ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 948820 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

折立登山口から雲ノ平からの水晶、鷲羽、黒部五郎

日程 2016年08月24日(水) 〜 2016年08月26日(金)
メンバー 2bit
天候おおむね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
折立の駐車場は火曜夜で半分くらいの空き。下山時、金曜昼は路駐がちらほら。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間27分
休憩
1時間29分
合計
8時間56分
Sスタート地点04:2204:43太郎坂(アラレちゃん)04:4505:21青淵三角点(青淵山)05:32積雪深計測ポール05:3306:33五光岩ベンチ06:50太郎兵衛平07:14太郎平小屋07:3908:14第一徒渉点08:1608:21第二徒渉点08:39第三徒渉点09:14カベッケが原09:21薬師沢小屋10:0011:52アラスカ庭園12:20奥日本庭園12:38雲ノ平山荘12:5813:18雲ノ平テント場
2日目
山行
7時間55分
休憩
1時間30分
合計
9時間25分
雲ノ平テント場05:2705:36スイス庭園06:10祖父岳分岐06:1606:39祖父岳06:5707:30岩苔乗越07:44ワリモ北分岐07:4508:21水晶小屋08:2208:56水晶岳08:5809:26水晶小屋09:2910:01ワリモ北分岐10:1710:38ワリモ岳10:4611:21鷲羽岳11:3212:18三俣山荘12:4213:53三俣蓮華岳巻道分岐14:52黒部五郎小舎
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタートでログが取れてませんでした。折立3:50スタートです。
コース状況/
危険箇所等
危険個所は、ほぼありませんが、ザレた道を多く歩くので足を取られないように気をつけましょう。
その他周辺情報折立ー立山ICの中間に“グリーンパーク吉峰ゆ〜ランド”入泉料610円。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 携帯 時計 タオル ストック カメラ テント テントマット シェラフ

写真

車中泊からの早朝4時スタート。
2016年08月24日 03:50撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車中泊からの早朝4時スタート。
1時間ほどでアラレちゃん通過。
まだ暗い。
2016年08月24日 04:47撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどでアラレちゃん通過。
まだ暗い。
三角点通過後、眺望が開けます。
振り返ると有峰湖。
2016年08月24日 06:23撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点通過後、眺望が開けます。
振り返ると有峰湖。
3時間半ほどで太郎平。
ここで登山計画書を提出。
2016年08月24日 07:13撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時間半ほどで太郎平。
ここで登山計画書を提出。
1
ここから薬師沢に下ります。
2016年08月24日 07:40撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから薬師沢に下ります。
薬師沢小屋。
次の急登に備えて休憩とエネルギー補給。
2016年08月24日 09:24撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋。
次の急登に備えて休憩とエネルギー補給。
出発してすぐに、荷揚げのヘリが。
テラスに荷を下ろして颯爽と戻っていきました。
2016年08月24日 09:56撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発してすぐに、荷揚げのヘリが。
テラスに荷を下ろして颯爽と戻っていきました。
雲ノ平への直登。
親切な看板が道の角度まで教えてくれてます。
2016年08月24日 09:58撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平への直登。
親切な看板が道の角度まで教えてくれてます。
2時間ほど手足を使ってよじ登ります。
ここは、かなり大変。
2016年08月24日 11:15撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間ほど手足を使ってよじ登ります。
ここは、かなり大変。
木道に出ました。
ここからは散歩感覚です。
2016年08月24日 11:52撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道に出ました。
ここからは散歩感覚です。
猛獣発見!
2016年08月27日 12:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猛獣発見!
12
雲ノ平山荘が見えてきました。
2016年08月24日 12:34撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘が見えてきました。
晴れ間の中、この道を歩くのは本当にきもちいい!
2016年08月24日 12:36撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ間の中、この道を歩くのは本当にきもちいい!
4
ここをキャンプ地とする!
2016年08月24日 14:06撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここをキャンプ地とする!
テントを張って、昼寝して散歩して、ごはんを食べて早めに就寝。
1日目終了。
2016年08月24日 17:33撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張って、昼寝して散歩して、ごはんを食べて早めに就寝。
1日目終了。
2日目朝。
良い天気になりそうです!
2016年08月25日 05:34撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目朝。
良い天気になりそうです!
3
まずは祖父岳を目指します。
正面に水晶岳どーん!
2016年08月25日 05:43撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは祖父岳を目指します。
正面に水晶岳どーん!
テント場の上に出ました。
ちなみに、テント場からの直登道は植物保護のため侵入禁止です。
2016年08月25日 06:15撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の上に出ました。
ちなみに、テント場からの直登道は植物保護のため侵入禁止です。
1
祖父岳より。
写真には納めきれない大パノラマが。
槍もくっきり!
2016年08月25日 07:02撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳より。
写真には納めきれない大パノラマが。
槍もくっきり!
1
少し下って岩苔乗越。
奥に見える水晶岳方面に進みます。
2016年08月25日 07:43撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って岩苔乗越。
奥に見える水晶岳方面に進みます。
ワリモ北分岐。
ここから水晶岳をピストンします。
2016年08月25日 07:55撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐。
ここから水晶岳をピストンします。
水晶岳への縦走路。
この道は気持ちいいです。
2016年08月25日 08:35撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳への縦走路。
この道は気持ちいいです。
5
山頂直下。
人がそこそこ。山頂は狭いので、少し待ちます。
2016年08月25日 09:04撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。
人がそこそこ。山頂は狭いので、少し待ちます。
3
水晶岳より赤牛岳!
奥に黒部湖も見えます。
いつか、読売新道も歩いてみたいです。
2016年08月25日 09:07撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳より赤牛岳!
奥に黒部湖も見えます。
いつか、読売新道も歩いてみたいです。
4
雲ノ平方面も良い景色です!
こうみると、ずいぶん登ってきました。
2016年08月25日 09:27撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平方面も良い景色です!
こうみると、ずいぶん登ってきました。
2
ワリモ北分岐に戻り、鷲羽岳方面に進みます。
少し雲が多くなってきました。
2016年08月25日 10:36撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐に戻り、鷲羽岳方面に進みます。
少し雲が多くなってきました。
ワリモ岳より鷲羽岳。
クネクネと登ります。

2016年08月25日 10:59撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳より鷲羽岳。
クネクネと登ります。

1
鷲羽岳登頂。
ワリモ北分岐から1時間ほどですが、けっこう疲れました。
2016年08月25日 11:33撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳登頂。
ワリモ北分岐から1時間ほどですが、けっこう疲れました。
3
鷲羽湖。
2016年08月25日 11:35撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽湖。
4
三俣に下ります。
だいぶ曇ってきました。
2016年08月25日 11:41撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣に下ります。
だいぶ曇ってきました。
三俣を過ぎ、今日歩いて来た山を見ます。
奥の水晶岳が遠くにみえます。
2016年08月25日 13:33撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣を過ぎ、今日歩いて来た山を見ます。
奥の水晶岳が遠くにみえます。
1
今日のキャンプ地、黒部五郎小屋が見えてきました。
小屋がミニチュアのよう。
2016年08月25日 14:40撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のキャンプ地、黒部五郎小屋が見えてきました。
小屋がミニチュアのよう。
ここをキャンプ地とする!
2016年08月25日 16:14撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここをキャンプ地とする!
キャンプ地。
明日の午後、天気が崩れそうなので、早起きの為にさっさと寝ることにします。
2016年08月25日 16:14撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ地。
明日の午後、天気が崩れそうなので、早起きの為にさっさと寝ることにします。
3日目朝
出発して1時間。
夜が明けてきました。
2016年08月26日 05:14撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目朝
出発して1時間。
夜が明けてきました。
5
黒部五郎岳が朝日に染まります。
2016年08月26日 05:42撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳が朝日に染まります。
1
黒部五郎カール。
素晴らしい景色です。
ちなみに、前を歩いていた方がクマを目撃されています。
通られる方はお気を付けください。
2016年08月26日 06:11撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎カール。
素晴らしい景色です。
ちなみに、前を歩いていた方がクマを目撃されています。
通られる方はお気を付けください。
5
黒部五郎岳、登頂。
2016年08月26日 06:56撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳、登頂。
2
山頂より、素晴らしい景色が楽しめました。
2016年08月26日 06:58撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より、素晴らしい景色が楽しめました。
2
この稜線を歩いて太郎平に戻ります。
2016年08月26日 06:44撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この稜線を歩いて太郎平に戻ります。
3
稜線を歩き始めてすぐにガスガスに。
天候が崩れる前に下山したいので、もくもくと歩きます。
2016年08月26日 09:33撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を歩き始めてすぐにガスガスに。
天候が崩れる前に下山したいので、もくもくと歩きます。
ガスの切れ間から振り返り。
ずいぶん遠く歩いたものです。
2016年08月26日 10:53撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間から振り返り。
ずいぶん遠く歩いたものです。
太郎平。
ここから転がるように下山。
ギリギリ雨を回避できました。
2016年08月26日 11:12撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平。
ここから転がるように下山。
ギリギリ雨を回避できました。
帰りは“グリーンパーク吉峰ゆ〜ランド”でサッパリ。
大満足の山行となりました。
2016年08月26日 15:44撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは“グリーンパーク吉峰ゆ〜ランド”でサッパリ。
大満足の山行となりました。

感想/記録
by 2bit

今年の目標にしていた雲ノ平周回。無事に行ってくることができました。
今回、1日の行動時間が長い計画を立てたので、事前に体力づくりや、バテない為の補給の仕方など近所の山を往復して準備しました。ただ、3日目ともなると、だいぶ体がガタガタになりますね。帰宅後翌日は1日ぐったりです。
最終日午後、崩れましたが、天候に恵まれた充実の山行となり、大満足です。


訪問者数:466人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ