ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 947295 全員に公開 沢登り増毛・樺戸

恵岱別川〜南暑寒別岳〜南暑寒荘

日程 2016年08月19日(金) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー fukumoto_2013, その他メンバー3人
天候8/19曇り 8/20雨時々雷雨
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
南暑寒荘からタクシーで車を回収した
諭吉が飛んだ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間35分
休憩
0分
合計
8時間35分
S林道終点06:1507:15三段の滝犠緝11:00Co860二股14:50Co1100付近
2日目
山行
4時間50分
休憩
10分
合計
5時間0分
Co1100付近05:3008:00南暑寒別岳08:1010:30南暑寒荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目 曇り
林道終点から踏み跡を辿り入渓。前日よりも水量は減っているが平水よりは多めな感じ。わりと広めの河原を歩いて3段の滝気泙如でかくて迫力がある。3段の滝気榔Υ澆離侫が生えてるところを捲く。滝の上は函状で降りられないので100mほど藪漕ぎ。その後はひたすら河原。黙々と進む。Co530から560二股までは函状。へつりが楽しい。中を泳いだりもする。560二股手前でトイ状の滝。右岸へつってテラスに上がり草付きを捲く。また河原歩き。Co750の釜は中を行く。Co820二股のあとには2段っぽい滝。1段目は階段状を登り、2段目は右岸を捲く。結局この沢で直登した滝はここの1段目だけな気がする。すぐに860二股。ここで泊まるつもりだったが快適テン場ではなかった。時間あるので捲きの様子次第で進むことにし先を見に行ってみる。1つ目の5mの滝は右岸草付きを小さく捲く。次の三段の滝兇榔Υ潺螢奪犬ら簡単に捲けそうだったので先に進む。ただの藪漕ぎ。沢身に降りるとすぐに30m大滝となる。右岸リッジに取り付いてみるが難しそうなのでやめる。手前の右岸ルンゼから取り付き藪漕ぎのトラバース。適当な立木でabし沢に戻る。直後に小さい函があるがへつれる。源頭らしくなり、Co1100過ぎの右岸に泊まる。まあまあ快適なテンバ。夜から雨。
2日目 雨時々雷雨
適当なところから沢を外れ稜線へやぶを漕いで上がる。天気悪いので暑寒はカットし夏道を下りる。たまに雷が鳴る。L1人でびびる。南暑寒荘でタクシー呼んで車を回収。圧倒的散財
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

感想/記録

高捲くところはいずれもただの藪漕ぎなので簡単。捲きに徹するなら難しいところはなく、核心の大滝2つを登らないと面白味は少ないかもしれない。1年班の最終準山レベル。
訪問者数:52人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

藪漕ぎ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ