ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 950049 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鳳凰三山(テント1泊)

日程 2016年08月27日(土) 〜 2016年08月28日(日)
メンバー yasu72, その他メンバー1人
天候一日目:曇りのち雨、二日目:曇り時々晴れ、夕方から雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アクセス:国道20号線から青木鉱泉に向かう道は、未舗装路あり、舗装していてもかなり荒れている箇所あり、落石ありで、結構危険な道でした。
駐車場:青木鉱泉の手前に広いスペースあり。
トイレ:登山口付近に水洗トイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間56分
休憩
34分
合計
6時間30分
S青木鉱泉07:2109:41南精進ヶ滝09:5311:59白糸の滝12:1512:46五色の滝12:5213:51鳳凰小屋
2日目
山行
7時間5分
休憩
1時間27分
合計
8時間32分
鳳凰小屋06:5307:49地蔵ヶ岳08:2108:51アカヌケ沢の頭09:45鳳凰小屋分岐10:10鳳凰山10:4211:08薬師岳11:2812:13御座石12:1414:10林道出合14:1114:44中道ルート登山口14:4515:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ドンドコ沢コース:特に危険箇所はありませんが急登あり。
鳳凰小屋〜地蔵岳:山頂手前、砂地の急登。オベリスク手前、岩場の急登。
中道コース:滑りやすい箇所あり。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

青木鉱泉は休業中とのことでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青木鉱泉は休業中とのことでした。
登山道入口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口です。
天気は曇りで厚い雲に覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は曇りで厚い雲に覆われています。
シラヤマギク?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラヤマギク?
ノコンギク?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノコンギク?
南精進ヶ滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南精進ヶ滝。
タカネビランジ。この辺りはまだ所々で見かける感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ。この辺りはまだ所々で見かける感じでした。
サラシナショウマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
ガスガスで景色は見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスで景色は見えません。
コバノコゴメグサ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバノコゴメグサ。
タイアザミとキオン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイアザミとキオン。
鳳凰小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋に到着。
テント場の横にヤナギランがたくさん咲いてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の横にヤナギランがたくさん咲いてました。
1
二日目のあさ。青空も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目のあさ。青空も見えています。
宿泊客はほぼ出払ったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊客はほぼ出払ったようです。
いよいよ二日目のスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ二日目のスタート。
コバノコゴメグサとホタルブクロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバノコゴメグサとホタルブクロ
1
この急斜面はかなりきつかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急斜面はかなりきつかったです。
オベリスクにガスがかかってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクにガスがかかってます。
1
甲斐駒が時折姿を見せてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒が時折姿を見せてくれました。
八ヶ岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面。
オベリスクの裏側から見たてっぺんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクの裏側から見たてっぺんです。
ミヤマダイモンジソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ
イワインチン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワインチン
タカネビランジとミネウスユキソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジとミネウスユキソウ。
観音岳方面。雲に隠れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳方面。雲に隠れてます。
ナナカマド。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド。
トウヤクリンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ。
ホウオウシャジン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウオウシャジン。
山頂、広かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂、広かったです。
中道コースで下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道コースで下山します。
御座石、大きかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座石、大きかったです。
マルバダケブキ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ。
30分くらい前から雨が降りだしてきましたが、どしゃ降りにならず助かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分くらい前から雨が降りだしてきましたが、どしゃ降りにならず助かりました。

感想/記録
by yasu72

<一日目>
中央道韮崎ICで降りて青木鉱泉に向かいました。国道20号から青木鉱泉に向かう道は、未舗装路があったり、舗装していてもあたこち穴があったり落石があったりで、結構危険な道でしたが、無事に青木鉱泉に到着できました。

朝から雲っていたので、天気が今一でも滝見物は楽しめるかなと思い、ドンドコ沢コースを登ることにしました。始めのうちはなだらかなコースもありましたが、滝の近くになるとかなりの急登になりました。

途中から雨が降りだし、今シーズン初の泊登山で荷物が多かったこともあり、この急斜面はかなりこたえました。見ることのできる滝は全て見ましたが、どの滝も見ごたえありました。

2時前にようやく鳳凰小屋に到着。小屋の周りにはヤナギランがたくさん咲いてました。すぐにテント設営。テント場は思ったよりも空いていて良かったです。また雨が降りだしたのでほとんどテント内で過ごしました。結局雨は止まずに夜中まで降っていました。

<二日目>
明け方雨が上がったようで、朝のうちはいい天気になりました。ゆっくり準備して7時前に地蔵岳に向けて出発しました。

山頂手前の砂地の急登は結構キツかったです。オベリスクのてっぺんまでは怖くて行けませんが、オベリスクの下まで何とか頑張って行きました。ガスがかなり出てきてしまいましたが、甲斐駒、八ヶ岳、北アルプスが何とか見えて良かったです。

その後、観音岳・薬師岳に行きましたが、景色は見えず残念。でもタカネビランジやイワギキョウがたくさん咲いていて満足できました。

中道コースから下山しました。前日の雨で地面が濡れていて滑り易い箇所が多く、慎重に歩きました。3時前になると雨が降りだしてきましたが、どしゃ降りになる前に青木鉱泉に到着。助かりました。

2日間で歩いた距離は大したことありませんでしたが、荷物が重く結構疲れました。でも、滝、山、花それぞれ楽しめ、満足のいく登山でした。
訪問者数:520人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ