ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 951160 全員に公開 沢登り奥武蔵

子供と沢登り!! 長瀞・三沢川、モンベルさんイベント!!

日程 2016年08月27日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山lesbourgeons(CL), その他メンバー1人
天候曇り時々雨。
曇り時々雨のあいにくな天気でしたが、沢登りにはあまり関係ないです。
三沢川は台風の影響で増水していましたが、遡行上は問題ありませんでした。
アクセス
利用交通機関
電車
池袋(東武東上線)⇔寄居(秩父鉄道)⇔野上・上長瀞
*帰りは、上長瀞のかき氷屋「阿左美冷蔵」に寄って帰りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
0分
合計
2時間0分
S親鼻橋10:3012:30秩父鉄道、三沢川鉄橋先G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
台風によって三沢川は増水気味。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
コンパス 1 携帯内蔵
筆記具 1 ボールペン
保険証 1
飲料 1.0L ペット水1.0L
ティッシュ 1袋 ウエットティッシュ
バンドエイド 1
タオル 1
携帯電話 1
個人装備品
数量
備考
非常食 2 おにぎり
着替え 1 下着・上着
沢靴下 1
沢足袋 1
ウエットスーツ 1
ヘルメット 1
ライフジャケット 1

写真

親鼻橋から荒川と三沢川の合流地点へ降下。
小雨降る中、入渓地点へ。
2016年08月27日 10:17撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親鼻橋から荒川と三沢川の合流地点へ降下。
小雨降る中、入渓地点へ。
2
入渓地点にて。
水量が多く、昨年度と大違い。
いきなり水へドボンして始まる。
2016年08月27日 10:18撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓地点にて。
水量が多く、昨年度と大違い。
いきなり水へドボンして始まる。
3
穏やかながら、なかなかしっかりした渓相です。
沢伝いに歩きます。
2016年08月27日 10:32撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかながら、なかなかしっかりした渓相です。
沢伝いに歩きます。
2
水線に沿って沢筋を遡行。
水流があると、ただ歩くだけでも、なかなか難しい。
2016年08月27日 10:34撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水線に沿って沢筋を遡行。
水流があると、ただ歩くだけでも、なかなか難しい。
3
右岸から左岸への渡渉ポイント。
急流と、足のつかない淵。
泳いで渡るも良し、お助けヒモで引っ張ってもらうも良し。
2016年08月27日 10:42撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸から左岸への渡渉ポイント。
急流と、足のつかない淵。
泳いで渡るも良し、お助けヒモで引っ張ってもらうも良し。
2
子供は、ヒモを選択。
対岸から、お助けヒモが投げ込まれる。
2016年08月27日 10:43撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子供は、ヒモを選択。
対岸から、お助けヒモが投げ込まれる。
1
お助けヒモを背中から背負うように持つ。
インストラクターさんからアドバイスをもらい、渡渉へ。
2016年08月27日 10:43撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けヒモを背中から背負うように持つ。
インストラクターさんからアドバイスをもらい、渡渉へ。
1
といってもなかなか水流強し。
取り合えず、突っ込むものの、引っ張ってもらう。
2016年08月27日 10:43撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
といってもなかなか水流強し。
取り合えず、突っ込むものの、引っ張ってもらう。
4
次はウオータースライダー。
水流多く、迫力ある。
2016年08月27日 10:48撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次はウオータースライダー。
水流多く、迫力ある。
4
ウオータースライダー、第二回。
発射準備の様子。
2016年08月27日 10:54撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウオータースライダー、第二回。
発射準備の様子。
2
やや登攀的な個所。
3点支持、と言ったものの、そのまま駆け上がる。。。
2016年08月27日 10:59撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや登攀的な個所。
3点支持、と言ったものの、そのまま駆け上がる。。。
2
休憩地点にて。
何だか様になっている。
2016年08月27日 10:59撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩地点にて。
何だか様になっている。
5
急流を泳いで進んでみる。
なかなか前に進まない。
2016年08月27日 11:00撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急流を泳いで進んでみる。
なかなか前に進まない。
2
楽しく、急流に逆らい、頑張っている。
2016年08月27日 11:00撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しく、急流に逆らい、頑張っている。
2
河床にて、インストラクターさんに石について語る子供。
水切りに向いている石について、自分の見解を述べているよう。
2016年08月27日 11:01撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河床にて、インストラクターさんに石について語る子供。
水切りに向いている石について、自分の見解を述べているよう。
2
美相の沢。
よくみると三沢川はなかなかの美しい渓相。
2016年08月27日 11:09撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美相の沢。
よくみると三沢川はなかなかの美しい渓相。
3
トロ場。
今回の核心部ともいえる。
ずっと先にある秩父鉄道の鉄橋下まで泳いでいく。
トロ場で大人でも足が付かない。
2016年08月27日 11:42撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロ場。
今回の核心部ともいえる。
ずっと先にある秩父鉄道の鉄橋下まで泳いでいく。
トロ場で大人でも足が付かない。
4
お助けヒモも登場。
大人も子供も、引っ張ってもらう。
私は、右壁をへつって歩いていましたが、この先で詰まって、やっぱり水へドボン。
2016年08月27日 11:44撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けヒモも登場。
大人も子供も、引っ張ってもらう。
私は、右壁をへつって歩いていましたが、この先で詰まって、やっぱり水へドボン。
3
トロ場の上流部にて。
水に浮いて遊ぶ子供。
とても楽しいようです。
2016年08月27日 11:51撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロ場の上流部にて。
水に浮いて遊ぶ子供。
とても楽しいようです。
6
ウオータースライダー、3回目。
かなりの水勢です。
インストラクターさんが手を放すと、勢いよく、流れて、トロ場に吸い込まれていきました。
2016年08月27日 11:54撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウオータースライダー、3回目。
かなりの水勢です。
インストラクターさんが手を放すと、勢いよく、流れて、トロ場に吸い込まれていきました。
2
帰りは、上長瀞のかき氷屋「阿佐美冷蔵」に。
何時もより空いているというものの、30分くらい並びました。
かき氷の味は、、、1回でもう十分かな。。。
2016年08月27日 13:09撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは、上長瀞のかき氷屋「阿佐美冷蔵」に。
何時もより空いているというものの、30分くらい並びました。
かき氷の味は、、、1回でもう十分かな。。。
3

感想/記録

子供と沢登りに行ってきました。
昨年に続き、長瀞の三沢川を遡行するモンベルさんのイベントに参加しました。
今回のイベントは、台風による増水によって、開催が危ぶまれたものの、遡行上は問題ないとして、予定通り実施されました。

三沢川は、通常の2倍以上の流量になっていて、昨年とはずいぶん違う、本格的な沢の様です。
登攀的な要素のない沢なため、難易度は楽しめる軽レベルなものの、水量が多いため、大人にとっても歯ごたえがありました。
特に、トロ場は、大人でも足が付かない個所が多く、泳いで遡行する個所が数か所ありました。
泳ぐ距離が長いところもあり、中には泳ぎ切れず、大人もロープのお世話になる場面がちらほら。
子供たちは、大半がしっかり泳ぎきり、泳ぎが無理でも、時々インストラクターさんのお助けヒモに引っ張ってもらい、とても楽しい冒険なようです。

水量が多かったため、昨年のような、飛び込み大会・水切り大会は、なかったものの、ウオータースライダーが可能な個所×3か所は健在。
水量が多いため、いずれもなかなかの迫力です。
落ち口では水流が下向きに巻いていて、水の中に押し込まれる感覚を少し味わうほどでした。

今回のイベントは、インストラクターさん3名を含んで、大人子供合わせて16名のツアーです。
大人も子供も、それぞれとても楽しく沢登りができる内容でした。
小学5年生からは、1日ツアーにも参加できるそうで、長瀞の場合、両神山の近くにある沢に行くそうです。
子供も沢登りは好きなようですので、小学校の高学年くらいになって、興味があれば連れて行くのも良いだろうと思いました。
訪問者数:191人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/8
投稿数: 2649
2016/8/30 0:38
 良いですね
子供さんが楽しまれてる様子が伝わってきます
ウチの息子も、ラフティングに連れて行ったら大喜びしてました。
(もう20台後半ですが・・・・ )男はいつまでもコドモだ
阿佐美冷蔵も連れてったんですよ。
並ぶの大嫌いな息子が炎天下のなか2時間半も文句言わず並んで食べました。
それはもう5年ほど前の話ですが・・・この前、バイクでふらっと帰ってきた時、阿佐美冷蔵のかき氷また食べに行きたいな〜〜って言ってました。
いや、私はもうそんなに並んでまではいいです・・・
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/8/30 1:21
 Re: 良いですね
tekutekugo さん、こんばんは。

子供は水が好きなようで、沢登り=水遊びという感覚なようです。
登攀的な要素もなく、ただ、川遊びの延長のようですから、単純に楽しいのでしょう。
どこまで好きなのかは、いまだわからないのですが、単純な生き物であることは、私にしても子供にしても同じようです。

阿佐美冷蔵は、並んで食べましたが同感です。
お店の雰囲気だったり、シロップだったり、趣向を凝らして工夫していますが、食べてみれば、やっぱり、かき氷はかき氷でしかなく、もう、いいかなぁと思いました。

同じかき氷でも、汗を流して登った後に食べる、シンプルで山盛りの「城山かき氷」のほうが、よっぽど食べる価値があるように思いました。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 521
2016/9/1 14:08
 Jr.君 カッコイイ (((o(*゚▽゚*)o)))
les様 こんにちわ

夏休み最後のイベントはアクティブな沢登り。12枚目のJr.君本当に様になっていて、お子さん方の成長の早さに眼を細めるばかりです。
ウォータースライダーも気持ちよさそうですし、モンベルさん中々やりますね

阿左美冷蔵のかき氷テレビでも良く目にするし思わず検索してしまいました。ビックリポンの3時間待ち!しかも、「暖冬につき純氷?」これってどういう意味? 並ばなければ一度食してみたいと思いますが、「純氷?」ならやめときませうW。(^◇^;)💦
823
登録日: 2011/10/10
投稿数: 993
2016/9/1 18:37
 ツボにハマりました♪
こんばんは。

ウォータースライダーめちゃ楽しそう
登らない沢良いですね
滑ったり飛び込んだり泳いだりする沢なら
やってみたくなりました。

〆にかき氷と夏ならではの山旅ですね
登録日: 2013/3/2
投稿数: 3459
2016/9/2 19:25
 楽しそう!
楽しそうですね。
大人になったら、立派な「沢屋」になりそうです。
楽しみですね
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/9/2 21:48
 Re: Jr.君 カッコイイ (((o(*゚▽゚*)o)))
obanyan さん、こんばんは。

夏休み最後のイベントとして、沢登りへ行きました。
登攀的な要素はないものの、台風によって増水していて、歯ごたえがありました。
子供たちは、長いトロ場を泳ぎ切り、ウオータースライダーを楽しみ、ロープで沢の激流をトラバースする冒険要素が強く、さすがモンベルさんの企画です。
子供もよほど沢登りが好きらしく、イベント後、早速、来年も参加する気満々でした。

長瀞といえば阿佐美冷蔵とのことで行ってまいりました。
純氷?いうことでしたので、氷のきめ細かさは、普通のかき氷と一緒でした。
かつて、日光の天然氷にびっくりした記憶がありますが、今回は、並んだ割には、、、もういいかなぁという味わいでした。
百聞は一見に如かずとお勉強代と思って食べました。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/9/2 21:52
 Re: ツボにハマりました♪
823さん、こんばんは。

ウオータースライダーは子供だけでなく、大人もとても楽しいです。
モンベルさんのこの企画は、登攀的な要素もなく、泳いで、飛び込んで、滑って、沢を楽しむ要素満載の楽しい企画でした。

今回の〆は、かき氷屋さん。
最後の夏企画として、行ってみました。
味はともかく、夏はかき氷と、行列に並んで、有名店にお邪魔しました。

子供は、来年も参加すると、やる気満々ですので、来夏のお楽しみになりそうです。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/9/2 21:57
 Re: 楽しそう!
ringo-ya さん、こんばんは。

沢登りは、ふつうの山行よりもずっと楽しいようで、子供と相性が合っているようです。
登攀的な沢ではないものの、今回は、台風で増水した激流に挑む冒険的要素が織り込まれ、大人でもなかなか歯ごたえがありました。

妻は、私が引率しての沢登りは、認めそうもないので、何かもう少し登攀的な要素のある子供も参加できるいい企画があれば、いつか連れて行ってみようと思っています。
そこで、沢に嵌れば、ひょっとしたら息の長い、大人になって「沢屋」になるかもしれないなと思っています。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

渡渉 右岸 左岸 登攀
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ