ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 949064 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

大同心稜より横岳・赤岳・阿弥陀岳縦走

日程 2016年08月25日(木) 〜 2016年08月26日(金)
メンバー kabigonx
天候25日 朝方晴れのち霧 26日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間53分
休憩
1時間40分
合計
6時間33分
S赤岳山荘05:5005:55美濃戸山荘06:39堰堤広場07:31赤岳鉱泉07:5308:01大同心沢(大同心ルンゼ)分岐09:33大同心10:1511:06横岳(奥ノ院)11:12無名峰11:1411:17横岳(三叉峰)11:3311:39石尊峰11:4311:44鉾岳11:4711:52日ノ岳11:5812:04二十三夜峰12:0812:18地蔵の頭12:1912:23赤岳天望荘
2日目
山行
4時間52分
休憩
2時間11分
合計
7時間3分
赤岳天望荘06:0206:26赤岳頂上山荘06:3506:41赤岳07:0607:09竜頭峰07:1007:10赤岳07:1407:16竜頭峰07:17赤岳07:1907:54文三郎尾根分岐07:5508:13中岳08:1708:32中岳のコル08:3809:01阿弥陀岳09:3709:58中岳のコル09:5910:16中岳のコル登山道水場10:2210:44行者小屋11:0511:31赤岳鉱泉11:4012:20堰堤広場12:2112:53美濃戸山荘12:5813:05赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
稜線に出てから、とくに2日目は写真メインのゆったり縦走です。
コース状況/
危険箇所等
大同心稜は大同心基部までは立派な踏み跡がついていますが、バリエーションルートです。右側が切れ落ちた大同心基部のトラバース、詰めの断層帯の岩壁地帯を登るには3球程度の岩登りの経験・技術が必要です。ルートファインディングをあやまれば、シビアな局面医に陥ります。

写真

大同心沢分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心沢分岐
立派な踏み跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な踏み跡
樹林帯の中の急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の中の急登
大同心が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心が見えてきた
この一瞬、青空が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この一瞬、青空が見えた
2
大同心基部に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心基部に到着
1
大同心を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心を見上げる
1
大同心基部をトラバース。右側は切れ落ちている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心基部をトラバース。右側は切れ落ちている
3
浅いルンゼを登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅いルンゼを登る
1
残置シュリンゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残置シュリンゲ
2
断層地帯が見えてくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
断層地帯が見えてくる
1
ドームの上にクライマーの姿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドームの上にクライマーの姿
2
セカンドをビレー中のクライマー。雲稜ルートの最終ピッチと思われる。あとで、大同心ノ頭でお会いすることになる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セカンドをビレー中のクライマー。雲稜ルートの最終ピッチと思われる。あとで、大同心ノ頭でお会いすることになる
3
断層帯を突破する弱点のチムニー。左右どちらもいけそうだが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
断層帯を突破する弱点のチムニー。左右どちらもいけそうだが
1
より弱点のある方をえらぶ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
より弱点のある方をえらぶ
2
チムニー登ったところから下を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チムニー登ったところから下を振り返る
2
大同心は霧の中へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心は霧の中へ
稜線へ続く斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線へ続く斜面
最後のコマクサが残っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のコマクサが残っていた
2
大同心ノ頭で先ほどのクライマー氏と写真を取り合い、話をさせていただいた。聞けば私より4歳下だけで、しかも娘さんがパートナーとのこと。うらやましい限りだ。(のちにヤマレコユーザーのmmakiraとわかりました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心ノ頭で先ほどのクライマー氏と写真を取り合い、話をさせていただいた。聞けば私より4歳下だけで、しかも娘さんがパートナーとのこと。うらやましい限りだ。(のちにヤマレコユーザーのmmakiraとわかりました)
1
横岳−赤岳の稜線から大同心を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳−赤岳の稜線から大同心を振り返る
3
翌日は晴れ。赤岳から阿弥陀岳へ写真を取りながらのんびりと縦走。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は晴れ。赤岳から阿弥陀岳へ写真を取りながらのんびりと縦走。
2

感想/記録

 はっきりしない不安定な天候の中で、晴れそうな2日間を狙って、写真メインで横岳-赤岳-阿弥陀岳の縦走を楽しんできました。次の計画もあるので体力の余力を残しておきたいので、赤岳展望莊止まりの1泊2日の行程です。それではあまりに安易なので、登路に大同心稜をえらび、スパイスをきかせました。使う予定はなくとも、ロープも含めて最低限の登攀具を背負い、予定通り登ることができました。
 また、大同心雲稜ルートを登攀されていた同年配(といっても私より4歳若い)のクライマーの方(ヤマレコユーザーでした)と出会うことができ、まだまだやれることがあると勇気づけられました。
訪問者数:281人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/9
投稿数: 66
2016/8/28 0:20
 写真ありがとうございました
登攀写真、青空を背景にドームが綺麗に撮れていました。また私のヤマレコにコメントいただきありがとうございました。私も結婚を機にクライミングをやめました。(妻の父との約束)当時は休みの関係と、上を目指す結果として単独登攀(フリーソロも含む)が多かったので、義父のおかげで生き残ったのかもしれないと思っています。その義父も2年前に亡くなり、待ってましたとばかりに仲間からクライミングジムに誘われ、眠っていた物が目覚めちゃったようです。休みが水曜日のみなので皆さんのように多くの山行ができるわけではありません。当然日帰りの強行軍が多くなり、日々のトレーニングが欠かせません。かなりきついですが、今のところ目標に向かう充実感のほうが勝っているので楽しいですね。山の仲間はもとより妻、子供たちまで巻き込んで楽しんでます。またどこかの山でお会いできます事、楽しみにしております。お互い、先はそう長くないので今できる事はすぐ始めないと・・ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

コマクサ 急登 登攀 ルンゼ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ