ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 950094 全員に公開 ハイキング京都・北摂

【蛭地獄】雲取山(花背高原前〜雲取山〜二ノ谷)

日程 2016年08月27日(土) [日帰り]
メンバー mizuiwa
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
花背高原前のバス停より南へすぐの無人駐車場(\300)を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
37分
合計
5時間10分
S花脊高原前10:0010:41寺山峠10:4711:29雲取峠11:4211:55雲取山12:1214:34寺山峠15:07花脊高原前15:0815:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【ルート注意】
トレースはしっかりしているものの分岐地点は迷いやすい箇所が多いため、地図とコンパスもしくはGPSなどを使って確認してください。二ノ谷を下り一ノ谷へ向かう途中に林道(左)と登山道(右)の分岐があります。山へ続く林道(左)を進むと行き止まりになってしまいますので、登山道(右)を進んでください。双方の道が並走しているため、GPSでは登山道を進んでいるつもりが林道を進んでしまい、行き止まりになるまで間違いに気が付きませんでした。ご注意を。

【ヤマビル注意】
渓友クラブ雲取山荘〜雲取峠と雲取山〜二ノ谷〜一ノ谷までは、ヤマビルの巣窟です。ヤマビルの活動時期(5〜10月頃)は対策が必須かと思われます。

【熊注意】
2016年 6月15日に花背峠付近でツキノワグマの目撃情報がありますので、ご注意ください。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ウエストバッグ シューズ レインコート グローブ トレッキングポール 地図 コンパス GPS GPSロガー ヘッドランプ レスキューシート ベアベル 熊撃退スプレー ホイッスル ファーストエイド 財布 免許証 保険証 腕時計 カメラ 充電池 ウェア ズボン タオル 飲料 昼食 行動食
備考 事前に雲取山の情報を収集していたにもかかわらずヤマビルの情報までたどり着くことができなかったので何の対策もしていませんでしたが、ヤマビル対策は必須です。

写真

花背高原前のバス停より南へすぐの無人駐車場に駐車。
300円をポストに入れて登山準備完了。
2016年08月27日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花背高原前のバス停より南へすぐの無人駐車場に駐車。
300円をポストに入れて登山準備完了。
駐車場の全景。先行車は1台だけ。
2016年08月27日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の全景。先行車は1台だけ。
橋を渡ったら登山開始!
2016年08月27日 10:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ったら登山開始!
花背スキー場跡に到着
2016年08月27日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花背スキー場跡に到着
花背スキー場跡の全景
2016年08月27日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花背スキー場跡の全景
ゆるやかな坂道が続く
2016年08月27日 10:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるやかな坂道が続く
この辺りからいよいよ本格的な登山道がスタート
2016年08月27日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからいよいよ本格的な登山道がスタート
登山道には番号の標識がついています
2016年08月27日 10:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道には番号の標識がついています
4番の標識。寺山峠まで10分。
2016年08月27日 10:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4番の標識。寺山峠まで10分。
寺山峠到着。ここで先行していたおじさんに一ノ谷出会方面はヒルが多いので気をつけるようにとアドバイスをいただいた。
2016年08月27日 10:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺山峠到着。ここで先行していたおじさんに一ノ谷出会方面はヒルが多いので気をつけるようにとアドバイスをいただいた。
寺山峠は4つに分岐しているため、コンパスで方角を確認して北西のルートを進む。
2016年08月27日 10:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺山峠は4つに分岐しているため、コンパスで方角を確認して北西のルートを進む。
一ノ谷出会に到着。6番の標識。
2016年08月27日 10:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ谷出会に到着。6番の標識。
渓友クラブ雲取山荘に到着。ここを過ぎたあたりからヤマビルとの本格的な戦いが始まる。
2016年08月27日 11:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓友クラブ雲取山荘に到着。ここを過ぎたあたりからヤマビルとの本格的な戦いが始まる。
5分おきにヒルチェック。大きなヤマビルが靴を超えて靴下にさしかかっていた。危ない。。。ストレスが蓄積されていく。
2016年08月27日 11:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分おきにヒルチェック。大きなヤマビルが靴を超えて靴下にさしかかっていた。危ない。。。ストレスが蓄積されていく。
油断をするとすぐに登山靴に這い上がってくる。気持ち悪いことこの上ない。ストレスはMAX!
2016年08月27日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油断をするとすぐに登山靴に這い上がってくる。気持ち悪いことこの上ない。ストレスはMAX!
ようやく蛭地獄から脱出し、雲取峠に到着。
別名フカンド峠。フカンドって何?
2016年08月27日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく蛭地獄から脱出し、雲取峠に到着。
別名フカンド峠。フカンドって何?
雲取峠の全景。風が心地よい。今回の山行で一番気持ちの良かった場所。
2016年08月27日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取峠の全景。風が心地よい。今回の山行で一番気持ちの良かった場所。
雲取山(911m)登頂!!
展望が良くない。。。
2016年08月27日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山(911m)登頂!!
展望が良くない。。。
三角点。ここから二ノ谷をくだるのですが、ルートが判り辛く少し迷いました。
2016年08月27日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点。ここから二ノ谷をくだるのですが、ルートが判り辛く少し迷いました。
雲取山から二ノ谷をくだりましたが、シダだらけで登山道が見えない。そしてヤマビルだらけ。蛭地獄再開。もうイヤだーーー!
2016年08月27日 12:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山から二ノ谷をくだりましたが、シダだらけで登山道が見えない。そしてヤマビルだらけ。蛭地獄再開。もうイヤだーーー!
1
立命館ワンゲル小屋に到着
2016年08月27日 12:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立命館ワンゲル小屋に到着
かわいい手書きの看板
2016年08月27日 12:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいい手書きの看板
建物跡?
2016年08月27日 13:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建物跡?
この場所を左の林道を進んでしまい、行き止まりに。。。
正しい登山道は右手にあります。ここを過ぎたルート上にもヤマビルが多く、要注意です。
2016年08月27日 13:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所を左の林道を進んでしまい、行き止まりに。。。
正しい登山道は右手にあります。ここを過ぎたルート上にもヤマビルが多く、要注意です。
ようやく一ノ谷出会に戻りました。
2016年08月27日 14:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく一ノ谷出会に戻りました。

感想/記録

今回のルートは約300mの標高差を登るだけなので楽勝。。。と思いきや、想像もしていなかった別の苦労が待ち受けていたのでした。そうです憎っくきヤマビルとの戦いです。奴らは油断すると靴から這い上がってきます。しかも猛スピードで!!無事登頂できたものの5分毎にヒルチェックを行いながらの登山はストレス以外のなにものでもありませんでした。次の山行からはヤマビル対策用のスプレーを必ず持って行こうと固く心に誓ったのでした。
訪問者数:263人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ