ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 949524 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

大ダワ-大岳山-日の出山 -オオダワナイトラン-

日程 2016年08月28日(日) [日帰り]
メンバー Norizo
天候
アクセス
利用交通機関
電車
奥多摩駅 21:24発
奥多摩駅で受付後、大ダワまで徒歩で移動。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間31分
休憩
0分
合計
1時間31分
Sスタート地点22:0023:31大ダワG
日帰り
山行
4時間44分
休憩
2時間32分
合計
7時間16分
大ダワ00:1101:21大岳山01:3302:18大岳山荘02:1902:47鍋割山分岐02:55綾広の滝02:5903:08長尾平分岐04:0004:36日の出山05:1105:40タルクボノ峰(樽窪ノ峰)05:4105:43分岐点(金比羅尾根・ロンデン尾根分岐点)06:08金比羅山06:0906:40武蔵五日市駅07:2607:27ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎オオダワナイトランの詳細
【日時】2016・8月27日(土)23:30オオダワ集合
    28日(日)06:00解散予定
    *荒天中止。中止の場合は前日ブログに掲載およびケータイに連絡
【講習内容】
ハセツネコース最終チェックのナイトラン。夜間を安全に走るためのノウハウ。
必要なアイテムとその使用法。緊急時の対応など、安全に夜間走行するための講習会です。
コースの疑問など質問の全てに豪華講師陣が全てお答えします。
皆で楽しみましょう!
【コース】ハセツネCUPの50kmの予備関門オオダワからフィニッシュまでの約22km。
【集合場所】JR奥多摩駅集合し、22時に出発します。
      ※時間厳守 荷物は奥多摩では受け取りません。オオダワで受け取ります。
現地集合場所:オオダワ23時30分 
駅前より奥多摩方面へ、氷川大橋→南氷川橋→弁天橋手前を左折。(右手に旅館若松荘)徒歩約 1 時間 30 分。スタッフ、リピーターが誘導します。
【募集人数】 35名 裏面下部に申込表あり。
【参加料】 一般¥5000 (山たの会員¥4000)
【講師・スタッフ紹介】
1:田中正人・・アドベンチャーレース世界2位・TJAR2連覇・ハセツネ優勝者
2:湯川朋彦・・TJAR実行委員・TJAR2008完走
3:小野雅弘・・トルデジアン日本人最高位・TJAR2012完走・UTMF
4:岸 正夫・・ハセツネCUP競技委員長・山岳指導員
5:小俣恭子・・山岳指導員・ハセツネCUP・大久保病院ナイチンゲール
4:平林高志・・山岳指導員・インターハイ・国体・アドグリ・石井スポーツ原宿店
6:山口充弘・・オオダワナイトランスタッフ5回目
7:川崎直之・・御岳山長尾茶屋・ハセツネ第3関門10年間責任者
8:田中浩二・・輸送担当・山たのクラブ
9:武田耕治・・山岳指導員・分水嶺実行委員・TJAR実行委員・16〜19回競技担当
【装備】
トレイルランの装備·水は1.5〜2Lハイドレーション·携行食·防寒着·雨具・ヘッドライトと予備としてハンドライトを推奨·ダブルストックを推奨(大岳山頂にて使い方の講習あり)サバイバルシート·38mm非伸縮性テープ·保険証·ホイッスルその他各自必要なもの。
【コース上の注意】
1:水場:・・・綾広の滝上(自然水)・御岳神社参道入口(水道水)
2:飲み物・・長尾平にて(主催者より)飲み物の用意あり
3:トイレ・・奥多摩駅·オオダワ·大岳山荘前·長尾平·御岳神社参道入口脇·日の出山·金比良公園内
【荷物について】
オオダワで荷物を受け取り、五日市駅前駐車場にて受け渡します。
※荷物は奥多摩駅では受け付けません。
(オオダワナイトラン案内より)

◎コースの状況
・大岳山付近は岩場、鎖場があるので注意。
・金毘羅尾根は、下り基調で走りやすいが、所々、黄土色の粘土質の滑りやすいところがあるので、雨の日は特に注意が必要と感じた。

個人装備

個人装備品
数量
備考
キャップ(ダックビルキャップ) 1 patagonia
メガネ 1 Zoff
アンダーウェア(スキンメッシュT) 1 ファイントラック
Tシャツ 1 The North face
メンズ・ストライダー・プロ・ショーツ 1 patagonia
ソックス 1 Itoitex
指ぬきグローブ 1
靴(バハダ?) 1 montrail
ザック(TRコンポ10) 1 The North face
ソフトフラスク(500ml) 2
ハイドレーション(1.5l) 1
シェル(ENDO JACKET) 1 HOGLOFS
パンツ(ENDO PANT) 1 HOGLOFS
個人装備品
数量
備考
カメラ 1
ヘッドライト(MYO) 1 ペツル
ハンドライト(閃) 1 ジェントス
財布 1
時計(MZ-500) 1 EPSON
心拍計 1
ファーストエイドキット 1
ピットインゼリーバー 1
塩熱サプリ 1
NI 4
トレッキングポール(ウルトラディスタンス) 1 ブラックダイヤモンド
携帯電話(iphone6) 1 Apple
備考 ・今回雨天だったので、ヘッドライトに黄色のフィルム(獣人フィルター)を貼ったらよかった。

写真

大ダワにて、講師・スタッフの紹介
今回トルデジアンで5位になった小野さんが来ていました。
2016年08月27日 23:55撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワにて、講師・スタッフの紹介
今回トルデジアンで5位になった小野さんが来ていました。
1
山で遭難して連絡をする際は、案内標識にある。
管理番号を伝えると位置が特定できてよいとのこと。
2016年08月28日 01:14撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山で遭難して連絡をする際は、案内標識にある。
管理番号を伝えると位置が特定できてよいとのこと。
2
田中さんより、上り下りのレクチャーあり。
膝をできるだけ大きく曲げずに、足の骨盤を使いながら上りは登ると筋肉疲労を抑えされるとのこと。
2016年08月28日 01:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田中さんより、上り下りのレクチャーあり。
膝をできるだけ大きく曲げずに、足の骨盤を使いながら上りは登ると筋肉疲労を抑えされるとのこと。
1
小野さんも上り下りのレクチャー。
小野さんの場合、上りは踵を上げて足首を固定して登るとのこと。逆に田中さんはベタ足で登るとのことで、トップアスリートでも、ここら辺は人それぞれのようです。
2016年08月28日 02:08撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野さんも上り下りのレクチャー。
小野さんの場合、上りは踵を上げて足首を固定して登るとのこと。逆に田中さんはベタ足で登るとのことで、トップアスリートでも、ここら辺は人それぞれのようです。
1
長尾平で、冷たい炭酸飲料の提供がありました。
この前にここまで田中さん、小野さんを追いかけて、ガチ走りをしたので、汗だくになりました。コーラを一気飲み。美味しかった。
2016年08月28日 03:10撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾平で、冷たい炭酸飲料の提供がありました。
この前にここまで田中さん、小野さんを追いかけて、ガチ走りをしたので、汗だくになりました。コーラを一気飲み。美味しかった。
1
長尾平では、トランスジャパンアルプスレース実行委員の湯川さんより、登山装備のレクチャーがありました。
2016年08月28日 03:24撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾平では、トランスジャパンアルプスレース実行委員の湯川さんより、登山装備のレクチャーがありました。
1
日の出山
この日は雨、日の出は見れませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山
この日は雨、日の出は見れませんでした。
日の出山では、エマージェンシーシートの説明があり、目からウロコが落ちた。銀色とオレンジ色の特徴とはそういうものなのか。銀色=熱を遮断する、オレンジ色=熱を吸収する。
2016年08月28日 04:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山では、エマージェンシーシートの説明があり、目からウロコが落ちた。銀色とオレンジ色の特徴とはそういうものなのか。銀色=熱を遮断する、オレンジ色=熱を吸収する。
2
日の出山から先は、各自のペースで下ることとなりました。
2016年08月28日 05:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山から先は、各自のペースで下ることとなりました。
金毘羅尾根から見る朝靄に包まれた山々がよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅尾根から見る朝靄に包まれた山々がよかった。
1
金毘羅尾根はまさにトレランするにはうってつけの下り。
初めて走りましたが、とても長い。でも楽しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅尾根はまさにトレランするにはうってつけの下り。
初めて走りましたが、とても長い。でも楽しかった。
1
ハセツネのゴールの五日市会館まで下りました。
ここから武蔵五日市駅までランニングして終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハセツネのゴールの五日市会館まで下りました。
ここから武蔵五日市駅までランニングして終了。
1

感想/記録
by Norizo

今シーズンは、初めてハセツネ(長谷川恒男カップ)に参加するので、ナイトランの練習で、オオダワナイトランというナイトランの練習会に行ってきました。
ハセツネの大ダワ(49.77km地点)〜ゴールまでの約22kmを走ってきました。
この練習会、講師陣が豪華で、要所要所で、田中正人さんや小野雅弘さんなどからレクチャーをしてもらい、有意義な練習会になりました。
生憎の雨でしたが、なかなか雨の日のナイトトレイルは経験できないことなので、貴重な体験になりました。
最後の金比羅尾根は、長かったですが、トレランするには最高の尾根でした。 朝靄に包まれた山々が素敵だった。🏔
訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ