ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 948208 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

涸沢からの奥穂高岳と涸沢岳

日程 2016年08月08日(月) 〜 2016年08月10日(水)
メンバー kayz
天候晴れ、くもり、一時雨
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
沢渡駐車場1日600円
沢渡・上高地間バス片道1250円、往復2050円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間4分
休憩
1時間49分
合計
8時間53分
涸沢06:2906:33涸沢小屋06:3407:35ザイテングラート07:3808:57穂高岳山荘08:5911:12穂高岳11:5712:48穂高岳山荘13:4114:43ザイテングラート14:4414:57パノラマ分岐14:5815:16涸沢小屋15:1915:22涸沢
3日目
山行
5時間18分
休憩
12分
合計
5時間30分
涸沢ヒュッテ07:1607:45Sガレ07:4608:37本谷橋08:3809:09横尾岩小屋跡09:30横尾 (横尾山荘)09:3610:19新村橋(パノラマ分岐)10:2010:49徳澤園10:5011:30徳本口(徳本峠分岐)11:3111:41明神館11:4212:16小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)12:46河童橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日目は河童橋でログが止まってます。
河童橋付近でお昼ご飯にしたので、ここで今回の山行は終了としました。
コース状況/
危険箇所等
ザイテングラードから上は岩稜帯なので三点支持を確実に。
ヘルメット着用が推奨されています。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 飲料・水 食料 行動食 コッヘル ガス ストーブ ライター 箸・スプーン ナイフ 雨具 防寒具 ストック GPSロガー ヘッドライト 予備電池 地形図 コンパス 熊鈴 携帯電話 ファーストエイドキット エマージェンシーシート ヘルメット テント泊装備一式

写真

上高地バスターミナルから歩き始めたところです。
天気も良く、1年ぶりの2泊3日の山行にわくわくしています。
2016年08月08日 06:03撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナルから歩き始めたところです。
天気も良く、1年ぶりの2泊3日の山行にわくわくしています。
徳沢まで来ました。まだまだ登山ではありません。
2016年08月08日 07:50撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢まで来ました。まだまだ登山ではありません。
横尾まで来ました。この橋を渡るといよいよ登山です。
ここで水を補給し登山に備えます。
2016年08月08日 09:00撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾まで来ました。この橋を渡るといよいよ登山です。
ここで水を補給し登山に備えます。
本谷橋まで来ました。多くの人がここで休憩しています。
ここまでは比較的緩い登りです。ここからがちょっときつくなります。なので、ここで行動食を食べました。
2016年08月08日 10:10撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋まで来ました。多くの人がここで休憩しています。
ここまでは比較的緩い登りです。ここからがちょっときつくなります。なので、ここで行動食を食べました。
涸沢に着きました。
初めての涸沢で感動です。カール地形で見渡す限り山に囲まれています。
2016年08月08日 12:19撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢に着きました。
初めての涸沢で感動です。カール地形で見渡す限り山に囲まれています。
1
早く登りたいですが、今回の山行はあくせく登るのではなくゆったり山を楽しむつもりなので、今日はここまでです。ここにテントを張り、ビールを飲んだり、山々をボーっと眺めたりしていました。
2016年08月08日 12:19撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く登りたいですが、今回の山行はあくせく登るのではなくゆったり山を楽しむつもりなので、今日はここまでです。ここにテントを張り、ビールを飲んだり、山々をボーっと眺めたりしていました。
この中に自分のテントもあります。
2016年08月08日 13:55撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この中に自分のテントもあります。
1
これから奥穂に向けて出発です。
まずは目の前の涸沢小屋まで行きます。
それから左に向けて行きます。
2016年08月09日 06:28撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから奥穂に向けて出発です。
まずは目の前の涸沢小屋まで行きます。
それから左に向けて行きます。
上からテント場を眺められるようになってきました。
2016年08月09日 06:38撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上からテント場を眺められるようになってきました。
ザイテングラードの取りつきまで来ました。
これから楽しみにしていた岩々の道です。
2016年08月09日 07:33撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイテングラードの取りつきまで来ました。
これから楽しみにしていた岩々の道です。
穂高岳山荘まで来ました。
到着したころ、奥穂にはガスがかかっていたので、ガスが取れるのを期待してここで待ちました。
ただじっとしていると寒かったです。
2016年08月09日 08:57撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘まで来ました。
到着したころ、奥穂にはガスがかかっていたので、ガスが取れるのを期待してここで待ちました。
ただじっとしていると寒かったです。
テント場が小さく見えます。
2016年08月09日 09:10撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場が小さく見えます。
一時的にガスが取れました。
2016年08月09日 10:16撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一時的にガスが取れました。
奥穂高岳頂上に着きました。
ガスっています。
2016年08月09日 11:06撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳頂上に着きました。
ガスっています。
1
なんとか涸沢が見えます。
2016年08月09日 11:15撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか涸沢が見えます。
穂高岳山荘から頂上へはあまり写真を撮れませんでしたが、下りは少し余裕があったところでは写真を撮ってみました。
2016年08月09日 12:05撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘から頂上へはあまり写真を撮れませんでしたが、下りは少し余裕があったところでは写真を撮ってみました。
穂高岳山荘まで降りてから今度は涸沢岳に登ってきました。
ここではもっとガスっていて何も見えません。展望が期待できないので証拠写真だけ撮ってすぐに降りました。
2016年08月09日 13:10撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘まで降りてから今度は涸沢岳に登ってきました。
ここではもっとガスっていて何も見えません。展望が期待できないので証拠写真だけ撮ってすぐに降りました。
涸沢に降りてからの夕暮れです。とってもきれいでした。
2016年08月10日 05:05撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢に降りてからの夕暮れです。とってもきれいでした。
撮影機材:

感想/記録
by kayz

1年ぶりの2泊3日の山旅です。

日帰りで歩く時間より、今回の1日の行動時間は短くてゆったりとできました。
今回は初めてのテント泊でしたが、特に問題なく楽しめました。荷物もできるだけ厳選して水なしで11kgぐらいに抑えたので、日帰りよりは重いですが、思ったほどきつくはなかったです。水は涸沢で汲めるし、夕食は涸沢ヒュッテで取ることにしたので、2泊3日にしてはかなり軽くできました。初めてのテント泊で重くてバテバテだと楽しめないと思ったので、夕食を小屋でとって正解でした。

涸沢から奥穂は思ったようなところでした。高所恐怖症でなければ、一歩一歩丁寧に手足を置いていけば怖くはなかったです。ただいきなり来るようなところでもないとも思いました。3点支持をして登る、もっと低くて岩場の短い山に行ってから来るべきだとも思いました。

山頂の景色はガスっていて最高とは言えませんでしたが、ガスの切れ目である程度景色が見れたので、そこそこ満足です。
今度来るときは、岳沢から前穂経由で奥穂に行くルートで来てみたいです。また北穂にも行ってみたいです。

あと、今回シュラフの性能と自分の寒さの感じ方を確認できたのが大きな収穫です。
訪問者数:36人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ