ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 949126 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

★第19回立山登山マラニック2016ウルトラマラソン?翌朝快晴で立山雄山登山 室堂→最も過酷なゴール後の雷鳥荘 歩くエコツアー

日程 2016年08月26日(金) 〜 2016年08月28日(日)
メンバー arukuecotour(記録), その他メンバー30人
天候霧小雨
アクセス
利用交通機関
バス
室堂ターミナルから徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
●立山登山マラニック
マラソンの体力とともに、登山の筋力や技術、山の天候に対処する知識や装備、山の天候の変化に対処する知識や装備など、通常のマラソンにはない力量が必要です。
そして何より山の天候次第では、レース打ち切りの可能性もあり、皆さんの実力だけでなく、時の運にも左右されてしまいます。
厳しくハードな大会である分、完走した際の達成感や充実感は、最高の感動を与えてくれることでしょう。
その他周辺情報歩くエコツアーデザイナー有吉について↓
http://arukuecotour.com
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

宵の星空と三日月☾が神秘的で心現れました。
雷鳥荘から登山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宵の星空と三日月☾が神秘的で心現れました。
雷鳥荘から登山開始。
2
一ノ越からの室堂平全景。
きのうの霧まみれから、よく澄んだ快晴となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越からの室堂平全景。
きのうの霧まみれから、よく澄んだ快晴となりました。

感想/記録

公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイド ステージ気如∧發エコツアーデザイナーの有吉寿樹です。
第19回立山登山マラニック2016 室堂→最も過酷なゴール後の雷鳥荘→翌朝快晴で立山雄山登山
が無事に終わりました。

ゴール後、室堂エイドで温かいおかゆをいただき一息つきながらも、これから預け荷物を受け取るのが憂鬱です。
ここで、預け荷物受け取って、打ち上げ宿舎の雷鳥荘まで行くのが、とても大変です。
完走に、体力を完全に使い果たしているので、普通に歩くのも大変なのに、雷鳥荘への道は荷物持つうえにアップダウンが激しいからです。
室堂出たのが14時くらいで、普通ならここから30〜40分の雷鳥荘に着いたのが、15時過ぎでした。やれやれ。
途中、室堂ターミナルの建物出たところの「玉殿の水」飲んだら少し元気になりました。


装備の片づけをなんとかこなし、楽しみにしていた雷鳥荘温泉へ直行。
素晴らしい温泉でした。展望風呂があり、大日岳方面を眺めながら入浴できます。実際は霧で真っ白。(人は多いです。)

夕食後、20時より打ち上げパーティに参加。30分前に並ばないと座れません。食堂はランナーの皆さんで一杯。なんと、ビール、日本酒が飲み放題でした。9時には爆睡状態となりました。
午前2時からの長~い1日が終わりました。

早朝、目覚めて、ウェブで雨雲レーダーを確認すると、晴れ。
窓の外には、星が見えていました。

素晴らしいご来光を鑑賞しながら、立山雄山へ登っていくことができました。
一の越手前のコンクリートに石を埋め込んだ坂は、高所で息が上がります。
一の越から先は、道が1本、ではなくて、いろんなルートを取れますが、傾斜が急で進みやすいとこ、足場の悪いとこがあり、降りてくる人と譲り合って、通れるところを選んで進む、って感じ。
脚だけでなく、両手で岩つかんで、わっせわっせと登っていくと白山、八ヶ岳、北アルプスの大展望でした、


歩くエコツアーデザイナー有吉について↓
http://arukuecotour.com
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ご来光 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ