ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 949516 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走阿蘇・九重

牧ノ戸峠から九重山(九重山・中岳・稲星山・星生山)

日程 2016年08月27日(土) [日帰り]
メンバー uzt
天候ガス時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
牧ノ戸峠駐車場
(道の駅ながゆ温泉で前泊)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
59分
合計
7時間1分
S牧ノ戸峠06:2606:36第一展望所06:47沓掛山07:05ブロッコリーの丘07:19扇ヶ鼻分岐07:26星生山分岐07:2707:42久住分れ07:4308:00久住山08:42中岳(九重山)09:16稲星山10:0110:34久住山11:08久住分れ11:0911:50星生山12:20扇ヶ鼻分岐12:2212:32ブロッコリーの丘12:51沓掛山12:5513:04第一展望所13:0913:27牧ノ戸峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されており特に危険と思われる個所は有りませんでした。
稲星山と星生山の前後は、メインルートから外れるため登山者も少なくマーキングも殆ど有りませんでした。
その他周辺情報前 泊:御前湯(\500・長湯温泉):日本一の炭酸泉!
下山後:山恵の湯(\800・九重星生ホテル):大展望露天風呂がGOOD!

写真

何とかカッパ無しで行ける程度のガスの中で登山開始。
夜明け前は視界10m程度の濃霧でした!
2016年08月27日 06:30撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とかカッパ無しで行ける程度のガスの中で登山開始。
夜明け前は視界10m程度の濃霧でした!
26度で涼しく登り始めます。
2016年08月27日 06:44撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
26度で涼しく登り始めます。
扇ヶ鼻分岐。
九重山は写真方向に直進。
指導標の表記には有りませんが、帰りは星生山経由で写真の左手に出て来ました。
2016年08月27日 07:20撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻分岐。
九重山は写真方向に直進。
指導標の表記には有りませんが、帰りは星生山経由で写真の左手に出て来ました。
久住分れ。
左奥に薄っすらと避難小屋が見えます。
2016年08月27日 07:40撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住分れ。
左奥に薄っすらと避難小屋が見えます。
目指すピークは何処も見えませんが、まずは右手の九重山を目指します。
2016年08月27日 07:52撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すピークは何処も見えませんが、まずは右手の九重山を目指します。
九重山山頂。
展望も無く、回復の兆しも見えないので、写真だけ撮って中岳を目指します。
2016年08月27日 08:04撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九重山山頂。
展望も無く、回復の兆しも見えないので、写真だけ撮って中岳を目指します。
1
山頂直下に南への分岐がありました。
2016年08月27日 08:07撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下に南への分岐がありました。
どちらからも中岳に行けますが、上りの少ない右手から中岳を目指します。
2016年08月27日 08:25撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どちらからも中岳に行けますが、上りの少ない右手から中岳を目指します。
一つ前の写真の鞍部を越えると御池が目の前でした。
写真右手を池岸沿いに対岸まで水平移動してから中岳の稜線に取付きます。
2016年08月27日 08:29撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ前の写真の鞍部を越えると御池が目の前でした。
写真右手を池岸沿いに対岸まで水平移動してから中岳の稜線に取付きます。
中岳山頂。
薄っすらと太陽も見え始め、予報通りにガスが切れることを期待して先に進みます。
2016年08月27日 08:46撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂。
薄っすらと太陽も見え始め、予報通りにガスが切れることを期待して先に進みます。
当初の予定では、中岳から北に反時計回りで法華院温泉を目指すつもりでしたが、眺望の全く無い稜線歩きに飽きたので、稲星山経由で九重山に戻ってそのまま下山することにしました。
2016年08月27日 09:06撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初の予定では、中岳から北に反時計回りで法華院温泉を目指すつもりでしたが、眺望の全く無い稜線歩きに飽きたので、稲星山経由で九重山に戻ってそのまま下山することにしました。
振り返ると遂にガスが切れ始めた!
2016年08月27日 09:19撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると遂にガスが切れ始めた!
1
稲星山山頂。
2016年08月27日 09:20撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲星山山頂。
左の九重山ももう少しで望めそうです。
2016年08月27日 09:21撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の九重山ももう少しで望めそうです。
手元の簡易温度計でも23度位でした。
汗をかいていたので汗冷えしない様にカッパを着込んでオニギリ休憩しながらガスが切れるのを待つことにしました。
2016年08月27日 10:01撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手元の簡易温度計でも23度位でした。
汗をかいていたので汗冷えしない様にカッパを着込んでオニギリ休憩しながらガスが切れるのを待つことにしました。
1
おお!待望の青空だ!
山頂の登山者の姿も判るようになってきました。
2016年08月27日 10:04撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお!待望の青空だ!
山頂の登山者の姿も判るようになってきました。
1
これから一旦下って登り返す九重山方向はあっという間にまたガスの中。
2016年08月27日 10:04撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから一旦下って登り返す九重山方向はあっという間にまたガスの中。
右が中岳で左が御池廻りでピークをパスした天狗ヶ城。
この一枚が1時間近く稲星山で粘った最大の青空ショット。
2016年08月27日 10:05撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が中岳で左が御池廻りでピークをパスした天狗ヶ城。
この一枚が1時間近く稲星山で粘った最大の青空ショット。
稲星山と九重山の間の最低鞍部。
中岳と南登山口の分岐にもなっていました。
2016年08月27日 10:15撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲星山と九重山の間の最低鞍部。
中岳と南登山口の分岐にもなっていました。
見返すと既に稲星山もガスの中でした。
2016年08月27日 10:25撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返すと既に稲星山もガスの中でした。
稜線に乗越すと九重山のピークが見えました。
晴れ間が出てきて頂上は大勢の登山者で賑わっていたので、写真だけ撮り直してから直ぐに下山。
2016年08月27日 10:31撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に乗越すと九重山のピークが見えました。
晴れ間が出てきて頂上は大勢の登山者で賑わっていたので、写真だけ撮り直してから直ぐに下山。
久住分れから北に延びる稜線越しに噴気が見えます!
2016年08月27日 10:37撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住分れから北に延びる稜線越しに噴気が見えます!
天狗ヶ城と中岳を見返す。
2016年08月27日 10:50撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗ヶ城と中岳を見返す。
1
アップで。
2016年08月27日 10:50撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
1
稲星山はガスで望めません。
2016年08月27日 10:50撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲星山はガスで望めません。
復路は折角なので、写真左下の久住山避難小屋裏手のピークに登り、稜線伝いに星生山経由で扇ヶ鼻分岐に抜けるコースとしました。
奥に薄っすらと星生山のピークが見えていました。
2016年08月27日 10:56撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路は折角なので、写真左下の久住山避難小屋裏手のピークに登り、稜線伝いに星生山経由で扇ヶ鼻分岐に抜けるコースとしました。
奥に薄っすらと星生山のピークが見えていました。
1
久住分れから写真正面の岩場を一気に登ります。
2016年08月27日 11:13撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住分れから写真正面の岩場を一気に登ります。
岩場のピークからメインの登山道を見下ろす。
2016年08月27日 11:25撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場のピークからメインの登山道を見下ろす。
これから辿る稜線を望む。
星生山のピークはガスで見えません。
2016年08月27日 11:25撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから辿る稜線を望む。
星生山のピークはガスで見えません。
久住山もガスに巻かれておぼろげになってきました。
2016年08月27日 11:27撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山もガスに巻かれておぼろげになってきました。
稜線上に自然の岩窓がありました。
ここを抜けるのは不正解で、少し手前で一旦下ってから岩窓下に抜けるのが正解です。
2016年08月27日 11:31撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上に自然の岩窓がありました。
ここを抜けるのは不正解で、少し手前で一旦下ってから岩窓下に抜けるのが正解です。
2
辿って来た稜線を見返す。
背後の九重山の山頂はガスに隠れてしまいました。
2016年08月27日 11:40撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辿って来た稜線を見返す。
背後の九重山の山頂はガスに隠れてしまいました。
星生山。
山頂に登山者が見えます。
2016年08月27日 11:45撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星生山。
山頂に登山者が見えます。
左手眼下には池塘も見えて良い感じ。
スッキリと晴れ渡らないのが残念です。
2016年08月27日 11:45撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手眼下には池塘も見えて良い感じ。
スッキリと晴れ渡らないのが残念です。
星生山山頂。
2016年08月27日 11:52撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星生山山頂。
1
正面の小ピークを越えてから左手の池塘に一気に下降します。
2016年08月27日 12:03撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の小ピークを越えてから左手の池塘に一気に下降します。
池塘の脇まで降りてきて久住分れ方向を見返す。
いつの間にか気持ちの良い夏空に。
2016年08月27日 12:14撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘の脇まで降りてきて久住分れ方向を見返す。
いつの間にか気持ちの良い夏空に。
1
振り返ると、右手に星生山のピークからの稜線も良く見えます。
写真左の岩の小ピークからの下りが結構急でした。
2016年08月27日 12:19撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、右手に星生山のピークからの稜線も良く見えます。
写真左の岩の小ピークからの下りが結構急でした。
メインの登山道に合流してしばらく歩いて完全に西側に回り込んでから、小ピークと星生山を望む。
2016年08月27日 12:26撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインの登山道に合流してしばらく歩いて完全に西側に回り込んでから、小ピークと星生山を望む。
往路では見落としていた沓掛山の山頂標識。
2016年08月27日 12:53撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路では見落としていた沓掛山の山頂標識。
復路では長者原の先まで見渡すことが出来ました。
2016年08月27日 12:54撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路では長者原の先まで見渡すことが出来ました。
牧ノ戸峠駐車場までもう一息の第一展望所でノンビリしてから下山することにしました。
2016年08月27日 13:03撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠駐車場までもう一息の第一展望所でノンビリしてから下山することにしました。
東屋の木陰でそよ風に吹かれて余りに気持ちが良いので寒暖計を覗いてみると20度でした!どうりで爽やかな訳です。
2016年08月27日 13:16撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋の木陰でそよ風に吹かれて余りに気持ちが良いので寒暖計を覗いてみると20度でした!どうりで爽やかな訳です。
1
下山後は私もソフトクリームを頂いてから車に戻りました。
2016年08月27日 13:40撮影 by EX-Z690, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は私もソフトクリームを頂いてから車に戻りました。

感想/記録
by uzt

 福岡に行く機会が有ったので、空港でレンタカーを借りて、初九州の山として九重山に遠征してきました。当初の予定では、翌日には祖母山にもと目論んでいたのですが、下山時の東屋でヤマテンのメールをチェックしたところ「大荒れ情報」が発令されていたので、下山後の温泉に浸かりながら思案した末に、祖母山は諦めてその日の内に最終便の飛行機で帰宅することにしました。
 九重山はさすがに地元でも人気の山の様で、朝のひどいガスにも関わらず大勢の登山者で賑わっていました。朝一では食糧確保用のコンビニの場所を間違えて、一旦5時に牧ノ戸峠まで行ってから1時間掛けて最寄りのコンビニ(南小国町のファミリーマート)まで往復してきました。5時の日の出前の牧ノ戸峠は視界10m程度でカッパが必須の状態でしたが、不幸中の幸いでコンビニに行って戻って来るとカッパが要らない程度には好転していました。
 思っていた以上に水平移動が多く、ピークどうしも適度に近いので、快調なペースでピークハントを進められましたが、全く眺望の無い中で黙々とアップダウンを繰り返すのも少々辟易し出した頃にガスが切れだしたので、少しはこの山の良さを感じることが出来ました。スッキリと見渡すことが出来る天候に恵まれれば、さぞや快適な稜線漫歩を楽しめるのだろうなと想像を交えての感想です。
訪問者数:521人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ