ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 949280 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

三俣蓮華岳、黒部五郎岳、水晶岳、鷲羽岳

日程 2016年08月23日(火) 〜 2016年08月26日(金)
メンバー igrs
天候晴れ、くもり、少し雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉・新山荘前の登山者無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間48分
休憩
52分
合計
10時間40分
S登山者無料駐車場05:1006:23中崎橋06:4306:54笠新道登山口06:5507:07わさび平小屋07:1307:41小池新道入口08:36秩父沢出合08:4211:00鏡平山荘11:0111:57弓折乗越12:0113:04双六小屋13:1813:37双六岳巻道分岐15:21三俣峠15:50三俣山荘
2日目
山行
8時間23分
休憩
57分
合計
9時間20分
三俣山荘06:1006:46三俣蓮華岳巻道分岐06:4707:40黒部五郎小舎07:5010:20黒部五郎岳10:4612:28西又山12:56黒部五郎小舎13:1514:34三俣蓮華岳巻道分岐14:3515:30三俣山荘
3日目
山行
8時間52分
休憩
1時間23分
合計
10時間15分
三俣山荘05:4506:18黒部川水源地標06:1907:20岩苔乗越07:3007:37ワリモ北分岐08:18水晶小屋08:1908:53水晶岳09:0909:40水晶小屋09:4110:10ワリモ北分岐10:2011:19鷲羽岳11:4212:30三俣山荘12:4813:56三俣蓮華岳13:5715:02中道分岐15:0315:44双六岳巻道分岐15:4516:00双六小屋
4日目
山行
4時間48分
休憩
47分
合計
5時間35分
双六池06:2907:24弓折乗越07:3008:40シシウドヶ原08:5009:33秩父沢出合10:29わさび平小屋11:0011:21中崎橋12:04登山者無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水晶岳山頂直下のハシゴや岩場は注意が必要。黒部五郎岳の稜線コースは、昭文社の地図では破線になっているが、上部が岩稜地帯。大岩を回り込んだりのルート。好きな人には、楽しめるかも。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール シェラフ ヘルメット

写真

双六小屋と樅沢岳
2016年08月23日 13:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋と樅沢岳
2
鷲羽岳とやっと見えてきた本日泊まる三俣山荘
2016年08月23日 15:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳とやっと見えてきた本日泊まる三俣山荘
6
黒部五郎小舎
2016年08月24日 07:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎
2
黒部五郎カールの稜線はガスっていた
2016年08月24日 09:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎カールの稜線はガスっていた
1
カール内は水が豊富
2016年08月24日 09:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カール内は水が豊富
3
黒部五郎からの下りに稜線コースを辿ると雷鳥が目の前に
2016年08月24日 12:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎からの下りに稜線コースを辿ると雷鳥が目の前に
2
三俣山荘の朝
2016年08月24日 19:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘の朝
1
日の出前、右端が槍ヶ岳、中央は大天井岳でしょうか?
2016年08月25日 04:41撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前、右端が槍ヶ岳、中央は大天井岳でしょうか?
1
黒部川水源地標
2016年08月25日 06:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川水源地標
黒部川水源地標から沢を渡って
2016年08月25日 06:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川水源地標から沢を渡って
源流域のお花畑
2016年08月25日 06:41撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流域のお花畑
やっと着いた水晶岳山頂、狭い山頂で入れ替わりながら記念写真
2016年08月25日 08:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着いた水晶岳山頂、狭い山頂で入れ替わりながら記念写真
2
水晶岳の山頂は晴れているが、ガスが上がり始めている
2016年08月25日 08:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳の山頂は晴れているが、ガスが上がり始めている
1
水晶岳の山頂から水晶小屋方面
2016年08月25日 08:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳の山頂から水晶小屋方面
1
鷲羽岳では、ガスが掛かり始めて・・・
2016年08月25日 11:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳では、ガスが掛かり始めて・・・
1
三俣蓮華岳の少し手前で、腰に激痛が・・・
2016年08月25日 13:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳の少し手前で、腰に激痛が・・・
お世話になった、双六小屋診療所
2016年08月26日 05:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった、双六小屋診療所
2
双六池から笠ヶ岳
2016年08月26日 06:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六池から笠ヶ岳
2
わさび平小屋まで、無事に降りてきました
2016年08月26日 10:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋まで、無事に降りてきました
2
無事下山「祝い」のスイカを食べていたら、蜂に刺され・・・
2016年08月26日 10:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山「祝い」のスイカを食べていたら、蜂に刺され・・・
1

感想/記録
by igrs

まず、富山大学・双六小屋診療所をはじめ、山小屋関係者、途中で声をかけていただいた方々にお礼申し上げます。

今回は最後の方になってトラブルが2つ。

一つは、3日目の午後、三俣蓮華岳山頂手前で、椎間板ヘルニアが再発したこと。(数年前に歩けなくなるほどの経験あり)靴紐が緩んでいたので締め直そうと屈んだときにヤッてしまいました。ビビビッと電気の走るような痛さに、「この山中でどうしよう」と青ざめました。足のしびれとかは無かったので、持っていた市販の沈痛剤を服用。ゆっくり歩いているウチに少し和らいできました。次の双六小屋には山岳診療所があることを思い出し、通常なら1時間半もあれば行くところを2時間以上かけてヨタヨタと歩きました。

双六小屋の受付で聞いたら、診療所は今日が最後で、ドクターは明日下山予定とのこと。滑り込みセーフ。その晩は寝返りも打てないほど痛かったけど、翌日は処方してもらった鎮痛剤でコースタイムどおりに歩けました。

もう一つは、最終日、わさび平小屋までたどり着き、無事に下山できた「お祝い」にスイカを食べていたとき、左腕のぞで口から蜂が這い上がってきて「エッ〜!!」と手を動かした瞬間に、チクッとやられました。痛み止めを使っていたのにかなり痛かった。本来ならもっと痛かったのか?薬の効く痛みとは違うのでしょうか?
今回は、最後の方になって蜂の一刺しとともに痛みに耐える山行となりました。

ちなみに、今はと言うと、腰の痛みも少なくなってきて、とりあえず、無理をしないで様子見です。
訪問者数:446人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

カール ガス 山行 花畑
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ