ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 950209 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

南アルプス・茶臼岳〜光岳

日程 2016年08月26日(金) 〜 2016年08月28日(日)
メンバー mimimaru(食事), qed(記録)
天候1日目 晴れ
2日目 曇り時々雨
3日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■茶臼小屋テント場:700円/人 水豊富。
■立ち寄り湯:南アルプス赤石温泉 白樺荘 510円
H21にリニューアルしたそうでとても綺麗。露天、内湯あり。
http://www.okushizuoka.jp/100sen/spot/000132.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間15分
休憩
54分
合計
8時間9分
S畑薙ダムゲート前07:0807:55畑薙大吊橋08:34ヤレヤレ峠08:4509:51ウソッコ沢避難小屋10:1612:15横窪沢小屋12:3315:17茶臼小屋
2日目
山行
10時間58分
休憩
1時間14分
合計
12時間12分
茶臼小屋05:2306:01茶臼岳06:0306:43希望峰06:5508:17易老岳08:2909:41三吉平11:02県営光岳小屋11:0311:23光岳11:3111:42光石11:5612:12光岳12:27県営光岳小屋12:3713:27三吉平13:2914:46易老岳16:12希望峰16:2517:05茶臼岳17:35茶臼小屋
3日目
山行
5時間46分
休憩
1時間0分
合計
6時間46分
茶臼小屋07:1108:58横窪沢小屋09:2010:32ウソッコ沢避難小屋10:5512:06ヤレヤレ峠12:2112:51畑薙大吊橋13:44畑薙ダムゲート前13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

畑薙湖。水量が少なく、普通の川にしか見えない。
2016年08月26日 07:50撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙湖。水量が少なく、普通の川にしか見えない。
畑薙大吊橋。結構揺れ、見た目以上に長く感じた。定員15人だそうだが、10人も同時に歩いているとかなり怖そうな気がする。
2016年08月26日 07:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙大吊橋。結構揺れ、見た目以上に長く感じた。定員15人だそうだが、10人も同時に歩いているとかなり怖そうな気がする。
橋の多い登山道だった。かなりくたびれている板もあり、緊張する。
2016年08月26日 09:14撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の多い登山道だった。かなりくたびれている板もあり、緊張する。
緑がまぶしい(m)
2016年08月26日 09:21撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑がまぶしい(m)
1
ここにも吊橋。
2016年08月26日 10:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも吊橋。
横窪小屋周辺のトリカブトは白っぽい(m)
2016年08月26日 12:14撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横窪小屋周辺のトリカブトは白っぽい(m)
1
横窪小屋
2016年08月26日 12:23撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横窪小屋
2
カエルちゃんがお出迎え。麦茶いただきました。(m)
2016年08月26日 12:30撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエルちゃんがお出迎え。麦茶いただきました。(m)
脇の水場からは毎秒1滴程度、したたっていた。
下山時は、前夜の降雨のため、細い流れとなっていた。
2016年08月26日 14:06撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脇の水場からは毎秒1滴程度、したたっていた。
下山時は、前夜の降雨のため、細い流れとなっていた。
紫のキノコちゃん(m)
2016年08月26日 14:08撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫のキノコちゃん(m)
改装中の茶臼小屋に到着。小屋のそばのテン場は資材置き場として使われていた。
2016年08月26日 15:31撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改装中の茶臼小屋に到着。小屋のそばのテン場は資材置き場として使われていた。
1
本日のメインはゴーヤチャンプルーです♪久々に生米を炊きました。(m)
2016年08月26日 19:06撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のメインはゴーヤチャンプルーです♪久々に生米を炊きました。(m)
1
朝焼けと今回のお宿(m)
2016年08月27日 05:20撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けと今回のお宿(m)
1
土曜の朝:朝日を浴びて輝いている。
2016年08月27日 05:22撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土曜の朝:朝日を浴びて輝いている。
2
富士山がきれいに見えていた。山頂の両側にツノのように見えるのは、恐らく左(北)側が白山岳、右側が剣ヶ峯。宝永山は隠れているのできれいな円錐形に見える。
2016年08月27日 05:24撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がきれいに見えていた。山頂の両側にツノのように見えるのは、恐らく左(北)側が白山岳、右側が剣ヶ峯。宝永山は隠れているのできれいな円錐形に見える。
5
アップで(m)
2016年08月27日 05:22撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで(m)
稜線に出たところ。聖岳が見える。
2016年08月27日 05:42撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出たところ。聖岳が見える。
上河内岳〜聖。不思議なモヤがかかる(m)
2016年08月27日 05:54撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳〜聖。不思議なモヤがかかる(m)
3
茶臼岳山頂付近はゴツゴツとした岩場。
2016年08月27日 06:02撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳山頂付近はゴツゴツとした岩場。
1
茶臼山頂(m)
2016年08月27日 06:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼山頂(m)
3
光は遥かかなた・・・(m)
2016年08月27日 06:04撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光は遥かかなた・・・(m)
1
仁田池
2016年08月27日 06:22撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田池
木道もたくさん出てくる。濡れていると滑るので要注意。
2016年08月27日 06:30撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道もたくさん出てくる。濡れていると滑るので要注意。
1
「静高平」の名前の由来を調べてみたが、よく分からなかった。
2016年08月27日 10:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「静高平」の名前の由来を調べてみたが、よく分からなかった。
1
静高平の水場。2箇所あったがどちらも涸れていた。
2016年08月27日 10:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静高平の水場。2箇所あったがどちらも涸れていた。
1
ガンコウラン(クラウベリー)の実。ジャムにするととても美味しい。(m)
2016年08月27日 10:25撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンコウラン(クラウベリー)の実。ジャムにするととても美味しい。(m)
2
この頃からはガスってきてご覧の通り。
2016年08月27日 10:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この頃からはガスってきてご覧の通り。
この子は食べれるはず!?(m)
2016年08月27日 10:52撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この子は食べれるはず!?(m)
光岳山頂。樹林のなか(m)
2016年08月27日 11:23撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳山頂。樹林のなか(m)
3
光岳山頂からしばらく下りて光石に向かう。途中、光石まで7分という看板があったが、もう少しかかるかもしれない。
2016年08月27日 11:42撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳山頂からしばらく下りて光石に向かう。途中、光石まで7分という看板があったが、もう少しかかるかもしれない。
2
ガスに包まれている時間が多かったが、時折景色を見ることもできた。登山道の反対側は断崖絶壁である。
2016年08月27日 11:45撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに包まれている時間が多かったが、時折景色を見ることもできた。登山道の反対側は断崖絶壁である。
1
光石には容易に登れる。
2016年08月27日 11:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光石には容易に登れる。
3
光小屋。水は100メートル下からポンプであげているそうです。(m)
2016年08月27日 12:27撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光小屋。水は100メートル下からポンプであげているそうです。(m)
やっと戻ってきました〜。テント場着くまではギリギリ雨は持ってくれました。いいタイミング!(m)
2016年08月27日 17:23撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと戻ってきました〜。テント場着くまではギリギリ雨は持ってくれました。いいタイミング!(m)
1
本日のメインは焼きビーフンです。(m)
2016年08月27日 19:35撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のメインは焼きビーフンです。(m)
1
最終日の朝:雨があがり、青空が広がる。
2016年08月28日 06:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終日の朝:雨があがり、青空が広がる。
2
稜線側も晴れ渡っていた。
2016年08月28日 06:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線側も晴れ渡っていた。
3
茶臼小屋の水場。南アルプス天然水。すっごく冷たい!(m)
2016年08月28日 07:10撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼小屋の水場。南アルプス天然水。すっごく冷たい!(m)
この橋はけっこうヤバイです・・・(m)
本当に、かなりヤバイ!100Kgには耐えられないのではないだろうか。事故が起きる前に修繕して欲しいと強く願う(q)。
2016年08月28日 11:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋はけっこうヤバイです・・・(m)
本当に、かなりヤバイ!100Kgには耐えられないのではないだろうか。事故が起きる前に修繕して欲しいと強く願う(q)。
2
ヒルにもダニにも出会わず良かった!(m)
2016年08月28日 14:32撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒルにもダニにも出会わず良かった!(m)
3

感想/記録

南の南。やっはり渋くてキツくて山深い!
高所恐怖症の人はまずひとつめの畑薙大吊橋で挫折しちゃうでしょうね。
その後も何度も吊り橋を渡るもけっこう怪しげなものもあり、荷物重いし緊張の連続。。。
やっと川沿いを離れ登山道らしくなったと思ったらまだ「1300メートル」の看板!
テン場は2400メートルだというのに・・・「誰か嘘だと言って〜」(T_T)
ヒイヒイ言いながらやっとテント場に到着。余力があれば上河内岳に登ろうなんて思っていたが全く余力なしでした・・・。
翌日はテントは置いて身軽で光岳往復。荷物が軽いからコースタイムよりはだいぶ早く歩けるんじゃなかろうかと高をくくっていたけれど、もう「なめててスミマセンでしたー」という感想です。
アップダウン、アップダウンの繰り返しでそうそう簡単には登らせてくれませんでした。途中キノコちゃんがたくさん生えていて気分転換しながら進む。
静高平あたりでパラパラ雨が降り出したが、結局降ったりやんだりの繰り返しでテン場に着くまでは大したことはなく本降りにはならず良かった。
(光岩ではガスがもう少しで切れそうで、ちょっと長めに休憩したり岩によじ登ったりして遊んでしまったら帰りの時間が押せ押せになってしまいました・・・)
光小屋の水場が枯れているので茶臼からかなり多めに水を担いでいたが、この日はかなり涼しかったのでそんなに飲まず余裕で足りた。でも暑い日だったら厳しかったかもしれない。
最終日は下山だけなので気が楽。のんびり撤収してのんびり下山。畑薙吊橋を渡りしばらく歩いていると
5月に聖に登った際に出会った釣り師の方に再会できてお互いに驚く。
山の世界は狭いですねぇ。
南の南。キツくてツライけど終わった後の達成感は格別ですね。
あと残るは赤石!また頑張らなくては!

感想/記録
by qed

ここしばらく日帰り山行しかやっていなかったので、久しぶりにテント泊をしてみることにした。当初の予定では西穂〜奥穂間を歩くはずであったが、天気予報がよろしくないので急遽行き先を南アルプスに変更。南アルプス南部には行ったことがないので深南部・光岳に決めた。

【金曜日】
畑薙湖ゲート前駐車場から湖岸の林道を歩き、畑薙大吊橋を渡って登山道に入る。
ヤレヤレ峠からは100mくらい下ってウソッコ沢に出る。下山時のここの登りはキツそうだ…。
ウソッコ沢小屋前で数名が休憩していた。我々は中に入ってしばし休憩。小屋を出て上河内沢に架かる橋を渡ると急な登りが始まる。途中、1300mの看板を見て、わずかしか標高を稼いでいないことにガッカリ…。
横窪峠を越えて少し下りると横窪沢小屋である。小屋の下に流し台付きの水場がある。小屋の前を通るとき、小屋の方から麦茶をご馳走になる。有り難い。
ここから茶臼小屋までの標高差は800m、ひたすら登る。樹林で日光が遮られるものの、それでも暑い。
茶臼小屋は改装工事中らしく、鉄パイプの足場で囲まれており、外壁の塗装作業が行われていた。小屋に近いテン場は資材置き場となっており、小屋から離れた場所に張らざるを得ない。この時点でテントは4張くらいだったか。

【土曜日】
5時には出発、と思っていたが少し出遅れた。天気は曇りだが眺望は良い。テン場から少し登ったあたりから富士山が良く見え、稜線に出ると北側の上河内岳や聖岳がきれいに見えた。
岩だらけの茶臼岳山頂を過ぎ、希望峰で休憩。仁田岳へは帰路、時間があれば登ることにして通過する。

静高平に着く頃にはすっかりガスに覆われ、時折小雨も降り始めたが、まだカッパを着るほどではない。

イザルガ岳分岐を通過して平坦な場所を歩いていたとき、脇に生えているキノコを見ようとして体の向きを変えたところ、背中に鋭い痛みが走った。虫にやられたのではないかと思い、相棒に確認してもらうと背中とサブザックの間にミツバチのような蜂がいたようである。数秒後、背中を針で突き立てるような強い痛みが襲ってきた。ポイズンリムーバを持ってきた相棒がすぐに取り出して傷口を吸ってくれ、虫刺されの薬を塗る。強い痛みはなくなったが、まだ多少痛い。少し時間をおいてから再度傷口を絞ってもらって薬を塗る、これを光石に着くまでの間に何度か繰り返したら痛みはおさまった。腫れも無いようなのでたぶん大丈夫だろう。
光岳小屋のテン場は平坦で箒で掃いたようにきれいであるが、天気が悪いせいか、テントはまだ見当たらない。
光岳山頂は樹林に囲まれていて眺望もなく、特にどうということもないので、すぐに光石に向かう。斜面を下って行くと前方のガスの中に岩山が見えてきた。霧の中では何も見えないか…と思いながら光石に登ってみた。登山道の反対側は切れ落ちているようだ。時々風で霧が払われると景色が良く見えた。やはり片側は断崖絶壁となっている。ついつい光石でのんびりしてしまい、慌てて出発する。イザルガ岳には寄るつもりだったのだが、ガスで何も見えないし、時間もあまり余裕が無いので通過。仁田岳にも行かないことにする。

復路はガスの中をひたすら歩く。時々雨が強く降りカッパを着込んだこともあったが、長く降り続きはしなかった。登り下りを繰り返すことは往路で分かっていたが、希望峰までの200mほどの登りはキツかった。

茶臼岳に17時過ぎに到着し、明るいうちにテン場に戻れそうでホッとする。朝は良く見えていた聖岳方面もガスの中で何も見えない。

小屋横の資材置き場となってるあたりで雨がザーっと強く降りだし、小走りでテントに逃げこむ。これ以降ずーっと雨が降り続いたので、きわどいタイミングで帰幕したことになる。運が良かったと言うべきか。

夕食後は一気に睡魔が襲ってきてすぐに寝てしまったが、強い雨がテントを叩く音で何度も目が覚めてしまった。

【日曜日】
朝、雨は上がっていたが、ガスに包まれている。しかし、雨の中での撤収とならずに済んだのは有り難い。朝食後に外に出ると、ガスも晴れてきれいな景色が広がっていた。今日は下山だけなのでのんびり片付けて出発する。
横窪沢小屋、ウソッコ沢小屋、ヤレヤレ峠で休憩をとり、林道をダラダラと歩いてようやく駐車場着。金曜日に思った通り、ヤレヤレ峠までの登りが長く感じられた。
下山中、足を滑らせて2度も転んでしまった。1日に2度も転んだのは初めてかもしれない。

久しぶりの山中テント泊、キツかったが、いいトレーニングになった。
訪問者数:497人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ