ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 950235 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

武奈ヶ岳☆(坊村から御殿山〜武奈〜コヤマノ岳周回)

日程 2016年08月25日(木) [日帰り]
メンバー mygwtks
天候晴れ(頂上はときどきガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
55分
合計
6時間38分
S坊村10:2211:41846m地点12:23御殿山12:31ワサビ峠12:3213:14武奈ヶ岳13:5314:04コヤマノ分岐14:0514:12パノラマコース分岐14:18コヤマノ岳14:1914:38中峠14:4414:55ワサビ平14:5715:10ワサビ峠15:15御殿山15:2016:58坊村17:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

坊村の鯖街道西側の橋を渡ったところの駐車場に駐車
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊村の鯖街道西側の橋を渡ったところの駐車場に駐車
今から登る植林帯!この奥に目指す御殿山や武奈があります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今から登る植林帯!この奥に目指す御殿山や武奈があります!
公衆トイレも完備されており、登山の拠点となっています。西側に登れば以前京都側から登った鎌倉山に行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公衆トイレも完備されており、登山の拠点となっています。西側に登れば以前京都側から登った鎌倉山に行けます。
明王院の北側に登り口あり!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王院の北側に登り口あり!
登山ポストに計画書を提出!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストに計画書を提出!
立派な橋を渡れば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な橋を渡れば
ここから登山道が始まります!気温30℃!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道が始まります!気温30℃!
九十九折の急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折の急登が続きます。
この羽は何の鳥だろう・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この羽は何の鳥だろう・・・?
植林帯を登り終えると小さな鞍部があり、以降広葉樹林となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を登り終えると小さな鞍部があり、以降広葉樹林となります。
ここからは地質の変化か、ゴロゴロ石が目立ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは地質の変化か、ゴロゴロ石が目立ちます。
ブナ・ミズナラ・クリの自然林が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ・ミズナラ・クリの自然林が綺麗です。
標識も多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識も多いです。
ここで、今回の行動食、バナナカステラを頬張ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、今回の行動食、バナナカステラを頬張ります。
しばらく、尾根を巻くトラバース道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、尾根を巻くトラバース道が続きます。
このあたりからイワカガミが出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからイワカガミが出てきます。
カミキリムシが交尾していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カミキリムシが交尾していました。
2
少し開けたところに出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し開けたところに出ます。
京都北山方面がよく見えるスポットのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都北山方面がよく見えるスポットのようです。
正面は以前八丁平経由で登った鎌倉山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面は以前八丁平経由で登った鎌倉山
こちらもその時登った峰床山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもその時登った峰床山
東側はかなりガスが立ち込めているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側はかなりガスが立ち込めているようです。
御殿山に到着!ここまで来るとかなり涼しい。それでも25℃ですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山に到着!ここまで来るとかなり涼しい。それでも25℃ですが。
ここからやっと目指す武奈ヶ岳が見え始めます!少しガス来てますがそれがまたかっこいい!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからやっと目指す武奈ヶ岳が見え始めます!少しガス来てますがそれがまたかっこいい!!
よく見ると手前のピーク近くに先行者がおられるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ると手前のピーク近くに先行者がおられるようです。
と、言うてる間にガスに包まれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、言うてる間にガスに包まれました。
ここから一旦下りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一旦下りです。
ワサビ峠に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ峠に到着!
帰りは中峠を通って帰ってくる計画。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは中峠を通って帰ってくる計画。
エゾハルゼミの抜け殻発見!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾハルゼミの抜け殻発見!
先程先行者がおられたあたりか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程先行者がおられたあたりか
振り返って御殿山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って御殿山
帰り通る予定の中峠方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り通る予定の中峠方面
あと一息ですね。緑が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一息ですね。緑が綺麗です。
1
ヤマツツジが庭園のようです。鈴鹿とはまた違った植生のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが庭園のようです。鈴鹿とはまた違った植生のようです。
1
帰りは右側の稜線を行く予定!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは右側の稜線を行く予定!
頂上付近は既にススキの季節ですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近は既にススキの季節ですね!
頂上手前のピーク!西側は三国岳方面が見えます!このあとガスでこの景色は幻に。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前のピーク!西側は三国岳方面が見えます!このあとガスでこの景色は幻に。。。
鯖街道沿いの朽木の集落でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鯖街道沿いの朽木の集落でしょうか。
最後の登り!本日は10人くらいの人とすれ違いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り!本日は10人くらいの人とすれ違いました。
比良最高峰、武奈ヶ岳(1214m)に到着!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良最高峰、武奈ヶ岳(1214m)に到着!!
1
今日のご飯は最近ハマっているトムヤンクンヌードルです。が、箸がないことに気付く。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のご飯は最近ハマっているトムヤンクンヌードルです。が、箸がないことに気付く。。。
ススキさん、1本だけごめんなさい。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキさん、1本だけごめんなさい。。。
バーナーで炙って殺菌し、ススキでお箸を作ってみました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バーナーで炙って殺菌し、ススキでお箸を作ってみました
1
なんとかいけそうw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとかいけそうw
南方面(蓬莱山とか?)の眺望。。。ガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方面(蓬莱山とか?)の眺望。。。ガス
西方面(京都北山)の眺望。。。ガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方面(京都北山)の眺望。。。ガス
北方面の眺望。。。ガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方面の眺望。。。ガス
東方面(琵琶湖とか鈴鹿とか?)の眺望。。。ガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方面(琵琶湖とか鈴鹿とか?)の眺望。。。ガス
ということで頂上をあとにし、東側の尾根に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで頂上をあとにし、東側の尾根に向かいます。
今日は琵琶湖からバンバンガスが湧いており、それが東から流れてくるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は琵琶湖からバンバンガスが湧いており、それが東から流れてくるようです。
こんな道は今日初めて♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道は今日初めて♪
この花はなんだろう??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花はなんだろう??
1
こちら側は完全に手つかずの原生林の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側は完全に手つかずの原生林の様子
八雲ヶ原分岐。私は中峠を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原分岐。私は中峠を目指します。
振り返って武奈ヶ岳。あれ?ガスなくなってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って武奈ヶ岳。あれ?ガスなくなってる。
今なら頂上からの景色良さそう。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今なら頂上からの景色良さそう。。。
びっしりエゾハルゼミの抜け殻。これだけブナがすごいと大量にいるのでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びっしりエゾハルゼミの抜け殻。これだけブナがすごいと大量にいるのでしょう。
壮大なブナ林が広がります。武奈ヶ岳の名前の由来か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壮大なブナ林が広がります。武奈ヶ岳の名前の由来か。
コヤマノ岳に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳に向かいます
今日初めて見えた琵琶湖!あれは近江今津あたりか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めて見えた琵琶湖!あれは近江今津あたりか。
コヤマノ岳到着!中峠へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳到着!中峠へ向かいます。
こういうの好きなんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうの好きなんです。
こちら側はこのへんでは珍しく下草が残っていますね。鹿が食べない種類なのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側はこのへんでは珍しく下草が残っていますね。鹿が食べない種類なのか?
白いカメムシは初めてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いカメムシは初めてみました。
1
初めて鈴鹿(御池岳方面)が見えました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて鈴鹿(御池岳方面)が見えました!
中峠到着!ワサビ峠へここから行けます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠到着!ワサビ峠へここから行けます!
反対側は金クソ峠を通って、蓬莱や釈迦の方へと続く道があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側は金クソ峠を通って、蓬莱や釈迦の方へと続く道があります。
ここから一旦沢方面へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一旦沢方面へ下ります。
このあたりもブナ林が美しくて好きです。かなり比良のコアの部分だと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりもブナ林が美しくて好きです。かなり比良のコアの部分だと思います。
何か見えるかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か見えるかな?
本日唯一の渡渉。問題ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日唯一の渡渉。問題ありません。
飲んでみました。冷たくて美味しかったけど、今のところお腹は大丈夫です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飲んでみました。冷たくて美味しかったけど、今のところお腹は大丈夫です。
ここからしばらく谷筋を登るルートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらく谷筋を登るルートです。
ロープ場もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場もあります。
さて、行きも通った、ワサビ峠に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、行きも通った、ワサビ峠に到着!
すっかり武奈ヶ岳のガスはなくなっているようですね。今だと全方角景色は綺麗やろうなぁ。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり武奈ヶ岳のガスはなくなっているようですね。今だと全方角景色は綺麗やろうなぁ。。。
最後にアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にアップ
朝はガスで見れなかった南比良の蓬莱山方面。蓬莱の上部はガスっぽいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝はガスで見れなかった南比良の蓬莱山方面。蓬莱の上部はガスっぽいですね。
打見山アップ。今日も賑わってるでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打見山アップ。今日も賑わってるでしょうね。
左の稜線から右の稜線まですべて制覇し、真ん中の谷を通り帰ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の稜線から右の稜線まですべて制覇し、真ん中の谷を通り帰ってきました。
帰り道、このいかにも滑りやすそうな粘土質のところで転びました。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、このいかにも滑りやすそうな粘土質のところで転びました。。。
焼きたてパンのようなきのこ。美味しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼きたてパンのようなきのこ。美味しそう。
さて、このあたりで糖分の摂取を
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、このあたりで糖分の摂取を
これまた何の花?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまた何の花?
やっぱりこの鞍部を境に土の質ががらって変わりますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱりこの鞍部を境に土の質ががらって変わりますね。
あとはこれを下るのみ。。これが辛い。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはこれを下るのみ。。これが辛い。。。
帰ってきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきました!
この橋を渡れば今日のログは終了!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡れば今日のログは終了!

感想/記録

今回は前回の蓬莱山に続き、比良山系へ。最高峰の武奈ヶ岳(1214m)へ行ってきました。今回も京都では猛暑日で、最初の植林帯の登り下りは本当に暑かったです。御殿山からの尾根歩きは適度に風があり、涼しかったです。また、暑い日だったからか、琵琶湖からどんどんガスが湧いているようで、風向き的に今回は比良山系へ流れてくるようでした。登山道自体はとてもしっかりとしていて、道しるべも豊富でした。が、ガスっている時は注意が必要です。植生的には御殿山までの中腹までは杉の植林で、以降クリ、ミズナラなどの冷帯林、武奈ヶ岳の東側ではブナの純林が多かったように思います。今の時期は麗ではツクツクボウシやミンミンゼミが多く、既にヒグラシの時期は終わっていました。600mを超えたあたりからエゾゼミの声が聞かれ、クリ、ミズナラの林ではアカエゾゼミの声が聞こえました。尾根付近では1度だけコエゾゼミの声を確認しました。脱皮殻からエゾハルゼミは6月には大量に発生していたと予想されます。今日はポール2本体勢で望み、お腹の減り具合に関係なく一定間隔で糖分を摂取したため、足の疲れは少なかったように思いました。水は2.6L準備し、500mL程余りました。武奈ヶ岳西南尾根は人気があり、平日でも数人とすれ違いました。が、それでもコヤマノ岳方面は全く人に会うことがなく、静かな山歩きが楽しめました。山の神様に感謝。合掌。
訪問者数:401人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ