ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 947451 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳 IN雨の新中ノ湯ルート OUT晴天の上高地

日程 2016年08月23日(火) [日帰り]
メンバー hangpeng2000
天候雨のち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
マイカーでさわんど足湯公園にAM5時過ぎに到着。
マイカーは足湯公園に駐車(24時間で600円)。
タクシーで新中ノ湯コース起点の11号カーブに移動(タクシー代4,300円)。
上高地から沢渡まではアルピコバスで移動(料金1,250円)。
※11号カーブの駐車場は平日のため駐車に余裕あり。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
21分
合計
5時間48分
Sスタート地点05:4008:12焼岳(北峰)08:2009:06中尾峠09:14焼岳展望台09:20焼岳小屋09:3309:49長ハシゴ11:06上高地焼岳登山口11:18田代橋11:28上高地帝国ホテルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新中ノ湯コースは特に危険個所はありませんが、噴気孔のそばを通るので、コースを外れないようにしましょう。
焼岳小屋からの降りは、梯子や鎖場があるので焦らずに下りましょう。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

タクシーで登山口に到着。
11号カーブの駐車場にはまだ余裕があります。
2016年08月23日 05:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーで登山口に到着。
11号カーブの駐車場にはまだ余裕があります。
それでは出発します。
2016年08月23日 05:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは出発します。
雨の中をハイク。
2016年08月23日 06:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中をハイク。
雨が降る中を進みます。
ここまでに下山する人に何人か遭遇。
皆さん、雨なので仕方なく下山するとのことでした。
2016年08月23日 06:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降る中を進みます。
ここまでに下山する人に何人か遭遇。
皆さん、雨なので仕方なく下山するとのことでした。
雨の日の梯子は滑りそうで慎重になります。
2016年08月23日 07:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の日の梯子は滑りそうで慎重になります。
2300m地点。ガスってます。
朝食のおにぎりを1つ食べて進みます。
2016年08月23日 07:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2300m地点。ガスってます。
朝食のおにぎりを1つ食べて進みます。
2
山頂までもう少しです。雨がやみました。
2016年08月23日 07:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少しです。雨がやみました。
2
なんか晴れてきそうです。
2016年08月23日 07:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか晴れてきそうです。
1
稜線に到着。
スッキリはしていませんが立ち入り禁止の南峰。
2016年08月23日 08:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に到着。
スッキリはしていませんが立ち入り禁止の南峰。
3
池も見えました。
2016年08月23日 08:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池も見えました。
噴気孔のそばを通過します。
2016年08月23日 08:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴気孔のそばを通過します。
3
山頂に到着。
まわりはガスってます。
2016年08月23日 08:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
まわりはガスってます。
8
山頂からすぐそばの溶岩ドーム。
2016年08月23日 08:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からすぐそばの溶岩ドーム。
1
焼小屋?
焼岳小屋のことだよね。
2016年08月23日 08:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼小屋?
焼岳小屋のことだよね。
1
焼岳の山腹を降っていきます。
2016年08月23日 08:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳の山腹を降っていきます。
穂高岳方面はチョットだけしか見えません.
2016年08月23日 08:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳方面はチョットだけしか見えません.
2
焼岳の山腹をトラバースして行きます。
2016年08月23日 08:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳の山腹をトラバースして行きます。
焼岳小屋方面。
2016年08月23日 08:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳小屋方面。
3
クマザサの原を進んでいきます。
2016年08月23日 08:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマザサの原を進んでいきます。
中尾温泉方面との分岐。
2016年08月23日 09:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾温泉方面との分岐。
焼岳を振り返ります。
2016年08月23日 09:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳を振り返ります。
眼下に上高地が見えます。
2016年08月23日 09:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に上高地が見えます。
1
焼岳小屋。
2016年08月23日 09:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳小屋。
2
焼岳小屋方面を振り返ると良い天気。
2016年08月23日 09:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳小屋方面を振り返ると良い天気。
3
垂直に近い梯子。
2016年08月23日 09:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂直に近い梯子。
上高地までもう少し。原生林が出迎えてくれます。
2016年08月23日 10:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地までもう少し。原生林が出迎えてくれます。
車道に出ました。
2016年08月23日 11:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出ました。
穂高岳のテッペンは雲の中。
2016年08月23日 11:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳のテッペンは雲の中。
1
撮影機材:

感想/記録

22日の月曜日は台風9号が東日本を直撃し、関東では豪雨となりました。
登山した23日も関東地方は不安定な天候ということでした。
それでも焼岳周辺の予報は、登山向きでしたので、深夜1時30分に自宅を出発。
さわんど足湯公園に到着し、身支度を整え、タクシーに乗車。
運転手さんに新中ノ湯コースで焼岳に登ると伝えると、迷わず11号カーブに案内してくれました。

いよいよ登山を開始しますがガスっぽい感じ。
愛用のブラックダイアモンドのZポールを取り出すが、片方のポールが固着して十分な長さに伸びません。
全力で引き出しますが、ウンともスンとも。
手入れを怠ったことを悔やみます。

少し進むとパラパラと雨が降って来ました。
樹林帯の中であまり気になりませんが、だんだん強くなるので傘をさして進みます。
樹林帯を抜けクマザサ帯になりズボンが濡れるのでカッパを着込みます。

この間、数人の方が下山してきます。
「早いですね。」と声をかけると、雨なので下山するとのこと。
心が折れそうになりますが、天気予報を信じて登山を続けます。

2300m地点で小休止していると、少しガスが晴れてきました。
ヨシと気合を入れなおし、山頂へ向かいます。
山頂の先行者は一組。
山頂からの眺望は望めませんでしたが、雨も止んだので良しとします。

焼岳山頂から焼岳小屋への降りは、山腹を巻いてきますが見晴らしが良いところです。ま〜当日は周辺の山並みはチョットだけよのお預け状態でしたが・・・

次に来たときは、絶景をお願いしますね!
訪問者数:354人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ