ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 948851 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

鳳凰三山 アサヨ峰 <去りゆく夏に夜叉神から早川尾根へ> 鳳凰小屋泊

日程 2016年08月25日(木) 〜 2016年08月26日(金)
メンバー boroP, その他メンバー1人
天候8/25 朝だけ晴れ後ガス12時頃から雨
8/26 晴れ後ガス多
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
夜叉神ゲート前駐車場(無料、トイレ有)

北沢峠−広河原 南ア市営バス(750/人)
広河原−夜叉神 山梨交通バス(940/人)
 (荷物代、協力金等含)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間48分
休憩
1時間17分
合計
8時間5分
S夜叉神峠登山口05:5406:40夜叉神峠06:4106:43夜叉神峠小屋06:4807:49杖立峠07:5108:29火事場跡08:3209:13苺平09:1609:47南御室小屋10:0511:16砂払岳11:1711:23薬師岳小屋11:2512:14鳳凰山12:4013:01鳳凰小屋分岐13:1713:59鳳凰小屋
2日目
山行
8時間59分
休憩
1時間18分
合計
10時間17分
鳳凰小屋04:4805:50地蔵ヶ岳06:0506:16アカヌケ沢の頭06:2307:08高嶺07:2008:01白鳳峠08:17赤薙沢ノ頭08:1809:00広河原峠09:0309:29早川尾根小屋09:3511:00ミヨシノ頭11:1611:57アサヨ峰12:0513:12栗沢山13:2014:54長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)14:5615:02仙丈ヶ岳二合目登山口15:05北沢峠15:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
すべて一般登山道ですが
早川尾根は 石嶺部や軽度のハイ松漕ぎ、アップダウンの多いハードな道です。
早川尾根小屋は2016現在休業中です。
その他周辺情報鳳凰小屋は 予約時 空いているとの事でしたが
当日の飛び込み多く 一人一布団ですが
結構混んでいました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

夜叉神登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神登山口
1
ミヤマママコナ?
ピンボケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマママコナ?
ピンボケ
5
夜叉神峠分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠分岐
1
夜叉神峠小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠小屋
1
まだ見えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ見えた!
6
ウメバチソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
5
セリバシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セリバシオガマ
4
歩き易いが
長く 単調で
正直 ちょっと飽きる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き易いが
長く 単調で
正直 ちょっと飽きる
1
今回はキノコたっぷり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はキノコたっぷり
6
オトギリソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウ
4
南御室小屋
ランチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋
ランチ
1
もうキノコ沢山の季節
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうキノコ沢山の季節
5
白ザレ稜線へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレ稜線へ
1
ミヤマコゴメグサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ
4
薬師岳小屋
8/23から改装休業
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋
8/23から改装休業
2
トウヤクリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
2
ビランジ
末期のため 中々元気な娘に
お会いできません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビランジ
末期のため 中々元気な娘に
お会いできません
3
ホウオウシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウオウシャジン
10
ピンクが綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクが綺麗
10
本日一番は
ケルン?の中に発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日一番は
ケルン?の中に発見
10
偵察
今日は地蔵岳無し
分岐に引き返す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偵察
今日は地蔵岳無し
分岐に引き返す
1
ウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ
2
ショートカットルート
急坂であまり早くないかも、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットルート
急坂であまり早くないかも、、、
1
やっと小屋
本降り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと小屋
本降り
1
マルバダケブキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ
1
サラシナショウマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
4
モルゲンロートの世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロートの世界
14
オベリスクへの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクへの道
7
雲海と日の出
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と日の出
10
観音の横に富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音の横に富士山
10
登っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っています
2
後方に八ヶ岳と奥秩父
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方に八ヶ岳と奥秩父
7
アップで見ても
遠いし
登り返しが、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで見ても
遠いし
登り返しが、、、
4
イワインチン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワインチン
3
出だしは白ザレ延長
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしは白ザレ延長
1
今日は晴れているから?
開いているホウオウシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は晴れているから?
開いているホウオウシャジン
9
いい眺め
いい尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい眺め
いい尾根
3
高嶺
いいピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺
いいピーク
2
振り返って
富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
富士山
5
仙丈と甲斐駒の間に
アサヨが待っている?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈と甲斐駒の間に
アサヨが待っている?
8
峠手前
この辺雰囲気満点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠手前
この辺雰囲気満点
2
北岳に
雪渓はない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳に
雪渓はない
3
崩壊地迂回ルート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地迂回ルート
2
頑張れ甲斐駒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張れ甲斐駒
3
あの先の先の先へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの先の先の先へ
2
快適な部分もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な部分もあります
1
早川尾根小屋(休業中)
ここまでコースタイム
ほとんど短縮できていない
焦る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根小屋(休業中)
ここまでコースタイム
ほとんど短縮できていない
焦る
1
短縮できるのは
この区間だけと
飛ばす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短縮できるのは
この区間だけと
飛ばす
1
ランチしていると
ガスが一瞬撮れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチしていると
ガスが一瞬撮れる
8
ランチを早々で
進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチを早々で
進む
5
頑張らねば、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張らねば、、
2
偽ピーク??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偽ピーク??
1
アサヨの文字が、、、
来た!!!
一瞬青空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨの文字が、、、
来た!!!
一瞬青空
7
アサヨ峰
何にも見えませんが
予定より30分早く着く
これで終バスに乗れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰
何にも見えませんが
予定より30分早く着く
これで終バスに乗れる
6
栗沢岳までは
素敵な石嶺地帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢岳までは
素敵な石嶺地帯
2
早くは歩けませんが
いい所です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くは歩けませんが
いい所です
1
栗沢岳
甲斐駒が肩だけ
見せてくれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢岳
甲斐駒が肩だけ
見せてくれました
3
北沢峠まで辛い登り
クタクタで間に合って
ゴール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠まで辛い登り
クタクタで間に合って
ゴール
2

感想/記録
by boroP

またも餓鬼岳−燕岳と直前まで悩んだが
直前天気予報でベターと思われた
鳳凰三山と早川尾根
鳳凰三山は青木鉱泉周回で 歩いているが
初めての夜叉神峠、
そして静かそうでとても興味深々のアサヨ峰、早川尾根
バス時間、コースタイム、小屋位置から消去法で
今回の周回に決定
8月最後のチャンスに眠いを連発しながら
夜叉神に向かいました。

<夜叉神−鳳凰山−鳳凰小屋>
ほぼ同時刻帯にスタートしたのは トレラン装備の方と
南御室小屋泊の家族連のみ 
空いていそうな雰囲気に 気合いを入れ峠を目指しました。
峠からはガスかかり始めていましたが
白鳳三山がまだ見え ライブカメラに手振ります。
しかし この後はすぐにあまり変化ない樹林帯
急登は少ないですけど 山火事跡あたりまで結構長く
展望もなく 正直 ちょっと飽きました。
南御室小屋で軽くランチして やがて白ザレ稜線に入りましたが
ガスガス 空も稜線も 白ですね。
ビランジ ホウオウシャジンを探しながらも
ひょっとしたらオベリスクが薄ら見えるかもと
小屋分岐先まで行きましたが
雨も降ってきたので 明日に期待して分岐まで戻って
本降り直前に小屋に入りました。

<地蔵岳>
晴天です。地蔵岳一体がモルゲンロート
誰も嫌がるズルズル白ザレ急登を登っている事を忘れます。
やがて 日が昇り青空
地蔵さんが立ち並ぶ稜線に先に進んだ連れ合いが
よく見ると甲斐駒でしたが 北岳が見えたと叫びます
この日 行程が厳しい事を忘れて
付近を20分以上 リュック背負ったまま
あっちこっちブラブラしてしまいました

<アサヨ峰へ早川尾根>
いよいよ 初めての早川尾根
出だしは まさに三山の続きの白ザレ稜線
観音方向に戻ったり
何度も何度も振り返りキョロキョロしながらの撮影走行 
雲上の公園地帯は 昨日の天候を耐えたご褒美です
それでも 必死に切り替えて前を向けば
甲斐駒の横に
遠くアサヨに続く尾根が、、
素晴らしいけど ちょっといや大分遠い
4時の最終バスに間に会うためにはコースタイムでギリギリ
とにかく前へと短い足を進めます
この尾根 簡単に言うと
高嶺手前までは 三山の延長
高嶺から白鳳峠までは ハイ松や露岩の急坂
ミヨシの頭手前までが 主にシラビソ林の尾根ルート
平の部分も多々ありますが 各ピークを巻かずなので
アップダウンも多い
ミヨシの頭手前から ハイ松ミックスの石嶺地帯
展望はあり 変化ありですが
軽度のハイ松漕ぎは 早く歩きずらいですね
早川尾根小屋についた時は 思ったより時間がかかったせいで
少々焦り 我々が飛ばせるのは この区間だけと
休憩そこそこで進みました
それでも 初めての見るべきもの多いルート
終バスの時間もっと遅くしてよと
呟きながら頑張りました。
途中の小ピークで簡易ランチ この時だけ
甲斐駒が励ましか ピークをチラッと見せてくれました
このルート ほとんどのピークを巻かない真面目ルート
最後と思われたピークも どうせ偽と思って上がったら
素朴な道標に アサヨの文字が、、、
二人で大声で着いたと叫び?ました。

変化に富んで 展望の素晴らしい 静かな尾根
早月尾根小屋も休業の現在 行程から非常に使い辛いハードな尾根
でも 我々には無理して行く価値あった尾根でした
平日なのに 意外に多く(10名程度)
の老若女性、男性方とすれ違いました
ほとんどが単独行 分かる気がします。

ありがとう ございました。
訪問者数:556人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/25
投稿数: 1236
2016/8/27 19:37
 鳳凰紗参
 boroPさん、こんばんは。
 この夏は、がっつり 行ってますね〜。
 早川尾根、特に白鳳峠〜アサヨ峰間は静かでしょうね。特に2日目は時間に迫られての長い登降の尾根ルート、お疲れ様でした。
 夏山の〆、初日の天気は生憎 でしたが、2日目朝は絶好 じゃないですか 。稜線からの朝のクリアな高嶺、白峰が見事です
 花 も、小生未見のホウオウシャジンも羨ましいし、タカネビランジも咲き残ってくれてたようですし、良かったですね
 鳳凰〜早川尾根、1日で駆け抜ける猛者もいるのでしょうが、普通1泊必要です。が、宿営地が悩ましいですよね。南御室からでは2日目遠すぎるし、薬師小屋か、鳳凰小屋か。鳳凰の方が若干2日目が短いが、稜線から随分下っちゃうのももったいないし・・・・。かなり頑張って早川小屋まで行けると、2日目余裕があるのでしょうが、休業中ですか。小生、早川尾根小屋には、ちょっと苦い(臭い?)思い出があります。
 34年前のGWの夜叉神−甲斐駒縦走時、上記理由で初日は珍しく薬師小屋に小屋泊りで、2日目仙水小屋を目指しました。が、春の嵐 に遭い、早川小屋(無人)に逃げ込みました。荒れ狂う強風雨に、小屋の有難味 を実感しました。ただ、横殴りの強風雨の中、ドアのないトイレでの用足しで、上は雨具ありでも、尻全体に広角ウォシュレット状態(しかも中途半端)で、後始末が ・・・・ (苦笑)。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 249
2016/8/27 20:15
 Re: 鳳凰紗参
odaxさん 今晩は!

ウォシュレットのない時代の
素晴らしい想い出?紹介ありがとうございます。
嵐の中 滑りそうな岩部をテント背負ってよく歩かれましたね
さすがです

小屋休業のためか
ハイ松がうるさい部分多かったですが
変化あり静かな素敵な尾根で
いつか黄葉の時期に また行きたいですが
バス時間や小屋位置から
ここコース取り難しいですよね
今回歩いて見て 我々だと
早川小屋まで初日に行ける気がぜんぜんしませんでしたね
高嶺西側白鴎峠手前が開放感もありいい雰囲気で
ここに小屋があったらいいなあと思って歩いていました。
odaxさんなら この際 歩いていない黒戸尾根から周って
(私は行ったことない)御座石温泉から 
タクシーでスクータ回収はどうでしょうか?

on-boroP
登録日: 2014/3/27
投稿数: 176
2016/8/30 0:14
 南アに通い詰めてますねー
これまた羨ましい山行。しかも2日目天候に恵まれるとは。
最近、自分はちょっと雨やらガスやらにやられてるので、少し恩恵に預かりたいもんです。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 249
2016/8/30 19:46
 Re: 南アに通い詰めてますねー
今晩は!

rockwellさんのいつかの南ア縦走の偵察ですね
2日目に甲斐駒周って仙水小屋は厳しそうだな
だいたい 仙水小屋って 確か朝3時半に起床の小屋だから
21時に受付してくれのかしら?
まあ いいか、、、
ちなみに 休業の早川尾根小屋でテント張った方、予定の方
結構すれ違いましたよ

南でも北でも ちょっと静かな高山歩きしたかっただけで
2つ3つ4つ考えて
臨機応変に天気いい方を選んでいますので 
半日ぐらい 晴れて当然ですね
あっ そうだ 栗沢岳付近で 熊の目撃情報があったって
すれ違った女性単独行の方が言っていましたよ

空いていそうな紅葉シーズン前に
もう一回 隙をついて静かな高山行きたいですが
仕事さぼれるかどうか微妙な状態です。

on-boroP

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ