ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 947277 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

悪沢・赤石・聖岳

日程 2016年08月17日(水) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー tph21, その他メンバー1人
天候早朝(晴れ)日中(ガス)夜(時々雨)の繰り返しでした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑薙から東海フォレストさんのバス
16日はすかすかだったそうですが、17日は7:30便が満席になってしまい、9時便に乗りました。
早く出発したい場合は、バス停に並んでおく必要があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間58分
休憩
12分
合計
6時間10分
S椹島ロッジ10:2710:38滝見橋10:4012:56小石下14:45蕨段15:00見晴岩15:48駒鳥池15:5816:37千枚小屋
2日目
山行
9時間19分
休憩
1時間44分
合計
11時間3分
千枚小屋04:1406:25悪沢岳06:4607:40荒川中岳避難小屋07:4807:56中岳08:06前岳08:0708:23お花畑(荒川前岳南東斜面)08:53荒川小屋09:2910:02大聖寺平10:0511:09小赤石岳11:1611:27赤石岳・小赤石岳間分岐11:2911:51赤石岳11:5312:03赤石岳避難小屋12:1212:15赤石岳13:33百間平14:10百間洞山の家14:2515:17宿泊地
3日目
山行
8時間59分
休憩
47分
合計
9時間46分
宿泊地04:1505:59大沢岳06:0106:09中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)06:29中盛丸山06:3107:31小兎岳07:3208:21兎岳08:2310:43聖岳10:4811:07奥聖岳11:3612:01聖岳12:0412:45小聖岳12:4613:19薊畑分岐13:2013:36聖平小屋分岐13:3714:01聖平小屋
4日目
山行
4時間20分
休憩
0分
合計
4時間20分
聖平小屋分岐04:2206:22乗越06:46造林小屋跡07:05聖沢吊橋08:28牛首峠08:32椹島ロッジ08:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
百間洞から大沢岳への直登(?)ルートは、登りはじめだけ踏み跡が薄目ですが、すぐ森林限界を抜けてわかりやすい道になります。
聖平から聖沢のルートは、崩壊地のトラバースが多いです。
その他周辺情報白樺荘 510円
良いところにありますが、更衣室が狭くシャワー数がそんなに多いわけではないのでバス増便時間帯などは少し混雑します。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ
備考 タオル忘れました

写真

最初の吊り橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の吊り橋
1
木を伐りだした道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木を伐りだした道
1
駒鳥池の説明。この山域は親切な標識が沢山あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒鳥池の説明。この山域は親切な標識が沢山あります。
駒鳥池。コマドリはなかなか見れないらしい。先ほどの標識より。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒鳥池。コマドリはなかなか見れないらしい。先ほどの標識より。
ホソバトリカブト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバトリカブト
新しい千枚小屋。前回来たときはプレハブでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい千枚小屋。前回来たときはプレハブでした。
タカネマツムシソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ
1
悪沢岳山頂から雲海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳山頂から雲海
2
ヒメコゴメグサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメコゴメグサ
ミネウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
オヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
ミソガワソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミソガワソウ
1
人生避難小屋!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人生避難小屋!
2
雷鳥親子。お母さんが道の真ん中でずっと砂浴びをしてるので、なかなか進めませんでした(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥親子。お母さんが道の真ん中でずっと砂浴びをしてるので、なかなか進めませんでした(^^;)
2
明日の縦走路が顔を出してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日の縦走路が顔を出してくれました。
赤石岳の裏に富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳の裏に富士山
日の出に赤く染まる富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出に赤く染まる富士山
1
大沢岳も中盛丸山も手強そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢岳も中盛丸山も手強そう
三日目の目標、聖岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目の目標、聖岳
月に手を伸ばす雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月に手を伸ばす雲
1
大沢岳への最後の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢岳への最後の登り
赤石から日の出
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石から日の出
大沢岳山頂にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢岳山頂にて
2
ミヤマシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシャジン
中盛丸山2807から小兎岳2738の間に一度森林限界まで降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中盛丸山2807から小兎岳2738の間に一度森林限界まで降ります。
兎岳避難小屋の中。補修してくれたそうで、外観の割に中はきれいです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳避難小屋の中。補修してくれたそうで、外観の割に中はきれいです!
シナノオトギリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ
ラジオラリア?
プランクトンの死骸で赤いらしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラジオラリア?
プランクトンの死骸で赤いらしいです。
黒いカタツムリ。
山を楽しむお姉さんに教えてもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒いカタツムリ。
山を楽しむお姉さんに教えてもらいました。
歩いてきた縦走路が見えて感激
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた縦走路が見えて感激
聖岳、ガスってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳、ガスってました。
チングルマのお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマのお花畑
奧聖山頂から下界を眺める雷鳥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奧聖山頂から下界を眺める雷鳥
聖からの下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖からの下山
次回のお楽しみになった上河内岳方面の稜線、すごく良さげ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次回のお楽しみになった上河内岳方面の稜線、すごく良さげ!
聖平小屋が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平小屋が見えました
聖平のお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平のお花畑
ヤマハハコ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ?
トモエシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トモエシオガマ
イブキトラノオ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ
聖平小屋と上河内岳方面の分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平小屋と上河内岳方面の分岐点
聖平小屋への木道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平小屋への木道
フルーツポンチをいただきながら、ヘリの荷降ろしを見学。終わるまでテント張れないので。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フルーツポンチをいただきながら、ヘリの荷降ろしを見学。終わるまでテント張れないので。
聖平へ降りることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平へ降りることにしました。
岩頭滝見台から見える滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩頭滝見台から見える滝
1
崩れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れてます。
立派な吊り橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な吊り橋
発電所の横を通って椹島に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発電所の横を通って椹島に戻りました。

感想/記録
by tph21

去年、畑薙駐車場まで来たのに、台風のせいで送迎バスが運行中止となり泣く泣く引き返した山行のリベンジで戻ってきました。
天気は早朝に景色を眺め、日中はガスの中を涼しく歩き、時々姿を現す山容に足を止め、テントに入った頃に雨が降る、というある意味絶妙なコンディションで南アルプスを楽しめました。
初日の前半は自分が体調不良で初日敗退の危機を感じ、初日後半からは相棒の靴擦れでいつエスケープルートへ逃れるかという危うい山行でしたが、幸い聖岳まで歩くことが出来たので、上河内と茶臼は次回のお楽しみとすることにしました。
一番天候の良かった悪沢岳山頂では聖平から荒川山荘まで1日で歩かれた凄いご夫婦と楽しくお話しでき、他にも蝙蝠岳から回ってこられた方や、聖から三伏峠まで行く方、シラビソ峠からヒルに噛まれながら来られた方など色々なルートを教えていただけたのも今回の楽しみの一つでした。
また赤石から聖はほぼ一本道なので、同じルートを歩く方々と何日もご一緒出来て、友人とバラバラに歩いているような不思議ながら心強い感じも印象的でした。
登って降りての繰り返しですが、荷を軽量化したかいあり(足の早い相棒の不調もあり)その登り降りを楽しむことが出来ました。
椹島のテント場や百間洞のトンカツ、聖平小屋の個室など、次回の楽しみも出来ましたので是非また来たいと思います。
訪問者数:265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/21
投稿数: 5
2016/8/30 19:28
 聖までお疲れさまでした!
覚えていらっしゃるでしょうか?
悪沢岳山頂でお話しさせていただいた夫婦の男の方です
縦走中にたくさんの方と触れ合いましたが、悪沢岳での交流はとても印象に残っています。

今回はリベンジだったのですね〜。
トラブルに合いながらも聖まで無事に縦走出来たみたいで、その達成感は格別なものだったのではないでしょうか

私もたま〜にレコ書いているのでよかったら見て下さい〜。
またどこかのお山で会えたら嬉しいです(*'ω'*)
ではでは。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 2
2016/8/31 0:24
 Re: 聖までお疲れさまでした!
もちろん覚えております。レコも拝見して「あのときのご夫婦だ」とうれしく思っていたのですが、コメントをしたことが無かったのでただ見るだけになっていました。
コメント入れてくださって、ありがとうございます。
あの日の悪沢岳は最高の眺望だった上に、気持ちの良いお二人とお話ができてついつい長居をしてしまいました。
そういう出会いがあったおかげで、今回の山行が一段と思い出深い物になりました。
レコで読みましたが、体調と相談しながらあの行程を歩かれてしまう奥様にも脱帽です。お二人のこれからのヤマレコも楽しみにしています。
ではまたどこかの山で!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ