言ったら、体力が違う4人が集まったこと、
慎重に行かなければならない。
前日に雨が降ったことにより、岩は濡れていてつるつる滑る。
僕は、時間はたっぷりあるゆっくり行きましょうと声をかける。
ゆっくり行くことは、慎重に行くことに集中ができる。
帰りの時間を気にしないということは、余計なことを考えなくて済む。
とにかく、目の前の困難に集中できる。焦れば事故のもとだ。
このコースは、やっぱりかなりの上級者コースです。
そりゃ、何とかなるって言ったそうかもしれません。
でも、大キレットやジャンダルムだって何とかなる。そういうレベルです。
4回ほどロープ出して確保して突破しました。
使うつもりがなかったロープを使うということは、道がかなり困難だったということです。
まあ、使わなくても行けたかもしれない。
でも、安全に突破するには使わないといけませんでした。濡れた岩を突破するには。
さらに、スピードはかなり遅い。安全に修したので
予定時間を大幅に超える。
ここを日帰りで突破するには、かなり早く歩かなければならない。
でも、早く歩くと安全がおろそかになる。
慣れたベテランならいいけど、このメンバーじゃ無理。
結果、狼平避難小屋で引き返すことに
帰りのルートはハイキングコースすごく楽でした、簡単すぐ帰れます。短時間でいける。
2人は楽しんで喜んで行ってました。たまにロープで助けましたが、もう一人は体力不足で苦戦。
つきっきりで最後まで頑張っていました。
申し訳ないことしたと思ったけど、大変だったけど楽しかったそうです。翌日かなりの筋肉痛になりましたが、楽しかったのでまた行きたいかも・と連絡きました。 ・・・え?まじで?
ここは、深夜3時から挑むべきでしたね。
次は、一人ならいいけど誰かと行くときはそれくらいで計画建てよう。
コースの危険さは、キレット、劔岳、ジャンダルムなどに引けはとりません。
登山道に木々があるかないか、落ちたら死か、けがで済むか、(10メートル落ちるのか、200メートル落ちるのか)の違いだけです。
登山時間が13時間です察してください。西奥が9時間、キレット4時間、ここ、9時間半・・・・。

個人的には・・・・アイスフォール無い、雪崩れない、クレバス無い、ホワイトアウト無い、安全な山です。
訪問者数:863人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/29
投稿数: 728
2016/8/23 12:48
 おつかれさまでした
katu_hiroさん、双門ガイド登山おつかれさまでした。
ここは天候、沢の水位、同行メンバーによってコースタイムが大きく変わるので他人の記録やガイドブックはあてにならないと思います。
土曜日は雨後で木の根が滑りやすかったし、沢の水位も高めで初心者には渡渉が大変だったのではないでしょうか。
私の同行者も1年前は で狼平までの折り返しで12時間かかっていましたが、2回目以降は八経ヶ岳まで行って日帰りしています。体力さえあればあとは慣れですね。
私はこの1年間で6回  何回行っても楽しいルートですわ
登録日: 2014/8/24
投稿数: 224
2016/8/23 16:08
 無事下山がなにより
初めましてmasaike55と申します。
katu_hiroさんのおかげで皆さん核心部を楽しまれたんで良かったですね。登山経験値=事故に対するブレーカー感度だと思っています。感度のいいリーダーに率いられたパーティは一生、感動的な登山を楽しむことができ、そうでないパーティは・・トムラウシや近くの大杉谷でもありました。
仕事の関係上、パーティー組めずいつもソロトレッキングスタイルですがクライミング以外の大概のヤバいルート歩いた感想で双門は最上級です。
下は8才だった3人の子供連れて奥穂-槍行ったり西奥穂、剱、石鎚バリルートetc・・
何より水はコワイ相手だと思います。
AU・docomoの電波状況確認しながら歩きましたが山頂ですら圏外でした。北アはよほど最奥部じゃない限り大概、携帯使えるんじゃないですか。何かあってもレスキュー呼べない。その辺りも含めてヤバいルートかも知れません。
西奥は鎖・ハシゴなくても踏破可能ですが双門はハシゴ、鎖、打ち込み棒ないと踏破は、ほぼほぼ不可能ですよね。
長くなりましたが大峰の偉大な渓谷は関西の誇りだと確信しています。今後も頑張って下さい
登録日: 2015/5/16
投稿数: 33
2016/8/23 16:30
 Re: おつかれさまでした
いやあ、ホントきついコースでした。
年6回行く気持ちわかります。
アルプスの危険なところさんざん行ったけど、こんな近くにこんなコースがあるなんて早く行けばよかったです。噂には聞いていたんだけど、アルプス行くことを優先させてましたから。
完全装備で、厳冬期に行ってみたいですね。
登録日: 2015/5/16
投稿数: 33
2016/8/23 16:38
 Re: 無事下山がなにより
そうでうすね。
とにかく全員無事で降りることを優先してました。
入って、1時間くらいまではユルユル気持ちだったけど、すぐに警戒心は最上級まで引き上げました。でないとここは危ないと思いましたので。
途中で少し後悔しましたもん連れてきたことに!
ロープなどの装備ももう少しグレードを上げて持ってくればいいと思いましたし。
でも、トレラン姿の人にはびっくりしました。
肌露出で登っているときはまじで?って思いました。いろん人がいるものです。僕もまだまだですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ