ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 948163 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳

日程 2016年08月25日(木) [日帰り]
メンバー kmatsumo
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
自宅4:00発 → 練馬IC 5:05 → 水上IC 7:10 → 谷川岳ベースプラザ 7:30着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

30年ぶりの登山。自宅を出る際は綺麗な星空も見えたが、渋川付近から雨模様に。ベースプラザでは小雨だったものの、天神平に降り立つと取り敢えず雨は止んでいる。午後から天気は晴れの予報のため期待をもってスタート。
2016年08月25日 08:27撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30年ぶりの登山。自宅を出る際は綺麗な星空も見えたが、渋川付近から雨模様に。ベースプラザでは小雨だったものの、天神平に降り立つと取り敢えず雨は止んでいる。午後から天気は晴れの予報のため期待をもってスタート。
1
やや晴れ間も見える。
2016年08月25日 08:27撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや晴れ間も見える。
1
平日の早い時間かつ、こんな天気のため登山者は非常に少ない。久方ぶりの登山なのでゆっくりの目のペースでスタートしたが、ガスもでてきたため、一人にならないよう自然の前後の方とペースを合わせてしまい、コースタイムより若干ハイペースに。
2016年08月25日 09:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日の早い時間かつ、こんな天気のため登山者は非常に少ない。久方ぶりの登山なのでゆっくりの目のペースでスタートしたが、ガスもでてきたため、一人にならないよう自然の前後の方とペースを合わせてしまい、コースタイムより若干ハイペースに。
1
いよいよ急登(初心者もどきには登り時はかなりの斜度に思えました。下ってみると大したことはなかったのですが)が始まる。濡れて滑りそう。
2016年08月25日 09:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ急登(初心者もどきには登り時はかなりの斜度に思えました。下ってみると大したことはなかったのですが)が始まる。濡れて滑りそう。
1
前後に人がいなくなりペースが掴めなくなる。
2016年08月25日 09:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前後に人がいなくなりペースが掴めなくなる。
1
やっと後ろから追い抜かれる。これまで見かけた人は4~5人。
暫くするとこの方、雨の音が聞こえると折り返して来られ、肩の小屋のご主人?も今日は小屋を閉めると下山されて来られる。熊穴沢避難小屋から行き交った人はこのお二人のみ。ガスで視界も閉ざされる中、かなり不安に。。。ですが、ここまで来て折り返すのはと思い、登山続行(やや無謀)。
2016年08月25日 09:19撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと後ろから追い抜かれる。これまで見かけた人は4~5人。
暫くするとこの方、雨の音が聞こえると折り返して来られ、肩の小屋のご主人?も今日は小屋を閉めると下山されて来られる。熊穴沢避難小屋から行き交った人はこのお二人のみ。ガスで視界も閉ざされる中、かなり不安に。。。ですが、ここまで来て折り返すのはと思い、登山続行(やや無謀)。
ガスと先程の方の「雨音が…」でかなり不安に。
2016年08月25日 09:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスと先程の方の「雨音が…」でかなり不安に。
1
ナナカマド?(植物は詳しくありません(-_-;))
2016年08月25日 09:39撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド?(植物は詳しくありません(-_-;))
1
天神尾根ザンゲ岩を超えたガレ場。先が見えません。
2016年08月25日 10:09撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根ザンゲ岩を超えたガレ場。先が見えません。
野アザミ?ちょっとしおれ気味。もっと色々な花が咲いていると思ったのですが見落としているのか、実際に咲いていなかったのか?
2016年08月25日 10:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野アザミ?ちょっとしおれ気味。もっと色々な花が咲いていると思ったのですが見落としているのか、実際に咲いていなかったのか?
肩の小屋に到着。雨は降っていないものの風が強くなってきました。レインウェアを着て登ったのが災いし、蒸れてかなり汗をかいて途中で脱いでいたのですが、休憩中急速に冷えて再度レインウェアを着こみました。
結果的にかなりハイペースで登ってきてしまいました(これが下りで災いに)。
2016年08月25日 10:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋に到着。雨は降っていないものの風が強くなってきました。レインウェアを着て登ったのが災いし、蒸れてかなり汗をかいて途中で脱いでいたのですが、休憩中急速に冷えて再度レインウェアを着こみました。
結果的にかなりハイペースで登ってきてしまいました(これが下りで災いに)。
トマノ耳到着。本当はパノラマが楽しめる筈が、白一面のためこれで(何と呼ぶのでしょうか)ガマン。
2016年08月25日 10:31撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマノ耳到着。本当はパノラマが楽しめる筈が、白一面のためこれで(何と呼ぶのでしょうか)ガマン。
1
トリカブト?
2016年08月25日 10:34撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト?
1
ガスってます。
2016年08月25日 10:42撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってます。
本来なら眼下にマチガ沢が見える筈なのですが。。。
2016年08月25日 10:42撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来なら眼下にマチガ沢が見える筈なのですが。。。
オキノ耳。
一ノ倉岳まで行く予定だったのですが、眺望が期待できないため、オキノ耳で折り返し。
2016年08月25日 10:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキノ耳。
一ノ倉岳まで行く予定だったのですが、眺望が期待できないため、オキノ耳で折り返し。
2
天神平に戻ってきました。やや天気が回復してきましたね。もう少し遅めに登れば良かったかな。
ハイペースでの登りで膝が痛くなってしまい、下りは結構つらかった。それでもコースタイムよりは早く到着。
途中、天神平・天神峠分岐の手前で、奥様が意識朦朧となっておぶって降りようとされている方がいらっしゃいました。二次被害の危険性があるので留まってもらい、お水を分けてあげて(先に行かせたお子様に荷物を持って行かせてしまったとのこと)少し意識が戻ってきた様子(熱中症?)。先に行き会った下山者の方にレスキューを依頼したとのこと。携帯が通じるところだったので番号を交換して、天神平で状況を連絡することに。膝が痛かったことを忘れ小走りで天神平へ(火事場の何とかか?)。天神平で先にレスキューを依頼した方とお会いし、状況を連絡。先に降りてきたお子様達とともにレスキューの状況を見守りました。結局、ヘリでのレスキューとなり奥様は直接病院へ、お父様が降りて来られてお子様とご一緒できたところでお別れしました。やはり熱中症らしいとのこと。日差しもなく気温も天神平で20℃程度だったのですが、蒸していたこともあり熱中症になってしまったのかも。水分補給と充分な休憩、無理をしないことが重要ですね(今回はかなり無理をしてしまいましたが、私はたまたま大丈夫だっただけ。次回は気を付けようと肝に銘じました)
2016年08月25日 12:55撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平に戻ってきました。やや天気が回復してきましたね。もう少し遅めに登れば良かったかな。
ハイペースでの登りで膝が痛くなってしまい、下りは結構つらかった。それでもコースタイムよりは早く到着。
途中、天神平・天神峠分岐の手前で、奥様が意識朦朧となっておぶって降りようとされている方がいらっしゃいました。二次被害の危険性があるので留まってもらい、お水を分けてあげて(先に行かせたお子様に荷物を持って行かせてしまったとのこと)少し意識が戻ってきた様子(熱中症?)。先に行き会った下山者の方にレスキューを依頼したとのこと。携帯が通じるところだったので番号を交換して、天神平で状況を連絡することに。膝が痛かったことを忘れ小走りで天神平へ(火事場の何とかか?)。天神平で先にレスキューを依頼した方とお会いし、状況を連絡。先に降りてきたお子様達とともにレスキューの状況を見守りました。結局、ヘリでのレスキューとなり奥様は直接病院へ、お父様が降りて来られてお子様とご一緒できたところでお別れしました。やはり熱中症らしいとのこと。日差しもなく気温も天神平で20℃程度だったのですが、蒸していたこともあり熱中症になってしまったのかも。水分補給と充分な休憩、無理をしないことが重要ですね(今回はかなり無理をしてしまいましたが、私はたまたま大丈夫だっただけ。次回は気を付けようと肝に銘じました)
4
訪問者数:265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ