ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 947223 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

前穂高岳

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー reggaeman(CL), その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 さわやか信州 上高地行き 
復路 路線バス、高速バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間50分
休憩
0分
合計
8時間50分
Sスタート地点06:0014:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
河童橋6時出発 → 登山道入り口6時18分 → 岳沢小屋7時55分 → 岳沢小屋出発8時25分 → カモシカの立場9時10分 → 岳沢パノラマ9時35分 → 雷鳥広場10時13分 → 紀美子平10時35分 → 前穂高岳11時到着 → 下山開始11時35分 → 紀美子平12時05分 → 河童橋14時55分
※休憩時間含む
コース状況/
危険箇所等
往路の路線バス整理券は上高地バスターミナルにて購入可能。登山届は提出が義務付けられました、届は登山案内所にて提出。当日掛け捨ての山岳保険も登山案内所の自動販売機にて手続きできます。

上高地から岳沢小屋  一般的なハイキングコースで子連れ登山やお年寄りの方も多           くいました。危険個所は全くなく安全です。途中の風穴では           天然クーラが味わえます。
岳沢小屋から紀美子平 一般登山道です。危険個所には鎖、はしごが取り付けられて           いるので問題ないと思いますが極度の高所恐怖症のかたは怖           いかと思います。岩場もそれなりに出てくるので落石注意で           す。特に下りは気を抜くと大事故にもなりかねません。
紀美子平から前穂高岳 こちらも一般登山道です。紀美子平から登り始めてすぐのほ           うが傾斜がきついです。少しすると傾斜も緩み登りやすくな           ります。途中垂直のような岩場が現れますが足場、ホールド           豊富で問題ありません。マーキングもたくさんあるので登り           で登山道を見失うことはないと思います。下りでは自然落石           を目撃しました。落石には要注意です。

帰りは上高地バスターミナルより新島々行バス、新島々から電車で松本、松本から高速バスで東京です。

コース全体を通して整備されており道迷いはないと思われますが登山初めての人などは避けたほうがよいかと思います。今年も死者がでているコースです。特に日帰り計画の方は無理をしないで引き帰ることも必要かとおもいます。
その他周辺情報日帰り登山だと時間に余裕がないため河童橋の下を流れる梓川で体を流しました。水温は7度ほどなので普通の方は5秒入ってられないでしょう。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 二度目の重太郎新道でしたが虫が多い印象です。あまり気にならないと思いますが気にする方はご注意ください。

感想/記録

去年は重太郎新道から吊尾根、穂高岳山荘泊 の1泊2日で奥穂へ行ったのですが今年は予定が日帰りでしか立てれず前穂日帰りになりました。天気は紀美子平までピーカンでしたが最後の30分でガスに包まれ前穂からの景色は真っ白でした。
重太郎新道は登山を何回か経験した方ならとくに問題はないかと思います。ザイテングラートより少し難易度は高い気はします。しかしザイテンと違い登り切っても小屋がないので重太郎新道は注意が必要です。前穂高日帰りは1日に10時間ぐらいコースタイム通り歩ける方ならできるかと思います。奥穂日帰りはかなり健脚でないと不可能です。樹林帯から森林限界、岩場など変化に富んでいて充実した日帰り登山ができました。1日休みがあれば夜行日帰りで行けるのでまたいきたいなーと思っています。
訪問者数:24人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ