ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 950231 全員に公開 沢登り積丹・ニセコ・羊蹄山

伊佐内川遡行→積丹岳

日程 2016年08月28日(日) [日帰り]
メンバー holstein425, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

4:55 入山
8:50 Co640二股
12:00 源頭
13:55 山頂(〜14:10)
16:05 山小屋
16:30 自転車デポ地点
16:50 下山完了
コース状況/
危険箇所等
沢は全体を通して、台風の影響をそれほど受けておらず、終始快適に遡行できた。
滝は全て直登または巻くことができるが、Co400大滝の巻きがかなり悪いので注意。今回ザイルを出したのは、F3一段目のみ。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

取水施設の手前に駐車して出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取水施設の手前に駐車して出発。
1
左手にこれから目指す山を眺めながら、しばし林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手にこれから目指す山を眺めながら、しばし林道歩き。
いざ入渓。昨日の好天のおかげで渇水のようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ入渓。昨日の好天のおかげで渇水のようだ。
1
後にも先にも、人工物はこの一ヶ所のみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後にも先にも、人工物はこの一ヶ所のみ。
台風の影響を受けていた箇所は、ごく僅かだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台風の影響を受けていた箇所は、ごく僅かだった。
プレッツェルみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレッツェルみたい。
1
しばらく退屈な河原歩きが続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく退屈な河原歩きが続く。
小滝をいくつかクリアした後、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝をいくつかクリアした後、
最初の関門Co400大滝。ここを処理するのに20分もかかってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の関門Co400大滝。ここを処理するのに20分もかかってしまった。
7
Co420二股は左を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co420二股は左を行く。
2
遅めのご来光。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅めのご来光。
1
Co640二股までは、滝の密度は低い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co640二股までは、滝の密度は低い。
たまにちょっとしたナメが現れて、癒される。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにちょっとしたナメが現れて、癒される。
1
Co700付近から核心部が始まる。F1の「ナイアガラ滝」ではしゃぐ僕。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co700付近から核心部が始まる。F1の「ナイアガラ滝」ではしゃぐ僕。
2
ここからは、ぐいぐい高度を稼いでいく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは、ぐいぐい高度を稼いでいく。
F2直登。後輩はチロロ以来1年振りの沢だったが、登攀も上手くなっていてビックリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2直登。後輩はチロロ以来1年振りの沢だったが、登攀も上手くなっていてビックリ。
1
F3の一段目は、ホールドがヌメッていやらしかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F3の一段目は、ホールドがヌメッていやらしかった。
1
ここのみザイルを出す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのみザイルを出す。
2
バックには、積丹ブルーと遠く増毛山塊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックには、積丹ブルーと遠く増毛山塊。
1
次々に滝が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々に滝が現れる。
傾斜は緩むことがない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜は緩むことがない。
ずいぶんと高度を上げたもんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずいぶんと高度を上げたもんだ。
1
水流が枯れると、源頭は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水流が枯れると、源頭は近い。
源頭部は、突如だだっ広いお花畑になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭部は、突如だだっ広いお花畑になる。
2
ラストの藪漕ぎの始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストの藪漕ぎの始まり。
1
始めのうちは沢地形が残っているが、やがて消失する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めのうちは沢地形が残っているが、やがて消失する。
2
ようやく藪を抜け、頂上標識が見えて安堵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく藪を抜け、頂上標識が見えて安堵。
1
歩みもフラフラ。満身創痍だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩みもフラフラ。満身創痍だ。
3
9時間の激闘の末、登頂。本当によく頑張ったね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時間の激闘の末、登頂。本当によく頑張ったね!
13
積丹半島最高峰の余別岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積丹半島最高峰の余別岳を望む。
2
神威岬を遠望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神威岬を遠望。
1
少しかすんでいたが、ニセコ連山と羊蹄山も見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しかすんでいたが、ニセコ連山と羊蹄山も見えた。
1
復路は、整備された登山道を下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路は、整備された登山道を下山。
山小屋を経て、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋を経て、
砂利道から舗装路になる所でデポしておいた自転車に乗り換え、車を回収した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂利道から舗装路になる所でデポしておいた自転車に乗り換え、車を回収した。
2
岬の湯で汗を流し、島武意海岸に立ち寄った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岬の湯で汗を流し、島武意海岸に立ち寄った。
4

感想/記録

久々にハードな山行でした。
幸いコンディションにも恵まれ、長い行程の中で飽きが来ることなく、楽しい遡行でした。読図、登攀、体力など、これまで積んできた経験が活かせるようになってきたと実感できたのも、大きな収穫だったと思います。

何よりも、沢登り3回目の後輩が最後までよくついて来てくれたのが、一番嬉しかったです。今回でかなり経験値がアップしたハズなので、是非今後に活かしていってほしいです。
訪問者数:271人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ