ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 947485 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳〜西穂〜奥穂縦走

日程 2016年08月20日(土) 〜 2016年08月22日(月)
メンバー chiba298, その他メンバー2人
天候1日目:晴れ〜曇り(12:00以降)
2日目:晴れ〜曇り(8:00以降)
3日目:晴れ〜曇り(12:00以降)
アクセス
利用交通機関
バス
都内夜発のアルピコが全て満席だったので、大宮発を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間37分
休憩
1時間38分
合計
9時間15分
西穂山荘04:5505:09西穂丸山05:1005:44西穂独標05:5406:16ピラミッドピーク06:1906:28チャンピオンピーク4峰06:3006:57西穂高岳07:1107:23P107:2807:54赤岩岳08:0008:24間ノ岳08:3609:03逆層スラブ09:0409:50天狗岩09:5110:16天狗のコル10:2111:58ジャンダルム12:1812:29ロバの耳12:4113:02馬の背13:0513:25穂高岳13:2814:10穂高岳山荘
3日目
山行
5時間10分
休憩
0分
合計
5時間10分
穂高岳山荘06:0011:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日目は、穂高岳山荘から涸沢経由で降りました。スマホ操作をミスり、徳沢までのログがありません。
コース状況/
危険箇所等
上高地〜焼岳:特にありません。
焼岳山荘〜西穂山荘:
 焼岳山荘側で一部、笹薮の深い区間があります。人にほとんど会いません。
西穂山荘〜穂高岳山荘:
 とにかく浮石が多いです。常に落石の危険があります。
 ルートはしっかりしています。畳岩尾根の頭の先が、一部わかりにくいです。
 斜度はどこも急ですが、ホールドはしっかりしています。
 その中で危険に感じたのは「逆層スラブ上部」「馬の背」の2か所です。
 ですが、落ち着いて進めば問題ないです。
穂高岳山荘〜涸沢〜上高地:特にありません。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

上高地早朝。霧が掛かって清々しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地早朝。霧が掛かって清々しいです。
2
明日のルートが左側に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日のルートが左側に見えます。
1
今日は焼岳へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は焼岳へ。
1
梯子が1箇所あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が1箇所あります。
1
快晴。岩肌と緑が青空に映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴。岩肌と緑が青空に映えます。
2
手前の丘を1つ越えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の丘を1つ越えます。
2
穂高は既に雲の中です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高は既に雲の中です。
1
丘を降りました。あとは登るのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丘を降りました。あとは登るのみ。
1
最後の一登り。硫黄の臭いが強いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の一登り。硫黄の臭いが強いです。
2
岩肌が変色しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌が変色しています。
1
南峰には登れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰には登れません。
2
山頂を後にし、遠くに見える西穂山荘へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を後にし、遠くに見える西穂山荘へ向かいます。
1
焼岳山荘から20分くらいで、笹薮の深い区間がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳山荘から20分くらいで、笹薮の深い区間がありました。
2
西穂山荘。盛況でした。14:00にはテント場の空きも無かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘。盛況でした。14:00にはテント場の空きも無かったです。
2
今日が今回の山行のメイン。日の出前に出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日が今回の山行のメイン。日の出前に出発です。
1
既に、焼岳の上部まで雲海が昇っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に、焼岳の上部まで雲海が昇っています。
2
独標が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標が見えてきました。
1
八ヶ岳方面。遠くに富士。この時間はまだ快晴。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面。遠くに富士。この時間はまだ快晴。
2
独標到着。この先から岩々してきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標到着。この先から岩々してきます。
1
西穂。しかし、どれが西穂なのかいまだに分かりません・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂。しかし、どれが西穂なのかいまだに分かりません・・。
1
このようなルートが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このようなルートが。
2
到着です。左の方は無関係です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着です。左の方は無関係です。
3
ここからです。ガスの掛かり具合が緊張を掻き立てます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからです。ガスの掛かり具合が緊張を掻き立てます。
1
アスレチックのようなルートに、思わず歓声があがります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスレチックのようなルートに、思わず歓声があがります。
3
間ノ岳(のはず)。浮石が多し。遠目にはルートがさっぱりわかりません・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳(のはず)。浮石が多し。遠目にはルートがさっぱりわかりません・・。
2
こちらは天狗の頭。下部に逆層スラブが見えます。ここも、遠目にはルートがさっぱり分かりません・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは天狗の頭。下部に逆層スラブが見えます。ここも、遠目にはルートがさっぱり分かりません・・。
1
ルートのどこを切り取っても、このような登り降り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートのどこを切り取っても、このような登り降り。
3
逆層スラブの取り付きです。このクサリの終点が難しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆層スラブの取り付きです。このクサリの終点が難しいです。
2
天狗の頭、到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の頭、到着。
1
天狗のコルに降ったのち、標高差300mを一気に登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルに降ったのち、標高差300mを一気に登ります。
1
遂に見えました!ジャンです!
ガスってて、逆に雰囲気あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遂に見えました!ジャンです!
ガスってて、逆に雰囲気あります。
2
到着〜。何も見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着〜。何も見えません。
3
これが有名なジャンダルムの天使ですね。遂に会えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが有名なジャンダルムの天使ですね。遂に会えました。
6
奥穂側から振り返ってジャン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂側から振り返ってジャン。
1
ロバの耳の下りです。ここを降り切れば、あとは馬の背のみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳の下りです。ここを降り切れば、あとは馬の背のみ。
3
馬の背、見えました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背、見えました!
3
1パーティが取り付いてます。本当に左右が切れ落ちてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1パーティが取り付いてます。本当に左右が切れ落ちてました。
4
登り切った。緊張しました。あとは奥穂へ向かうのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切った。緊張しました。あとは奥穂へ向かうのみ。
3
山荘です。無事でよかったです。乾杯です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘です。無事でよかったです。乾杯です。
1
3日目も、上高地BTまでは天気が持ちました。涸沢からも、この景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目も、上高地BTまでは天気が持ちました。涸沢からも、この景色。
2

感想/記録

憧れの「西穂奥穂縦走」。
未踏だった焼岳もついでに加えて歩きました。

●1日目:上高地BT〜焼岳〜西穂山荘
5:20上高地着。
あちこちからバスが到着していて、昼のように賑わってます。
焼岳方面に向かう人は、あまりいません。
快晴で、穂高がきれいに見えます。西穂からの稜線を見て、明日の天候を祈ります。
焼岳までは、梯子が一か所あるものの、きついところは無いです。
頂上が近づくと、硫黄の臭いがしてきます。
頂上直下の岩肌は黄色に変色していて、火山であることを再認識します。
焼岳山荘まで戻り、西穂山荘に向かう縦走路へ。
笹薮が深い区間がありますが、ルートには迷わないと思います。
この区間、1人しか登山者に会いませんでした。
西穂山荘に14:00に着きましたが、テント場は既にいっぱいでした。

●2日目:西穂山荘〜西穂〜奥穂〜穂高岳山荘
4:45山荘発。朝は快晴。
雲海が広がり、景色がとても良い。しかし、雲の上がりが速く、8:00頃にはガスに包まれました。
西穂までは登山者多し。その先の縦走路に向かったのは、同時間帯では3パーティ。
ルートは、期待通り岩稜が険しく、迫力があります。浮石多く、とにかく歩行に気を使います。私は1度、落石をしてしまいました・・。ルートの高度感より、浮石のほうによほど緊張しました。
ルート上で緊張した箇所は、「逆層スラブ上部」「馬の背」です。前者は、前夜の雨で岩肌が濡れており、足の置き場が少ないトラバースがあります。後者は、よく言われる通りです。
また、天狗のコルからの登り始めが滑りやすく、奥穂から降ってきた外国人8名のパーティが二人転びました。大事には至りませんでしたが、奥穂から歩く場合には注意してください。
ジャンダルムは完全にガスに包まれてました。残念です・・。
奥穂には13:15頃に到着。ここで一気に達成感と安堵を感じました。無事でよかったです。

●3日目:穂高岳山荘〜涸沢〜上高地BT
6:00山荘発。朝は快晴。
台風が迫っていましたが、降り出す前に下山することができました。

●まとめ
期待通りの達成感でした。興奮より緊張が強かったです。
後半はガスってましたが、景色が見える方がルートの緊張感は低いと思います。
歩き方の拙さが身に沁みました。もう少し危なげなく歩けるようになりたい。
焼岳もとても良かったです。いい山でした。
訪問者数:423人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ